らんしのしんら

2019年5月20日 (月)

「三流亭流三」を見つけた!

ツイートされていた、アマチュアの落語会のプログラムの中に、「三流亭流三」を見つけました。
D6el7kv4aag5rk
         ↑ 流三さんは「千両みかん」です。
私は、昨日の午前中は「落語っ子連」の稽古、午後には寄席文字作品展に行って神保町をうろうろしていました。
持ちネタに「千両みかん」はありません。
確か 、某大学の落研にも"同姓同名"がいたはずです。
誰でも考えつく名前なんですね。
お互いに互いに足を引っ張らないようにしないと。

守・破・離

学生時代に4年間落研に在籍し、社会人になってからはほとんど落語から離れていたものの、13~14年前に戻って来ました。
落研からのご縁で、直後から、大看板の三遊亭圓窓師匠から指導を受けるようになりました。
落語を「聴く・演る・読む(書く)」ことを通じて、落語に対する思いはさらに強く深くなりました。
「落語が上手くなりたい」。
10年近くなる頃から、師匠から言われた「落語を活字で覚えない」ことを念頭にして来ました。
間もなく、持ちネタが50になります。
すぐには出来なくても、ちょっと準備をさせてもらえば、全て演ることが出来る自信も芽生えています。
千利休の「守破離」という言葉が、とても心に響くようになりました。
「守破離」というのは、もとは千利休の訓をまとめた「利休道歌」にある、「規矩作法 り尽くしてるともるるとても本を忘るな」を引用したものとされている。
_20190519_205348
修業に際して、まずは師匠から教わった型を徹底的に「守る」ところから始まる。
師匠の教えに従って修業・鍛錬を積みその型を身につけた者は、師匠の型はもちろん他流派の型なども含めそれらと自分とを照らし合わせて研究することにより、自分に合ったより良いと思われる型を模索し試すことで既存の型を「破る」ことができるようになる。
さらに鍛錬・修業を重ね、かつて教わった師匠の型と自分自身で見出した型の双方に精通しその上に立脚した個人は、自分自身とその技についてよく理解しているため既存の型に囚われることなく、言わば型から「離れ」て自在となることができる。
このようにして新たな流派が生まれるのである。
「本を忘るな」とあるとおり、教えを破り離れたとしても根源の精神を見失ってはならないということが重要であり、基本の型を会得しないままにいきなり個性や独創性を求めるのはいわゆる「形無し」である。
「型がある人間が型を破ると型破り、型がない人間が型を破ったら形無し」と語られる。
十八代目中村勘三郎の座右の銘「型があるから型破り、型が無ければ形無し」としても知られる。
個人のスキルを表すため、茶道、武道、芸術等、あるいはスポーツや仕事等々において様々な成長のプロセスに用いることが出来、以下のように当てはめることができる。
【守】:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。
    ~ 自律的に作業を遂行できる(1人前)。
【破】:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。
【離】:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。
_20190519_205702
落語でも、こんなふうに例えられてもいました。
【守】:古典落語を忠実に表現することができる。
【破】:古典落語をより面白くアレンジすることができる、あるいはよりわかりやすく表現することができる。
【離】:経験を活かし新作落語を作ることができる。あるいは、落語から進化した新たな芸風を作ることができる。
・・・古典落語、新作落語ということではなく、知識や技量のないのに、「落語だ」なんて言って、大ネタやくだらない笑いをやって悦に入っている人に聞かせたい。

2019年5月10日 (金)

ランクアップ

3月から入り浸り始めた「1人カラオケ」。
5回行ったので、「BRONZE RANK」に格上げされました。
そして、その後もせっせとさらに10回通い続けた甲斐があって、「SILVER RANK」にランクアップ出来ました。
_20190510_080735
さらに上のランクに行くには、さらに10回行けば「GOLD RANK」です。
5月25日の「お江戸あおば亭」まで・・・、何回か行かないと間に合わないかもしれません。

2019年5月 1日 (水)

令和元年

Img_4adf1b6cb28b5d01c562ec769adfaa851044
「令和」が始まりました。
私も、「昭和」「平成」「令和」の3時代を生きることになります。
我が人生の黄昏(終・つい)となる(であろう)「令和」は、僅かな時間しか残されていませんが、せめて世俗の邪念を振り払って、落語に埋もれた余生にしたいと思います。
結局、何も残すことが出来ていませんから・・・。
_20190108_153922

_20190128_1211163
良い時代になりますように。

 

2019年4月26日 (金)

カラオケ生活?

3月の「千早亭落語会」で、「長屋の花見」をやるのに、稽古不足で追い込まれて、藁にもすがる思いで行ってみた1人カラオケ。
_20190426_0717112
・・・これにもはまりました。
3月23日の「千早亭落語会」の稽古のために通いました。
3月14・16・20・21・22日と、9日間で何と5日も・・・。
そしてその後は、4月21日の「おひろめ寄席」と5月の「お江戸あおば亭」などのために。
4月以降に、2・5・9・16・23日の5日間。
ここでは、「百川」と「長短」と「五百羅漢」を。
脇からは、オタクに見えると思いますが、本人は必死です。
「千早亭」を休会した分、1人だけの稽古になりますが、毎週火曜日には行くようにしようかと。

2019年4月23日 (火)

師匠の講評など

どうも、最近はひがみ根性というか、いじけているというか・・・。
おひろめ寄席での私への師匠からの講評は、「羽織を着ていたのは永久さんだけだ・・」などといじられたところしか記憶にありませんでした。
ところが、同じく出演した蝶九さんが、落語っ子連のMLに、こんなコメントをしてくれました。
_20190422_080448
永久(流三)さん
師匠、「口調といい風貌といい、あたし以上に噺家らしい(笑)羽織も一人だけ着ているし」
会場のお客様と、噺と笑いでやりとりする、呼吸を合わせる、というのはこういうことかなと思いました。
また、永久さんは、師匠の高座本紹介で、「揺れるとき」について熱く語られました。
中入り後のロビーでは、「揺れるとき」の高座本がはやばやと売り切れておりました。
・・・えっ? 師匠、そんなこと仰ってましたか?
言われた本人が・・・実に情けないことです。
でも、言われた内容が(笑)でなく、本当なら、実に嬉しいことです。
そう言えば、別の連のメンバーの人から、こんなメールをいただきました。
あのあと、〇〇さんとも話していたのですが、流三さんの「長短」、かなり勉強させていただきました。
「ああ、こうやるのか」というのが我々二人の最初に出た感想でした。まさにお手本、ですね。
・・・微妙な表現ですが、とても嬉しい。
これを、せめてどこかの連の人も感じてくれていたら・・、。
(死んだ子の歳を数えるようなことは言うまい、言うまい・・。)

2019年4月18日 (木)

今度着る着物

今度の「おひろめ寄席」では、どの着物にしようか・・・。
  _20190417_2137282←勿論、私ではありません。
ごく数少ないポリエステル着物シリーズから、どれにしようかと。
   91dtszuhi7l_ac_uy700_
師匠に、羽織を着るのをお許しいただくことにして、やはり無難な茶系統かな。
以前の高座では、赤系統を着ましたが、ちょっと品がないので?

2019年4月14日 (日)

懐かしい!

瀧口雅仁さんのツイート。
_20190414_162421
これは、恐らく「第3回全日本学生落語名人位決定戦」のことだと思います。
日本テレビがやっていました。
東海大学の落研の、後の春風亭昇太さんが優勝したのは、第3回だと聞いています。

私は、この「第1回」 に出場しましたので、懐かしい。 

2019年4月 9日 (火)

1人稽古

今夜も1人カラオケに。
今夜は、「長短」のおさらいと「百川」の演読を。
「おひろめ寄席」では、15分の時間制限がありますので。
16分でしたから、こんなものでしょう。
_20190409_213549
とにかく、周囲を気にせず、思い切って声が出せるのがいい。
しかも、かなりリーズナブルな料金なので、毎日でも大丈夫です。

2019年4月 8日 (月)

落語のフラ

「窓口さん(越児さん・新参さん)には、何とも言えない"フラ"がある」と、落語っ子連の稽古で、師匠がよく仰います。
「フラがある」・・・、「フラ」。
例えば、古今亭志ん朝師匠が、父親の五代目古今亭志ん生師匠を評して、「親父の持つ独特な雰囲気、あれあたくしのほうでは"フラ"っていうんですが、ふっと笑いたくなるようなおかしみね、それは勉強してできるもんじゃないんです」と。
「フラ」というのは、落語界の用語で、「どこともいえないおかしさを」のこと言います。
天分のようなものだから、稽古で得られるものではない。
うまさとも別で、フラがあるから名人になれるとも言えないが、芸人の素質にかかわる褒め言葉です。
・・・窓口さんと越児さんと新参さんには、この「フラ」があると仰る訳です。
醸し出す雰囲気、なんだか可笑しい人、口調・・・。
Img_20190408_080209782x782
ところが、私は、この"褒め言葉"を、師匠だけでなく、他の方からも言われたことがありません。
天性のものだと言われれば、諦めるしかありませんが、確かに、自分に一番欠けている部分だと言うことは、ずっと前から認識してはいます。
一生懸命に稽古したからと言って、フラが出て来る訳ではないのが歯痒い。
ところが、一方で、落語家のフラは努力して作り上げていくものだと言う人もいるようです。
努力を感じさせるとフラではない、努力の跡を見せずに自然なトークに仕上げると、フラと呼ばれる雰囲気が醸し出されてくるのではないでかと。
「努力の跡を見せずに自然なトークに仕上げる」ことですね。

より以前の記事一覧