らんしのしんら

2019年12月11日 (水)

「花筏」の高座本

この噺は、9年前の5月の第1回目の「お江戸OB落語会(お江戸あおば亭)」で演った後、再演していません。
今回の「深川三流亭」で9年半ぶりに演る予定です。
学生時代の持ちネタだったので、師匠の高座本でなく、他の音源から自作した高座本(ネタ帳)です。_20191210_1915562
まだまだほとんど手つかずで、これから思い出し、思い出し・・でやろうと思います。
が、恐らくこの高座本に忠実にはやらない(出来ない)と思います。
それが、この9年間の進歩であり、老化の証でもあります。
20191112_1_20191210191901
こんなに若かったんですから。(2010年5月です)
・・・そうか、この着物でやろうか。でも単衣だ・・・。

2019年12月 2日 (月)

「お江戸あおば亭」の高座写真

杜の家とん平師匠が撮ってくださった、先日の「お江戸あおば亭」の高座姿。
78349132_1630624760414055_60388362241966
創部60周年記念「第17回 お江戸あおば亭」。
79245796_1630624813747383_31476414379951
OBの大先輩のリクエストで演らせていただいた「算段の平兵衛」。
78741625_1630625027080695_81774804000047 78389800_1630624923747372_39946047066839
地語りも多く、特に目立つ仕草もないので、どんな場面なのかは分かりづらい。
78115972_1630624880414043_69198865351898 78067266_1630624987080699_48927201339249
やはり、もっともっと表情を豊かに見せる必要があります。
77397345_1630624843747380_85722867775391 
しかし、プレッシャーがなかった訳ではありませんでしたが、楽しい高座になりました。
写真がアップ(投稿)されているMLが、本日の午前中でサービス終了なので、ここに避難しました。

2019年11月27日 (水)

「樂醉寄席」の写真

11月10日の「樂醉寄席」のことがフェースブックにアップされていました。
_20191127_063408
この写真は、厨房から席亭が撮ってくださったものだと思います。
これは「子ほめ」を演っているところ。
Fb_img_1574803986810
そして「火事息子」を演っているところ。
Fb_img_1574803993723
後ろに貼っためくりがちょうどいい。

2019年11月13日 (水)

演読亭のレジュメ

10月から始まった「演読亭」。
師匠の高座本の演読をやったり、都度テーマを決めて、江戸検定2級の保有者でメンバーの広場亭原葉さんのレクチャーや僧籍の神栖亭南夢明さんの仏教に関するレクチャーなど、とても新鮮な集まりになっています。
蔵前などの地図、火事や芝居の関する蘊蓄などが今までのテーマでした。
前回、師匠から、「流三さん、次は"なぞかけ"をやってよ」とのリクエスト。
・・・ということで、来週月曜日は、私が「なぞかけ」について語ることになりました。
それではと、簡単なレジュメを作りました。
_20191112_161744
_20191112_162432
要は、「なぞかけを作りましょう」ということで。

2019年11月12日 (火)

「樂醉寄席」の席亭から

どうやら、そこそこ落語にお詳しい方ですが、「花筏」はあまり詳しくご存知なかったようで・・・。
Photo_20191112172601
真面目な方だから、「花筏」をインターネットで検索したそうです。
そうしたら、「こんな写真を見つけた」とメールをくださいました。
20191112
「はい、確かに私でございます」。
2010年5月の「第一回お江戸OB落語会(現お江戸あおば亭)」での高座写真です。
9年前の若々しい頃の写真。
来月の「深川三流亭」で、9年半ぶりに再演します。

2019年11月11日 (月)

キャリア

昨日の「樂醉寄席」で。
2_20191105094902_20191111213701
冒頭、席亭がお客さまに私の紹介をしてくださいました。
「圓窓師匠から指導を受けて13年。プロならそろそろ真打ということになります」と。
「おいおい、あたしゃ素人ですよ。いたずらに年数を重ねているだけですよ」と言いたかった。
・・・しかし、内実はどうあれ、外からはそう見えても無理はないのかもしれません。
それを聞いたお客さまも、ほとんどこの世界の仕組みや実態を知らない方ばかりですから、言葉そのまま受け止めるはずで、やはり期待に応えなくてはいけません。
しかも、お稽古の発表会ではなくて、立派に?「落語会(独演会)」を名乗ってやっているんですから。
「深川三流亭」も同様で、メンバーの多くはもう8年のキャリアとなり、13回も落語会を開催している訳ですから、お茶を濁すようなレベルではいけません。
さらに聴き応えのある、骨太の落語会にして行くことが大切だと思いました。
プレッシャーではなく、むしろ励みにレベルアップしながら続けて行きたいものだと思います。

次回の「樂酔寄席」のチラシ

次回の「樂酔寄席」もやらせていただくことになり、日程も確定しましたので、早速チラシを作りました。3_20191111100401
来年1月26日(日)午後3時から。
(第1回のチラシ)
  _20191111_102909
(第2回のチラシ)
  _20191111_102628
浮世絵の酒に関わるものを選んでいます。

次回の「樂醉寄席」

昨日の「樂醉寄席」の打上げの時、ご来場(参加)の方々から、「次はいつですか?」と言う声が多く上がりました。
席亭も元々「2ヶ月に一度」と言ってくださっているので、「それじゃ1月ですね」と。
      _201901910_0801382_20190915114901
      (これは第1回の時の高座写真)
もう、本当にこんなに嬉しいことはありません。
お店の営業時間は、日曜日だけ午後も営業していると言うことなので、必然的に「樂醉寄席」は日曜日の午後にやることになります。
私からは、落語っ子連の稽古が、池袋から近い千川で原則第2・第4日曜日なので、これに合わしていただくとありがたいと。
それで、第3回目は「1月26日」に決定しました。
これで、"馴染みになる"ことが出来ます。
早速、リクエストが多くあり、「二番煎じ」「初天神」「時蕎麦」「文七元結」・・・・季節柄のものが多いようです。
「二番煎じ」か「文七元結」のいずれかともう一席というパターンになりそうです。

2019年11月10日 (日)

樂粹寄席

池袋の「樂酔くばら」での落語会(独演会)「樂酔寄席」。
9月に続いて2回目です。
今日も、既に1ヶ月近く前に予約で満席だそうです。
2_20191105094902_20191110201701
◇「子ほめ」      三流亭流三
◇「火事息子」 三流亭流三
_20191110_145303_20191110201701
客席は、20にも満たない規模ですが、とても素晴らしいお客さまです。
今回も大変楽しい時間になりました。

今日は樂酔寄席

今日は、午前中に落語っ子連の稽古。
その後、午後は「樂酔寄席」です。
2_20191105094901_20191110065901
今日が2回目です。
緊張もしますが、楽しみでもあります。
「火事息子」ともう一席。
頑張ろうと思います。
裏を返して馴染みになれるように。

より以前の記事一覧