落語・噺・ネタ

2018年10月22日 (月)

澄むと濁るの違い

ship「世の中は 澄むと濁るの 違いにて・・」
(船徳)
「船頭水上で、銭湯は水中」
「船頭汗かき、戦闘裏かき」
(紙入れ)
「不倫は苦く、プリンは甘い」
(伽羅の下駄)
「下駄は間違え、桁ははずれる」

・・・こんなのでいいのかしら?

なぞかけと都々逸

bottle幇間も落語の主役のキャラクター
[鰻の幇間]
・「売れっ子の幇間」とかけて
 「明治維新」と解く
  その心は「大成幇間(大政奉還)でしょう」
[鰻の幇間]
・幇間(たいこもち) ご贔屓釣って ひたすらヨイショ
                 焼けた鰻を 食いながら

2018年10月21日 (日)

「天災」の高座本

book今日は、通して稽古をやらせてもらおう。
そのためには、25分以内にしないといけません。
高座本を縦横に眺めながら、かなりカットしました。
「天災」の高座本
師匠の高座本では32ページ。
中身にもよりますが、1ページ1分以上かかりますから、25ページ分までにはカットしないといけません。
台詞をカットし、それに応じて順番も入れ替え、場面そのものもカットしたり。
これで25分ギリギリでしょう。

澄むと濁るの違い

ear「世の中は 澄むと濁るの 違いにて・・」
(阿武松)
「小緑拾われ、ゴミ取り捨てられ」
(お菊の皿)
「五枚六枚、古米禄米」
(火焔太鼓・火事息子)
「火焔が盛り、臥煙が鎮め」

なぞかけと都々逸

foot落語には「さんぼう」と言うのがあって、お客さまから絶対に文句が出ないジャンルの噺。
その中の一つが泥棒の噺。
[出来心・花色木綿]
・「泥棒稼業」とかけて
 「首尾一貫している人」と解く
  その心は「窃盗(徹頭)徹尾でしょう」
[出来心・花色木綿]
・泥棒は ごめんください 秘かに押し入り
             家捜しをして 雲隠れ

2018年10月20日 (土)

高座数ランキング

eventsun高座にかけられた演目のランキング。
 
渋谷らくご演目別高座数ランキングというのを見つけました。
      高座数ランキング
ガラパゴスな私は、渋谷らくごには行った事柄ありませんが、随分盛んなようですね。
意外にも、「芝浜」が多いのは、三木助さんが何度も高座にかけたという特殊事情があるそうです。
私の持ちネタも片手に余る程度はランクインしていました。

澄むと濁るの違い

「世の中は澄むと濁るの違いにて・・」
(三年目)
「先妻死んで、幽霊潜在」
(洒落番頭)
「洒落は真面目に、じゃれはふざけて」
(帯久)
「町役近所で、条約海外」
(鼓ヶ滝)
「鼓は打つ(鬱)で、包みは装(躁)」

なぞかけと都々逸

shoe師匠の「ぞろぞろ」が、小学4年生の国語の教科書に載っています。
[ぞろぞろ]
・「草鞋と髭が次々に出て来る」とかけて
    「出汁をかけると美味しいご飯」と解く
         その心は「ぞろぞろ(とろろ)です」
[ぞろぞろ]
・ハッカ糖   ご利益あって   久しぶりの客
                                   八つの角も   崩れてる

2018年10月19日 (金)

澄むと濁るの違い

door「世の中は  澄むと濁るの  違いにて・・」
(三方一両損)
「奉行は官職、不況で失職」
(山号寺号)
「山号は寺、さん光噺家」
(宿屋の富)
「くじは引くもの、串は刺すもの」

・・・考えると、質はともかく、色々出て来ます。

なぞかけと都々逸

sign04特に何でもありませんが「死神」です。
[死神]
・「死神が住む場所」とかけて
  「世界自然遺産」と解く
     その心は「死神さん家(白神山地)です」
[死神]
・蝋燭を    ごらんお前の    火が消えちゃうぞ
                                     優しく新品     くっつけろ

より以前の記事一覧