巷談

2019年12月12日 (木)

「今年の漢字」は

いよいよ今日午後2時に「今年の漢字」が発表されます。
「今年の漢字」は、公益財団法人日本漢字能力検定協会が、その年の世相を表す「漢字一字」を募集したことに端を発しています。
1995年より開催され、今年で25回目です。
「流行語大賞」がつまらなかったから、やや期待しています。
   News_20191210174430thumb645x380169555
これは昨年の「災」のときのもの。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2019/11/post-ba2d1a.html
私の予想は、先月にも申し上げた通り。
「嵐」「洪」「氾」「禍」 ・・・のいずれか。
本命は・・・ ≪嵐≫ です。
J-CASTニュースの記者たちの予想は「一」「疲」「嵐」「桜」...だそうです。
やはり「嵐」がありますよ。
「嵐」だと言う記者さんのコメント。
今年日本は台風15号や台風19号、何回も台風に直撃され、大きな被害に遭いました。
また、アイドルグループ「嵐」の活動休止も発表され、色んな意味で「嵐」にまつわる出来事が多い1年という感じです。
全く道灌・・じゃなくて同感です。
・・・さぁ、何になりますか・・。

2019年12月 5日 (木)

神様のような人

やるせないというか、悔しいというか・・・。
アフガニスタン東部ナンガルハル州の州都ジャララバード近郊で、現地で農業支援などに取り組んでいる福岡市のNGO「ペシャワール会」現地代表で医師の中村哲さんが乗った車が武装集団に襲撃された。
中村さんは負傷し、病院に搬送された後に死亡。
運転手のアフガニスタン人男性ら一緒にいた5人も全員死亡。
犯行声明は出ていない。 
1_20191205070601
「武器を取る者は取れ。私たちはクワで平和を実現しよう。きざな言い方をすれば、そんな思いで続けています」。
帰国している時の中村さんは朴訥を絵に描いたような人だ。
だが、言葉は熱い。
大国による駆け引きの道具のような机上の和平案や見栄えだけの国際援助をばっさりと切り捨て、時に文明論の様相も帯びた。

現地の人々の命と、そのために行動することを最優先にした人だった。
・・・ただ病人や怪我人の治療をするだけではなく、人々が暮らすインフラを整え、環境を改善して初めて病気や怪我も減る。
それを実践していたんですね。
重機を操って、用水路を作る作業をしている映像が印象的でした。
「武器を取る者は取れ。私たちはクワで平和を実現しよう」・・・重い言葉です。
「俺の娘は(吉原に出ても)死ぬ訳じゃない。でもお前は死ぬって言う。だからこの50両はお前にやる」。
左官の長兵衛が文七に向かって言う台詞を思い出しました。

2019年12月 4日 (水)

#8080

いつかはこういう日(時)が来るのは分かっていたのに・・・。
「免許取得(入口)」があれば、必ず「免許返納(出口)」もある。
ただし、この出入口にはタイムラグがある。
最近の、高齢者の交通事故の頻発を目の当たりにして、いよいよしっかりした出口が必要になって来たことを実感します。
Unnamed_20191204130401
車の運転に不安のある高齢者らや、その家族が運転の適性について相談できる専用ダイヤルが、全国で始まったそうです。
全国の警察で運用が始まったのは「安全運転相談ダイヤル#8080」。
このダイヤルは、車の運転に不安のある高齢者らや、その家族が運転の適性について警察に相談するためのもので、全国のどこでも統一で「#8080」にかけると、近くの都道府県警の担当者につながる。
電話では看護師の資格を持つ警察官などが身体能力や認知能力についての相談に応じ、安全運転のアドバイスや免許証の自主返納の手続きなどについて案内する。
2019112200000006ebc 

「#8080」とは、「晴れ晴れ」「┐(´д`)┌やれやれ」
2019112113433710004
特に地方では、自家用車に代わる移動インフラを作らないと。
90歳を超えた人が運転している・・なんて珍しくない。
思えば、母も83歳になっても運転していました。
病に倒れたのも、車で行った先でしたから。 
自身も怪我なく、他人の身体や財産を傷つけることなくすみましたが、それこそ「板子一枚」でした。
かくいう私も、元々運転が上手いとは思っていませんが、様々な運動機能が衰えているのを感じます。
噺家さんは「長生きも芸のうち」ですが、この世界は「高齢者は危険」であることは間違いありません。
ところで、「安全運転相談ダイヤル」っていうのはおかしくない?
「ダイヤル」っていうのは、アナログ時計やアナログメーターなどの、円盤状の文字表示面。
昔の電話機やテレビチューナーなどで使われた、同様のものを回転できるようにした入力機器。
高齢者には違和感はないでしょうが。
しかし、今でも電話をかけることを「ダイヤルする」「ダイヤルを回す」とも言いますから、電話のサービス名称に「ダイヤル」をつけることはありなのかなぁ。
「安全運転相談ダイヤル」とかけて
「みんな知ってる下手なダジャレ」と解く
その心は「どちらもはればれ(バレバレ)でしょう」

2019年12月 3日 (火)

また、せこい・・・

森田さん、もう何を言っても、何をやってもダメですよ。
台風15号襲来直後の動きを巡り批判を受けている森田千葉県知事は、県議会代表質問で自身の給料と期末手当を減額する考えを表明。
Eky0etn4u18aardhn_20191203172301
減額の理由について「リーダーシップを発揮して対応してほしいという県民の期待や信頼を損なった。痛恨の極みで、深くおわびする。自らを戒め、律する」と説明。
減額幅や期間などは示していない。
・・・いなければならない時、陣頭に立たなければいけない時に、理由はどうあれ、そこにいなかったんだから、後になってどんなに言い訳や詫びや反省を言っても「覆水盆に返らず」です。
給料を減額するだとか、そういう次元ではありません。
その任にあらずと、さっさと退場するべきですよ。
それが男だ。
買い被って、私たち県民の眼が利かなかったんです。

2019年11月29日 (金)

赤ちゃんの名前

赤ちゃんの名前も様変わり。
キラキラっぽいのもありますね。
   _20191129_175320
私の感覚では、男女ともに「これはいい」と思うものは皆無。
これなら「寿限無」の方がいい。

2019年11月28日 (木)

構造不況業種?

デパートや銀行のビジネスモデルが陳腐化しているというのは、もう何十年も前から言われて来ました。
特に、銀行業界は・・・、低金利が長く続いているということもあって、目を覆うばかり。
大学生の人気ランキングでも、トップレベルだったのも今は昔・・・、凋落ぶりが激しい。
地方では、地元の官庁(公務員)以外では、地元の全国レベルの企業、電力会社、地方銀行が"御三家"と言われました。
例えば、愛知県なら、トヨタ自動車、中部電力、東海銀行(当時)という・・・。
K10012186961_1911261509_1911261510_01_02
地方銀行がもがき苦しんでいるようです。
伝統のある地元の有力銀行が、新興の銀行(証券)に出資を仰いだり、提携したり。
旧来のビジネスモデルは、もはや"武家の商法"になってしまっているんでしょう。
今までの古い体制や古い頭、妙なプライドなど、ただ邪魔になるだけということ。
K10012186961_1911251811_1911260853_01_03
地方銀行同士の経営統合や提携の動きが盛んになっているようですが・・・。
提携はするが、経営統合はするが、合併はしない、ということ。
K10012186961_1911261508_1911261510_01_04
21世紀になって、当時の都市銀行が合併してメガバンクが誕生しましたが、これもグローバルに戦うには「規模」が必要だったからで、損保会社や製薬会社なども同様です。
地銀9行が集まって単純に合算しても、メガの1/4・1/5にしかならない。
抜本的にビジネスモデルを変えないと、もう銀行は立ち行くことは出来ないと思います。

2019年11月25日 (月)

弱り目に祟り目?

化けの皮が剥がれた?
弱り目に祟り目?
泣きっ面に蜂?
貧すれば鈍する?
藁打ちゃ手を打つ?
厠に行けば誰かいる?
・・・いやはや、森田千葉県知事に対する風当たりは相当なもののようです。
フライデーの記事がさもありなんで面白い。
「森田知事は議会中にしょっちゅう居眠りをしています。議員が質問を読んでいる間に寝てしまうこともある。そのうえ答弁は事務方が書いた原稿を早口で棒読みするだけです」
_20191125_142643
・・・まぁ、居眠りは、森田知事に限ったことでもありませんが。
9月に房総半島に上陸した台風15号は、千葉県に甚大な被害をもたらすとともに、森田千葉県知事の無能ぶりを露にした――。
台風が直撃した翌日の午後3時ごろ、森田知事は公用車に乗り込んで、県庁から約30㎞も離れた「私邸」に戻っていたことが明らかになった。
森田氏の邸宅は「青春の巨匠」と呼ばれた昭和スターにふさわしく、門構えからして荘厳だ。
「災害時に最前線でもっとも重要な役割を果たすのは地方自治体の首長です。にもかかわらず、森田氏は私的な理由で県庁を離れてしまった。この時点で県民の生命、財産を守る職責を放棄しています。しかも、11月7日の記者会見では、自宅に立ち寄ったことについて『私的な視察』という意味不明な言い訳をし、謝罪をきちんとしなかった。さらに公用車の運転日誌が不正確だった理由を、事務方のせいにもしました。これは論外ですよ」
森田氏は今年で知事就任11年目。

よくこれまで県政に支障がなかったものである。
前出の議会関係者は、「(無能ぶりが)ついに日本中に知られることとなった」と苦笑し、こう続ける。
「議会が始まる前に知事は、各会派に挨拶回りをするのですが、そのときですらペーパーを読み上げます。千葉県では、学校教育の一環で、中学生が県議会を疑似体験する行事があります。そこで当初、森田知事が原稿ナシで挨拶したときは、まとまりのない内容が延々と続き、中学生が唖然としていました。そのため翌年からは原稿が用意されました(笑)。ただし、森田知事は県庁職員の支持率は高いんです。うるさ型だった堂本暁子前知事と違い、職員に指示を出すことがほとんどない。『ハンコを押すだけの人』と呼ばれ、『ラクでいい』と評判です」
長年にわたり県政の情報公開に取り組んできた元県議が語る。
「’15年度の知事の行動記録を見ると、年間の休日が151日。たとえ登庁しても勤務時間が1時間未満という日も珍しくありません。忙しいはずの4月と12月でも、月17日しっかり休んでいる。5月はGWをフルに満喫し、月末から海外視察に1週間行って、帰国後は3日間の休暇をとっていました。休み明けや海外視察の後は業務が溜まっているはずなのに、ほとんど仕事をしていないんです。周囲に諫める人もほとんどいないのでしょう」
森田氏の知事としての’18年の給与所得は2464万6993円。

時給に換算したら、さぞかし高額になるだろう。
「森田知事は4期目も出馬する気マンマンでしたが、今回の件でさすがに諦めたそうです。ただし、いまの任期途中で辞任するつもりはまったくないでしょうね」
任期は’21年4月まで。
この知事のままで県民は本当にいいのか。
いい訳はありませんよ。
冗談じゃない。
肝心な時に頼りにならない知事なんて、カレーがかかっていないカレーライスみたいなものですよ。
カレーがかかっていないのに、どうしてカレーライスだって分かるんだろう?
冗談はともかく、県民は本当に怒っているし、こんな無能で無責任な知事を選んでしまって後悔していますよ。
元々そんなに頭が良いとは思えないから、それこそ愛想良く如才なくが肝なのに・・・。
走らない(動かない)車はただの箱です。
これはやはり「自業自得」ですね。
森田知事は「おれは男だ!」という青春ドラマで世に出ましたが、続編に「おこれ!男だ」っていうのもありました。
みんな怒ってますよ。

2019年11月20日 (水)

ただ見に行っただけ・・?

無事でよかったけど・・・。
Photo_20191120111901
「こっちは何もやっていないんですよ。石も投げていませんし、ただ見に行っただけなのに
・・・それがまずいでしょう。
観光の目的で香港を訪れていて、九龍地区の香港理工大学の抗議デモを見に行ったところ、警察に逮捕された。
パスポートはホテルに置いていて、財布の中に大学の学生証が入っていた。
「暴動って言われたんですよ、罪は。捕まった経緯としては、囲まれて帰れなくなって、記者が出る場所に僕が行って出ただけなんで、僕も分からない。何で捕まったのか」
・・・何事も様子も分からないまま近づくのは危険だということ。
日本のような自由な国でなく、相手はとんでもない国なんだから。
このことで、多くの関係者に迷惑をかけたり、危険にさらされたりしたはずです・・・。
理由は色々あるかもしれませんが、物見遊山は危険です。
(火事場見物で)「野次馬の助」という尻尾のない馬が、「邪魔だ邪魔だ~!」と言って飛び出す。
てめぇの方がよっぽど邪魔なんですが。
まぁ、無事でよかった。

何ともはや・・・

信じられない光景・・・。
Ejxkoczvuaaaskf
あの香港が・・・。
自由と平和を謳歌していた・・香港が。

2019年11月19日 (火)

幸福度ランキング

色々なランキングがあるもので。
どういう根拠で、確からしさも分かりませんが、こういう一覧表になると気になります。
   Img_cd3ec1a529e43acb3e055045675639353508
上位では、九州と北陸の県が目立つ気がします。
あ、山梨県も凄い凄い!
ワーストランキングではないベストランキングで12位なんて。
ますます信憑性が・・・?
   Img_0dbf18d8b323376207c6958f8bbfde713871
静岡県が意外に低い。
下位には東北と関東の県が目立ちます。
何でだろう・・・?
静岡県も宮城県も良いところなのに。
※アンケートはインターネットにて実施。
1万5925人から回答を得た(一部を除き各都道府県から約340人)。
調査時期は2019年7月12日~19日。住民に対し「あなたは幸せですか」という問いを投げかけ、「とても幸せ」「少し幸せ」「どちらでもない」「あまり幸せではない」「全く幸せではない」の5段階から1つ選んでもらった。
回答はそれぞれ100点、75点、50点、25点、0点として全回答の平均を「幸福度」とした。

幸福度1位は、宮崎県で72.4点となった。

2位は熊本県の71.0点。そして3位は「全47都道府県幸福度ランキング2018年版」(〈一財〉日本総合研究所)でもトップの常連になっている福井県(70.6点)だった。
一方で、40位以下に目を移すと、東北地方の5県が並ぶ(40位宮城県、43位青森県、福島県、46位岩手県、47位秋田県)など、東北各県の幸福度が低い結果となった。
また、関東も40位以下に神奈川県(41位)、東京都(45位)。
このことから、東日本の順位が総じて低いのに対し、西日本の幸福度は相対的に高い結果となった。

より以前の記事一覧