巷談

2017年9月15日 (金)

鹿の狼藉

annoy真夜中の山梨県笛吹市の葡萄畑の様子です。
鹿の狼藉
私が結婚式を挙げた石和温泉の近くです。
動物好きの人は、無邪気に「あぁ、シカだ。可愛い」なんて思うかもしれません。
しかし、関係者にとっては、とんでもないことなんです。
丹精込めて育てた巨峰を、シカが食べているんです。
それこと「害獣」なんです。
無責任に、動物愛護ばかり要ってはいられない現実もあります。
kk
新東名高速には「鹿出没走行注意」の注意標識が多くあります。
kk
ふづかると車の方が大破してしまうこともあるそうです。
やはり、適正に駆除する必要もあると思います。

2017年9月 8日 (金)

蚊は刺す?食う?

pig蚊に刺されるのをなんて言うか。
地方によって言い方が違うだろうというアンケートの結果。

蚊は刺す?食う?
各県ごとの最多得票で色分けしているのが上の地図だそうです。
全国で見ると、一番多かったのが「刺される」の43.5%。
僅差で「食われる」(39.8%)がこれに続いた。
「かまれる」は14.9%で3位だった。
・・・だいたいそんなところでしょう。
「刺される」は北は北海道、南は大分までの26道府県で首位(同率含む)を獲得してお
り、事実上の標準語となっていることがうかがえる。
特に太平洋側の地域、関東・中部・関西での支持が目立つ。
対して「食われる」は、地域にやや偏りが見られる。
東北〜北陸の各県、そして飛んで九州の一部で「食われる」派が多い。
関西・中国・四国などで根強い支持を得たのが、「かまれる」。
だが地域の偏りは「食われる」以上に強く、西日本での強さに反し、東日本ではほとんど票が入っていない。
  北海道:刺される
  東北:食われる
  関東:刺される&食われる
  北陸:食われる
  中部:刺される&食われる
  関西:刺される&食われる&かまれる
  中国:刺される&かまれる
  四国:食われる&かまれる
  九州:刺される&食われる
また、県によってはこんな少数回答もあった。
  「蚊にくっつかれる」  山梨(22.2%)、静岡(8.3%)
  「蚊に吸われる」  奈良(9.1%)、滋賀(5.6%)
  「蚊にかぶられる」  埼玉(2.0%)、福岡(2.2%)

・・・私は、「蚊に刺される」っていう気がします。
食われるも違和感はありません。
山梨と静岡で「くっつかれる」というのは、「食われる」系ですね。
要するに、「食いつかれる」ということですから。
「かまれる」は、蛇ならですが、あまりイメージがありません。
「吸われる」は、「蚊に(血を)吸われる」という言い方なら、蚊・・じゃなくて可です。
このアンケートの結果を、蚊が"モスキート(もし聞いと)"ったら、何て言うでしょう蚊(か)。
"たブーン(多分)"、"血(気)"に刺されて(されて)いるでしょう。

2017年9月 6日 (水)

国のアイデンティティ

shock最近のお役所仕事は、肝心な所、重要な部分が抜けていたり誤っていたりして、かなり心配です。
新潟県某市の官民でつくる協議会が作成した韓国語版の観光パンフレットの地図で、日本海を韓国が主張する呼称「東海」と韓国語で表記していた。
日本政府は「日本海」が国際的に確立した唯一の呼称としており、同市は発行した5000部のうち4000部を回収、残り約1000部の回収も急いでいる。

我が国で「東海(地方)」は、【本州中央部の太平洋側】を指します。
「ちょっと間違えちゃいました」なんていう次元ではありません。
こんな隙を見せたら、そこを揚げ足取りに使われます。
さらに"何とか像"が増える理由になるかもしれません。
緊張感がなく、チェックが甘すぎるんですね。
こういうご時勢なだけに、もっと国のアイデンティティを真摯に自覚した方がいいと思います。

笑い話

coldsweats02何かこう・・、下手な滑稽噺よりも爆笑してしまいます。
要領の悪い、三流の部活動みたい。
かつては政権の座にあった(これが間違いの素?)"野党第一党"の執行部人事のニュースです。

まずは、オジサンたちが、あまり嬉しくもなさそうに、夢も希望もなさそうに、手を繋いでいます。
これから、お遊戯が始まる訳ではありません。
(あぁ、別の観点から見ると、"お遊戯"は、もうずっと前から続いているのかも・・。)
下の表のオジサンたちなんでしょう。
面白いというか情けないというか、見事に肩書きにみんな「元」がついています。
それも、あの政権党時代だった時の肩書き。
しかし、あれは「落第」だと言われたんですから、この肩書きは恥じ入るべきものではないかと、素朴に思います。
「元外相」というのは、「外相を落第になった」という意味です。

要するに、新鮮さが全くなし。
とにかく、「ブーメラン党」「天唾党」「脇甘党」ですから、いつも前に進まずに全て戻ってしまう・・・。
女性活躍・・という時代に、女性の幹部は一人もいない。
肝心な、唯一有力な候補だった女史には、どうやら下半身に問題があるという訳で、これじゃ、与党とも男ともおんなじ。
また、週刊誌が騒ぎ立てそうな雰囲気です。
しかし、日本では、女性躍進のリーダーとかおだてられている人全員が、化けの皮が剥がれて・・、目も当てられません。
優秀でリーダーに相応しい女性は、別に必ずいるはずですが、オジサン感覚で評価してしまっているような気がします。
ちょっと元気がいい、爺殺しという・・・。
とにかく、政治家の皆さんは、他人に厳しく自分に甘い。
不良だと他人を批判することを、実は隠れて自分もやっている。
不正会計(法律違反)、暴言・失言(人権蹂躙)、そしてゲス不倫(倫理違反)の三拍子。
これじゃぁ、ミサイルが飛んで来ようというご時勢に、この国をおまかせできないでしょう。
尤も、私は与党を支持している訳ではありません。
どちらも目糞・鼻糞ですから。
なぞかけやっちゃいました。
「党幹部に指名されなかった女性議員」とかけて
「子どものことを心配する子煩悩な父親」と解く
その心は「あの子が何か志桜里(しより)ましたか?・・・そりゃぁ、山尾(止むを)得ませんなぁ」

2017年9月 5日 (火)

二人の”若旦那”

suncloudrain環境や立場も全く違うと言えばそれまでですが、若旦那にも色々あるようで。
bomb最初の若旦那は、言わずと知れた隣の国の若旦那。
貧しい国にも拘わらず、本人は飽食の限りを尽くしたように太っていて、若いのに、太りすぎで今にも死にそうな人。
貧乏なのに、軍備のために湯水のように金を使い、国民が貧困に喘いでいると言われています。
soccer一方で、中東サウジアラビアの皇子さま(皇太子)。
サウジアラビアのW杯出場が懸かるアジア最終予選の日本とのゲームのスタンドを無料開放するそうです。
皇太子が入場券を買い占め自国サポーターに提供するそうです。
隣の国の若旦那は本当に”太い腹(デブ)”、一方でサウジアラビアの皇太子は”太っ腹”です。
「太い腹」と「太っ腹」とは意味が全く違うんですね。
試合会場のキング・アブドゥラー・スポーツ・シティーは収容約6万2000人。
緩衝地帯と日本サポーター用の席を除くシートは約6万。
そのうちの5万9800席は普通席35サウジアラビアリヤル(SR、約1029円)。
残り200席がロイヤルシートで1500SR(約4万487円)。
締めて計239万3000SR(約7033万円)。
サルマン皇太子は、国内No・2の実力者。
スポーツ振興に尽力、特にサッカー界とのつながりが深い。
サウジアラビアではチケット購入者の大半が富裕層。
会場に姿を現さない人も多く、今最終予選でも満員発表ながら空席が目立つ試合もあったというが、今回の措置で満席となるのは必至だ。

サポーターのみならず、選手が頑張っちゃいますね。
皇太子が、若旦那に「どうだ、"オイルマネー(俺の真似)"など出来ないだろう」って言ったかな?
若旦那と皇太子は、実に"皇太子(好対照)"ですね。

2017年9月 1日 (金)

女川原発再稼働の是非

sign04東日本大震災から6年半が経とうとしています。
その中で、東北電力の女川原発の再稼働の是非が議論されているようです。
安全を取るか、エネルギーの確保をするのか・・、それぞれ言い分はあると思います。
女川原発再稼働の是非
実は私は、女川原発にある感慨を覚えます。
学生の頃、女川という町は、静かな漁業の町でした。
そこに東北電力が原発を建設する計画を発表したことから、その是非が大議論になっていました。
賛否両論激しく渦巻く中で、後年、結果的には女川原発が建設され稼動した訳ですが・・。
ある時、アルバイトで出入りしていた地元の民放のお手伝いで、女川町に行きました。
その日は原発建設に伴い、発電施設の冷却に多くの海水が使用されるため、一定の範囲の海域での漁業が出来なくなります。
そのため、女川町の漁業協同組合が「漁業権」を放棄する必要があったようです。
漁業権を放棄するか否かの決定をする漁業組合の総会が開催されることになっていたので、その取材に。
当時の私は、よく分かっていなかったので、騒然とする町を見て、ただ驚くばかりでした。
カメラマンについて会場に入ろうとすると、手拭いを被ったおばあさんが、大きな声で「おめえら、帰れ!」と叫びながら、手には大きな石を持って追いかけて来ました。
原発建設に反対する地元の人だったと思います。
あの時、自分が何て場違いな所にいるのだろう・・と戸惑いました。
あのおばあちゃんの声が忘れられません。
・・あれから何十年、そんなことがあったことなど知らないように、原発は建設され、あの震災までずっと稼働を続けていました。
震災で福島の原発の事故を知った時、女川の原発のことを真っ先に思い出しました。
その原発を再び稼働させるべきか否か・・。

2017年8月31日 (木)

いじめと自殺

私は幸せなことに、自ら命を絶つことを考えるような状態を経験したことはありません。
しかし、社会に出て、何人かのやや近くにいたことがあります。 
ところで、世の中の多くは、「今日で夏休みが終わって明日から新学期」モードですが、とても重たい問題があるそうです。
あるいじめに関するアンケート調査により、初めていじめにおける「月別の発生件数」が明らかになったそうです。
調査によれば、いじめを受けた者のうち、約3割が「とくにいじめを強く受けた時期」として「9月」を挙げた。
いじめと自殺
一方、9月といえば「9月1日」を頂点として子どもの自殺が最も多い時期である。
子どもの命を考えるうえでは、9月はそのリスクが1年を通じてもっとも高い時期と言える。
いじめや「死にたい」と思う子どもに対し何ができるのか・・・・。
いじめに関するアンケート調査の回答者は小学生4年生〜中学3年生の4836人。
質問項目はいじめの有無や発生時期など。
「いじめを受けた」と答えた者は4836人中573人(11.5%)。
いじめを受けた者のうち、「とくにいじめを強く受けた時期」として「9月」を挙げた者は182人(31.8%)で、1年間のうちでもっとも多かった(複数回答可)。
9月のいじめ増加について、心理カウンセラーは「夏休み明けは学校が始まってどの子にとってもストレスがたまる時期。さらに学校行事の影響で部活動がなくなるなどストレスの発散場もなく、いじめが起きやすい」と指摘する。
いじめと自殺
一方、全国的に2学期初日が重なる「9月1日」は子どもの自殺がもっとも多い日である。
2015年に内閣府が発表した「自殺対策白書」によれば、過去40年間の18歳以下の累計日別自殺者数は、9月1日(131人/年間1位)、9月2日(94人/年間4位)、8月31日(92人/年間5位)と夏休み明け前後に集中している。

・・・何となく分かる気もします。
9月は、「苦月」なんですね。
対策としては、やはり話を聞く耳を、常に周囲が持つことに尽きると思います。
聞いてあげて、色々なアドバイスも必要でしょうが、まずは受け入れてあげること、否定しないことなんでしょう。
どうしても、大人の論理、自分の常識で返してしまいがちですが、そこは我慢・・・ですね。
これって、ある意味で「業の肯定」なのかもしれません。
ということは、落語国のようにすれば良いのでしょう。
なぜならば、落語国には、一部の怪談や人情噺を除いて、基本的に「死」はありませんから。

2017年8月30日 (水)

反捕鯨団体

fish捕鯨も悩ましい問題です。wave
調査捕鯨に対する妨害活動を繰り返してきた反捕鯨団体は、日本側の対策によって活動が困難になったなどとして、この冬は南極海での妨害を行わない方針を明らかにしたそうです。
「日本は、われわれの船の動きを衛星を使って監視していて、容易にわれわれを避けることができる。軍事級の技術には太刀打ちできない」として、この冬は南極海での調査捕鯨に対する妨害活動を行わないそうで。
???邪魔する側が、邪魔を邪魔されて邪魔が出来ないので、邪魔をするのをやめる???
でも、「日本の違法な捕鯨活動を停止させるだけの資源と戦略、能力を開拓する必要がある。捕鯨という恥ずべき行為が永遠に廃止されるまでわれわれは活動をやめない」そうです。
色々考え方は否定しませんが、暴力などの実力行使は、やはり許されないと思うのですが・・・。
せいぜい「捕鯨を止めろ?!」と吠えるまででしょう。
相手は"ホエール(whale)"なんだから。

2017年8月29日 (火)

油断?ルール違反?

wave先日、北海道小樽市の海岸で、遊泳中に行方がわからなくなった札幌市の高校生3人全員が、海の中で沈んでいるのが見つかり死亡が確認されました。
海岸で遊んでいた高校生3人の姿が見えなくなり、警察や海上保安部などが捜索しかいがんからおよそ250メートル離れた波消しブロック付近の海の底で沈んでいたそうです。
3人は、同じクラスの同級生合わせて10人で遊びに来ていて、このうち5人が一緒に泳いで波消しブロックのほうに向かいましたが、2人は岸に引き返し3人が溺れたようです。
生徒たちが遊んでいたのは「銭函海水浴場」から西に200メートルほど離れた遊泳区域ではないところで、当日は波が高く海水浴場も遊泳禁止にしていたということです。
怖いもの知らず。
無謀なことも集団心理が働いてブレーキが利かなくなりましたか・・・。
大変申し訳ありませんが、事故には同情しますが、弁解や同情の余地はありません。
怖いものも教えないといけないと思います。
何でも個人の自由かもしれませんが、ダメなものは絶対にダメなんです。

2017年8月24日 (木)

国税庁長官

annoy現国税庁長官は、究極の「ヘッドアップサラリーマン」を、臆面もなく国民の前で演じて出世された方です。
議員や最高裁判事や首長のように、選挙や審査によって任免されはしませんが、国の主要な組織のトップたる者、尊敬されないまでも、主権者である国民が納得できる人でないとまずいでしょう。
この方は、彼が奉仕すべき国民を選ばずに、自身の保身と出世のために別の選択をした人です。
「森友学園」への国有地売却問題を追及している市民団体が、財務省と国税庁に対して、国税庁長官の罷免と辞任を求める署名1万706筆を提出したそうです。
長官が財務省理財局長時代、国会答弁で売却をめぐる事実確認や記録提出を拒んだことを批判しています。
長官は、前職時に国会で、「確認することを控えさせていただく」とか、「短期間で自動的に消去されて復元できないようなシステムになってございます」と答弁し、森友疑惑の真相解明に協力せず、ウソの答弁までしていると言われています。
これだけなら、エキセントリックになっている人たちの行動だと取られるかもしれませんが、洒落にならないことに、罷免要求運動には、現役の税務署職員まで署名しているそうですから、この方は、国税庁内でも全く歓迎されていないんでしょう?
前職時代も問題ですが、長官に就任してからの対応がさらに問題だということです。
国税庁長官になってからも、記者会見すらせず、納税者(国民)に向き合おうとしないのですから。
こんな方がトップにいる限り、納税者の協力、理解が得られる訳がありません。
「私たちの仕事に長官が障害になっている・・・」、税務署の現場では長官への不満が強まっているそうです。
「徴税業務がスムーズにいかないのです。税務署は7月に人事異動があるため、異動後、本格的に税務調査が始まるのは9月からだそうです。
「このままでは、9月以降、税務署員が納税者から不満をぶつけられるのは確実。一日も早く辞めてもらわないと現場は大混乱になります」と話す税務署関係者もいるそうです。
長官の記者会見拒否の理由は、「諸般の事情?」でした。
では、納税者が税務調査で「諸般の事情で」と言って許される?
税金は誰しも敏感ですから、日常の生活実感に根ざした大きな怒りとなって広がって行くのかもしれません。
落語国のお上なら、ルールや決まりはどうあれ、この了見は到底許されませんから、即刻解任されるでしょう。
もしかすると、トランプさんだって・・・。
なぞかけやっちゃいました。
「出世のために国民に向き合おうとしない国税庁長官」とかけて
「超人気アイドルが登場して騒然としているコンサート会場」と解く
その心は「佐川(騒が)ないでください!」

より以前の記事一覧