巷談

2019年10月18日 (金)

武田信玄の功績?

山梨(甲斐の国)と言えば、一番有名なのが「武田信玄」でしょう。
450年以上も昔の人なのに、知名度が落ちることはありません。
私は、会ったことはありませんが、立派な人だったんでしょう。
名物、名産、観光地・・・、ほとんど信玄に関わりがあるかのように紹介されています。
温泉は信玄の隠し湯、お土産は「信玄餅」、「ほうとう」は武田軍の戦場食・・・。
01
「人は石垣、人は城、情けは味方、仇は敵」が、信玄イズム。
山峡の貧しい国だっただけに、信玄が治山治水に腐心したことは間違いはないかもしれません。
そこで、台風19号でもまた、武田信玄が出て来ています。
台風19号は、重大な災害の起こるおそれがあるとして、山梨県内でも「特別警報」が出される地域も多くありました。
しかし、山梨県甲斐市には大雨・洪水・暴風警報は出たものの特別警報は発表されませんでした。
そこで、SNSでは、特別警報が発表されなかった理由は、「信玄堤(しんげんづつみ)」があったからではないかというコメントが行き交っているそうです。
長野県・山梨県・静岡県を流れる富士川は平安時代から氾濫していたそうです。
特に、富士川の上流である釜無川と御勅使川(みだいがわ)が合流する甲府盆地はたびたび洪水になり、農民は家や畑が流されてしまうことに悩んでいました。
甲斐の国の領主だった武田信玄は、農民たちが安定した暮らしができるよう約20年かけて川を治める工事をしました。
それが今回の洪水にも活躍したという「信玄堤」です。
55903_main1
堤防を築いた武田信玄は、決壊しないよう水の勢いを弱めるなどさまざまな工夫を施しました。
①あばれ川の釜無川を氾濫させないしっかりした「堤防を築く」
②堤防が壊れないよう大洪水でも「水の勢いを弱める」工夫
③御勅使川の激流が直撃しないよう「流れを弱め安定させる」
④釜無川、御勅使川が流す多量の「土砂が溜まらないよう」工夫
⑤堤防の仕組が正しく機能するよう「領民にも知らせ協力させる」
Photo_20191018094501
水の向きを変える「石積出し」という方法や、岩に水をぶつけて力を弱める「高岩」という方法で川の氾濫を防いでいたそうです。
当時の技術は今も引き継がれ、信玄堤では川の流れを変えて氾濫を防ぐ木の工作物「聖牛」が作られています。
55903_021
戦国時代の技術が現代にも生きており、後世の人の命を守ったということに多くの人が感動したようです。
・武田信玄ありがとう…。何年経っても守られてます。
・当時の人に感謝してもしきれない。昔の人の知恵はすごい。
・洪水対策の大切さが分かる。山梨県民として誇りに思います。
本当に信玄堤のおかげで氾濫しなかったのかは不明ですが、後世の命まで守る災害対策の大切さがよく分かります。
・・・ということで、信玄公の株がまた上がったことは言うまでもありません。

2019年10月16日 (水)

マラソンは札幌で?

はっきり言って、ある面でグッドアイデアだと思います。
2020年東京五輪の男女マラソンと競歩について、国際オリンピック委員会(IOC)は、猛暑対策で、コースを東京から札幌に移すよう、大会組織委員会や東京都などに提案すると発表。
Https___imgixproxyn8sjp_dsxmzo5105326016
少なくとも、この数年だけでも、日本の夏は変わりました。
ある程度の寒暖は、屋外のスポーツですから、それがあるからこそ面白い部分もありますが、今の日本で、真夏に42キロも走らせるというのは、スポーツの域を越えていると思います。
K10012135481_1910170124_1910170602_01_02
それか、百歩譲って、真夜中のナイターレースにするか。
遠寺の鐘を合図に、丑3ツ時にスタートして、明け6ツぐらいにゴールするという、怪談レース。

2019年10月15日 (火)

タワーマンション

武蔵小杉に林立するタワーマンションの一部の機能がマヒ状態だそうです。
   Photo_20191015123901
冠水と停電で、セレブの住む"お城"は散々な状態のようです。
私には、何でこんなに”タワマン”が人気なのか分かりません。
景色がいい・・・なんて言うのは、住んで1ヶ月もすれば、ほとんど忘れてしまい、アドバンテージはなくなります。
それよりも、移動にも時間がかかるし、とにかく足が地に着いていないんですから、不自然極まりない。
それに、対策はしてはあるでしょうが、避難するのは非常に困難だと思います。
やっかみ半分で、星を見てから気がついた人が多いようです。
「そら(空)、見たことか」って。
住んでいる人も痛感しているでしょう。
「そりゃあもう、大変だっタワー」って。
個人的には、様々な意味で10階ぐらいまでが限界だと思います。

2019年10月14日 (月)

多摩川の氾濫は

台風で氾濫した二子玉川辺りの多摩川。
20191014oyt1i500251
この部分だけ、堤防が未整備だったんだそうです。
20191014oyt1i500241
地元住民が、景観だの、覗かれるだのと、整備を受け入れなかったという。
どちらが大事なんでしょうね。
ひもじさと寒さと恋を比ぶれば、恥ずかしながらひもじさが先。
見栄えなどよりも身の安全だと言うことが分かったんじゃないでしょうか。
二子玉(2個玉・2兎)追うものは・・・です。

称賛と美談

ラグビーの日本のベスト8入りは、海外でも称賛去れているようです。
_20191014_072908
また、台風でゲームが中止になった釜石では、カナダチームの選手たちが、後片付けを手伝ってくれたそうです。_20191014_072941
今回の大会では、挨拶(お辞儀)や掃除(ゴミ集め)など、試合後のマナーなどの日本の礼儀が称賛されていますが、その後で感謝(お礼)の気持ちが返って来ることも分かりました。
とても素晴らしいことだと思います。

2019年10月12日 (土)

本当に分かっちゃいない

まだ懲りずに危険な中継をやって自己満足しているマスコミ。
_20191012_1108562
お前がそこに立っている必然性などないでしょう。
淡々と、室内から、風や波の映像だけを送れば十分です。
後は、しっかりした語りで伝えろと思います。
_20191012_100056
突風のような強い風だとか、潰れた家とか、日本語の用法やデリカシーのない言葉で、関係者の顰蹙を買って起きている。
こんなツイートを見つけました。
  _20191012_110955
やはり、邪魔なんですよね。
さもありなん。

突風ような・・・?

テレビの台風中継で「突風のような強い風が吹いています」って言っていました。
えっ?どういう意味?
強い風を「強風」とか「突風」と言いますが、「突風のような強い風」って、「突風」なんじゃありませんか?
最近の、言葉を曖昧にする典型ですね。

2019年10月11日 (金)

引退

大相撲で付け人に暴力を振るった十両力士が引退を決め、日本相撲協会に引退届を提出したそうです。
本人は、協会からの「引退勧告」が重すぎると主張していましたが、周囲は妥当だと考える人が多く、復帰は難しいと判断したんでしょう。Images-1_20191011183202
本人の気持ちも分からないではありませんが、暴力という人権侵害の重い罪を、しかも過去にも問題にされた末の再犯ですから、もはや情状酌量の余地はないでしょう。
自分が犯した罪の重さの理解もなければ、一方的に処分に対する不満の会見をした後に雲隠れするなど、社会人としてめちゃくちゃ。
どうも、元の出身部屋の親方や力士たちは、ストイックというか、不器用というか、非常識というか・・・、仕方がないですね。
「双子の関取」なんて、注目されていたのにとても残念です。

2019年10月 5日 (土)

深刻なサンマ不漁

秋の味覚の王様「秋刀魚(サンマ)」が超不漁だそうです。
K10012113911_1910042305_1910050605_01_02
今シーズンの漁獲量はこれまでのところ、去年の同じ時期のわずか1割ほどにとどまり、半世紀ぶりの不漁だったおととしを下回る可能性が出てきました。
これは、サンマの群れが日本の近海に来ず、遠く離れた海域が漁場になり、とれるサンマも体が小さいものが多かったことが影響しています。
甘利にも不漁で、サンマを求めてどんどん外洋へ出てしまい、遭難した漁船もありました。
マグロも、ウナギも、シラスも、サクラエビも・・・。
乱獲ですよ。
「何?日本橋魚河岸?あぁ、それでいかん。サンマは外洋に限る」なんて。
そのうちに、サンマもクジラと同じように、食卓に上らなくなって、「目黒のサンマ」は分からなくなり、「目白のイワシ」という噺が出来てしまうかもしれない・・・。

これが先進治療?

へぇぇ、病気の手術や治療にも色々あるんですねぇ。
B2bcde6a4b0a425ea75950c733449322
岡山県総社市の市議が、「入院手術」を理由に議会を欠席し、豪華客船による観光ツアーに出かけていたことがわかった。
発覚を免れようと退院証明書などを偽造し、議長に示していた。
事実関係を認め、議長に辞職願を提出した。
そうそう、あんたみたいな無責任で嘘つき議員は、すぐにやめタライい。
「退院証明書」でなくて、「タライイン証明書」はありませんか?
・・・それが言いたかっただけ。

より以前の記事一覧