巷談

2018年9月12日 (水)

そう言えば

shock台風や地震もあって、すっかり忘れてしまっていましたが、まだ解決していません。
大阪府警富田林署で勾留されていた容疑者が面会室から逃走して1ヶ月。
このトホホな状態は、呆れを過ぎて笑ってしまいそうです。
まぁ、警察のレベルの低いこと。
そしてとうとう、府警OBが出資する私的懸賞金制度を開始すると発表。
逮捕につながる有力な情報に支払われ、上限は総額で200万円だそうです。
他力本願になって来ました。
発生から1ヶ月となるのを前に、OB有志から「いまだに逮捕に至っていないので側面支援したい」と申し出があったそうです。
そりゃぁ、今のままじゃ、みっともないですからね。

2018年8月30日 (木)

スポーツ界の腐れ?

sportsスポーツ界の騒ぎが治まりません。
治まらないどころか、様々な種目に広がっています。
どこから始まったか・・と思うと、まず相撲からでしたか?
それから、レスリング、アメリカンフットボール、水球、ハンドボール、ボクシング、バスケットボール、バドミントン・・・、そして体操。
共通しているのは、昔の栄光や伝統を傘にして君臨する輩が、若い世代に時代遅れの考え方を押し付けている図が透けて見える。
アメリカンフットボールの宮川選手は、自身の犯した行為を贖罪した上で、勇気を持って「悪」を告発しました。
そして昨日は、体操競技の宮川選手が、冷静に現状を意識した上で、やはり勇気を持って競技団体を告発しました。
奇しくも若い「宮川選手」です。
栄光の「体操ニッポン」も、やはり旧態依然とした組織だったことは間違いないようです。
何かこう、何故か絶対的な権力を持つ者が現れて、強大な力で支配する構図・・・。
そもそも、こういう形になっていることがおぞましいと思います。
スポーツと言うのは、全然オープンでもフェアでもないんですね。
終身会長がいたり、一介の監督が大学の中枢にいたり、夫婦家族が競技団体の役員に就いていたり・・・、やはり物凄く変ですよ。
あぁ、政治家の世襲もそうですが。

2018年8月29日 (水)

いい加減にしろっ!

annoyセクハラ・パワハラは日常茶飯事、国会答弁資料の改竄、多数の天下り、裏口入学、収賄・・・と、留まるところを知らない官僚の不祥事や犯罪。
今度は、「お前だろ!」と、怒髪天な事実が明るみに出ました。
障害者雇用実績の虚偽報告です。
私は、人事を担当していたので、このルールは知っていましたし、法律の趣旨から、いつも必死になって対応していました。
そして、どうしても採用数が未達の場合には、ペナルティを支払わざるを得ず、しかも定期的な報告も義務付けられていました。
率先垂範すべき立場の組織が、まぁ、何と杜撰なsign03
色々と一般企業には厳しいんです。
◆ 障害者の法定雇用率は2.0%
◆毎年6月1日時点の障害者雇用状況をハローワークに報告義務
◆障害者雇用義務を履行しない事業主は、企業名公表 
    hh
  
「財務省」や「国税庁」など「何だよお前」「またお前たちか」って言いたくなります。
それから「法務省」。
君たちは、コンプライアンスを説き、それを実践させるのが目的の組織ではないの?
要するに、「決め事は、ばれなけりゃ、破ったり誤魔化したりしても良いんだよ」って言ってくれている訳ですね?
いい加減にしろっ!
まぁ、ここまで綱紀が乱れたら、もう国民はどこも信用出来ません。
これって、求職している傷がい者の方々に対する差別にもなるかもしれません。
国民に対しては詐欺です。
・・・きっと、地方公共団体や他の公的機関などでも、恐らく同じようなことが行われているんでしょう。

2018年8月23日 (木)

情けない大人

punchアジア大会でメダルを獲得したアスリートたちを見ていると、単に競技だけにのめり込むだけでなく、自分の人間性も磨いているような清々しさを感じます。
ただし、やはりバスケットボールの選手は、バスケットは底が抜けているだけに、墓穴を掘りましたが。
私の「甲府ぃ」という噺で、こんな台詞があります。
”おから”なんて豆腐の搾りカスだ。
こんな物食っちまったっていいようなもんだ。
だけどな、昔から、人の家の塵っ葉一枚でも盗りゃあ、泥棒だ。
なんで、そんなことをするんだ。

情けない大人 情けない大人
バカ大人がいて、さらに組織が甘い対応をしているという話題。
西武ライオンズの試合後に、バックネット裏の観客席の間に設けられているメットライフ名物の階段「ビクトリーロード」を上がる選手の首に掛かったタオルを、中年の男が引き抜いた。
この様子はTwitterやYouTubeに拡散され、男は猛批判を受けた。
この犯人が引き抜いたあと喜び、同伴と思われる女性に匂いを嗅がせるなどしていた。

人の物を盗む行為は「窃盗」です。
このさもしい男は、何と「東京メトロ」の「常務取締役」殿であらせられたそうです。
テレビのニュース番組が取り上げるなどして批判が高まったため、東京メトロが迷惑行為をした男が常務取締役で、減給1か月(20%)の処分にしたと発表。
ところが、この処分が甘すぎると、また大批判だそうです。
普段乗客にマナー向上の「ご理解ご協力」を呼びかけている立場の人間が、ありえない行為をしたことに、怒りの声が噴出している状況。
東京メトロの処分について、「甘すぎる」「窃盗しても首にならない会社って良いな」 「下っ端なら首だろ」など、怒りが増幅。

男は翌日球団に謝罪し、タオルを返却したそうですが、返したからといって窃盗の罪が消されるわけではありません。
人には偉そうなことを言って、自分にはとことん甘い・・・。
やはり、職を辞さないと。
しかし、仕方がないかもしれません。
だって、この男の会社は、人の物を掠め取ろ(カスメトロ)うという名前ですから。
「東京メトロ」ではなくて、「掠メトロ」。

2018年8月22日 (水)

もう来ないで!

bomb「そうだろう」「そんなことだろうな」と思います。
鉄道フリーク(撮り鉄)の傍若無人さが顰蹙を買っていますが、かれらだけではないということです。
もう来ないで!
美しい丘の景観で知られる北海道の美瑛町などで、花畑などを勝手に踏み荒らして農家を困らせる行為が続発しているそうです。
藁を巻いたような牧草ロールの前で、男性が畑の中にしゃがんでいたり、カラフルな花のじゅうたんの中に入って、女性がポーズを取っていたり..・・・。
インスタグラムで「biei」と検索すると、外国人が投稿したらしいこんな写真が次々に出て来るんだそうです。
札幌にお住まいの某氏が、こんな写真をいくつかアップして、観光客らが「インスタ映え」を狙って農家の私有地である畑に無断侵入している現状を告発。
こんなマナーに反する行為に対し、「もう北海道来ないでください」と訴えたそうです。
北海道だけではありません。
川底まで青く透き通り、夏は川遊びスポットとして人気のある三重県紀北町の銚子川周辺でも、川遊びに訪れる人が急増し、ゴミ放置や路上駐車などのマナー違反が問題化しているそうです。
自然環境を守るため、町が河原でのバーベキュー禁止などを検討する事態にもなっていて、担当者は「ルールを守ったうえで銚子川の豊かな自然を楽しんでほしい」 と訴えているようです。
過疎化や高齢化が進んで、観光客に来てもらうのは良いけれども、この人たちのモラルやマナーの酷さには、さすがに辟易している観光地が多いようです。
特に、インバウンドを謳っているので、海外からの観光客も著増していて、言葉や風俗習慣の壁もあるかもしれませんが、やはり毅然としていないと、自然だけでなくて、様々なものが破壊されてしまいます。
観光客にしてみれば、ぐるりと回った、もう訪れることもないかもしれない観光地の一つかもしれませんが、何千人・何万人もの狼藉者を迎える地元の人たちはたまりません。
昔、我が家の庭の桜の木の下で、突然来てお花見の宴を勝手にしていたグループがありましたが、こういう人たちというのは、どういう神経、どういうモラル・マナー感覚でいるのか・・・、腹が立つというよりも呆れてしまったことを思い出します。
困ったものですね。

2018年8月17日 (金)

こういう輩には

annoy後方であおり運転、前に出てジグザグ運転をして進行を妨害。
こういう輩には
果ては、高速道路上で停車し車から降りて因縁をつけに来る。
こういう輩には
ドライバーが相手にしないと、火のついた煙草をフロントウインドウに投げつける。
間違いなく危険な行為で、犯罪行為です。
これが、ドライブレコーダーに映った「犯人」です。
彼の勘違いの人生に、お灸をすえる必要もあると思います。
お縄にして、厳しい罰を与えるべきでしょう。
こういう輩には
顔もはっきり識別出来ますから、早く捕まえてください。
道路交通法違反ですから、被害届は不要だと思います。

今度は「居合道」

bomb外に向かっては、常々偉そうに、もっともらしいことを言っていて、自己保身や禁欲には平気で屈服するというのが、日本の武士道やスポーツマンシップの実態のようです。
全日本剣道連盟(全剣連)の「居合道」部門で、段位・称号取得の際に金銭授受が横行していた実態が表面化。
「剣による人間形成」を旗印とする組織の裏で、実は“肩書”が売買されていた格好です。
内閣府に提出された告発状などからは、既得権益におぼれた審査側と、名誉欲に走る受審者とのいびつな共存関係が炙り出されているようです。
告発状によると、平成24年、関西地方に住む連盟会員の男性は、居合道の称号で最高位の「範士」審査を目前にして、「誠意やないか。カネやないか」と迫られた。
相手は全剣連の専門委員会「居合道委員会」の委員で、要求額は合計650万円。
委員長や自身にそれぞれ100万円、残りの委員にも50万円ずつ・・・という内訳だった。
同委員会は競技人口の少ない居合道の普及や振興などを一手に担っており、当時は委員が範士の審査員も兼ねる状況が続いていた。
男性はこうした慣習に反発し、支払う意思がないことを伝えた上で、八段範士となっていた人物らに相談した。
ただ、期待するような反応は返ってこなかった。
「お金はかかるものだ」「私も(審査時に)お金をもらったことがある」、 さらには「口に出してはいけないものがある。墓場まで持っていくもんや」との“警告”まで受けた。
男性は25年、全剣連に不正合格の実態調査などを求める嘆願書を提出したが、動きはなかった。
「要するに上納金」「先輩方が白いと言ったら白、黒いと言ったら黒だ」。
連盟側からは、事あるごとに嘆願書を取り下げて事態収拾を図るよう暗に迫られた。

昔から、習い事や稽古事にはお金がかかる、というのは”常識”。
みんな同じ構図で、昔の隠蔽体質、一部のぼったくり体質がそのまま残り、今のフラットでオープンな動きには水と油になっている。
相撲協会も、日大も、ボクシングも・・・、みんなそう。
みんなで赤信号を堂々と渡っちゃったから、正しく取り締まられたら、誰もいなくなってしまう。
お偉いさん(全く偉くもなんともない欲深人間たち)は、同じ穴の狢ですから、改革や改善など出来るはずがありません。
昔は、必要悪で仕方がなかった輩たちがのさばって、組織を腐らせている。
どこの世界にも、”新アンガールズ”がいて、健全なものを蝕んでいるんですね。
こりゃぁ、日本全国大変ですよ。

2018年8月 9日 (木)

さすが日大!

schoolさすが「自主創造」の日本大學sign03
さすが日大!
日大応援リーダー部(競技チアリーディング)の女性監督が女子部員にパワハラをしたと、学内の人権救済機関が認定。
部員は精神的に追い詰められて適応障害と診断。
運動部を統括し、アメリカンフットボール部の前監督が事務局長だった保健体育審議会(保体審)に解決を求めたが対応せず。
日大のパワハラ体質とガバナンス(組織統治)欠如が再び露呈。

・・・日大の「自主創造」って、自分で勝手に解釈して、実は物凄く偏った価値観を、地位を利用して、手段も選ばず学生たちに押し付けることだったんですね。
いずれにしても、日大には、常識と良識、責任感と自浄能力はありませんから。
しかし、オヤジだけでなく、オバサンにもいるんですね。
そう言えば、ロシアあたりが強くて、団体・個人で、日本女子もかなりのレベルにある某スポーツにも、物凄い監督がいますが、大丈夫かなぁ?
かなり人格や尊厳を傷付けるような言動がある気がしますが。
気を付けないと・・・。

2018年8月 7日 (火)

サマータイム?

clockサマータイムの話題。
政府、与党は、2020年の東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として、国全体の時間を夏の間だけ早めるサマータイム(夏時間)の導入の可否について検討に入った。
今夏の日本列島が酷暑に見舞われている状況を踏まえ、マラソンや競歩といった屋外競技 の選手の体調に配慮するのが狙い。
ただ政府、与党内には国民生活が混乱しかねないとの懸念もあり、実現するかは見通せない。

私は素朴に、オリンピックだから・・というレベルで議論するのは「?」だと思いますね。
今まで上手く行かなかった仕組みなんですから、定着しない何か大きな原因があるはずです。
だから、オリンピックの時だけなんていうのは論外です。
そもそも、暑い時間帯に競技を避けるなら、例えば国全体の時間を2時間ずらした朝7時に始めるだけ。
それならば、今のまま開始時刻を2時間早めて、5時からスタートにすれば良いでしょう。
東京で、ほんの一時的に行われるイベントのために、国全体の時間をずらすなんて。
前回のオリンピックと違って、今回はナショナルイベントではなく、ちょっと特別なビッグイベントなんですから。
例えば、ワールドカップが真夜中に放送されたって、視聴する人は視聴します。
大晦日などには、深夜ダイヤが組まれて、不便にはなりません。
気候が変わってとか、ライフスタイルが変わってとか言う理由でずらすなら、もっとじっくりと調査や議論をしてから変えるべきでしょう。
それに、サマータイムが実施されたら、「時蕎麦」が出来なくなる?かもしれないし。
https://www.youtube.com/watch?v=VWZasBSOxSw&app=desktop
昔、「Mr.サマータイム」っていう歌がありましたね。

2018年8月 2日 (木)

体調不良?

bombアマチュアボクシングのドンが、悪行がばれそうになったためか、体調不良を理由に入院したそうです。
悪人の常套手段です。
これだけでも、「私はクロ」と言っているのと同じです。
これって「体調不良」ではなくて、「会長不良」ってことでしょ?
しかし、なんでこんな輩にやりたい放題させてしまうのでしょうか?
相撲、レスリング、アメフト、ハンドボール、水球、ボクシング・・・・。
まだまだ出て来ますよ。
みんな同じような悪人面のオヤジが・・・。

より以前の記事一覧