テレビ・ラジオ・新聞・雑誌

2017年8月17日 (木)

顔が似ている?

movieよく、「有名人の誰それに似ている」なんていうのが話のタネになります。
例えば、「貴方は郷ひろみに似ています」なんて言われたら嬉しいでしょうが、絶対にそんな訳はありません。
(例えが古くてすみません。福山雅治ぐらいの方が良いかな?)
顔が似ている?
学生時代のことですが、髪も長髪だったこともあって、何と「殿様キングスの宮路オサム」さんに似ていると言われたことがあり、複雑な?思いをしたことがあります。
(宮路さんすみません)
先日、懐メロ映像を見る機会があり、偶然見つけました。
・・・当時は、自分としては絶対に似ていないと思っていましたが、今になって見ると・・、何となく雰囲気は・・・。
そうそう、社会人になって、かなり太ってからは、「ラサール石井」さんとも言われました。

百年目?

「あぁぁ、これで"百年目"だと思いました」・・・というのは、「百年目」のオチ。
世の中には、古ければ古いほど良い年代物なんていうのがありますが、これも立派な百年物という訳で。
百年目?
話題は南極。南極で、フルーツケーキが見つかったというもの。
これは、20世紀初頭に活躍した英国の探検家ロバート・スコット率いる隊の一部が、科学調査を行った1911年に残したものとみられ、見た目と匂いからは食べることができそうだという。
百年目?
ケーキが見つかったのは、スコット隊の一部が立ち寄ったとされるアデア岬にある南極最古の小屋。
2016年5月から小屋内の物品の保存・補修作業が行われた際に、1500点の道具や服などと共に、ケーキを見つけたという。

百年目?
ケーキは、英国の製菓会社「ハントリー&パーマー」製。
金属製の容器は劣化していたものの、寒冷な気候の影響などで、中のケーキは非常に良い状態で保存されていた。

百年目?
スコット隊が調査の際に、このケーキを持参した記録も残っているという。
これって、かつて南極点に誰が最初に到達するかという競争が行われていた頃のこと。
アムンゼンとか、日本の白瀬中尉とか、歴史の時間に習いました。
そんな時代のケーキ・・・?
よく、江戸時代の梅干なんていうのもありますが、正直なところ、食べたいとは思いません。
やはり、歴史的な資料として残しておくべきでしょう。
それにしても、南極ですから、冷凍状態で保存されていたということですね。
冷凍すれば、長時間保存できる。
血液なども冷凍保存している時代です。
いっそのこと、人間を丸ごと冷凍保存してしまえば。
私も、30世紀の「スーパージェッター」に会えるかもしれません。
・・・ん?
落語にもなるかもしれない。
ケーキを冷凍する、血液を冷凍する・・・人間も。
オチは「あぁ、いい功徳をした」という、「後生鰻」と同じにする。

2017年8月16日 (水)

何これ?

baseball熱戦が続いていると思われる甲子園。
昨日は雨天順延でしたが。
何これ?
かなり実力は均衡して来たとはいえ、強豪県、強豪校はあるもので、組合せの妙というか、運不運もあります。
これ、明日のカード。
個別の戦力や選手は知りませんが、学校の名前だけ見たら、どのカードもベスト8の対戦みたいです。
こういうこともあるんですね。
とにかく、個人的には「仙台育英頑張れ」ですね。
ただ、かつて宮城県民だったから・・だけなんですが。

ゾウガメ発見!

取り敢えずほっとしたニュース。
ゾウガメ発見!
岡山県の動物園で今月1日から行方不明になっていた大型陸ガメのアルダブラゾウガメが、近くの林の中で見つかりました。
有力な手がかりがなく、発見者に50万円の懸賞金を払うことを発表するなどして行方を捜していました。
見つかったのは入園口から直線距離で約50メートル離れた林の中。
岡山市から探しに来ていた家族が「見つけた」と伝えに来たそうです。
しかし、良かった、良かったと、手放しでは喜べない面もあります。
この動物園は、動物に直接触れることが出来るのが売り物だそうで、開園中は、檻から出ている動物も多いようです。
ですから、動物が逃げ出さないように厳重にチェックしないといけないのに、カメだからとの油断があったようです。
これが、猛獣だったり、毒獣だったり、害獣だったり、既存の生態系に影響を与える生物だったら、個体の命が云々以上に、大変なことになったと思います。
ところでこのカメ、「アブー」って名前だそうです。
動物園が嫌になったんじゃありませんか?
名前が「アブー(アデュー)」だから、「さようなら」って。
それにしても、発見した家族は、ラッキーでしたね。
趣味と実益を兼ねて、良い夏休みになったことでしょう。

火祭りの様子

ニュース配信された映像の一部です。
火祭りの様子
雨降りで、残念でした。
火祭りの様子
これが「百八たい」です。
火祭りの様子
山梨県では、「吉田の火祭り」と並ぶ奇祭だと言われます。

若者のパソコン離れ?

pcオジサンなんて、やっとパソコンにお近づきになりつつあるのに、若者たちは遠ざかっ ていく?
某社の今年の新入社員。
配属直後に、翌日の会議で使う資料を作るように指示したところ、左手でスマホを持ち 、フリック入力でパパッと調べものをしながら、右手でノートにメモ。
次に、そのメモした内容をパソコンに打 ち込み始めましたが、タイピングがめちゃくちゃ遅い。
キーを1つ1つ確認しながら、ゆっくり入力。
(それならオジサンとおんなじだ。)
“ブライ ンドタッチ”ができないそうです。
調べものの検索も スマホの方が慣れてるからと、パソコンを使わないという・・・。
ある調査によれば、今年の3月に卒業した大学生 の97.4%がスマホを持っていると答えているそうです。
一方、自分専用のパソコン所有率は71%とガクンと下がります。
大学側も本格的な卒論を書かせたりするところが少なくなって来て、レポート程度ならスマホや大学のPCルームで事足ります。
彼らはスマホで何でもできると思っていて、パソコンは高価だからいらないという考えの学生が多いようです。

このような若者のパソコン離れの理由につ いてー、こんな指摘もあるそうです。
彼らは初めての携帯がスマホという世代。
だからパソコンの電源を入れることなく、ネット世界と繋がってきたため、パソコン自体が苦手。
だから若者にとっては、パソコンのキーボー ド入力より、スマホのフリック入力の方が断然速い。

生まれて物心ついたらそこにスマホがあった。
それなら、スマホしか使わなくても不思議ではないのでしょう。
テレビのチャンネルや電話のダイヤルは、回すものだったことを知らないのと同じ、いやそれ以上でしょう・・・。
そのうちに、喋った(聞いた)言葉がそのまま文書になったりするんでしょう。
それでいいのか?

Webニュースで

pcNHKWebニュースで、「南部の火祭り」が配信されました。
      南部の火まつり
江戸時代から続く山梨県南部町の夏の伝統行事、「南部の火祭り」が15日夜行われ、雨の中、大勢の人たちが川が炎で赤く染まる幻想的な風景を見守りました。
江戸時代の中頃に始まったとされる「南部の火祭り」は、盆の送り火と水難事故で亡くなった人を供養するための儀式として山梨県南部町で受け継がれてきました。
富士川の河川敷には、亡くなった人を供養する「そとうば」を積み上げた巨大なたいまつが用意され、僧侶たちの読経が響く中、次々と火がつけられました。
そして川の両岸およそ2キロにわたって108のたいまつに火がともされると、燃え上がった炎で富士川が赤く染まりました。
たいまつの炎は108の煩悩を焼き尽くすとされ、雨の中、大勢の人たちが川が炎で赤く染まる幻想的な風景を見守りました。

・・・やはり、雨模様だったんですね。
お盆も今日までです。

2017年8月15日 (火)

積乱雲発生の予測

rain最近は、天気予報の精度が上って来て、かなりのピンポイントで正確な予測が出来るよ うになっています。
「天気予報は当たらない」なんて言われた頃からすると隔世の感があります。
ところが、台風や前線などの予報は正確ですが、最近流行の?局地的な風雨(ゲリラ風雨)は、ゲリラと言われる ぐらいですから突然のことですが、なかなか予測するのが難しいようです。
要するに、大雨を降らせる原因の一つである積乱雲がいつどこで発生するかを正確に予測することは、現在の予報技術では難しいそうなんです。
気象庁は、「九州北部でこれだけの雨が降ると、的確に予想できていなかった・・・」と。
多数の犠牲者が出た7月の九州北部豪雨でも、大雨の原因となった線状降水帯の発生が予測できませんでした。
今回の豪雨を降らせた線状降水帯は、連続発生した積乱雲が連なって形成されるものだそうです。 積乱雲は強い上昇気流で発生し、高さ十数キロにもなって雷を伴った大雨を降らせ、3 0分から1時間程度で消滅。
上空に冷たい空気、地上には暖かく湿った空気の層がある大気の状態が不安定なときに発生し、発達しやすい。
ただ、不安定な地域の中でも、いつどこで積乱雲が発生するかは風向きや地形の細かな条件に左右されるため、事前に予想するのは困難だそうです。
地震警報と同じで、直前に情報が出されてからの対応になりますが、当面の間は、この季節は、いつでも心の準備が 必要だということですね。
それでも、「宮戸川」のお花さんと半七の2人も、突然の落雷で結ばれたようなものですから。
程度問題ではありますが・・・。
しかし、この噺で、昔からずっと一点だけとても不思議なのは、夜中に突然のにわか雨が降って、雷鳴が轟くなんていうことが、霊岸島あたりで頻繁にあったのかなぁぁ・・・ということ。
これがなかったら、2人は結ばれなかったかも・・・。
野暮を言っちゃあいけませんか・・・。

2017年8月14日 (月)

世代交代

世界陸上も終わりました。
ほとんどテレビ観戦をしなかったのは、残念ながら、日本選手が今一歩だったのと、番組の進行役がマンネリで詰まらないから。
メダルどころか、入賞者もなく、いつぞやのオリンピックの柔道みたいになるのかな、やはり日本人には、基本的に道具を使わない競技は体力的に限界があるのかなと、諦めていました。
男子100×4リレーでやっと銅メダルが獲得できてホッとしました。
nn
このレースでは、今までこの種目に君臨していたボルト選手が、最終レースを棄権してしまい、世代交代を目の当たりにしました。
nn
これで終わりかと思っていたところに、50キロ競歩という、大変失礼ながら、今まではかなりマイナーだった競技で、2・3位のメダルと5位入賞という快挙に驚きました。
「頑張って歩きます」っていうのが、面白いですね。
「厳しい練習に耐えて歩きました」なんてね。
国際大会で、日本選手がこういう景色を見せてくれることはほとんどないので、本当に素晴らしいと思いました。

2017年8月13日 (日)

落語DEデート

car迎え盆のための日帰り帰省。
車中で聴きました。
先日亡くなった野際陽子さんがゲストの会の再放送でした。
 ◇一眼国」    五代目春風亭柳朝
何と言うか、ライトですっきりした芸風は、今の噺家さんにはあまりいない気がします。
志ん朝師匠との二人会「二朝会」は、伝説の落語会です。
50代で亡くなってしまったのは、本当に残念な師匠です。

より以前の記事一覧