テレビ・ラジオ・新聞・雑誌

2017年7月28日 (金)

信じられないこと

(*_*)俄に信じられないことです。
2017年上半期(1~6月)の新車の世界販売台数は、日産自動車と仏ルノー、三菱自動車の3社連合が526万8000台で、世界首位に躍進!
トヨタ自動車が28日に発表したグループ販売台数(ダイハツ工業と日野自動車を含む)は512万9000台で過去最高だったが、日産グループに届かなかった・・・。
上半期の順位は、2位が独フォルクスワーゲン(VW、515万5000台)、3位がトヨタ、4位が米ゼネラル・モーターズ(GM、468万6000台)。
日産がトップに立ったのは、三菱自が16年10月に日産グループに加わったことが大きい。
年間で1000万台の大台に達する可能性が出ている。
だって、日産と三菱なんて、究極の「負け組」 で、個人的には好きなクルマ、欲しいクルマは1台もありませんよ。
私は、かつて両社のクルマのオーナーだったことがあるのが悲しいのに。
負け組も合わせれば・・・何とかなるんですね。
悔しいから、なぞかけ。
「日産自動車」とかけて、「お寺の鐘」と解く、
その心は「ゴォ~ン」・・・。car

2017年7月27日 (木)

リーダーの資質

またまた行政のリーダーの失態。
記録的な大雨で秋田県内に避難勧告が出ていた時に、知事がゴルフで宮城県に出掛け、飲酒したため戻れなかった問題。
知事が緊急記者会見を開き、定例会見で友人3人と行ったとの説明は虚偽で、実は県の部長2人が同行していたことを明らかにしました。
「部下をかばった。県庁の甘い体質と捉えられても仕方がなく、県民を裏切る行為だった」と陳謝。
知事は「トップリーダーとして、うそをつくことは失格だ」と話す一方、辞任に関しては「当面の県政課題に全力を尽くしたい」と否定。自らと2人の部長の処分を今後検討する。
ゴルフに行ったのは知事のほか、観光文化スポーツ部長、産業労働部長、県職員OB4人の計7人。
知事が企画し、22日早朝に車2台で出掛けた。
大崎市ではなく、宮城県加美町のゴルフ場で午後4時ごろまでプレーした。
大雨情報に気付いたのは午後6時40分ごろで、既に宿泊先で飲酒していた。
翌23日は大仙市内の渋滞で秋田市到着が遅れ、知事と2人の部長は同日午前に県庁で開かれた災害関連の会議に欠席した。
同行した部長は、知事の虚偽説明について「(かばわれたという面が)なかったと言えばうそになる。知事の発言に異を唱えることにためらいがあった」と述べた。
公務で海外出張中の別の同行した部長は「早く秋田に帰る行動を起こせなかったことを深く反省している」 とのコメントを出した。

そもそも、知事以下の県の幹部職員に、リスク感覚が全くないのと、危機管理が出来ていないことに驚きます。
この偉い方々は、「労働者」ではありませんから、基本的にはミッション上"オフ"はありません。
常に"勤務"状態にある立場(身体)です。
勿論、それを前提にした上での人権的な配慮は必要ですが、ミッションが優先することは論を待ちません。
特に知事は、県民から直接選ばれ、行政を負託されています。
さらに、こういう異常事態の時にこそそこにいて"なんぼ"の人。
その為に、県民は高い報酬を支払っているのですから。
部下をかばうというのも変な話で、まず守るべきは、自分を選んでくれた県民なんですから、完全に朱に交わってしまっています。
この国では、首相も、大臣も、知事も、みんな平気で嘘をつく。
お名前から察するに、秋田のお殿様の末裔の方なのでしょうか?
「三太夫、控えておれ」・・・で事がすむと思っているかも?

2017年7月26日 (水)

おやおや・・・?

ship先月起こった米軍のイージス艦と一般コンテナ船の衝突事故。
イージス艦では死傷者も出て、船も大きく傷つき、米軍の頼りなさを曝け出しましたが、どうやら、事故の原因もイージス艦側にあるのかもという・・・。
おやおや・・・?
この図で、それぞれの船の位置が正しければ、イージス艦側に衝突回避義務ありということになるそうです。
おやおや・・・?
これが真実だとすると、今度は、本チャンの部分でも情けなかったということになりますね。
おやおや・・・?
船の大きさが違うから、ほとんど無傷なコンテナ船に比べて、イージス艦の被害が大きかったという言い訳は、「回避すればよかったんじゃん」てぇことになりますよ。
これでは、「easy艦」ではなくて「difficulty艇」ですね。
改めて、本当に、国の護りは大丈夫でしょうか?

2017年7月25日 (火)

静岡県の人口

本当にどうでもよいことなんですが。
静岡県の7月1日現在の推計人口は前月比154人減の367万4947人。
男性は180万9809人(前月比207人減)。
女性は186万5138人(同53人増)。
女性の人口は、集計の基準としている2015年国勢調査確定値の同年10月1日時点
以降、初めて増加に転じたそうです。
出生数と死亡数の差を表す自然動態は680人の減少、人の流出入を示す社会動態は5
26人の増加。
    静岡県の人口
自治体の増減では、富士市は増えていますが、富士宮市は減っています。
減っている自治体を見ると、東部伊豆地方が多いようなのが気になります。
全く関わりのない者の戯言です。

2017年7月23日 (日)

ブーメラン

happy02思わず大爆笑!
ブーメランと言うのか、天に向かって唾を吐いたと言うのか。
ブーメラン
    ブーメラン
これをコピペして熨斗をつけてお返ししましょう。

盆踊りの季節

paper昨夜も、近くの公園からでしょうか、ドラえもん音頭が聞こえて来ました。
盆踊りの季節
盆踊りは日本でだけではないそうです。
40年以上にわたって続く、海外では最大規模の盆踊り大会がマレーシアで開かれ、浴衣に身を包んだマレーシア人や日本人などおよそ3万5000人が日本の夏の風物詩を楽しんだそうです。
盆踊りの季節
この盆踊り大会は日本伝統の盆踊りを通じて交流を深めようと、40年余り前からマレーシアの日本人会や日本人学校などが毎年開いているもので、海外では最大規模の盆踊り大会と言われているそうで。
今年は、現地に進出する日本企業の駐在員や地元、マレーシアの人たちなどおよそ3万5000人が参加。
首都クアラルンプール近郊の会場には櫓が組まれ、参加者たちは「東京音頭」や「花笠音頭」などの音色に合わせて、矢倉の周りで輪になって踊りを楽しみました。
中には浴衣に身を包んだマレーシア人や現地の日本人学校に通う子どもたちもいて、振り付けを教えあったり見よう見まねで踊ったりして交流を深めていました。
また、今年は日本とマレーシアが外交関係を樹立して60年の節目となるそうで、これを記念して花火も打ち上げられたそうです。
・・・過疎化した田舎では、盆踊りも行われなくなりました。

落語DEデート

ear今朝はゆっくりしています。
午後は、師匠の喜寿祝賀会に出席の予定ですが、午前中はボーッとしていようと思います。
  ◇雑俳      三代目三遊亭金馬
こういう噺もやりたいと思います。

2017年7月22日 (土)

平尾昌晃さんの訃報

karaoke歌謡曲好きの私にとっては、リアルタイムで親しみのある作曲家でした。
昭和の大ヒット曲「よこはまたそがれ」「瀬戸の花嫁」などの作曲で知られる作曲家の平尾昌晃さんが亡くなりました。
享年79歳。
平尾昌晃さんの訃報
2年前に肺がんを患い闘病する傍ら、精力的に仕事をこなしていたそうです。
慶応義塾高中退後、当時人気のウエスタンバンド「チャック・ワゴン・ボーイズ」に入り音楽活動を開始。
57年、石原裕次郎主演の「嵐を呼ぶ男」にも出演。
翌年は「リトル・ダーリン」でソロ・デビューし、「星は何でも知っている」「ミヨチャン」がヒット。
ミッキー・カーチス、山下敬二郎とともに「ロカビリー三人男」として日劇ウエスタンカーニバルの看板スターとなった。
ロカビリーブーム後は作曲を勉強し、67年に布施明の「霧の摩周湖」、梓みちよ「渚のセニョリーナ」で第9回日本レコード大賞作曲賞を受賞。
70年代は五木ひろし「よこはまたそがれ」、小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」、アグネス・チャン「草原の輝き」などを作曲、ヒットチャート上位に作品が並んだ。
74年に「平尾昌晃音楽学校(のちの平尾昌晃ミュージックスクール)」を創立。
石野真子、狩人、松田聖子、倖田來未、後藤真希らを輩出。
生徒だった畑中葉子とデュオを組み、78年に「カナダからの手紙」をデュエットし、大ヒットとなった。
日本テレビの人気ドラマ「熱中時代」シリーズやテレビ朝日系の時代劇「必殺シリーズ」、アニメ「銀河鉄道999」などの音楽も手掛け、80年代からは宝塚歌劇団の舞台音楽にも携わり、幅広く才能を発揮した。
06年からは「NHK紅白歌合戦」で番組のフィナーレを飾る「蛍の光」の指揮を務めた。
◇平尾昌晃さんが作曲した主な作品(主な歌手、五十音順)
・アグネス・チャン「草原の輝き」
・梓みちよ「二人でお酒を」
・アン・ルイス「グッド・バイ・マイ・ラブ」
・五木ひろし「よこはま・たそがれ」「夜空」
・伊東ゆかり「恋のしずく」
"小柳ルミ子「わたしの城下町」「瀬戸の花嫁」
・ささきいさお「銀河鉄道999」
・中条きよし「うそ」
・平尾昌晃・畑中葉子「カナダからの手紙」
・布施明「霧の摩周湖」
・水谷豊「カリフォルニア・コネクション」
・山川豊「アメリカ橋」

・・・・ほとんど歌えます。

本当に腹の立つ!

fujiこれは悪戯ではなくて重大な犯罪ですね。
富士山の静岡県側にある須走口本7合目付近で、正しい登山道とは別の方向を示す矢印の落書きが見つかったという話。
本当に腹の立つ
矢印の先は足場が悪く、滑落する恐れもあります。
重大事故につながりかねず、県警は文化財保護法違反などの容疑を視野に捜査。
環境省も現地調査を行ったそうです。
矢印は付近の山小屋「見晴館」の経営者が6月20日ごろ発見。
誤って進入した人もいたため、現在は同館がロープを張って立ち入りを制限しているそうです。
落書きは白色のペンキなどで書かれた矢印や丸印約40個。
大きさはさまざまで、山梨県側の吉田口下山道との間の250~300メートルにわたり、約2メートル間隔で残されている。
古い落書きに新しく塗り重ねたような痕跡があり、吉田口下山道への抜け道を示すために書かれた可能性もある。
同じ人物によるものかは不明だが、道中には他のペイントや落書きも複数見つかったそうです。
落書きがあったのは林野庁管理の国有地で、立ち入りには許可が必要。
富士山は文化財のため、安易にペンキで塗りつぶしたり岩を削ったりして消すことはできない。

富士登山は夏休みシーズンのこれからがピークです~、この矢印を辿って遭難でもしたら・・。
許されない行為ですゞ(`')、

2017年7月21日 (金)

地方銀行の経営統合

bank超低金利時代、地方の過疎化等により、地方銀行の経営も厳しいものがあるようです。
そんな中、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)と十八銀行(長崎市)が、10月に予定していた経営統合を無期限に延期する方針を固めたそうです。
地方銀行の経営統合
1月に、当初4月としていた統合を半年間延ばしたばかり。
長崎県内でのシェアが高くなりすぎるとして公正取引委員会が懸念を示しており、審査が通るめどがたっていないため。公取委の審査で企業の統合が無期限延期となるのは異例だ。
統合を目指す姿勢は維持するが、公取委との溝は大きく、統合の実現は事実上困難な状況になっている。
統合すれば国内最大の地銀グループになるとみられていた。
親和銀行(長崎県佐世保市)を傘下に持つFFGと十八銀が統合すると、長崎県内の企業向け融資シェアは7割となる。
健全な競争がなくなり、金利上昇などを引き起こしかねないと公取委が懸念し、審査が難航している。
銀行側はシェアを引き下げるための債権譲渡も検討しているが、公取委が望む規模とは大きな隔たりがある。

・・・ただ合併すれば良いというものではないんですね。
ところで、「十八銀行」は「第十八国立銀行」がルーツです。
英文名は、「The Eighteenth Bank, Limited」です。
地方銀行には、明治時代の国立銀行がベースになっていて、ずっとその番号を使っている銀行が多くあります。
第四銀行(新潟)、十六銀行(岐阜)、七十七銀行(宮城)、八十二銀行(長野)、百五銀行(三重)、百十四銀行(香川)・・・・。
面白いのは、それぞれの英文表記です。
「The Daishi Bank, Ltd.」「The Juroku Bank,Ltd.」「The 77 Bank, Ltd.)」「THE HACHIJUNI BANK, LTD.」「The Hyakugo Bank, Ltd.」「The Hyakujushi Bank, Ltd.」。
基本的には、日本語読みをそのまま使っていますので、十八銀行が例外かもしれません。
もっと面白いのは「八十二銀行」です。
第八十二国立銀行ではないんです。
1931年に、それまで県下最大の金融機関であった信濃銀行が整理されることになった影響を受けて六十三銀行と第十九銀行が合併し、2行の合計(63+19=82)を行名としたそうです。
粋なのか、野暮なのか。
なお、第二地銀の第三銀行(三重)「The Daisan Bank, Ltd. 」は、国立銀行のナンバーではないようです。
国立銀行の名残で一番若いのは、第四銀行だそうです。
ところで、「第七国立銀行」の後継銀行があれば、「セブン銀行(The Seven Bank, Ltd.)」って言ったんでしょうか?
その第七国立銀行は、四国にあったようですが、1904年に任意解散しているようです。
名前と言うのは、人だけでなく、面白いものです。

より以前の記事一覧