テレビ・ラジオ・新聞・雑誌

2017年5月23日 (火)

容疑者逮捕

punch46年前の渋谷暴動で警察官を殺害したとして指名手配されている中核派の容疑者と見られる男が逮捕されたそうです。
逮捕のきっかけは、別の活動家が偽名で宿泊したとされる事件の家宅捜索だったそうで
すが。
この容疑者は事件直後から所在不明になり、警察庁指定の重要指名手配容疑者の中で最も長い46年間にわたり逃走を続けていたそうです。
容疑者は71年11月、沖縄返還協定の批准阻止を訴える中核派系全学連活動家らとと
もに東京都渋谷区で機動隊を襲撃。
新潟県警から派遣されていた巡査(当時21歳)を鉄パイプで殴り、火炎瓶を投げつけ
て殺害した疑い。
72年に殺人容疑などで指名手配され、共謀した6人が逮捕されましたが、うち1人の
公判が病気を理由に81年に停止され、2010年の刑事訴訟法改正で殺人の時効が撤廃されたため、時効は成立していないということです。
今から46年前、容疑者は現在67歳ですから、犯行は二十歳そこそこだったんですね。
彼の人生の3分の2以上は、逃走生活ということです。
今、各国でテロが頻発していますが、あの時代の日本も"テロ頻発国"だったということ。
決めつけは出来ませんが、本人も不幸でしょうが、親不孝をしましたね。
「双蝶々」の長吉を思い出しました。
棒手振り八百屋の長兵衛の息子の長吉は、子供の頃から悪さばかりをしている悪賢い子
供でした。
長兵衛の後添えのお光に金をせびるが、くれないと判ると、嘘八百を並べ立て、いつも夫婦喧嘩になります。
のちに嘘である事が知れ、米問屋の山崎屋へ奉公に出される事になる。
いざ奉公に出されてみると、ソロバンも出来るし、仕事が出来るので奉公先の覚えはよかった。
しかしそれは表の顔で、裏では悪友の長五郎と組んで盗みを働いていた。
それを番頭の権九郎に見付かった。
しかしこの番頭も悪いヤツで、吉原の花魁を身請けするのに百両の金が要る。
その百両を主人が寝ている部屋に忍び込んで盗んで来いと長吉に云い付ける。
お腹が痛いからと嘘を云い、主人の寝室に入り込み箪笥の薬箱から薬を出すついでに、
百両の金を盗む。
これからの計画の段取りを独り言で云ったのを、小僧の定吉に聞かれ、口封じの為に定
吉の首を絞めて殺してしまう。
番頭と待ち合わせた九つの鐘が鳴ったが、待ち合わせ場所には行かず、百両の金を懐に
逃げてしまう。

・・・ここまでが、前半の「小雀長吉」。
長吉の親の長兵衛夫婦は、息子の悪事を知り、世間に顔向けが出来ないので、湯島の長
屋を引き払い、隠れるように暮らしていたが、本所の裏長屋にいる時に、ついに長兵衛は病気で腰が立たなくなってしまった。
病人を抱えて女房のお光ひとりでは生活が成り立たず、乞食同然の暮らしでナントカ食いなぐ生活。
浅草の観音様に病気の回復祈願をすると云っては出掛けて行き、お光は毎晩、隅田川の 川岸あたりで、袖を引く物乞いをしていた。
奥州の石巻に逃亡していた長吉は、父親の様子を探りに江戸へ出て来ていた。
お光はたまたま長吉の袖を引いた。
ほお被りを取ったら・・・あっ、お前は・・・って事になり、長吉は、お光に辛く当たったのは、父親を盗られた思いからだったと打ち明けて詫びた。
お光に連れられ、父親のいる長屋へ行った長吉は、五十両渡して、達者で暮らすように 云った。
長兵衛は、長吉に悪事から足を洗えと云って、今生の別れを告げた。
石巻にゃ八十人からの子分がいるので、俺だけ足を洗う事は出来ねぇと云われたが、そ んな格好じゃ、江戸境の千住の橋は役人に怪しまれて渡れないからと、もらい物の羽織を渡す。
雪の降る中、長屋を去った長吉は、吾妻橋を渡るところで追っ手に取り囲まれて御用となりました。

・・・「雪の子別れ」が後編。
やるせない噺です。

2017年5月21日 (日)

落語DEデート

confident今日は在宅の予定ですから、気分的にはゆったり。
落語DEデート
床の中で聴きました。
 ◇富士詣り            三遊亭小圓朝
落研で生まれて初めて落語に触れ始めた頃、今でもそうですが、ご当地の噺に興味が湧きました。
落語DEデート
ストーリーも知らず「甲府ぃ」とか「鰍沢」とか「富士詣り」など・・・。
その中で、この噺が、やってみたい噺の最右翼でした。
「鰍沢」は長くて面白くなさそうだし、「甲府ぃ」もあまりインパクトがないと、初心者は思っていました。
落語DEデート
・・・今、この噺だけが持ちネタにありません。
何故だろう?
特に根拠はないのですが、やらずに来ました。
身延参りと富士詣りは、江戸時代の大人気"ツアー"でした。

2017年5月19日 (金)

白いカラス

chick京都で、真っ白な野生のカラスが飛べずにいるのが見つかったそうです。
遺伝子の変異などで生まれつき色素を欠いた「アルビノ」のカラスのようで、住民たちがびっくり。
あぜ道で弱っていたそうで、体長37センチほどで、まだ子とみられ、全身が白い羽毛で覆われていた。けがは見当たらなかった。
水を与えると、元気になり「カァー」と声を上げるようになった。
町の人は「初めはハトだと思った。初めて見た」とびっくり。
白いカラス
白いカラスはごくまれに生まれるが、目立つなどの理由で生存が難しいそうですが、カラスは救護対象ではないため、山に帰すことになるようです。
この記事を読んで、「黄色いカラス」という歌を思い出しました。
白いカラス
♪羽根の色が真っ暗なカラスが  カナリヤに恋して 羽根の色を黄色に染めました♪
奇抜ですが、なかなか良い歌でした。
https://www.youtube.com/watch?v=8v2DoywvdEc&sns=em
歌っているグループは、ほかにも「空飛ぶ鯨」というレパートリーがありました。

2017年5月17日 (水)

日下武史さんの訃報

shadow俳優で、「劇団四季」の創立メンバーの日下武史さんが、静養先のスペインで亡くなったそうです。
日下武史さんの訃報
享年86歳。
東京都出身。
慶大在学中に演劇活動を始め、1953年に浅利慶太さんらと劇団四季を結成。
翌年の旗揚げ公演「アルデール又は聖女」で初舞台。
以後、劇団の看板俳優として「エクウス」「ヴェニスの商人」「スルース」「鹿鳴館」「赤毛のアン」など翻訳劇を中心に古典から現代劇まで幅広く出演。
声優やナレーターとしても活躍し、米テレビドラマ「アンタッチャブル」ではエリオット・ネス役の吹き替えを担当。
映画「南極物語」「まあだだよ」、テレビドラマは「新・平家物語」などにも出演。
96年に紫綬褒章、2002年に旭日小綬章を授章。
14年に東京・自由劇場で上演された「思い出を売る男」が最後の舞台となった。
私は、学生時代に、いくらか落語の役に立つだろうと、よく演劇を観ましたが、確か「エクウス」を観た気がします。

2017年5月16日 (火)

"寿限無銀行"が

drama「三菱東京UFJ銀行」が、利用者から「長すぎる」という指摘も出ていた銀行の名称を見直し、来年4月に「三菱UFJ銀行」に変更することを正式に発表しました。
"寿限無銀行"が
「三菱東京UFJ銀行」は、平成8年に旧三菱銀行と旧東京銀行が合併して「東京三菱銀行」となり、その後、平成18年に旧UFJ銀行も加わって今の名称になりましたが、取引先や利用者からは「長すぎる」という指摘がありました。
私はずっと、"寿限無銀行"と呼んでいました。
親会社で持ち株会社の「三菱UFJフィナンシャル・グループ」は、来年4月に銀行の名称から「東京」を外し、「三菱UFJ銀行」に変更することを決めたということです。
英語の名称も「The Bank of TokyoーMitsubishi UFJ」から、「MUFG Bank」に変更。
完全に「東京・Tokyo」がなくなります。
会社も自治体も、勿論人も、名前を付けるのは大変ですね。
「UFJ」というのは、「United Financial of Japan」の頭文字を取ったものですが、元々、三和銀行と東海銀行が合併する時に、安易に「三和東海銀行」なんていう名前にしないようにと考えた結果、訳の分からない名前になりました。
当時オープンしたばかりの「USJ」と、よく間違われました。
それに、「ユー・エフ・ジェイ」と発音しづらいとも言われました。
最後は、経営陣の失態で、当局の逆鱗に触れてしまって迷走したので、我々は「UFJ」を「"う(U)"んこ "ふ(F)"ん "じ(J)"ゃった」と揶揄したものです。
「うんこ」とは下品ですが、最近「うんこ漢字」というのが流行っているようですから、品のなさも時流ということなのでしょうか。

2017年5月15日 (月)

連敗阻止

○横綱稀勢の里、今日は勝って連敗を免れたようです。
連敗阻止
場所前の稽古ができていないのと、怪我の回復具合が心配です。
昨日の嘉風戦は完敗でした。
連敗阻止
きっと、まだ怪我は治っていずに、痛みがあったり、力が入らなかったりだと思います。
連敗阻止
期待を一身に背負う姿は痛々しくもありますが、頑張って欲しいと思います。

2017年5月14日 (日)

落語DEデート

sleepy昨夜の疲れで、何となくボーッとした気分です。
それでも、今日は、落語っ子連の稽古会ですから、支度しながらのラジオ。
先日、三代目が亡くなりましたが、今朝は先代の新作落語でした。
   ◇龍宮         二代目三遊亭円歌
珍しく音曲噺仕立ての新作でした。
円歌師匠しかやっていない噺で、本当に珍しい。
それにしても、だるい・・・。sweat01

2017年5月12日 (金)

悪質な(`Δ´)

book図書館が所蔵する学校史や記念誌が切り取られる被害が、中部地方を中心に全国で相次いで発覚しているそうです。
群馬、山梨両県の図書館も、関東地方で初めて被害を公表。
公立図書館の8割が加盟する日本図書館協会(東京)は緊急調査の実施を決定。写真掲載ページに被害が集中するなど共通点はあるものの、目的が見えないだけに、関係者らに不安が広がっているとのこと。
悪質な(`Δ´)
犯人は、どんな意思を持って、こんなに悪質なことをしているのでしょうか?
様々な思いの人がいるのは分かりますが、大切な記録(歴史)を闇に葬ってしまうようなことは許されません。

2017年5月11日 (木)

祈祷室

bullettrain世の中はまさにダイバーシティ。
JR東日本が、東京駅構内に祈祷室(Prayer Room)を設けるそうです。
祈祷室
JRグループでは、大阪ステーションシティ(JR大阪駅)に続く開設だそうです。
東南アジア諸国をはじめとするイスラム教徒の外国人旅行者が増加している状況を受けて、丸の内北口の訪日旅行センター内に開設。
宗教・宗派を問わず利用できる施設として運用。
年中無休で8時30分から19時まで(土休日は17時まで)利用可能。
祈祷室
2人程度が静かに過ごせるスペースで、身体を清めるための「小浄施設」も設置されるとのことです。
駅のどこに設置するのかな?と思ったら、丸の内北口のようです。
なんだ「え祈祷室(駅長室)」の隣じゃないんですね。

2017年5月10日 (水)

ゆでガエル世代

snailどうやら、我々世代は「ゆでガエル世代」と言うそうです。
こんな一文です。
★★★★
団塊の世代とバブル世代に挟まれた50代のビジネスマンの元気がないという。
バブル崩壊後の「失われた20年」の間、黙々と会社に尽くしてきた人たちだが、行く手には役職定年や降格など、まだまだ厳しい現実が待ち受けている。
果たして50代は反撃を忘れた、非力な世代なのか?
日頃から多くのビジネスマンの相談に乗っている社会保険労務士の田北百樹子さんがリポートしてくれた。
[ゆでガエル]――水を張った鍋にカエルを入れて少しずつ温度を上げていくと、カエルは逃げ出す機会を逃して死んでしまう。
ウソかホントかは別にして、現状を甘んじて受け入れているうちに、逃げ出す機会を失ってしまうという寓話です。
先日、日本経済新聞が50歳代のビジネスマンを「ゆでガエル世代」と呼び、「今こそ飛び出す時だ」と鼓舞した記事が目に止まりました。
人数が多くてたくましい団塊の世代(1947年から49年生まれ)と、万能感が強いバブル世代(66年から70年生まれ)に挟まれた50代は、たしかに非力で、おとなしく見えます。
30代の脂の乗った時期にバブル経済が崩壊し、先輩たちのように積極的に仕事をすることもないまま月日が流れ、「失われた20年」が会社人生と重なります。
転勤と言われれば文句を言わず会社に従い、家族を犠牲にして仕事をしてきました。
ビジネスマンとしては、ひたすら我慢を強いられ、危機感を欠いているかもしれません。
残りの会社人生に目をやると、55歳前後で管理職からポストを剥奪する「役職定年」や、関連会社への出向、人事制度の評価主義化など、まだまだ厳しい現実が待ち受けています。
このまま黙って受け入れるより、思い切って一花咲かせてみては、と言いたくなるのも分かります。
でも、おとなしく見えるのは、本当に上や下の世代に遠慮しているからでしょうか? 
定年まで無難にやり過ごそうとしているからでしょうか? 
私なりに検証してみたところ、彼らがパワー不足ということはありません。
一口に50代と言っても、実に様々な「ゆでガエル」がいることがわかりました。
3人の男性を例に説明しま
「若い時は、好き放題やっている上の世代の後始末ばかりしてきました。団塊の世代は我々に対する面倒見は良かったけど、自己主張が強くて、しょっちゅう社内で衝突していました。
部下を怒鳴りつけたり、部下に自宅の引っ越しを手伝わせたりする人たちを見ていて、『自分もああなるのかな』と思った時期もありました。
でも、実際は全く逆です。会社で失敗しないように用心深く行動するようになりました。
今あんなことをやったら、自分のキャリアが吹き飛んでしまいますもの。
私たちの世代がおとなしく見えるのは、何でもハラスメントにされかねない時代なので、常に警戒して振る舞っているからです。
その点、下のバブル世代は世渡り上手で、ハラスメントにならないように自己主張できる人が多いですけどね。
ところで、『危機感が乏しい』って誰が言っているんですか? 私からすると、40代こそ、そう見えるけどなあ」
いつの時代も、上の世代は下の世代を頼りなげに感じるものです。
職場では様々な世代が顔を合わせますが、60代と40代に挟まれた50代に特有のカラーがあるのが分かります。
職場の上司と部下の関係は永遠の研究テーマです。
「定年は60歳ですが、本人が希望すれば65歳まで本社で働くことができます。
だけど、管理職を経験した人は55歳の役職定年と同時に職場を去っていきます。
私の場合、今のポストにいられるのはあと2年です。
役職を解かれたら会社を去るつもりです」
大手企業に65歳まで勤務できるなら、退職しなくてもいいのでは?と不思議に思っていると、出世競争に打ち勝ってきた人だけが味わう苦労を教えてくれました。
「プライドが許せないんです。
今まで上級管理職として会社に大切に扱ってもらいましたが、役職が解かれたら今までの部下が上司になり、それまで出席してきた会議に呼ばれなくなります。
その屈辱には耐えられません。
私だけでなく、これまでもすべての管理職経験者が役職定年と同時に会社を去りました」
後進に道を譲るということは、自分は第一線を退き、影響力を失うということでもあります。
人生の大部分を占めていた会社を飛び出すことに不安はないのでしょうか?
「出世に貪欲だった自分が早々と会社を去り、出世する意欲のなかった同期が最後まで会社に残る。これでいいのか?と思うこともありますが、私の場合、自分のキャリアを認めてくれる人が社外にいて、声をかけてもらっています。不安はありますが、それをチャンスと捉え、会社の外で新しいことに挑戦することにしました」
子どもの教育や住宅ローンにお金が必要なら、危険を冒して外に出ていくよりも、慣れ親しんだ職場で会社人生を全うしようと考えるのは自然なことです。
しかし、60歳、あるいは65歳まで会社に残ることができるとしても、そこでの処遇が自分の望み=プライドと合うかどうかも大事です。
出世コースに乗ってしまえば50代以降もバリバリ働くことができますが、大多数の人は希望のポストに就けません。
定年まで会社に残るべきか、思い切って飛び出すべきかという苦悩は、実際多くの「ゆでガエル」が直面し、答えを模索していることに気がつきました。
会社の人事に反発し、その後思うようなポジションに就けなかった同期や上司たちをたくさん見てきたため、会社への絶対服従精神が体に刻み込まれたのかもしれません。
とはいえ、今まで家族を犠牲にし、単身赴任もいとわずに会社に尽くしてきただけに、その見返りを期待する気持ちがないわけではありません。
不安は強そうです。
「降格、降給は考えたくもありませんが、それでジタバタしたくありません。
実を言うと、だてにこの年まで何もしてこなかったわけでもないのです。
全国を転々としながら、仕事と無関係な人たちとお酒の趣味を通じてグループを作ってきました。
会合を呼びかけると50人くらい集まります。
仕事の情報を仕入れ、趣味の人脈を広げることができるのです。
いつ会社にはしごを外されても自分を見失わないように、準備だけはしています」
彼ら50代は今までもこれからも、会社の制度が改正されて、立場や条件が悪くなることはあっても良くなることはほとんどありません。
会社に人生を捧げているようで、どこか冷めた目で会社を見ている人が多いのが事実です。
見てきたように、50代を「ゆでガエル」とひとくくりするのは限界があります。
むしろ、50代に突入し、定年を意識し始めた人なら誰でも直面する悩みを抱え、思い迷っている人たちと考えたほうがよさそうです。
ところで、本来「ゆでガエル」が意味する人たちがいるとしたら、どんな人たちでしょう? 
過去の成功体験にとらわれ、周りをどなり散らすだけで改善策を打ち出せない人は、早く気づかないと本当にゆであがってしまいます。
あなたの職場は、いかがですか?
★★★★

・・・余計なお世話だと思いますが。
私は、所謂「勝ち組」でも「負け組」でもないと思っていますが、この世界、本当に巡り合わせが全てだと思います。
比較したり、勝ち負けを語るのは、自己否定にもなるのですが、「何であんなに実力のない(ある)奴が、あんなに良い(酷い)地位にいるんだろう」と思う人の多いこと。

より以前の記事一覧