今月の落語徘徊

2019年6月30日 (日)

水無月の落語徘徊

ますます時間の流れが早くなっているようです。
Img_20190626_123501_20190627135701
概ね平年並みに、7日に梅雨入りしました。
Large_6_20190627135801
6月と言えば「紫陽花」。
今月も、充実した落語ライフだったかもしれません。
   _20190609_152041_20190627135701
1日は、香取市佐原の「噺っ子連・有難亭」の発表会。
2019_05_057_05officelens_1
愛車を駆って聴きに行きました。
会場は、落語を演る(聴く)にはちょうど良い空間でした。
4_20190627135901
2日は、落語っ子連の稽古の後、隅田川馬石さんの独演会に行きました。
日本橋のイタリアンレストランが会場の「馬石がたり」。
Photo_20190627135901
予約を申し込むと「満席」。
もしかするとキャンセルが出るかもしれないと、キャンセル待ちに。 
1_20190627140001
結局、キャンセルは出ず・・でしたが、特別に補助席を作っていただきました。
3_20190627140101 これです。
7・8・9日の3日間は、寄席文字の春亭右乃香師匠の寄席文字作品展「寄席文字日和」と、夜の若手出演の落語会「はなし三夜」に通いました。
20190509104457094_0001_2_20190627140201
会場は、御徒町の古民家を改造した渋い日本家屋。
_20190608_210001_20190627141801
落研OB会から、お祝いの生花を贈りました。
  _20190608_1824412_20190627140301
若手の落語会は、3日間で6人12席の落語と講談を聴きました。
20190509104457094_0002_11_4
小さな会場で、高座の間近で、若い芸人さんたちのパワーを受けて聴く・・・。
これもまた乙なものでした。
555e011bddec9_20190627142001 555df69022799_20190627142001
5a0e4499e1a43_20190627142001 Yjimagehp2h1q1b_20190627142001
555e03da47386_20190627142101 555e049abf577_20190627142101
高座は庭を背にして、会場は椅子席が25~30席。
_20190609_1822232_20190627140401
2日目に、偶然会場に来ていた五明楼玉の輔さんと林家つる子さんのツーショットを撮らせていただきました。
   _20190608_205847_20190627141801
落語会3日間通ったご褒美に、6人の芸人さんの名前で好きな1字をと、右乃香師匠直筆の色紙をもらいました。
    _20190609_2141142_20190627140401
「辰」を書いてもらい、部屋の書架に飾りました。
そう言えば、今月は寄席文字作品展だけでなく、美術館にも通いました。
鎌倉の「鏑木清方記念美術館」。
Normal_1_20190627143201
原宿の「太田記念美術館」。
_20190612_145716_1_20190627143201
上野の「東京国立博物館」。
5_20190627143801 
落語の稽古も真面目にやりました。
1人カラオケに通い詰めて約3ケ月。
利用回数が20回を超えたので、「ゴールドランク」会員まで昇格。
79_20190627145301
1時間半から2時間、1人で引きこもっています。
_20190615_1048552_201906271439011
録音したり、その音源を聴いたり、とても良い空間です。
_20190618_1908142_1_20190627143801
勿論、落語っ子連の稽古もしっかりと。
_20190616_1438322_1_20190627143901
ただいま「百川」に大苦戦中。
月後半の寄席落語会徘徊は、いつもの「東京落語会」には行けませんでしたが、いくつか行くことが出来ました。
まず15日は「朝日名人会」。
_20190524_201438_20190627144001
29日は「龍志・志ん輔二人会」。
201903219_ryuushi_20190627144101
いずれも、久しぶりに行くことが出来ました。
そして、月末は仙台に行きました。
落研現役諸君の「新入生顔見世落語発表会」。
169kaomise1_20190624085301
大学の川内キャンパスに新しく出来た、課外活動専用のホールでした。
 Photo_51_20190627144501
とても楽しく聴かせてもらいました。
96ecb7ed8d3f46c0b87ce12351a419a8
そして、来月13日は「深川三流亭」。
Photo_56_20190627144201
当日のプログラムを作りました。
今回は、いままでとパターンを変えてみました。
_20190617_122114_20190627144101
それから、9月に開催される「東北大学ホームカミングデー」に参加して、「ホームカミング寄席・あおば亭」を実現すべく、具体的な準備を始めました。
201906241150657600_0001_20190624171801 
来月も「深川三流亭」があり、落語会にも複数行く予定にしています。
仕事も家庭も顧みず、どんどん"ぼっち"な暗闇に突き進みます。

2019年5月31日 (金)

令和元年皐月の落語徘徊

平成から令和になり、長い連休があり、いつもとは違う5月だったかもしれません。
 3_1   4
新しい時代がスタートしました。
6_1
戦争のない、平和な時代が続いて欲しいと思います。
Fb_img_1557029747536_1
4月から続いた連休では、落語漬けの時間を過ごしました。
令和の初日の5月1日は、久しぶりにお江戸日本橋亭。
鈴々舎馬桜独演会で、令和1年目に「百年目」を聴きました。
7aee70a3cef547a6b4b2ac686261b043_1
日本橋室町周辺の変貌ぶりにも驚きました。
9b1fea6cc3854a9ab90ee798a44487ea_1日本橋亭は健在。
5月4日と6日には、鈴本演芸場の特別興行へ。
Photo_47
ゴールデンウィーク特別興行「見たい!聴きたい林家正蔵」。
正蔵さんの「井戸の茶碗」(4日)と「子別れ」(6日)を聴きました。
_20190506_173328_1 
指定席だったので、落ち着いて楽しめました。
一見客ではないので、ガラも悪くなく、下卑た笑いもありません。
Dd976daa34824d028229c4fa1d0a36db_1 
5月10日は、オフィス街の大手町で、柳家三三さん。
Coverg7kjtipk9pbawrpuosugrkju03ih1mog_1
対談で聴いた落語の覚え方など、実に参考になりました。
というより、全く自分と同じだったのが嬉しかった。
_20190510_2213332_1
やはり、圓窓師匠が仰る通り、落語は暗記してはいけないということに尽きます。
そのために、多くの言葉を、頭の中の引き出しにストックしておかないといけない。  
5月11日は、国立演芸場の「花形演芸会」。
1905hanagata_3_1
これにも久しぶりに行きました。
主任の林家たけ平さんの「浜野矩随」の全編を、一緒に口ずさみながら聴きました。
20190511_175811850_1
5月15日は、春日のBXホールで「古今亭菊之丞独演会」。
_20190425_140236_1_1
とてもこじんまりしていて、素敵な会場でした。
_20190515_181016_1
菊之丞さんの「転宅」と「寝床」を聴きました。
さてさて、3月から通い始めた1人カラオケ。
3ケ月弱で、10回以上通っています。
3月の「千早亭落語会」、4月の「おひろめ寄席」、今月の「お江戸あおば亭」に備えて、1人籠って稽古をしました。
_20190508_1802362_1
基本的には読み稽古で、なるべく本息でスマホやタンブラーに録音して、それを聴きながら覚えるという・・・。
覚えると言っても、記憶に焼き付ける(暗記)のではなくて、口で慣らして感覚を体に覚えさせて行くプロセス。
7926c18ec3f846139b46eda62a451200_1
大ボケで、「五百羅漢」の高座本を紛失してしまって、いまだに見つかりません。
Ff0971ca80c64faf8c5e203c25a97a39_1
稽古の空間としては、最高だと思います。
5月17日は、いつもの「東京落語会」でした。
大阪から午前中に移動して東京に戻り、仕事を終えてから。
_20190517_1753352_1
菊志んさんの「風呂敷」と、さん喬師匠の「船徳」を堪能。
_20190517_1036492_2
5月19日は、落語っ子連の稽古会。
「お江戸あおば亭」を1週間後に控えて、初めて通しで新しい演出の「五百羅漢」を。
台詞は決めていないから、自分でストーリーを進めながら語り、作り上げて行く作業。
師匠からもOKをいただきました。
  _20190519_144734495x663_4 
稽古が終わってから、神保町で前日かせ始まった寄席文字作品展「寄席文字で綴る落語風景」を鑑賞。
寄席文字アートの素晴らしさを再認識。
20190516073026381_0001_2_1_1
5月21日は、鈴本下席の初日。
「馬石長講十夜」で、お目当てのトリの馬石さんの「文七元結」を。
本当は、「唐茄子屋政談」や「柳田格之進」なども聴きたかったのですが、大阪行きと重なり、結局一度しか行かれませんでした。
20190516072024252_00012_1_1
さぁ、そして5月25日は、「第16回お江戸あおば亭」。
Photo_101_2 
「五百羅漢」は初演ではありませんでしたが、かなり内容を変えました。
人情噺で、地語りを全部カットして、台詞と仕草だけで、時間と場面を表現してみました。L_7f9f8e369dbb5ed40232d3655c2357cd8dc347
これは、畳屋の職人が畳を抱えている仕草。
L_e914459c1b5c8d3d89ab893881957e9ddf5c34
これは、畳屋の職人の父親と再会できた幼い女の子が、水を吹いて虹が出来るシーン。
創部60周年の区切りをすることが出来ました。
さて、今月の出来事の2大トピックスを。
まずは、談亭志ん志師匠のご尽力で、来年5月の「第18回お江戸あおば亭」の会場が、「深川江戸資料館小劇場」に決まりました!
1_4
下町のカーネギーホール?を、満席にすべく頑張ろうと思います。
それから、連休中に我が愛車が動かなくなり、JAFにお世話になりました。
幸い、すぐに修理してもらいましたが・・、想定外の大出費になりました。
8703205e49d34acab377115e2e6d53a2_2
さて、6月は、春亭右乃香師匠の個展があります。
夜は、若手の落語会も3公演あるそうですから、出来れば3日間通いたいと思います。
20190509104457094_0001_1
今月は、本当に色々ありました。

2019年4月30日 (火)

平成最後の落語徘徊

4月1日、「平成」の後の新元号が「令和」と発表されました。

そして今日、天皇陛下がご退位されました。

F217928a33b84782b9aa407ec2148746

_20190429_1428572

それから1ヶ月、新しい「令和」の時代が始まります。

昭和生まれの私にとっては3つ目の元号(時代)。

そして、恐らく人生最後の時代となることでしょう。

この月は、平成を締めくくる1ヶ月になったのでしょうか?

門前仲町の大横川の桜。_20190331_091412_2

松戸常盤平のさくら通りの桜。_20190331_1628212_1_1

富士宮の富士山本宮浅間神社の桜。_20190411_134238_2

夏も近づく八十八夜直前の茶畑と富士山。_20190428_1857202_2

上野東照宮の牡丹。_20190427_1227202_1

亀戸天神の藤の花。_20190429_1135232_2

今月は、「おひろめ寄席」。716549604fed4de396d9d00107c33ef9_2

師匠に師事する豊島区内のグループ合同の落語イベント。_20190421_163744_1

「千早亭永久」として最後の高座になりました。_20190421_171251_2

寄席・落語会は、まず「栗好みの会」。_20190410_233828_1_2

東京落語会。_20190419_1951272_2

鈴本演芸場4月下席。_20190427_2210172_1

5月からは、もっともっと寄席・落語会通いを増やします。

Photo_10-1

来月の「お江戸あおば亭」の準備も始めました。 

2019年2月28日 (木)

平成最後の2月落語徘徊

今年もはや2ヶ月が過ぎてしまいます。
そして、平成も残すところあと2ヶ月ということになります。
gg
今月は、高座の機会はなく、やや落ち着いた1ヶ月でした。
と言っても、3月2日の「そや寄席」と23日の「千早亭落語会」が迫っていますが。
富士川の富士山
「雪が降るぞ」と言われましたが、幸いほとんど影響はありませんでした。
落語っ子連の稽古は、2回とも月の前半でした。
落語っ子連稽古会
10日の稽古では、夢学さんから、義理チョコをいただきました。
稽古会グラフィティ
15日の「東京落語会」では、正蔵さんの「子は鎹」が聴けました。
明日は東京落語会
外野で色々言う人はいますが、正蔵さんの姿勢には、応援したいと思います。
越児さんから、先月の「深川三流亭」のBDが届きました。

来月の「そや寄席」のチラシとプログラムを完成させました。
「そや寄席」のプログラム
3月の落語会なので、館長さんからは「雛祭り」に関わる噺をというリクエストを頂戴したのですが、「雛人形」というフレーズが出て来る噺はありますが、お雛さまが出て来る噺が見当たらなくて・・・。
「そや寄席」のプログラム
せめて雰囲気だけでもと、プログラムに雛人形を入れました。
「そや寄席」のプログラム
「そや寄席」は、今回で3回目となりますが、今回は、「和太鼓&よさこい踊り」とのコラボになるそうです。
千公・百梅・学津さんと4人で頑張りたいと思います。
このほかにも、3月23日(土)の「千早亭落語会」と、4月21日(日)の「おひろめ寄席」の準備もしなくてはいけません。
◆3月23日(土)13時  「千早亭落語会」
千早亭落語会のチラシ
◆4月21日(日)13時  「おひろめ寄席」
「おひろめ寄席」のチラシ
5月の「お江戸あおば亭」のチラシも完成しました。
「創部60周年」になります。
◆5月25日(土)13時  「お江戸あおば亭」
お江戸あおば亭のチラシ
平成最後の如月も、あっと言う間に過ぎて行きます。

2019年1月31日 (木)

平成最後の1月落語徘徊

今年も残すところ、334日となりました。
富士の富士山
そろそろ、年末の準備を始める方もいらっしゃる・・・訳がありませんが、それにしても1ケ月は早い!
富士からの富士山
18日(金)は「東京落語会」。
東京落語会
19日(土)は、「学士会落語会」の例会は、三遊亭歌武蔵さん。
硬骨漢の歌武蔵さんがよかった。
また、その後は新年交歓会に参加しました。
学士会落語会
26日(土)は「第12回深川三流亭」でした。
流三「天災」
今日は「深川三流亭」
今日は「深川三流亭」
100名ものご来場者で、嬉しい悲鳴でした。
出演者も熱演して、楽しい落語会になりました。



嬉しかったのは、「金願亭乱志十八番一覧」を頂戴したこと。
めくりをお願いしている「H先生」の懇親の作品です。
金願亭乱志十八番の思い
演目を眺めながら、それぞれの噺の稽古や高座のことを思い出して、ニヤニヤしています。
さて、3月2日(土)は、「そや寄席」です。
今回で3回目、晴れて馴染みとなります。
チラシやプログラムの準備をしました。
「そや寄席」のプログラム
稽古は、「長屋の花見」と「百川」を始めました。
読み稽古「長屋の花見」は、
3月23日の「千早亭落語会」でネタ出しをしています。
「百川」は、少し時間をかけて仕込もうと思います。

2018年12月31日 (月)

戊戌年の落語徘徊

平成最後の年、平成30(2018)年が終わります。
午後の富士山
相変わらず、不完全燃焼の続く私には、どんな年だったか・・・、よく分かりません。
大晦日に、一つだけ自慢?出来ることがあります。
平成21(2009)年1月1日に、このブログを始めました。
「落語徘徊のはじまり」というテーマが最初でした。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2009/01/post-2f91.html
・・・・・ということは、今日でちょうど10年となったということです。
今年の10月には、アクセス累計が150万件になりました。
jj ありがとうございます。
jj     
新年から11年目がスタートということです。
しかし、経ってみれば10年なんて、本当に短かった気がします。
なぜなら、自分がちっとも成長していないから。
老化現象だけは、裏切りませんでしたが。
そして、噺を織込んだ「三段なぞかけ」、「ごひやく都々逸」、「澄むと濁るの違い」など、言葉の遊びにもチャレンジしました。 
    流三の「ごひやく都々逸」
落語を「聴く」「演る」「書く(読む)」を究める道はまだ半ばではありますが、少しずつ前には進んでいる期がします。
それでは、今年1年の徘徊を、月毎に振り返ってみます。

◇1月  年のはじめは「深川三流亭」

http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2009/01/post-2f91.html
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/01/post-d1e5.html 深川三流亭のプログラム(案)
ちょいとおすまし
◇2月  節分は「そや寄席」で
今日の富士山
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/02/2-1854.html
「そや寄席」開演
「そや寄席」グラフィティ
hh
◇3月  はや16回「千早亭落語会」
今日の富士山
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/03/post-54f8.html
弥生の落語徘徊
弥生の落語徘徊
◇4月  新年度の充電をする4月
今日の富士山
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/04/post-fa3a.html
弥生の落語徘徊
雑談
◇5月  来年創部60周年の「お江戸あおば亭」
何とか今日の富士山
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/05/post-e51b.html
皐月の落語徘徊
乱志グラフィティ
乱志グラフィティ
◇6月  出前落語「若宮寄席」と「高石神寄席」
水無月の落語徘徊
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/06/post-3d76.html
「若宮寄席」のプログラム
「若宮寄席」の資料
水無月の落語徘徊
水無月の落語徘徊
水無月の落語徘徊
◇7月  台風に翻弄された「深川三流亭」
今日の富士山
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/07/post-b44d.html
深川三流亭の出演順





師匠との座談
◇8月  怪談の季節の「学士会納涼寄席」
今日の富士山
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/08/post-68d7.html

Fw: 「納涼寄席」ご出演の御礼
◇9月  「味わい亭」「OB落語会」「快笑会」「千早亭」
今日の富士山
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/09/post-9aac.html
流三
OB落語会のBD
嬉しいメール
夏の高座の総括
◇10月  公開稽古や自主稽古会での研鑽

http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/10/post-5d25.html
有難亭公開稽古
落語っ子連稽古会
落語っ子連稽古会景色
天災
◇11月  花の都で15回「お江戸あおば亭」
赤富士と逆さ富士
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/11/post-8283.html
お江戸あおば亭のチラシ
プログラム案
お江戸あおば亭の会場
お江戸あおば亭グラフィティ
打ち上げ
◇12月  長寿を願って出前落語

http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/12/post-376b.html
出前落語の会場
出前落語グラフィティ
ケアハウス寄席
・・・ボーッとしているようでしたが、まぁ、色々ありました。
さて、来年も、もっともっと頑張らないと。
早速1月26日(土)は「第12回深川三流亭」を開催します。
深川三流亭のチラシ
前年は、松の内の開催で、前回は台風で、それぞれ客足を折られてしまいましたので、今回は、満席にしたいと思っています。
プログラムの表紙
そして、3月2日(土)は、「そや寄席」です。
館長さん以下の公民館のスタッフの皆さまの熱意に、是非応えたいと思います。
jj
来年も健康で落語徘徊が出来ますように・・・。

師走の落語徘徊

平成最後の師走は、物凄いスピードで過ぎ去りました。
午後の富士山
短く感じてはいるものの、何があったかも覚えていないという情けない状態です。
最近、時間の流れが早く感じられるのは、歳を取ったということに加えて、大阪にいる時間が長くなったことも一因かもしれません。
大阪にいる間も、勿論生きてはいるのですが、東京(自宅)にいる日数が減っているので、その分が短くなったように思えるのかもしれません。
特に、月末の営業日3日は大阪ですから、20日以降の時間の流れが早い・・・。
今月に入って早々に、落研OBの先輩「恋し家古狂」師匠急逝の悲報に驚かされました。
本当にお元気な方だっただけに、未だに信じられません。

http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/12/post-af9a.html
改めて、ご冥福をお祈りいたします。
3連休の真ん中の23日は、市川のケアハウスへ出前落語でした。
身内では勝手に「ケアハウス寄席」なんて言っています。
落語っ子連の百梅さんと蝶九さんと3人で行きました。
出前落語の会場
皆さんが楽しんでくださったことが最大の喜び。
出前落語グラフィティ
次に、3人がそれぞれ勉強して、さらに次のステップを見つけられたこと。
ケアハウス寄席
こういう素晴らしい高座の機会が増やせるようにするためにも、大切にして行きたいと思いました。
東京落語会は、最近は開演時から聴くことが出来るようになりました。
今夜は東京落語会
それから、15日(土)には、久しぶりに鈴本演芸場に行きました。
鈴本演芸場は満員
立ち見の出る満員の客席、後ろから2列目の席で、ゆっくり聴かせていただきました。
紀伊國屋寄席
30日は、恒例の「紀伊國屋寄席」を堪能し、今年の聴き納めになりました。
下旬の出前落語の翌日から風邪を引いてしまい、ちょっと苦労しました。
幸い、インフルエンザではなかったので、ひたすら寝て過ごすことで、酷くもならず、何とか復活することが出来ました。
さて、来年の準備もしなくてはいけません。
来月の「深川三流亭」のチラシとプログラムは完成しています。
一部、順番の訂正などの手直しは必要だと思いますが。
深川三流亭のチラシ
「お江戸あおば亭」と「深川三流亭」のチラシとプログラムは、ここのところ浮世絵を使っています。
何となく、江戸の四季がイメージ出来ればと。
プログラムの表紙
そして、3月の「そや寄席」のチラシも完成しました。
今回で3度目の公演になりますが、これからも定期的に呼んでいただけるよう、頑張りたいと思います。
jj
今年も暮れて行きます。
今年もお世話になりました。

2018年11月30日 (金)

霜月の落語徘徊

あっという間に11月が過ぎてしまいました。
吉原から富士
・・・何があったっけかなぁ。
赤富士と逆さ富士
やはり、24日の「第15回 お江戸あおば亭」でしょう。
お江戸あおば亭のチラシ
いつもの、神保町の「東京堂ホール」で。
満員御礼
第1回から、足掛け9年になるでしょうか?
毎回、多くのご贔屓にご来場いただいています。
お江戸あおば亭の会場
瞬間的にお客さまが多いだけでは、長く会を続けられないと思いますが、OBの方々だけでなく、ご贔屓もいらっしゃるので、毎回緊張感のある会になっています。
お江戸あおば亭グラフィティ
今回は、私は「短命」で開口一番を勤めました。
満員御礼
ご覧のとおり、トリの蕪生師匠まで、ほぼ満員の盛会でした。
打ち上げ
10日と11日は、茨城県神栖市の長照寺で、神栖亭・有難亭・牛久亭の合同発表会。
お寺の伝統のお祭り(お会式)の中のイベントとして、「耐久落語会」が開催され、初日に聴きに行きました。
長照寺
3つの連の皆さんの熱意が伝わる、とても良い落語会でした。
お寺の本堂で聴く落語もまた乙かもしれません。
耐久落語会
何と言っても、高座の脇には大きな天蓋が掛かっていますから。
耐久落語会
16日は「東京落語会」。
東京落語会
落語っ子連の稽古は、毎回楽しくやっています。
今月は、南房総のお2人が参加出来ずに残念でした。
jj
jjjj
jjjj
jjjj
さて、これからの準備や企画も始めています。
まずは、12月23日のケアハウスへの出前落語。
私と、百梅さんと蝶九さんで訪問の予定です。
次は、1月26日(土)の「第12回 深川三流亭」。
深川三流亭の会場
演目は出揃っていますので、番組の調整をしなくてはいけません。
深川三流亭のチラシ
3月2日(土)は、3回目となる「そや寄席」。
4名の出演者と番組を決めました。
「そや寄席」グラフィティ
4月21日(日)は、豊島区内の5つの連の合同イベント「おひろめ寄席」があり、千早亭のメンバーとして出演することになりました。

2018年10月31日 (水)

神無月の落語徘徊

10月が終わります。

富士山も下旬には雪を頂いた姿を見せてくれました。
今日の富士山
今年も残り2ヶ月になります。
光陰矢の如し・・は、光陰は矢の如しだという意味。
十六夜の月
今月は、あんまり何も出来ずに全般的に低調でした。
どうも、夏の疲れが出たのかもしれません。
全生庵
夏の疲れと言うか、夏の総決算を意図して、谷中の全生庵の三遊亭圓朝の墓参をしました。
「怪談牡丹燈籠」を演らせていただいた報告とお礼です。
今月は、これから予定されている落語会のチラシやプログラム作りに注力しました。
11月24日(土)の「第15回お江戸あおば亭」。
お江戸あおば亭のチラシ
プログラム案
来春1月26日(土)の「第12回深川三流亭」。
深川三流亭のチラシ
プログラムの表紙
そうそう、うっかり忘れていましたが、今月は「流三の(噺織込み)ごひやく都々逸」を纏めたんだった・・・。
    流三の「ごひやく都々逸」
約160演目を織込んだ都々逸約320題をまとめました。
ごひやく都々逸
なぞかけ1000題、都々逸500題、持ちネタ50噺を目指して頑張ろうと思います。
あぁ・・それから、自分で勝手に「世の中は 澄むと濁るの 違いにて」の下の句を考え始めました。
流三「天災」
落語っ子連の稽古は、師匠のスケジュールの都合で1回を自主稽古にしましたが、それなりに充実した稽古になりました。
落語っ子連稽古会
落語っ子連では、メンバー全員のレベルがどんどん上がって来ているので、稽古も充実して来ているように思います。
落語っ子連稽古会景色
他のメンバーの稽古を聴いてさらに刺激を受けて上達して行く・・という好循環が出来つつあると思うのです。
天災
有難亭の公開稽古と、牛久亭の発表会にもお邪魔しました。
有難亭公開稽古
色々な場所に、落語に真面目に取り組んでいる人たちが大勢いることが、本当にとても嬉しい。
それから、落語っ子連の窓口さんの人脈から、12月にはケアハウスで、来春3月には公民館で、出前落語をやらせていただきますので、その準備を進めようと思います。
そうだ、ブログへのアクセス累計も150万件を突破したんだった。
jj ありがとうございます。
jj
歳のせいか、過ぎ去ったことは既に忘却の彼方になりつつありますが、何もなかったとは言ったものの、それなりに色々あったことを思い出しました。

このブログも、間もなく始めて10年経ちます・・・・。

2018年9月30日 (日)

長月の落語徘徊

今月は、世の中も私自身も慌しい1ヶ月でした。
今日の富士山
西日本の台風、その直後の北海道の地震・・と、防災の日(二百十日)の直後に相次いで襲ってきた自然災害。
惨状・・・
個人的には、岳父の一周忌法要と母の入院と手術。
田舎の朝
そして、落語では4回の高座。
田舎の朝
そんなこともあって、稽古は落語っ子連に一度参加出来ただけで、発表会直前にも拘わらず、扇子っ子連の稽古には行くことが出来ませんでした。
中秋の名月 中秋の名月
とにかく、4回の高座はなかなかのものでした。
 ◆9月 1日 牛久味わい亭  「浜野矩随」
牛久味わい亭のチラシ
流三
 ◆9月16日 OB落語会   「揺れるとき」
gg
OB落語会のBD
 ◆9月24日 ふれあい快笑会 「長短」
嬉しいメール
 ◆9月29日 千早亭落語会  「短命」
次は・・・
夏の高座の総括
ネタ下ろしは「短命」だけでしたが、この夏は、かなり内容の濃い高座が続きました。
7月と8月には「子別れ」と「怪談牡丹燈籠」もやっていましたから。

とりあえず、11月24日の「お江戸あおば亭」と1月(予定)の「深川三流亭」までは一段落。
(11月の「神栖亭」のイベントには参加するつもりですが。)
お江戸あおば亭のチラシ
一連の高座を通じて、それぞれに学ぶものがありました。
私自身の落語(芸)についてだけではなく、様々な落語会の企画や運営について、落語を通じた多くの方々とのご縁等々。

より以前の記事一覧