徒然

2018年1月17日 (水)

筑波山

fuji落語っ子連の千公さんが、「蝦蟇の油」をやっていますが、何と言っても筑波山が欠かせません。
一方で、「お江戸あおば亭」や「深川三流亭」のチラシに使える浮世絵はないかと探していると、絵の借景には富士山というパターンが多いことに気がつきます。
中には、どう考えても、この方向に富士山があるはずがない・・なんていう図柄のものもあります。
ところが、実は筑波山が描かれているものも多いことに気がつきました。
  oo
特徴的な双峰の形は、すぐに筑波山だと分かります。
   筑波山
私にとっての山は、富士山しかありませんが、江戸の北東地域に住む人たちには、筑波山こそ山なんでしょう。 
   筑波山
確かに、広大な関東平野は、江戸から筑波山までは何も遮るものがありませんから、昔はよく見えたことでしょう。
富士山と筑波山を比較するのに、こんな故事があるそうです。
諸国をめぐり歩く神祖尊(みおやのみこと)が、新嘗の日に富士山を訪ねた。
ところが富士の神は新嘗祭で忙しいからと一夜の宿を断った。
神祖尊は嘆き恨んで、「この山は生涯冬も夏も雪が降り積もって寒く、人が登れず、飲食を供える者もなくしよう」といい、今度は常陸の筑波山に行き宿を乞うた。
筑波山は新嘗祭にもかかわらず、快く宿を供し、飲食を奉った。
喜んだ神祖尊は、「・・・天地(あめつち)とひとしく 月日と共同(とも)に 人民(たみぐさ)集い賀(よろこ)び 飲食(みけみき)豊かに 代々(よよ)絶ゆることなく 日々に弥(いや)栄え 千秋万歳(ちあきよろずよ) たのしみ窮(きわま)らじ」と歌った。
それから富士山はいつも雪に覆われて登る人もなく、筑波山は昼も夜も人が集い、歌い飲食をするようになったという。

この集いを「歌垣」と呼ぶそうです。

あれから23年・・

sign04阪神淡路大震災からちようど23年目になります。
kk
1995年1月17日5時46分・・・。
kk
私の会社の同僚や家族などにも、被災した人が多くいました。
「部屋の中で(地震の威力で)箪笥が飛んで来た。下敷きになっていたら・・。」と語る知人もいました。
それから16年後に東日本大震災が起きました。
阪神淡路大震災の経験やノウハウが、東日本大震災にも活かされて、多くの人たちが救われた面も多かったようです。
この年には、3月に「地下鉄サリン事件」が起こりました。
バブルがはじけて、天災が起き、社会を騒がす凶悪事件も起こり、この数年後には金融危機となる、日本が不安定だった頃でした。

2018年1月15日 (月)

ピットイン

hospital3ヶ月に一度の定休日検診。
今日は、いつもより混雑していました。
ピットイン
人のことは言えませんが、相変わらず高齢者ばっかりです。
待つこと長く、先生との診察(面談)は1分足らず。
「はい。いいですね。順調です」・・・。
まぁ、どこが良いの悪いの言われるよりは、この方がいいか。
おかげさまで、血糖値が標準値といわれるよりやや高めだけで、コレステロールも中性脂肪も・・全て標準値エリア内です。

伊勢丹松戸店の閉店セール

cloud3月21日に、松戸市内唯一のデパート「伊勢丹松戸店」が閉店します。
伊勢丹松戸店の閉店セール
それに伴い、「ご愛顧感謝ファイナルフェスタ」が17日からスタートするようで、自宅にもDMが届いていました。
開封もしていませんが。
ただし、聞けば、一般的には物悲しさが漂う閉店セールですが、「日本一楽しい百貨店」を目指してきたというこの店では、フェスタ用オリジナルソングを店内に流しながら、最大級の盛り上げを続け、「記憶と記録に残るフィナーレを迎えるべく走り抜ける」計画だそうです。
フェスタは3部構成。
第1弾は2月6日までで「最後の大北海道展」を開催。
初日の17日にはファイナルフェスタテーマソングの発表。
21日にはよさこいソーラン演舞などライブイベントを行う。
続く「大九州展」では人気の「くまもん」来店が予定されている。
・・・おいおい、他力本願かい?
昭和49年の開店からの年数43にちなんだ4300円の商品のほか、正価商品も運営する三越伊勢丹ホールディングスが総力をあげた品ぞろえで、松戸の街への感謝と、松戸の明るい未来への思いを表すそうです。

・・・松戸の明るい未来・・ねぇ?
特別、欲しい物はありませんから。
しかし、松戸も、何か新しい商品やブランドを考えたら・・・。
マクドナルドとミスタードーナッツがコラボした「マツド」とか。

亭号一覧

house先週土曜日に観に行った「寄席文字作品展」。
春亭右乃香師匠のお手本作品が「当世東西落語家亭号一覧」です。

48種類もの亭号が名乗られているんですね。
とは言え、この中には、一人だけしか名乗っていない亭号もかなりあります。
東京で言えば、「五街道」「桃月庵」「隅田川」「蜃気楼」という、五街道雲助師匠とそのお弟子さんたち・・・。
それに、「土橋亭」「夢月亭」「五明楼」「八光亭」「吉原」・・・。
ただし、私が知っていないお弟子さんを採っていれば一人ではありません。
上方は・・・、知りません。
いずれにしても、約800人が、このいずれかの亭号なんです。
kk
成田にも観に行くことにしました。

2018年1月13日 (土)

パレスサイドビルへ

sun昼休みを利用して、「寄席文字作品展」に行こうと。
パレスサイドビルへ
パレスサイドビルは、毎日新聞社が入居している古いビルで、非常にユニークな建物です。
エレベーターホールも、円形になっていています。
パレスサイドビルへ
1階のカフェはチェーン店ですが、内装は、以前も喫茶店だったのでしょう、随分くたびれた椅子が使われていました。

財布に入れてはいけない?

moneybagお遊びで、金運をあげる占いの中で、財布に入れると金運が下がるものを当てるクイズがありました。
財布に入れてはいけない?
・・・・どうでも良いことですが、応えは「ポイントカード」だそうです。
ポイントカードだけでなく、切符・切手・領収書・レシートなど、札以外の紙を入れることが良くないんだとか。
「出費」に関わるものを財布に入れておくことで、金運がダウンし出費がかさんでしまう恐れがある・・・?
そういうものですか・・・。

センター試験

school私が大学受験だった頃は、共通一次試験もセンター試験もない時代でしたから、1月の頃は2月~3月の本番直前の受験勉強ラストスパートの時期でした。
センター試験
今は、もう本番なんですね。
大学入試なんて、本当に運不運が紙一重ですね。
自分のことを思い返すと・・・恐ろしい。
何とか結果を出すことは出来ましたが。
いつものことですが、センター試験の時は、天候が荒れますね。
そういう時期なので仕方がないとはいえ、雪や風や雨にならなければ良いと思います。
センター試験
それにしても、大学受験のやり方も変わって、何が何だか分かりません。
センター試験もなくなるのかな・・・?
いにしえは、各大学が独自の入試でしたね。
それでも、私立大学は、センター試験に参加する以外は、今とあまり変わっていないかもしれません。
我々の頃は、マークシート方式が始まったばかりでした。
私はマークシートでの受験の経験はありません。
国立大学は、一期校と二期校の2種類があり、それぞれを受験出来ました。
一期校は旧帝大や比較的規模の大きい大学?、それ以外が二期校という分類でした。
ですから、一期校の東大を受験して不合格の場合でも、二期校を受験出来たんです。
入試は、一期校は3月3日頃で、20日頃までに合格発表があり、二期校はその後の23日頃に試験でしたから、救済?されました。
だから、1月~2月は私立大学、3月が国立大学というイメージで勉強していた気がします。
私の場合は、3月3日から3日間の試験でした。
受験勉強は、5教科7科目やっていました。
基本的には、全て記述論述式でしたから、かなりしんどかった。

2018年1月12日 (金)

落語グッズ

event雑誌を読んでいたら、落語グッズを紹介するページがありました。
「深川三流亭」も「お江戸あおば亭」も、落語会は会場や他のグループから借りてやっています。
本当は、落語グッズ一式を自前で持って、様々な場所に出前に行くことが出来れば・・と思いますが。
落語グッズ
扇子・手拭い・着物は、それぞれ個人が揃える物ですが、高座に不可欠なのが、座布団・毛氈・めくり台です。
ちょうど、座布団と毛氈が紹介されていましたが、合わせると約3万円。
これに、めくり台も2万円近くしますので、5万円が必要です。
公演が出来る場所が定まれば、この"三種の神器"も揃えたいと思います。

げんかつぎ

school明日からセンター試験が始まり、受験シーズン本格化です。
我が家では、とりあえず該当しないので、特別なことはありませんが、受験生やそのご家族は、いよいよ本番です。
受験勉強を頑張った本人も、ご家族も、あとは天命を待つ・・というところでしょうが、昔から、合格のための御守、おまじない、げんかつぎが色々あるものです。
そもそも、「験を担ぐ(げんをかつぐ)」の意味は、「以前に良い結果が出た行為と同じ事をして前途の吉兆をおしはかること」。
取り敢えずは、験を担ぐ食べ物が多いですね。
やはり、カツ丼・豚カツとウインナーあたりは、もう常識ですが、ほかにも面白い(失礼)ものがたくさんあります。
・キットカット→きっと勝つ
・カール→受かーる
・キシリトール→きっちり通る
・コアラのマーチ→寝てても木から落ちない
・ポッキー→逆から読んで、吉報

   ※これ逆さが吉報なら・・・と思いますが。違う?
・ハイレモン→入れる門
・キャラメルコーン→かなえるコーン
・セコイヤチョコ→成功YEAR
・GABA→頑張る

・・・ほとんどがダジャレの世界です。
それでも、藁にもすがりたいという気持ちは分かりますね。
このほかにもありますよ。
・伊予かん→いい予感
・ちくわ、れんこん→先が見通せる

それから、「落ちない」「滑らない」「パスする」という意味合いから歓迎される品物もあるようで。
・滑り止めの砂
・蛸の消しゴム→オクトパス(机の上に置くとパス)

いずれにしても、受験生には、ベストなコンディションで頑張って欲しいものです。
落語には、「かつぎや」みたいな噺もありますが、「御神酒徳利」「文七元結」なんてのは、ハッピーエンドでおめでたいかもしれません。

より以前の記事一覧