徒然

2019年2月20日 (水)

富士川の富士山

eye新富士駅を通過すると、富士川の堤防に向かって、住宅地になっています。
ここからの景色もなかなかです。
富士川の富士山
そして、富士川橋梁からは、定番の景色です。
富士川の富士山
やはり、雪は少ないなぁ。

富士の富士山

fuji今日は良く見えました。
雲もかかっていません。
三島宿を過ぎて、旧東海道の原宿から吉原宿の北側を走る新幹線の窓からは、山側は茶畑、南側は浮島(葭の原)と言われた田園地帯を通り過ぎます。
富士の富士山
田んぼの向こうに工場群、更にその向こうに富士山。
富士の富士山
新富士駅を通過する直前は、工場群の中、煙突の向こうに富士山が見えます。
富士の富士山
風が左から右に吹いているということは、西か西南西の風かな?

三島の富士山

fuji三島駅通過の頃は、かなりはっきり見えるようになりました。
三島の富士山
とてもよい天気。
ポカポカと暖かそうです。
三島の富士山
この方向からだと、かなり積雪があるように見えます。
新幹線なら10分ほどで通り過ぎる南麓からは、まだら模様だと思いますが。

霞む富士山

今日はとても暖かで、日中は20度近くになるそうです。
霞む富士山
今月2度目の大阪出張。
気温が高いので、濃霧の場所もあるそうです。
小田原駅を通過する直前、晴れてはいるものの、霞んでいました。

新々富士川橋

car写真は、先週の土曜日のものです。
例によって、道の駅「富士川楽座」の駐車場からの富士山です。
新々富士川橋
写真ではちょっと見づらいのですが、手前の山(岩本山)の麓の堤防近くに、重機が見えます。
実は、この場所で、富士川を渡る新しい橋の工事が行われています。
この辺り、富士川には、新東名、東名、旧東海道、東海道線、東海道新幹線、国道1号線等々、多くの橋が架かっています。
古い言葉ですが、「東海道ベルト地帯」ですから。
旧東海道の富士川橋が老朽化したのと、渋滞の緩和と、富士川上流(山梨県側)へのアクセス改善などの事情から、さらに橋が架かることになりました。
ff
いずれ、この景色の下側を、橋が横切ることになります。
景観的には・・・、どうなりますか。

スーパームーン

fullmoon昨夜は「スーパームーン」でしたが、雨が降っていて、残念ながら見ることが出来ませんでした。
スーパームーン
今年最大の満月だそうです
  スーパームーン
月を歌う和歌もたくさんあります。
  スーパームーン
一葉や西行の感性に触れるのもまた風流です。
スーパームーン
朝、まだ暗い西の空に、大きな月が残っていました。

2019年2月19日 (火)

1日3便

bus最近は、テレビ番組で「路線バス」に乗る企画が多くなりました。
バス会社の定期バスや自治体が運営するコミュニティバスなど、様々な種類のバスがあるようです。
しかし、全体としては、人口減少、都会への偏重、過疎化などで、路線バスはどんどん少なくなっています。   
尤も、鉄道も状況は同じで、ローカル線廃線や減便など、これまた凄まじいものがあります。
    1日3便
中学生の頃には、こんな田舎でも、山梨交通のバスが町内や近隣の市や町に通っていました。
また、甲府と静岡の間には、静岡鉄道と山梨交通が共同で、急行バスが運行されていました。
急行バスは、間もなく廃止され、町内のローカルバスもなくなりました。
そして、様々な試行錯誤から、今は、どこにでもあるようなコミュニティバスが循環しているようです。
時刻表を見ると、1日3~4便です。
帰省する時間も長くないので、ほとんど走っているのを見たことがありません。
バスと言っても、ミニバン程度の車両だと思いますが。
田舎は「クルマ社会」で、70歳代の高齢者も、当たり前のように運転しています。
母も、自ら運転して出かけ、出先で体調を崩してしまいました。
その時、82歳でした。

2019年2月17日 (日)

言問橋から

car天気が良いので、愛車を駆って、都内を徘徊。
色々、うろうろしましたが。
言問橋から
言問橋から見る東京スカイツリーが鮮やかでした。
道路が空いていたので、路肩に停車して1枚。camera

2019年2月16日 (土)

午後の富士山

fuji午後は天気が回復しました。
午後の富士山
富士市北松野からの富士山。
午後の富士山
それから、道の駅富士川楽座の駐車場から。
これから、雲が多くなりそうです。

実家で

house築40年を過ぎた実家の玄関の庇を支える柱が、長年の風雪で朽ちて来たのを、近所の人が直して(柱を新しくして)くれました。
そのままにしていたら、台風でも来たら折れてしまうところでした。
玄関の柱
庭の松は、植木屋さんに剪定をお願いしました。xmas
すっきりしました。
玄関の柱
普段は住人がいませんが、あまり荒れ放題には出来ませんから。
近所の人が、毎日のように様子を見て、掃除もしてくれています。

より以前の記事一覧