徒然

2020年1月24日 (金)

役を生きる

ある演劇に関わっている方のツイートです。
役者が舞台に出るのは「台詞を言うため」じゃないよ。
「役を生きるため」だ。
黙ってる時も生きてなきゃ。
それと台詞って一生懸命言うものじゃない。
大もあり小もあり、目を見たり見なかったり。
勿論「自分の声」じゃない」役」の声・話し方。
それが分からないのは「本が読めない」と言うことなんだよ。
・・・そのまま落語でも言えることだと思います。
_20200124_1008462
やっつけ仕事の「文七元結」の稽古。
読むんじゃない、覚えるんじゃない・・役が今(瞬間)を語るんだ。

車の比較

息子が車を買い替えました。
子どもたちも大きくなって来て、ファミリーユースのため3列シートの車にしたそうです。
スペース(居住空間)という観点ではミニバンという選択肢もあったのでしょうが、あまり好きではなかったようです。
・・思えば、今から30年近く前、私も同じ選択をしていました。
尤も、当時はまだミニバンやSUVという概念も確立されていない時代でした。
選んだのは、3列シートのワゴンでした。
息子が3歳ぐらいから小学校低学年ぐらいまでだったと思います。
_20200123_1832302
別に相談があった訳ではありませんが、息子も同じような選択をしたようです。
何となく、幼い頃に乗っていた記憶があったんでしょう。
色も、赤系統で同じようで。
_20200123_140356
勿論、この30年間の車の進化ぶりは物凄く、当時とは比較になりませんが。

「落語」の歴史

大嫌いな芸人の1人の動画ですが・・・。
日本人なら知っておきたい伝統芸能の歴史 【落語】。
立川談慶師匠の著書「教養としての落語」がテキストだそうです。
「ビジネスエリートがなぜか身につけている教養としての落語の歴史のレクチャー動画。
Photo_20200124070801
https://www.youtube.com/watch?v=ArQMyIVwPZo&feature=youtu.be
確か・・・、色々誤りも多い動画だそうですが。
ユーチューブで4回に分けて配信されるようですが、1回目は、それほど大きな誤りはなかったようです。
お笑いの世界と比較するのは仕方ないとしても、あまり一緒に語って欲しくない・・。

2020年1月22日 (水)

時刻の表示

日本では、時間や時刻を表す方法が複数あります。
年を表すのに洋暦と邦暦(和暦:令和)。
月を表すのにも数字と漢字。(1月/睦月)
時刻を表すには12時間(午前・午後)表示と24時間表示が。
先日、役所の書類で年月日欄をを【2020年】と書いたら、【令和2年】に訂正されました。
先日、ある落語会のチラシを見ると、「午後12時半開場」と表記されていました。
これは大きな間違いだと思うのです。
「午後0(零)時半」か「12時半」のどちらかでないといけないはず?
そもそも12時間表示なら、12時半はあり得ません。
午前は0時から12時まで、午後も0時から12時までしかありませんから。
(正確に言えば11時59分までしかない?)
仮にあるとすれば、午後12時は翌日の午前0時ですから、夜の0時半ということになります。
24時間表示でも、最近は放送局などで26時なんていうのも使われていますから。
ということからも、午後12時半を使ったとすると、お昼過ぎではなくて夜中の日付が変わった後の時刻だといイメージでしょう。
この区別がつかない人が意外に多い気がします。
Gozengogo02
時刻の表記は、原則として「時刻制度」に準拠することになっています。
時刻制度は、1872(明治5)年の旧暦11月9日に太政官達第337号として発令されました。
これによると、午前は「零時」から「12時」まで、午後は「1時」から「12時」までとする12時間制になっています。
よって、この達の通りに表記すると、昼の12時は「午前12時」、夜中の12時は「午前零時」または「午後12時」になります。
また、達の中では「午後零時」という時間は存在しないことになります。
しかし、「午前12時」「午後12時」が昼を指すのか夜を指すのか分かりにくく、特に「午後12時」は、昼の12時と解釈してしまう可能性があります。
そこで、こうした誤解や混乱を避けるため、「12時」の表記については達を厳密に適用せずに、独自のルールを定めている例が多くあります。
例えば、天文台では「零時」「12時」には午前、午後をつけないで「午後6時~零(0)時」「午前10時~12時」といった表記を勧めています。
新聞社などでは、昼の12時ちょうどは「正午」、夜の12時ちょうどは「午前零時」とし、「正午」は「午後零時」としないと決めているところもあります。
また、12時間制そのものを採用せずに、24時間制で時刻の表記をしているケースもあります。
誤解を与えてはならない鉄道や飛行機の時刻表などが、その代表例として挙げられます。
ですから、お知らせコーナーなどのイベントや受付などの時刻は24時間制に統一するのも一つの方法です。
読者に分かりやすくすることが一番の目的であって、必ずしも「時刻制度」に準拠する必要はありません。
どうしても12時間制度で表記したい場合は、以下のように表記するのも一つの方法です。


00:00  午前零時
00:10  午前零時10分
01:00  午前1時
01:10  午前1時10分
11:00  午前11時
11:50  午前11時50分
11:59  午前11時59分
12:00  午後零時あるいは正午
 ※準拠すれば午前12時ですが
12:01  午後零時1分
12:30  午後零時30分
13:00  午後1時
13:30  午後1時30分
23:30  午後11時30分
23:59  午後11時59分

つまり、12時間表記だけれど、12時という表記を使わないということです。

2020年1月21日 (火)

レベルアップ!

今夜、「35レベル」にアップしました。
   _20200121_215911
1レベルのハードルがどんどん高くなります。
   _20200121_215855
まぁ、引き続きボーッとしながら続けて行きますが。

新大阪駅

新大阪駅のタクシー乗場に来ました。
_20200121_170856
この「近距離乗場」はなくなるそうですよ。
こんな不愉快な乗場(分類)は、なくして当たり前。
_20200121_170822
よく見てください。
こういう表示がされている。
Images-47_20200122075301
3キロ圏内ならば、南側は梅田駅までですよ。
だから、ここよりもさらに南にある大阪市庁や淀屋橋を通って御堂筋・・というのは、近距離圏内ではない。
それで、他の乗場に行って、「北浜」「高麗橋」・・と言えば、露骨に嫌な顔をされる(された)。 
途中で前を通る大阪市庁前に、「Welcome OSAKA」って、大きなモニュメントが設置されています。
これから万博も開かれるというのに、来阪者への「おもてなし」など「思うてなし」の業界も改心しないと。_20200121_170806_20200121173701
まだ乗場の構成が変わる旨の表示はされていませんでした。

富士山ビュー

大阪移動の車窓からの富士山ビュー。
神奈川県内・・・大磯町辺りを通過中。
_20200121_132455
小田原駅を通過する手前から。
_20200121_132814
三島では雲に隠されてしまいました。
_20200121_135056
富士市東部の吉原から。
_20200121_140434_20200121143501
新富士を通過した辺り。
_20200121_141535
富士川を渡り始めた時・・あぁ無情。
   _20200121_141902
富士川橋梁を渡り切った辺り。
_20200121_141634
・・・いつものワンパターン。

そろそろ

まだ懲りずにやっています。
間もなく「34レベル」がクリアできそうです。
  _20200121_103056
本当の遊び方は分かっていないと思います。
       _20200121_111722_20200121123801
細かいルールや仕組みも分からず、ただひたすら画面に出て来るポケモンを捕まえているだけですから。 
      _20200121_111959_20200121123602
とにかく、何とかバトルとかね何とかのすな(砂)とかほし(星)とか、ジムバトルとかレイドバトルとか、リトレーンとか・・・もう、よく分からない。

2020年1月20日 (月)

新大阪駅のタクシー乗り場

もうかなり前のことになりますが、新幹線で新大阪駅に降りて、タクシー乗り場へ行きました。
目的地は高麗橋。
タクシー乗り場は、幾つかに分かれていて、「近距離(3キロ以内)」「ジャンボ」「中型」「小型」・・・と。
慣れない大阪の街ですから、3キロがどの程度かすぐには見当もつきませんでしたが、地下鉄に乗れば淀屋橋と本町の間ですから、淀川を渡り梅田を過ぎて行きますから、どう考えても3キロ以上はあると踏み、1人でしたから「小型」の列に並びました。
やっと自分の番になってタクシーに乗り込んで行き先を告げると、「そんなら近距離の方に並んでください」と冷たく言われました。
腹が立ったので、「どう見たって3キロ以上あるんじゃないの」と言い返したら、不承不承走り始めました。
もう・・・物凄く不愉快でした。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2015/02/post-5d50.html
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2015/02/post-f1b8.html
8191d_1438_0eec460e6842a969195177f90e690
その後は、「短距離」に並ぶようにしました。
そのうちに、同じようなクレームが多くあるのでしょう。
大阪以外の人が、新大阪駅からどのぐらいの距離があるか・・なんて、分かるはずがありませんから。
近距離乗り場には、市内の地図に3キロ目安の円が書かれるようになりましたが、やはり目的地は円の外です。
しかし、初めて大阪に来た人が、この地図で分かりますか?
Images-47_20200121225501
大阪のタクシーの顧客不在の酷さには諦めました。
ちなみに、近距離乗場で乗って「高麗橋まで」と言って、「お客さん、淀屋橋から先は3キロを超えますよ」と言われたことは一度もありません。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/11/post-720e.html
こんな記事がありました。
JR新大阪駅のタクシー乗り場が、2020年2月1日(土)から大きく変わります。
これまで「小型」「中型」「ジャンボ」「近距離」の4か所に乗り場が分かれていたのが、「普通車」「ジャンボ」の2区分に統合され、普通車乗り場が3か所になります。
同日に、大阪地区で小型タクシーと中型タクシーの運賃が統一されることに合わせて実施されるものです。 
現在の4つある乗り場のうち近距離乗り場は、「鉄道駅では新大阪ならでは」(大阪タクシー協会)という珍しいものです。
おおよそ3kmまでの利用者が対象で、範囲は乗り場の地図でも案内されています。
この乗り場、2004(平成16)年4月にできたものですが、そもそもなぜ設けられ、今回なぜ廃止されるのでしょうか。
大阪タクシー協会に聞きました。
―近距離乗り場はなぜ設けられたのでしょうか?
「近距離利用だと、乗務員に嫌な顔をされる」といったお声を受けたものです。
それならばと、お客様が気楽に乗れるよう、専用に乗り場を設けました。
―今回なぜ廃止するのでしょうか?
だんだん近距離乗り場が混雑するようになったためです。
空いている小型や中型の乗り場へ移ったお客様が、乗務員に「近距離ならあちらですよ」と乗車を拒否されるケースがあり、苦情に発展していました。
また台風や地震などの災害時、近距離乗り場にお客様がズラリと並び、タクシープールに車両がいるにもかかわらず、全然タクシーが来ないということもありました。
A55ea_1438_84c88719b58ac5eac69893c362e7d 
―近距離乗り場を廃止し、乗務員の理解は得られるのですか?
当然ながら乗務員にとっては「当たり」「はずれ」があるわけですが、それはお互い様です。
「もう後戻りはできんで」と、各事業者に対し乗務員指導の徹底を伝えています。
当面は現場巡回指導も行い、不適切な対応がないか監視します。
・・・。
全て乗務員目線ですから、クレームが出て当然です。
明日も大阪に出張しますが、「近距離」に並ぶつもりです。
来阪者への「おもてなし」でなく、利用者のことなど「思うてなし」。

これって・・・?

昨日立ち寄った「道の駅発酵の里こうざき」。
_20200120_161915
観光パンフレットが立ててありました。
日本語のほかに、英語・韓国語・中国語・タイ語と5種類も。
_20200120_150750_20200120150901
んっ?
仮に私がタイ語しか読めなかったら、タイ語のパンフレットを取れば良いに決まっていますが、これで迷わず取れますか?
だって、それぞれの種類のパンフレットは、日本語でしか表示していませんから。
そもそも、タイ語のパンフレットがあるのかすら分からないのでは?
_20200120_161947_20200120162001
折角、発酵の里で発行したパンフレットが利用されないなんて、なんて薄幸なことでしょう。
"画竜点睛を欠く"って言うんじゃないのかなぁ。

より以前の記事一覧