書籍・CD・DVD

2017年12月15日 (金)

繋がったぁ・・・

book「昭和の落語家群像」も、少しずつ読んでいますが、今日読んでいて知ったことは、この著者が「鬼の涙」の作者だということです。
この噺は、師匠の朝日名人会での公演を収録したCDの第一巻に入っていて、落語っ子連で越児さんが演ったこともあります。
   kk
その時にこの噺について師匠と話したことがありました。
その時は、作者の名前は、そのまま聞き流していたのですが、林家正蔵(彦六)師匠もお演りになっている噺だが、原作は同じだが、随分違っているというような話題でした。
師匠の「圓窓五百噺付袋」では、この噺についてこんなコメントをされていました。
清水一朗氏の原作に惚れて演らせてもらった。清水氏の地元であたしが口演したとき、客席で聞いていた清水氏の息子が「お父さんのとは違う」と感想を言ったというエピソードがある。落語は演じることによってまた創り変えられるもので、大きく変わることもある。
息子の一言は当然であろう。
故八代目正蔵師も演っていたが、やはり原作とは違っている部分があった。

正蔵師匠は、昭和36年4月にTBSラジオの番組で初演して、紀伊國屋寄席などで数回、高座にかけられているそうです。
正蔵師匠は、いわゆる「文芸物」を多く演っておられます。
・・・ということで、来年の2月3日に越児さんが「そや寄席」でやる「鬼の涙」は、この本の著者の作品、即ち新作落語ということです。
同じように感慨深かったのは、落語研究会を支えてくださった今村信雄という方は、三遊亭圓朝の速記を手がけた方のご子息だそうですが、「試し酒」の作者だと言われているんです。
やはり、落語を愛好する方は、落語の一席や二席創作出来ないといけないのでしょうか?
いずれにしても、色々な情報の端緒が繋がって来るのは、驚きと楽しみがあります。

この気もち伝えたい

bookもう20年以上、いや30年近くなるのでしょうか。
会社で、そろそろ部下を持つ立場になって、色々悩み始めた頃、どんなきっかけだったか、何気なく手にしたのがこの本でした。
「この気もち伝えたい」という、まぁ、絵本と言うんでしょう。
     この気持ち伝えたい
せっかちな性格ですから、自分自身で噛んで含めるような読み方はせず、本当に斜め読みでしたが、とても印象に残ったので、その後接するようになった、特に女子社員にプレゼントしていました。
その後、何年か経って、ふとこの本を思い出して、書店を探しましたが、見当たりません。
Amazonでも、絶版、在庫なし・・で、なかなか手に入りません。
そして、Amazonで見つけたので注文しましたが、結局、届けられることがなく、注文が失効したこともありました。
一度、復刻版が出たことがありましたが、本の性格上、何万部ということはないでしょうが、根強い人気の本なんだなと思いました。
昨日、落語本をAmazonで探していた時に、これまた何故かこの本のことを思い出したので、ダメもとで検索してみました。
すると、在庫があるようなので、早速、購入手続きをしました。
注文の確認メールでは、配達予定日は別途ということでした。
「お届け予定日が決まりしだい、Eメールでお知らせいたします」。
また、届かないかな・・と思いつつ、暫く待つことにします。
そう言えば、家内にも、娘にも、何かのきっかけの時にプレゼントしたことがありました。

2017年12月14日 (木)

とても勉強になる

book「昭和の落語家群像」を読み進んでいますが、記録や歴史として、とても面白いです。
とても勉強になる
第三次・第四次の落語研究会の経緯とか、そこに絡んでくる昭和の名人たちの様子が分かります。
落語研究会などのホール落語の番組を見ると、寄席とは違いますから、大ネタが並んだり、演目よりは噺家さんで順番を決めたような感じです。
詳しく見ていませんが、噺がつくなんていうのも、余程のことでないと、気にしなかったような。
読了したら、もう少し色々な感想を述べたいと思います。
貴重な歴史的な資料でもあります。

落語登場人物事典

book来年1月下旬に、とても高価な落語本が刊行されるようです。
矢野誠一著「落語登場人物事典」(白水社)という。
何と、価格は25,920円也!
内容は、とりあえずこんな紹介文がありました。
八つぁん、熊さん、与太郎をはじめ、落語固有のユニーク極まる人物たち約700席、延べ2500名が繰り広げる、比類なき人間模様の集大成。
・・・各々方、いかがいたします?

2017年12月13日 (水)

昭和の落語家群像

book昼休みに虎ノ門の本屋さんで見つけた落語本。
昭和の落語家群像
著者は、栃木県にお住まいの評論家の方のようです。
昭和30年代の落語界と言えば、私が落語に出会うよりもずっと前のことですが、登場する噺家さんの多くは知っています。
そして何より、この本を手に取ったのは、179ページに、当時、有望な若手だった師匠の写真が載っていたことです。
そうです。
師匠は、昭和34年に、八代目春風亭柳枝師匠に入門していますから。
紹介文があります。
昭和30年代の“落語の黄金期”に観聴きした、名人上手の師匠方や競い合う若手たちの姿。
「落語研究会」では、志ん生などの昭和の名人たちの高座を堪能し、「若手落語会」「落語勉強会」では、談志ら次の時代の精鋭が切磋琢磨する姿を見て…。
昭和30年代、黄金期の落語家たちの姿を、当時の資料もとりまぜて綴る。
【目次】
  第1章 落語研究会
         改札口を出ると
         落語研究会のパンフレットから
         落語研究会の歴史 ほか
  第2章 若手落語会
         若手落語会の発足
         若手落語会の客席で
         湯浅喜久二急逝 ほか
  第3章 東宝演芸場
         落語勉強会
         師匠方と一緒の客席で
         周囲のことども
  第四次落語研究会 公演記録
  若手落語会 公演記録
  落語勉強会 公演記録
  笑う集団 公演記録

・・・これからゆっくり読むことにします。
私が生まれた頃、師匠が噺家になった頃、落研が創部された頃。
日本が高度経済成長を始めた頃。
昭和は遠くなりにけり。

2017年12月 9日 (土)

全日空寄席落語傑作選

airplane飛行機に乗った時に、座席にあるイヤホンで音楽を聴く人は大勢いると思います。
落語などの演芸プログラムもあるので、ファンも多いようです。
東西を代表する落語家の演目を37席を収録したCD全集「全日空寄席 落語傑作選」が、通信販売限定企画として発売開始されたそうです。
全日空寄席落語傑作選
これには、古今東西を代表する落語家全31人の名人の演目が一挙収録されているそうです。
江戸落語の名人、柳家小さん、桂文治、三遊亭金馬。上方落語界からは桂米朝、桂春團治、桂文枝、桂枝雀。
人気番組「笑点」の新旧メンバー、三遊亭圓楽、桂歌丸、林家たい平。
人気現役噺家からは立川志の輔、柳家喬太郎をはじめ、若手の春風亭一之輔まで。
収録された37席はANA(全日本空輸)の機内オーディオ番組「全日空寄席」で放送されたものから、初CD化となる音源だけを厳選しているようで。
ケチをつけるつもりはありませんが、ANAでも、JALでも、演目などは、比較的軽いものが多いイメージがあるので、どうなのかな・・?

2017年12月 3日 (日)

噺家の卵・・・・

book稽古の帰りに立ち寄った本屋さん。
そう言えば、最近あんまり本屋さんに立ち寄らなくなりました。
そこで見つけた柳家さん喬師匠の本です。
噺家の卵・・・・
この手の本は、いろいろな人(噺家さん)のが出ていますから、さん喬師匠はむしろ遅いぐらいだと思います。
これからゆっくり読むことにします。
この本の内容ので紹介です。
落語も料理も、調理人の腕次第!五代目柳家小さんに入門して50年、洋食屋の倅が当代きっての古典落語の料理人になるまで、そして弟子11人を育て上げるまでを、たっぷり語ります!
(目次)
第1部 修業時代(洋食屋の倅
     「噺家行き」の列車 ほか)
第2部 師匠時代(親不孝丼
     初めての弟子 ほか)
第3部 外つ国にて(バーベキューと落語
     沖縄で学んだこと ほか)
第4部 師匠と弟子(グルメと通と噺家というもの
     かくして噺家は増えていく ほか)

師匠のご実家の「キッチンイナバ」と言う洋食屋さんが、数年前まで、本所吾妻橋にありました。
私も、この店のオムライスを食べたことがあります。
・・・残念ながら、今は閉店してしまいました。

2017年11月27日 (月)

東京かわら版

もう今年分の最終号。
東京かわら版
立花家橘之助さんの襲名の話題など、明るい話題が満載でした。
「三味線漫談」から「浮世節」のコンセプトの違いがわかりました。

2017年11月 1日 (水)

東京かわら版の購読料

postoffice郵便局に行ったついでに、「東京かわら版」の購読料が12月までなので、以降1年分を振り込みました。
  東京かわら版の購読料
1年分で6,000円。
確か、ちょっと前までは5,000円だったような・・・。
いやいや、決して高いと言うのではありません。
演芸ファンにとっては、貴重な情報源、バイブルですから。
最近、歳を取って来て、オジサンにとっては、もう少ぉし版と字が大きければなぁ・・と思わないでもありませんが・・・。

2017年10月28日 (土)

東京かわら版

book出張中に、「東京かわら版」が届いていました。
    東京かわら版
11月号は、立花家橘之助襲名と4月に亡くなられた三遊亭圓歌師匠追悼の特集です。
このほかにも、桂小南襲名や両協会のイベントなど会の盛りだくさんです。

より以前の記事一覧