家族・友人

2018年11月11日 (日)

息子との会話

sun昨日、神栖の3連合同のラマ九語会に出かけようとしていたら、突然、西宮にいるはずの息子が来ました。
「どうした?会社の研修か?」
「いや、ちょっと用事があって」。
昨日の会話はこれだけでした。
しかし、親としては心配にもなります。
来るのを聞いていなかったから。
だいたい親父はいつもこんなもの。
何か悩みでもあって来たのでは?と。
まぁ、家内には話をしているだろうし、何か困ったことなら家内が黙っていませんから。
今日は、昼ちょっと前に帰って行きました。
「帰るから」
「そうか、気をつけてな」。
今日の会話はこれだけでした。
親父と倅なんて、こんなものでしょう。
息子との会話
息子が、ちょうど西宮に着いたであろう時分に、息子の嫁からLINEで音声メール。
天使②が世界一可愛い声で一言「また遊ぼうね」と。
じいじはこれでイチコロ。
「じいじ(遊びに)来ないね」と言っているそうです。
来月、出張のついでに顔を見に行ってみようと思います。
(写真は去年の七五三の時のものですが。)

2018年11月 7日 (水)

天使近影

shoe天使たちの近況。
西宮の甲子園口の「ほんわか商店街」に「まんぼうトンネル」というがあるそうです。
どうやら、
高さ1.3メートルの歩行者専用のトンネルみたいです。
西宮に住む息子一家。
このトンネルを潜ったようです。
天使近影
JR神戸線の甲子園口駅から西に向かって歩くこと約3分、線路の下にある小さなトンネル。トンネルというよりも穴?
小さいので、車やバイクは通れません。
高さ約1.3メートル、幅も1.5メートルほど。
下手するとトンネル内で頭をぶつけてしまいます。
それでも、このトンネルを行き来する人はそこそこいるそうです。
徒歩はもちろんのこと、自転車を押して頭を下げ、腰を低くしてトンネルをくぐって行く人があとを絶たないようです。
トンネルをくぐる前に、向こう側から人が来ていないかをチェックしないと、トンネル内で行き違いができませんから、向こう側からの人が出てきたのを確認してからトンネルをくぐる。
このトンネルは、もともと水路として利用されていたものに板を敷いて通路として利用しているもの。
天使近影
我が天使たち(天使②・電車④)は、頭がぶつかる心配もなく、このトンネルをはしゃぎながら駆け抜けたようです。
元気で暮らしています。

2018年10月26日 (金)

同期会

building社会に出て、もう40年近くになります。
同期会
大学を出て就職活動した時は、第二次オイルショックで、かなり就職難でした。
同期会
その時の仲間が、今も集まっています。
同期会
毎年10月に開かれている、社会人同期の会。
同じ会社に入った約150人の同期のうち、東京近辺に住んでいる仲間が集まります。
いつもは40人から50人になりますが、今回はやや少なめでした。
同期会
前回(昨年)は、私は落語をやりました(牡丹燈籠)が、今年はお休みなので、気楽に参加しました。
共に日本経済発展の最前線で働いて来た頃の思い出や近況を語り合える、貴重な場です。

2018年10月24日 (水)

綺麗好き?

apple感心、感心cherry
綺麗好き?
娘と息子のそれぞれの次男(天使③と天使④)。
                 綺麗好き?
散らかしっ放しで遊んで、いつも叱られているのでしょうが、たまには掃除をしたくなるようで。

2018年10月23日 (火)

天使近影

bud相変わらず元気で何より。
天使近影
次は、いつもの天使たちの様子。

長男の嫁が送ってくれた中の天使たちのショット。
天使近影
2人の天使たち(天使②と天使④)が、仲良く元気に遊ぶ姿は、理屈抜きの癒しです。
お兄ちゃんは、この間は幼稚園の運動会だったそうです。
弟くんは、足も達者になって、お兄ちゃんと張り合っています。
お母さんは、子育てが大変です。

2018年10月 7日 (日)

ガラケー

phoneto母の携帯が壊れてしまいました。
母にとっては、メールと電話が出来ないのは、大変なことです。
今まで使っていたのは、もう10年近くになるので、いつ壊れるかと心配はしていましたが、とうとう・・・。
   ガラケー
さぁ、どうやって新しいのを入手するかが問題です。
母の名義ですから、本人がやろうにも、今は動けません。
そこで、ドコモショップに相談に行きました。
壊れて使えませんから、簡単に機種変更も出来ないし・・。
いくつか方法を教えられましたが、何れも一長一短で、面倒臭い。
結局、私に名義変更することにしました。
これなら、電話番号やアドレスも変えずに済みそうです。
ただし、本人の確認資料だとか委任状が要るだとか、簡単ではありません。
何とか機種を決めて、次回帰省した際に手続きをすることにして、時間を予約しました。
やれやれ・・・、もっと簡単に出来ないものか。sweat01

2018年9月23日 (日)

叔父と

hospital午前中に、落語っ子連の稽古を終えてから、大手町で地下鉄を乗り換えて板橋区役所前へ。
叔父と
私が落語に戻って来て、圓窓師匠に師事してから10年余り。
それから、私が出演する落語会(深川三流亭・千早亭落語会・お江戸あおば亭など)の、ほとんど全てに来てくれているのが、豊島区に住む叔父(母の弟)です。
81歳になりますが、見た目も身体も心身ともに若い叔父ですが、昨日突然体調を崩したということで、稽古の後でお見舞いに行きました。
本人も、生まれて初めて入院したそうで、目を白黒させていました。
幸いとても元気で、1時間以上お喋りをしました。
今週末の「千早亭落語会」は、初めて"欠席"ですが、いつものようにご近所の方々に声をかけてくれているそうで、きっと何人か来てくださるようです。

2018年9月22日 (土)

天使近影

bud西宮に住む天使②と天使④の兄弟。
天使近影
息子の嫁が、母に子どもたちの近影をまとめたアルバムを送ってくれました。
この半年ぐらいの天使たちです。
退院して部屋に戻ったら届いていて、母は大喜び。
「可愛い、可愛い」と連発。
中の1枚を指差して、 「この写真は、お父さん(息子)にそっくりだねぇ」なんて。
それでも、嫁は、最近2人が「マイコプラズマ」に掛かってしまって、大変だった様子。
子育ては本当に大変だと思いますが、健気に頑張ってくれているようです。

2018年9月 9日 (日)

帰宅

sun帰省の最終日。
帰宅
hospital術後2日目の母の様子を見に病院へ。
母の所に、娘一家が来てくれました。
昨日、義父の法要に来てくれて、今日は母の見舞いに。
曾孫2人を見て、母も大変大喜びです。
家族4代の顔合わせですから。
お兄ちゃん(天使①)は照れてしまって、いつものようではありませんでしたが、その代わりに弟(天使③)が愛嬌を振り撒いてくれて、母も何度も「可愛いねぇ。握手しよう」とご機嫌でした。
rvcar娘一家を見送って暫くしてから、我々も帰途に。
帰宅
ところが、例によって?「事故渋滞」・・・。
3泊4日の慌ただしい帰省も無事に終わり、帰ることが出来ました。

餅つき

spa元々、娘一家が義父の一周忌に来てくれることになったので、法事の後、我々夫婦と一緒に下部温泉に1泊する予定でした。
餅つき
ところが、その後、母の手術と重なってしまったので、私はキャンセルして、家内と娘一家で行くことになりました。
下部温泉は、「(武田)信玄の隠し湯」と言われる、県内屈指の古い温泉です。
思えば、この温泉郷の入口にあるホテルですが、家内の実家から比較的近いので、ここで結納を交わしました。
お祝い事や法事などで、何度か使ったことがあります。
ここの呼び物は、餅つき大会だそうで、我が天使たちも、初体験を楽しんだそうです。
食事も美味しかったと、みんな喜んでいました。

より以前の記事一覧