家族・友人

2019年10月21日 (月)

元部下の訃報

かつて職場を同じくした同僚(部下)の訃報に接しました。
享年58歳。
数年前に体調を崩したという噂を聞いたことがありました。
とにかく明るくて、真面目で、一本気で、とても優秀な部下でした。
年賀状の交換だけで、ここ数年は会っていませんでした。
Hall_iwasaki
葬儀会場のホールは、当時のオフィスの取引先で、このホールが竣工した頃でした。
ご自宅からは比較的近くではありますが、彼のことだから、ここを自身の旅立ちの場所に選んで逝ったのかもしれません。
本当に、心からご冥福を祈りたいと思います。

2019年10月19日 (土)

同期会

金沢での同期会。
入社して40年目の記念すべき集まり。
勿論、全員が第2ステージ。
_20191020_070546
記念なので、いつもは東京組と大阪組で開催している同期会を、金沢で合同で開きました。_20191020_070320
台風のおかげで、東京組は北陸新幹線が使えず、幹事は、何人か来られなくなるのではと心配していたようですが、何と、何語ともなかったように、1人も欠けることなく全員が参加。
_20191020_070101
参加出来ない人の理由は、親の介護や家族の病気など、我々世代の共通の理由で、仕方がないとは言え、残念でした。
約40名・・・。
一緒に入社した仲間の約3分の1が集まり、旧交を暖めることが出来ました。

しらさぎ5号

先に金沢に向かっている同期からのメール。
Slide_shirasagi_1-1
「しらさぎ5号自由席」になんとか座席を確保することができました。
大混雑しています。
・・・でしようね。
私は「しらさぎ9号」で追いかけます。

2019年10月18日 (金)

同期会

今夜は、大学の同じクラスだった仲間との、半年に一度の同期会でした。
_20191018_223943_20191018224001
たった4人のささやかな同期会です。
場所は、新宿西口の店。
かつて勤務していたオフィスから徒歩1・2分でした。
栃木市出身の同期は、台風で実業が浸水寸前まで行ったそうです。
それぞれ大手企業に就職して、今は第2のステージで働いています。
出身高校も、地域一番(県内有数)です。
群馬県立高崎高校(71)、栃木県立栃木高校(67)、長野県立諏訪清陵高校(64)、そして静岡県立富士高校(71)。
今風に言えば、偏差値は高かった。
みんな偉かったんだね。
そんなことはともかく、いつ会っても楽しい。

 

2019年10月16日 (水)

指定席なし

週末の金沢での同期会。
北陸新幹線が不通になり、急遽ルート変更したのが昨日。
Fa3f62e4f42c42b8be4e34d8d2bc5038
往復の指定席を確保することが出来ました。
ところが、今日はもう米原からの特急の指定席は満席になっているようです。
Syanai_shirasagi_2
自由席にせざるを得なかった同期がSNSに投稿して来ました。
◆11:33発 東京
   ↓ JR東海道新幹線 【ひかり511号】新大阪行
   ↓   2時間11分  
◆13:44着 米原
◆13:55発 米原
   ↓ JR北陸本線 【特急しらさぎ55号】金沢行
   ↓   1時間52分 
◆15:47着 金沢
5db3845ef5a125f76122d84aed39a3c0137a837c

みんな同じことを考えますから、我々だけではなくて、集中するのは当然です。
東京から金沢まで約4時間20分です。

台風の被害

改めて台風の進路を見ると、東日本を縦断したことが分かります。
  K10012131581_1910151513_1910151523_01_02
義弟の郷里も、大きな被害だったことを後になって知りました。
台風の当日は、市内に避難勧告が出たので夜間は避難したものの、翌朝早くに自宅に戻ったそうです。
近くには浸水家屋があったが、義弟の実家は被害はなかったと聞いて、安心していました。_20191016_065534
ところが、近くで浸水被害・・というのは、阿武隈川の堤防を越水して街に流れ込んでいたんですね。_20191016_065617
この氾濫で、何人か犠牲者も出たようで、とにかく驚きました。
30年近く前にも氾濫したことがあり、その後の護岸工事で、防災対策は出来ていたはずだったということでしたが、それを超える勢いだったということです。
防災科学技術研究所、台風19号による雨量は、氾濫した千曲川、阿武隈川流域で100年に1度と想定される量を超えていたとの分析結果を発表。
各地域の過去30年分のデータから統計的に推定した100年に1度の最大雨量(24時間当たり)と、気象レーダーで解析した12日午前0時~13日午前0時の降水量を比較。
千曲川が流れる長野市では100年に1度の雨は120ミリだが、今回は約130ミリを記録。
阿武隈川が流れる福島市では180ミリに対して約230ミリ。
数十年に1度の降水量が予測される場合に発表される「大雨特別警報」のレベルを上回ることが分析で裏付けられた。
「二つの河川流域では100年に1度を超える雨が広く降り、大被害につながったとみられる」と指摘する。
…100年に1度というのは、直近100年で最高だったということで、もうあと100年は来ないということではありません。
来年も起こりうるということですから、至急対策を施さないといけないということです。

2019年10月14日 (月)

まだ停電

まだ、停電が全体で8万軒弱。
そのうち千葉県が3万8000軒弱。
_20191014_202550
南房総の千公さんの家はまだ停電中とのこと。
暴風雨の真っ最中、12月の深川三流亭でネタ出ししている「芝浜」の稽古をしていて、「また夢になるといけねぇ」と言う直前に、停電が現実になり、それっきり停電が続いているそうです。
冗談はともかく、一刻も早い復旧を祈りたいと思います。

2019年10月13日 (日)

被害拡大

テレビを見る度に、台風被害が拡大しています。
それも、さらに被害地が拡大しています。
_20191013_130519
福島県内の義弟の実家の町も、阿武隈川沿いで、増水や冠水があったようです。
_20191013_130420
昨夜は避難したそうですが、幸い義弟の実家には被害はなかったようです。
_20191013_130459
以前、やはり台風で床下浸水したことがあり、地域の護岸工事や自宅の防災対策が奏功したようです。_20191013_130439
と言っても、市内では、屋根の上で救助を待ったり、ボートで救助されたりの光景も見られたようです。
台風の通り道にいた我々は、幸運にも被害はありませんでしたが、改めて台風の猛威に驚かされます。

2019年10月12日 (土)

天使たち

昨夜、天使たち(天使①と天使③)が来て泊まりました。
Sketch1570843679797
娘夫婦の仕事の都合で、家内が夕方連れて来て寝かせたようで、天使③にとっては、生まれて初めて家以外で親のいない状態で寝ることになりました。
家内も、寝つきが悪かったり、夜泣きをしないかと心配だったようですが、おとなしく寝てくれたようです。
朝からは、外も中も"嵐"になりました。
それでも、外の台風がひどくならないうちにと、早めに婿に迎えに来てもらい、帰しました。
同じ松戸市内ですから、今のうちなら安心です。
千葉県北西部に竜巻情報が出ました。
市原でも竜巻が発生して、何軒かの家屋に被害が出たようですから、気をつけないと。

2019年10月 8日 (火)

神栖市のお祭り

茨城県神栖市の神栖亭南夢明さんが住職を務めている「長照寺」の恒例のお祭り。
11月2日と3日。
3日の午前9時半から「神栖亭落語会」が開催されます。
昨年は、聴きに行きました。
20191008080437050_0001
272回目だという、伝統ある真面目なお祭りなんですが、いかんせん名前が微妙・・・。

より以前の記事一覧