家族・友人

2017年6月21日 (水)

天使がサッカー

soccer天使の近況です。
もう、我が家から自宅に戻って1ヶ月近くになります。
天使がサッカー
天使がサッカーをしている動画です。
天使がサッカー
青いコーンをドリブルでクリアしています。
なかなか堂に入っているではありませんか。
天使がサッカー
しかし、キャッチボールでなくて、ドリブルなんですね。

2017年6月18日 (日)

父の日

present外出から帰宅すると、家内から伊勢丹の包を渡されました。
娘と息子が「父の日」のプレゼントを贈ってくれました。
父の日
「あぁ、今日は父の日かぁ」。
いつもは、それぞれがくれるのですが、今年は息子の嫁が出産で里帰りしているので、いつも選んでくれる人がいないから、息子が娘に乗って、連名にしたんでしょう。
"義理なんとか"ですが、それはそれとしても嬉しいものです。
母が、娘と息子の嫁が時々メールをくれると、喜んでいました。
先日、娘が第二子のお宮参りの写真を送ってくれましたが、着ていた祝着が、私が生まれた時に使った物だったので、とても喜んでいました。
私と、息子と、娘の子ども2人の4人が、同じ祝着でお参りしたことになります。
母は「とても高価で、思い切って誂えた物だから」と泣き笑いでした。

2017年6月11日 (日)

天使は福岡で

apple息子の嫁が、第二子出産のため、孫を連れて福岡の実家に里帰りしています。
天使は福岡
「福岡のじぃじ」は大喜びで、孫を外に連れて行っているそうです。
相好を崩している福岡のじぃじの様子が見えるようです。
私と全く同じ思いをしている人がいるというのが嬉しい。
私は、信用がないのか、私も遠慮しているので、娘の長男とは、我が家にいる間はせいぜい隣の公園ぐらいでしたが。
そういう訳で、天使は、福岡でみんなに可愛がられてご機嫌だと、嫁からメールがありました。
来月の下旬には"お兄ちゃん"になります。

2017年6月 7日 (水)

母から

shadow母からメールがありました。
母の向かい側の部屋に入居している方が亡くなったそうです。
詳細は存じ上げませんが、前向きな母も、何となく気持ちが沈んだようです。
老いること、長寿ということは、酷な言い方かもしれませんが、同年輩の人が減っていくということでもあります。
以前、高齢の方が「歳をとって、同級生や友だち学生はいなくなることが寂しい」と話していたことを思い出しました。
母には、「その寂しさを受け入れながらも、今までどおり、前向きに行こう」とメールしました。
「頑張るよ」と返信がありました。
生きることも辛いものです。

2017年6月 4日 (日)

天使近影

airplane昨日、息子の嫁からメールがあり、第二子出産のために、実家の福岡に里帰りすると。
予定日が7月の下旬ですから、こちらに帰ってくるのは、秋口になるでしょう。
先月、息子の転勤で松江から戻って来たばかりでしたが、落ち着く間もなくです。
安産を祈って送りました。
一方で、娘の婿からは、週末は出雲の実家に里帰りの様子が。
勿論、天使も連れて帰っています。
天使近影
この間まで我が家にいて、「じいじ、じいじ」と懐いてくれた天使は、今頃出雲でも愛敬を振り撒いていることでしょう。
考えてみると、古い言い方ですが、この子は我が家の子ではないんだ・・・と、ちょっと距離を感じて寂しい思いがこみ上げました。
娘が嫁いだ先の子なんですね。
でも、大事な娘が産んだ大事な孫は、やはり私の宝物です。

2017年6月 2日 (金)

昔の仲間と

beer半年に一度の集まり。
昔の仲間と
今回は途中所用で帰った人もいましたが、ちょうど10人。
昔の話に花を咲かせたり、ボスの話に聞き入ったり。
会社役員、弁護士・・・、とりあえず色々の中で、私だけが味噌っかす状態です。
あ、女性2人は、ボスが別の会社のトップに近い時代の部下だった方々です。
何故か、この30年前のチームの会にだけは行きたいと思います。
バブル時代ということもありましたが、「日本を動かしている」みたいな高揚感もありました。
ボスはまもなく75歳だそうですが、ますます意気軒昂です。

2017年5月30日 (火)

同期と

beer大学の同期との定例会。
他の3人は、ずっと以前からやっていたようですが、数年前に誘われて仲間入りさせてもらいました。
半年に一度、4人で集まっています。
同期と
以前は、渋谷のガード下の店が多かったのですが、再開発で閉店し、この場所に出店したので、律儀に通っています。
それぞれ政府系金融機関、都市銀行、大手鉄鋼メーカーに就職してから幾星霜・・、それぞれそれなりに生き延びています。
真面目な話をしたり、家族の話をしたり、仙台の話をしたり・・・・。
「今までは半年に一度だったが、これからは四半期毎にやろう」と、誰からともなく提案があり、次は8月下旬に集まることになりました。

2017年5月21日 (日)

天使がいた跡

bud昨日、天使たちが帰りました。
今朝は、天使の元気な声はありません。
天使がいた跡
トイレのカレンダーに貼ってある「うんちシール」が、唯一、天使が約8週間、我が家にいたことを物語っています。
一番大変だった家内に、「お疲れさま。大変だったろう。」と労うと、「無事に預かることが出来てホッとしている」と。
明日も、娘が検診なので、娘の所へ行って、娘が検診で不在の間、二人の天使の面倒を見に行って来るそうで、「晩御飯は食べて来て」と。
目下、孫の成長が家内の生きがい?のようです。
子どもたち二人が結婚出来た時には「幸せで、もう、いつ死んでも構わない」と言っていたんですが。
幸せがさらに重なり、生きがいも増えました。
長生きしそうです。

2017年5月20日 (土)

天使が帰る日

bell「じいじ、おはよう!」と、今朝も、元気の良い可愛い声がリビングに大きく響きます。
我が家にいても、1週間ぶりに会う天使。
天使が帰る日
「あのねじいじ、今日はおとうさんが迎えに来るの。みんなでおうちに帰るんだ!」
次男出産で4月から里帰りしていた娘が、今日長男と生まれて1ヶ月の次男を連れて帰る予定です。
「また来るんだよ」
「うん、また来るから!」
「じいじ、大好き!」
・・・もう、言葉はありません。
膝の上に乗せて、ぎゅっと抱きしめました。
「じいじ、これからどこ行くの? お仕事行くの?」
「じいじはね、今日は大きいばあばのところへ行くんだよ」
「大きいばあば?」
「うん、じいじのおかあさん」
・・・・・。
「じいじ、行ってらっしゃい!」
天使に見送られて、後ろ髪引かれる思いで愛車に乗りました。

2017年5月19日 (金)

頓平師匠と

bottle東京落語会の後は、いつものように杜の家頓平師匠と、いつもの店で。
頓平師匠と
好物のもつ煮込みと焼酎のロックで一献。
週末の解放感も手伝って、いい気分です。

より以前の記事一覧