家族・友人

2017年5月21日 (日)

天使がいた跡

bud昨日、天使たちが帰りました。
今朝は、天使の元気な声はありません。
天使がいた跡
トイレのカレンダーに貼ってある「うんちシール」が、唯一、天使が約8週間、我が家にいたことを物語っています。
一番大変だった家内に、「お疲れさま。大変だったろう。」と労うと、「無事に預かることが出来てホッとしている」と。
明日も、娘が検診なので、娘の所へ行って、娘が検診で不在の間、二人の天使の面倒を見に行って来るそうで、「晩御飯は食べて来て」と。
目下、孫の成長が家内の生きがい?のようです。
子どもたち二人が結婚出来た時には「幸せで、もう、いつ死んでも構わない」と言っていたんですが。
幸せがさらに重なり、生きがいも増えました。
長生きしそうです。

2017年5月20日 (土)

天使が帰る日

bell「じいじ、おはよう!」と、今朝も、元気の良い可愛い声がリビングに大きく響きます。
我が家にいても、1週間ぶりに会う天使。
天使が帰る日
「あのねじいじ、今日はおとうさんが迎えに来るの。みんなでおうちに帰るんだ!」
次男出産で4月から里帰りしていた娘が、今日長男と生まれて1ヶ月の次男を連れて帰る予定です。
「また来るんだよ」
「うん、また来るから!」
「じいじ、大好き!」
・・・もう、言葉はありません。
膝の上に乗せて、ぎゅっと抱きしめました。
「じいじ、これからどこ行くの? お仕事行くの?」
「じいじはね、今日は大きいばあばのところへ行くんだよ」
「大きいばあば?」
「うん、じいじのおかあさん」
・・・・・。
「じいじ、行ってらっしゃい!」
天使に見送られて、後ろ髪引かれる思いで愛車に乗りました。

2017年5月19日 (金)

頓平師匠と

bottle東京落語会の後は、いつものように杜の家頓平師匠と、いつもの店で。
頓平師匠と
好物のもつ煮込みと焼酎のロックで一献。
週末の解放感も手伝って、いい気分です。

2017年5月17日 (水)

同僚と

bar昨夜に続いて、今夜は会社の同僚の女性2人と、これまた定期的な食事会。
同僚と
以前、知人と食べて美味しかった「豚しゃぶ」で舌鼓です。
同僚と 同僚と
普段は、あまりゆっくり話す時間がありませんが、たまには情報交換やら、愚痴の言い合いやら、それはそれなりに楽しいものです。

2017年5月16日 (火)

先輩と

beer今夜は、ご贔屓の「Ⅰさん」と、いつものように北千住で待ち合わせ。
先輩と
ところが、いつも行く焼き鳥屋さんが休みだったので、松戸で探すことに。
これまた、時々松戸で飲むあたりにある、これまた鳥が売りのチェーン店に入りました。
先輩と 先輩と
先輩と初めて出会ったのは、昭和63年の2月。
転勤で行った部署にいて、ペアでユニットを組んで仕事をして以来、ちょうど30年になります。
お互いに愚痴を言ったり、慰めたり、よくまぁ続いているものです。
私の後援会長(自称)だと言っています。

2017年5月15日 (月)

父と息子(婿と孫)

clover昨日の日曜日の夕方の我が家での様子。
父と息子
娘が次男出産で、長男と一緒に里帰りしています。
婿は、会社勤務していますから、平日は自宅から出勤し、週末に我が家に来て、泊まることもあれば、夜は自宅に長男を連れて帰ることもあります。
今までも、平日の長男との接点は少なく、次男誕生を機に、長男に寂しい思いをさせまいと一生懸命です。
休日の度に、長男と一緒に外出して、親子2人の時間を過ごしています。
私も、長男(孫)と会えるのは平日だけなのですが、休日は朝から会うことが出来ます。
3歳になったばかりで、「じいじ、おはよう!」とか、朝から愛敬を振り撒いてくれます。
本当に可愛いものです。
そして、必ず「今日はおとうさんが帰って来るんだ」と、嬉しそうに言います。
「おとうさん、まだ来ないのかなぁ」なんて、父親の来るのを待ちわびています。
婿も、一週間会えなかった長男に会いにいそいそとやって来ます。
「今日は、おとうさんと○○へ行くんだ」が土曜日と日曜日の朝。
「おとうさんに、◇◇もらったんだ!」が、土曜日と日曜日の夕方。
GWは、毎日色々な場所に行っていました。
そして昨日の夕方・・・。
「それじゃ、おとうさん帰るからね」と婿。
すると、長男が大きな声で泣きじゃくりながら、
「いやだぁ、ボクもおとうさんと、(ボクの)おうちに帰る!」と言って聞きません。
「おかあさんと一緒じゃないと寝られないのに?」と言っても、
「おとうさんと、おうちに帰る」と、なかなか泣き止みませんでした。
私は、一部始終を見ていて、親を独占できなくなった孫のことが愛おしくなりましたが、同時に「いい親子してるな」と思い、とても嬉しくなりました。
婿は、後ろ髪引かれる思いで帰って行きましたが、筆舌に尽くしがたい幸せを感じていたことでしょう。
親子ってそんなものです。
だから、絶対に、親は二人いなくてはいけないんです。
親も子も、新しい経験をして大人になった、熱い出来事でした。

2017年5月 7日 (日)

婿殿ご苦労さま

sunGWの毎日、我が婿殿は頑張りました。
第二子出産のために娘が里帰りしていて、長男(私の孫)もいますので、我が家に泊まったり、長男を連れて家に戻ったり。
婿殿ご苦労さま
とにかく、長男と二人で濃密な休日を過ごしました。
毎日毎日、二人で色々な場所にお出かけです。
30日は、機関車トーマスタウン/ららぽーと新三郷
3日は、機関車トーマス/ららぽーと豊洲
4日も、機関車トーマス/原鉄道模型博物館
5日は、松戸でアンパンマンショー
6日は、機関車トーマスプラレール博/幕張メッセ
そして今日は、近所の公園で砂場遊び
夕方、名残惜しそうに、明日からの仕事に備えて一人で家に帰りました。
孫が機関車トーマスとアンパンマンが大好きですから、「今日は、おとうさんと○○へ行って来た!」と、大喜びでした。
二人だけの濃厚すぎる時間は、恐らく初めてだったでしょう。
二人の良い思い出になったことでしょう。
おじいちゃんは、そんな二人と、第二子を見守る娘と家内の二人の邪魔にならないように、昼は徘徊、夜は部屋に引きこもりの毎日でした。
みんなが子どもたちのために一生懸命になっている様子を見ることは、実に幸せなものです。
じいさんは、目立っちゃいけませんから。

2017年5月 5日 (金)

天使の五月人形

bud4月に第二子が誕生して、産前産後で娘が里帰り、婿は仕事が休みの土日には、我が家に来て泊まって、長男の相手を甲斐甲斐しくやっています。
天使の五月人形
このGWは、毎日2人で出かけて、機関車トーマスやらアンパンマンなどの施設やイベントに行っています。
お兄ちゃんが、お母さんを弟に独占されてかわいそうだから。
普段、なかなかスキンシップの時間が少ないから。
とにかく頭が下がります。
私にはとても出来なかった。
そんなこんなで、今年は五月人形が飾れないでいたようですが、優しいお父さんは、子どもの日に間に合うように、飾ってくれたようです。
初節句の時には、母親方の親が雛人形や五月人形を贈ってお祝いすることになっているそうですから、私がお祝いしたものということ。
徳川家康の兜です。
転勤族なので、あまり大きくない方が良いと、娘夫婦が選んだものです。
大きく立派になってほしいものです。

2017年5月 4日 (木)

母の日

bud家内が母の日のプレゼントを用意してくれたので、母の部屋に持って行きました。
母の日
母は、私の娘(孫)からの出産の報告の手紙が届いたのを喜んでいました。
自作の俳句を筆書きした作品が、書道(習字?)教室の先生から"はなまる"をもらい、ロビーに掲示されていました。
母の日
ところで、母の部屋の窓は富士山が見える方角ですが、あろうことか無粋なパーキングタワーに邪魔されています。
母の日
もう少し、西側の部屋なら・・・見事な姿が見えるのに・・ 。

どけどけぇい!

shoe新居に移った息子一家。
どけどけぇい!
天使はもう我がもの顔に、お気に入りの黒いキャップにリュックサックを背負って、近くの公園を闊歩しているようです。
「どけどけぇい!ボクが通るから!」って、実に頼もしい限りです。

より以前の記事一覧