季節・散歩

2017年9月14日 (木)

気仙沼サンマ祭り中止

fishいやはや・・・・。
気仙沼サンマ祭り
全国有数のサンマの水揚げ量を誇る宮城県気仙沼市で、今月開催が予定されていた「サンマまつり」が不漁の影響で中止されることが決まったそうです。
気仙沼港はサンマの水揚げ量が全国有数の漁港で、毎年この時期にサンマを無料でふるまう「海の市」サンマまつりを開催していますが、去年は1万3000トンあった水揚げ量が、今年は先月末の初水揚げ以降14日までで186トンにとどまり、今月に入ってからはサンマ漁船は1隻しか入港していないそうです。
ええええぇぇぇ~!
こうした状況から、今月10日から17日に延期して開催を目指していましたが、その後もサンマ漁船の入港が見通せないことから、中止を決めたということです。
本当に、悲サンマ(悲惨な)状態なんですね。
・・・しかし、本場のサンマ祭りは中止でしたが、目黒のさんま祭りは開催されていました。
ってぇことは、やっぱり、サンマは目黒に限るってぇこと?

2017年9月 2日 (土)

不忍池

building実は今日は出勤日。
朝は雨降りでしたが、爽やかに晴れ上がりました。
不忍池
建物から出た方が涼しいぐらいです。
早めに仕事を切り上げて、不忍池へ。
不忍池
残念ながら、もう蓮は終わっていました。
花は、シャワーヘッドのような形になっています。
ごく稀に、まだ花が咲いていましたが。

2017年9月 1日 (金)

黒潮蛇行

sun様々な異常気象が続く中で、気象庁は、黒潮も紀伊半島沖で南へ蛇行しているため、船舶の燃費や漁業への影響に注意するよう呼び掛けているそうです。
黒潮蛇行
黒潮は通常、浜松市の沖合100キロ程度を流れているそうですが、現在は沖合300キロ程度を流れていて、さらに100キロ程度南下する見込みだそうで。
黒潮蛇行
この蛇行は10月上旬にかけて続くと予想され、2004年7月から翌年8月に起きた大蛇行以来の規模になるかもしれません。
この時はシラスやカツオが不漁だったとか。
さらに、黒潮の流れが変わったため、紀伊半島の東海上では温度の高い海水が取り残された形となり、半島の東岸では潮位が普段より10~20センチ高くなっていて、低気圧や台風が接近した場合、東海や関東の沿岸低地で浸水被害が生じる恐れがあるそうですから、良いことはありません。
なぞかけやっちゃいました。
「黒潮の蛇行」とかけて
「忍者が走る姿」と解く
その心は「黒潮束(黒装束)で、左右に曲がりながら行きます」

8月の降雨日

rain表にすると、一日中雨降りだったように見えますが、あくまでも降雨が観測された日ということです。
8月の降雨日
それにしても、降雨が観測されなかったのは4日だけ。
日照時間も極端に少なかったようです。
東京都の日照時間は83・7時間で、1890年の観測開始以来、史上最短となった。
都内では8月に27日間も雨が降り、日照時間は平年値(約169時間)の約半分となった。
これまで東京都で最も日照時間が短かったのは、1977年の85・8時間で、次いで80年(90・3時間)、98年(91・7時間)の順となっている。

・・・私は大阪にいましたが、昨日などは、日中の気温も20度程度だったそうで、天候不順ということでしょう。
なぞかけやっちゃいました。
「8月の異常気象」とかけまして
「成績の振るわないオリンピック」と解きます
その心は「日章旗(日照期)が少なすぎます」

台風15号・16号

rain今日は二百十日だから、台風の話題。typhoon
15号は、小笠原あたりで停滞をしていましたが、北上を始めそう。
台風15号・16号
かなり東側を進むようなので、直接の影響は大きくないかもしれませんが、昨日今日の涼しさは、この台風が影響しているそうで。
 台風15号・16号
一方、今日未明に南の海で16号が発生したようです。
この台風の名前は「マーワー」だそうで、このまま北上すると、大陸に上陸しそうです。
名前が「マーワー」だけに、「まぁ!」と思っているうちに「わぁ!」っと大陸に上陸してしまうのでは・・?
ちなみに、15号は「サンヴー」だそうです。
道理で、サンヴーい(寒い)風を吹かせています。

東北地方の稲の作柄

sun実るほど、首を垂れる稲穂かな・・・。
東北地方の稲の作柄
長雨や大雨や何やらがあったので、心配していた稲の作柄。
地域のばらつきは若干あるものの、"平年並み"か"やや良"だということのようで一安心です。
一昔前なら、太平洋側は、"やませ"が吹いて、冷害だとか飢饉だとか、悲惨な状態になってしまったかもしれません。
不思議なことに、東北のことは、今でも気になります。

2017年8月28日 (月)

二百十日に

二百十日に
台風15号が発生、進路予想図を見ると、二百十日(9月1日)には、かなり東日本に近づく?
亜熱帯化したとは言え、やはり二百十日は侮れません。
また、本格的な台風シーズンになりますね。

2017年8月25日 (金)

スーパー熱帯夜?

sunsun言葉というのは際限がありません。
以前は、「真夏日」とか「熱帯夜」と言えば、もうこれ以上の暑さはないものだと思っていたのですが。
それが、「猛暑日」とか「酷暑」とか言う言葉が出て来て、真夏日なんて涼しく感じるようにに
りました(?)。
スーパー熱帯夜?
さて、今度は「スーパー熱帯夜」という・・・、頭に英語がつきました。
福岡市では昨夜から今朝6時にかけての最低気温が、30度ちょうどだったそうです。
夜の最低気温が25度以上なら「熱帯夜」ですが、30度以上なら「スーパー熱帯夜」?
寝苦しさのなか迎えた朝の気温から、そのまま日中の予想最高気温は35度。
温度の話は別にして、これ以上暑くなったら何て言うんでしょう。
私には、その方が興味があります。
「スーパー」よりも凄いことば・・、「超」「ウルトラ」?
それとも「高温」「灼熱」「炎熱」?
「火焔夜」なんていいかもしれません・・なんて考えているそばから、汗がだくだく・・・。

2017年8月23日 (水)

処暑

sunsun大阪は暑いsweat01sun
涼しさに慣れきっていた体には一層きつい暑さです。sweat01
処暑
が、時の流れは止まらず、今日から二十四節気の「処暑」。
既に暑さも治まって、爽涼の時をいち早く告げる花が咲き、夕暮れともなれば鳴き出す虫の声が耳にすがしい頃。
残暑が幾度ぶり返すとも、過ぎゆく夏を少し寂しく惜しむ時節。

・・・なんて、微塵も感じられない、今日の暑さよ・・。
暑さが止むという意味から処暑といい、暑さが落ち着き休まるという意味。
暦便覧でも「陽気とどまりて、初めて退きやまんとすればなり」と記されています。
ところが今年は例外中の例外。
立秋のころから雨が多く、気温が低い地域も多かった。
それなのに、処暑である今日から猛暑がぶり返すという・・。
しかし、酷暑の日々も、あともう少しの辛抱。
昼間の蝉の声に夕暮れ後の秋の虫たちの声、一日中虫たちが騒々しいまでに歌を競い合う。
庭先でやさしく枝を揺らす萩も盛りを迎え、涼しい季節の到来を告げている。
今時分はまた、暴風雨にも見舞われやすい野分の季節。

天候の急変や雷雨には注意が必要です。typhoon
・・・大阪は、本当に暑いsunsun

日本列島炎上?

bullettrain今日から大阪へ3日間の出張です。
日本列島炎上?
ところが、今日は朝から汗が吹き出るような蒸し暑さ。
日中は関東から西は広く猛烈な暑さとなるそうです。
日本列島が真っ赤です。
日本列島炎上?
そして、午後は局地的な激しい雨や雷雨に注意が必要だという・・・(*_*)

より以前の記事一覧