季節・散歩

2019年1月18日 (金)

寒波襲来!

snowさぁ、いよいよ真冬の寒さになりそうです。
寒波襲来!
来週中頃にかけてはまだ暖かいようですが、来週末は西から強い寒気が流れ込んで、一気に真冬の寒さになりそうです。
最新の1か月予報をもとに、1ヶ月の予測だそうです。
【1週目(1/19~25)~高温傾向続く】
来週にかけての気温は、北日本では平年並みで、厳しい寒さの日が多い見込み。
東日本や西日本、沖縄・奄美は平年より高く、寒くなっても長続きしない。
北・東・西日本の日本海側では雪や雨の降る日が続き、特に20日から21日にかけては荒れた天気となって降り方が強まりそう。
北日本の太平洋側は気圧の谷の影響を受けやすいが、東日本から西日本の太平洋側は晴れる日が多い見込み。
空気の乾燥した状態が続くため、火の取り扱いに注意が必要。また、インフルエンザが猛威をふるっているので、手洗いなどの予防を徹底すること。
【2週目(1/26~2/1)~一転低温傾向に】
来週末からは一転、西から強い寒気が流れ込む。
気温は、北日本は平年並みだが、東日本や西日本、沖縄・奄美は平年より低い。
1年の中でも寒さが最も厳しくなる時期であるうえに、高温傾向の1週目との気温差も大きく、体にこたえそう。
気圧の谷の影響を受けやすい北日本では、日本海側は雪や雨の日が多く、太平洋側も晴れの日が少ない見込み。
東日本や西日本では冬型の気圧配置が強まりやすく、日本海側では曇りや雪、雨の日が多い一方で、太平洋側は晴れの日が多い。
日差しが届いても強い季節風の吹く日が多く、寒さに拍車をかけそう。
【3~4週目(2/2~15)~寒気の影響続く】
2月前半の気温は平年並みの所が多い。
立春を過ぎても、まだまだ厳しい寒さの日が多くなりそう。
沖縄・奄美は平年並みか高く、春の気配を感じられる日もある。
北日本は気圧の谷の影響を受けやすい。
日本海側は平年に比べ曇りや雪の日が多く、太平洋側は晴れの日が少ない見込み。
東・西日本の日本海側では曇りや雪または雨の日が多く、東・西日本の太平洋側は晴れの日が多い。

・・・やはり冬は冬。
真冬に寒いのは当たり前ですが、寒さが激しかったり、雪が降ったりしないように、祈るばかりです。

2019年1月14日 (月)

印旛沼の鳥

chick昨日、愛車でふらりと出掛けた印旛沼。
千葉県北西部、印西市、佐倉市、成田市、印旛郡栄町、八千代市にまたがる利根川水系の大きな湖沼です。
利根川の周りには、印旛沼、手賀沼、牛久沼などの大きな沼があります。
印旛沼
とにかく、何も考えずに利根川沿いを走っていて、突然カーナビを「印旛沼」とセットしたら、誘導してくれました。
ところが、ひたすら田んぼが広がって広々とはしていますが、道路は車1台しか通れないような狭い道の連続でした。
「このまま行き止まりになってしまうのでは?」「対向車が来たらどうしよう?」と心配しながら、それでもひたすらカーナビを信じて、何とか沼岸に辿り着くことが出来ました。
そこには「吉高揚排水機場」がありました。
印旛沼
何組か、バードウォッチングをしている人もいました。
後で調べて分かったことですが、北印旛沼のおすすめの観察時期は冬なんだそうです。
多くの冬鳥がやってきて沼周辺がにぎやかになるそうです。
それで、おすすめ観察場所が、この北印旛西端の吉高揚排水機場付近なんだそうです。
そして、この排水機場前の船着き場に、有名な籠脱けのモモイロペリカンが高確率でいるので、一見の価値ありということでした。
ペリカンがいるなんて!と驚きました。
「モモイロペリカン」は、ペリカン目ペリカン科。
大きさは140~175cmで、 アフリカ、ヨーロッパ南東部、東南アジアなどに分布している

印旛沼
桃色がかった大きな体に大きなくちばしが特徴。
沖縄の離島などに迷鳥として飛来した記録があるそうです。
印旛沼や各地で生息しているのは、飼育されていた個体が逃げ出したもので、籠脱け(かごぬけ)といわれているんだとか。
この印旛沼の個体は、「カンタ君」と呼ばれ、長年漁師さんの船で暮していて、地元やバーダーに親しまれている"有名人"のようです。
全く知らずに、ビギナーズラックでカンタ君に会えたという訳です。
これは、新年早々運が良いと言えるのでしょうか?
そう思っていようと思います。

2019年1月12日 (土)

午後の富士山

fuji空は曇っていますが、富士山にはかからず、全身を見ることが出来ました。
午後の富士山
それにしても、今年は積雪が少な過ぎる。
北麓の山梨県側に比べると、南麓(嶽南)の静岡県側は、雪が少ないと山肌がまだら模様になってしまいます。

3連休初日で心配していた渋滞も、それほどではなさそうです。
今のところ、東名高速上り線には、珍しく渋滞情報がありません。

2019年1月11日 (金)

三連休は・・・

明日からの三連休。
三連休は・・・
雨や雪が降るのは太平洋側が中心となりそうです。
12日(土)の夜から13日(日)の未明にかけて関東南部や山梨県などでも雪がまじり、山沿いを中心に積雪のおそれがあります。
・・・明日の帰省は、早めに帰らないと。

連休は雪?

car明日、帰省しようと思っているのですが・・・。sweat01
予報を見て驚きました。
明日の夕方は、山梨県全域が「雪」?
連休は雪?
さらに、夜になると愛知県や静岡県の一部も降雪圏内に?
連休は雪?
日付が変わる頃には、南関東に広がり、八王子あたりも雪。
連休は雪?
都心はみぞれかな?
連休は雪?
13日は「成人の日」。
例年のこととは言え、「成人式」や「センター試験」は、雪が心配になります。
明日は、なるべく早めに戻って来ようと思います。

2019年1月 6日 (日)

部分日食

今日は午前中に「部分日食」が見られるそうです。
部分日食
午前中、およそ3年ぶりに部分日食が見られます。
太平洋側など晴れ間の出る所では、部分日食が見られる絶好のチャンスだそうです。
部分日食
部分的に太陽が欠けるので、皆既日食とは違って、そんなにはっきりはしないそうですが。
稽古の真っ最中ですね。

2019年1月 3日 (木)

富士の富士山

fuji富士川越しに見る富士山です。
富士の富士山
少し風も出て来て、雲も出て来ました。
富士の富士山
とても穏やかな三が日でした。
富士の富士山
裾野も綺麗に見えています。

2019年1月 2日 (水)

お正月

世の中みんなお正月ですね。
お正月
お正月の成り立ちを調べてみました。
お正月は元々、盂蘭盆(=お盆)と対応するもので、半年ごとに先祖の魂を迎えて祀る行事でした。
それがやがて、お盆は仏教の影響が濃くなっていき、お正月は神祭りとしての意味合いが濃くなり、年神(正月様)を迎えて新年の豊作を祈る祭りになりました。
ちなみに、旧暦のお正月は今年は2月5日です。
「正月」とは、本来は旧暦1月の別名で、改暦後は新暦1月を意味することもあるということになるんですね。
また、現在は「三が日」または「松の内」という意味で使用することもありますね。
お正月
「松の内」は、元々は1月15日までだったそうですが、現在は一部地域では1月7日までに短縮しています。
寛文2(1662)年1月6日 (旧暦)、江戸幕府により1月7日 (旧暦)を以て飾り納めを指示。
最初の通達が江戸城下に町触れとして発せられており、それに倣った風習が徐々に関東を中心に広まったと考えられます。
幕末の考証家である喜田川守貞は、この時同時に左義長(いわゆる「どんど焼き」)も禁止されていることから、松の内短縮発令の理由を注連飾りを燃やすこの火祭りによる火災の予防の一環だとしているそうです。
「火事と喧嘩は江戸の花」の面目躍如です。
一方、1月20日までを正月とすることもあり、1月20日を二十日正月(骨正月)と呼びます。
寄席は、10日までを「初席」、20日までを「二ノ席」と言って、特別興行を打ちますから、寄席や噺家さんも20日までがお正月ということです。
お正月
新暦の元日を軸とする「大正月」と旧暦の15日を軸とする「小正月」と呼ぶことがあります。
大正月は大年(おおどし)、男の正月と呼ぶのに対して、小正月を小年(こどし)、女の正月と言うところもあるそうです。
まぁ、いずれにしてもおめでたい。

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

謹賀新年
これだけ申し上げれば、失礼はないでしょうか。
謹賀新年
本年も何卒よろしく御願い上げ奉りまするぅぅ・・・・。
お辞儀の稽古?
今年から、自分の落語徘徊の足跡を残してみようと思います。
「落語ブーム」と言われて何年か経ちますが、これはもはや一過性のものではなく、日本独自の伝統芸能として、さらにユニークなエンタテイメントとして、必ずしも愛好者人口は多くはないものの、盤石な位置を固めつつあります。
今年も、公私ともに様々な出来事が起こることと思いますが、ここまで来て、もはや後戻りできない「落語道」は、さらに一層の「精進」を重ねたいと思います。

・・・ちょうど10年前の元旦の、このブログの最初のコメントです。
おかげさまで、スタートして10年が経ちました。
そして、今日からも、10年前と同じ気持ちで、落語徘徊の足跡を残して行きたいと思います。
例えば、次の10年で「乱志(流三)100席」を実現させるとか。
猪突猛進の年頭に思うこと。

2018年12月31日 (月)

ゆく年くる年

eye間もなく今年が終わり、新しい年になります。
今年も不完全燃焼の年でした。
私の人生には「CO2対策」がまだまだ必要です。
ゆく年くる年
でも、残された時間は多くない。
ゆく年はあっても、くる年はもう僅かしかない。
いつになったら、完全燃焼出来るんだろう?
それとも、不完全燃焼のまま消えてしまうのか。
ゆく年くる年
ファーストステージを終えて、人生のセカンドステージを、これからどう生きて行くのか?
まだ、迷う自分が歯痒い、まどろっこしい。
ゆく年くる年
でも、新年ぐらいは、何か良いことあるだろうと、期待して迎えたいものです。
さらば、平成30年。

より以前の記事一覧