季節・散歩

2017年5月21日 (日)

もう真夏日?

sun今日は暑かった。
もう真夏日?
東京都心で今年初めて30℃以上の真夏日となるなど、東日本や東北南部を中心に気温が上昇。
群馬県館林市では、午後3時過ぎに35.3℃を観測し、全国で今年初めての猛暑日となったそうです。
日本付近に暖かな空気が流れ込み、午前中から30℃以上の地点が続出。
まだ午前中なのに。
・・・先が思いやられます。sweat01

小満

sun今日は小満なんですね。
小満
二十四節気の一つ小満(しょうまん)は、立夏から数えて15日目。
「陽気盛んにして万物しだいに長じて満つる」という意味で、木々が若葉に覆われ、やや汗ばむような陽気。
この頃は、今日のように関東でも真夏日になることもありますが、本格的な梅雨を予感させる走り梅雨のシーズンでもあります。
また、秋にまいた麦が冬を越し、春雨前線などの雨なども越してようやく穂が実るため、農家が落ち着くのがこの頃だとも。
「麦秋」というのは、夏の季語。
麦の穂が実り、収穫期を迎えた初夏の頃の季節のこと。
麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから、名づけられたんですね。
雨が少なく、乾燥した季節ですが、すぐ梅雨が始まるので、二毛作の農家にとって麦秋はごく短いものです。

2017年5月20日 (土)

今日の富士山

fuji今日は暑く晴れた1日ですが、富士山は、空と山際との区別がつかず、ボヤ~ッとしていました。
東名高速鮎沢PAを過ぎたあたり、新東名新清水IC出口、富士市内、東名高速富士IC入口。
雪も少なくなり、山肌が見えるようになりました。
東名高速鮎沢PAを過ぎて、静岡県に入るあたり。
今日の富士山
新東名高速新清水ICの料金所を出たところ。
今日の富士山
実家から出てちょっと行った富士市北松野から。
今日の富士山
東名高速富士IC入口。
今日の富士山
もう"見頃"は過ぎていますが、故郷の山は、気まぐれですが、いつも暖かく迎えてくれます。

庭先で

tulip荒れた実家の庭でも、天気が良いから清々しい。
庭先で
何も手を入れなくても、放っておいても、花は咲きます。
庭先で
自宅の庭の周りは、無造作に花が咲いていました。
庭先で
我が家のトレードマークとでも言うべき、桜の古木の下や周りに、花の名前は分かりませんが、今年も咲いてくれました。
庭先で
無粋ゆえに、花の名前が分からないのが・・・トホホ。
庭先で
前の小川の流れは、相変わらず綺麗です。
恐らく、そのまま飲むことも出来ると思います。

2017年5月12日 (金)

「農鳥」出現

fuji富士北麓地域の春の風物詩で、富士山の8合目付近の残雪の形が鳥のように見える「農鳥」が、富士吉田市内から確認されたそうです。
「農鳥」出現
これが見えると、農業が本格的になるという。
「農鳥」出現
いよいよ農繁期になります。

2017年5月 7日 (日)

連休明けの天気

rain今日でGWは終わり。
とてもブルーな時間ですが、明日からの天気も気になります。
連休明けの天気
どうも週央に一雨ありそうです。
ちょうど大阪出張ですが、傘を持って行きたくありません。
それにしても、薫風爽やかな季節です。

黄砂が来た?

東京周辺では、ほとんど分かりませんでしたが、各地で黄砂が確認されたようです。
黄砂が来た?
考えてみると、私が初めて黄砂という"天候"を知ったのは、仙台に住んでいた頃でした。
偏西風のルートからか、山梨県や静岡県では、聞いたことがありませんでした。
黄砂が来た?
今日も、同じ様なパターンで、北関東や東北でも観測されたようです。
黄砂が来た?

とにかく、"風上"の某国の大気汚染の影響も少なからずあると言うことですね。
黄砂が来た?
昔の日本の公害問題の比ではなさそうですから、とても心配です。

黄砂予報

typhoon昨日は、山陰や山陽などには黄砂が飛来。
1494104725379.jpg
今日は、全国の広い範囲に飛来するという予報。
場所によっては視程(水平方向で見通しの効く距離)が5キロ未満になる恐れがあるそうです。
車を運転する場合は、見通しが悪くなることもあり、外に干している洗濯物に付着する可能性もあります。
この予報を耳にする度に、自然の大きさを実感するのと、これが砂で良かったと思います。
風上には、色々悩ましい国がありますから、変なものを流されたら・・・。
「くしゃみ講釈」ぐらいなら洒落にもなりますが。

2017年5月 5日 (金)

立夏

sunそして今日は立夏。
穀雨から数えて15日目頃。
立夏
八十八夜の3、4日後。
春分と夏至のちょうど中間。
立夏
暦の上での夏の始まり。
この日から立秋の前日までが夏季。
立夏
新緑の季節で、九州では麦が穂を出し、北海道では馬鈴薯や豆の種まきが始まり、蛙が鳴き出すのもこの頃から。
立夏
夏といっても、本格的な夏はまだまだ先。
立夏
日差しが強くなり気温が高くなる日もありますが、基本的には暑くもなく寒くもなく、湿度が低く風もさわやか。
とても過ごしやすく、レジャーやお出掛けに最適の季節です。

端午の節句

clover男の子の祝日。
最近は、鯉のぼりより五月人形が、中でも武将の鎧兜が人気だそうです。
端午の節句
伊達政宗、真田幸村、武田信玄、徳川家康・・・。
端午の節句
伊達政宗の三日月の兜が一番の人気だとか。
やはり男の子は強くなくては。

より以前の記事一覧