噺家さん・芸人さん

2017年12月11日 (月)

権太楼師匠の「死神」

京須偕充さんが、柳家権太楼師匠の「朝日名人会」での録音CD発売に際して、「死神」についてコメントされています。
来年2月に柳家権太楼の新譜CDを発表します。
2枚組で「死神」「鰻の幇間」「藪入り」「抜け雀」の4席2枚組のアルバムです。
朝日名人会ライヴシリーズのNO.123、権太楼さんの14。
例によってライナーノーツは権太楼さんのお話しをうかがって簡潔にまとめました。
4演目それぞれについて記しましたが、そのうち「死神」についてを、以下に紹介させていただきます。
この噺の結末は圓朝の創作から100年以上経ってもまだ変貌の余地がありそうですが、六代目圓生の「死神」以来の経過に権太楼さんが一区切りをつけたように思われるのです。
「死神」
爆笑専科のようだった権太楼落語に変化が生じ始めたのは六十歳に手がとどく頃だったろうか。
人間表現のヒダが次第に深まり、柔軟になった。
「死神」のような、いわば絶対的な暗部のある噺にも本領を発揮し始めた。
「死神」は欧州の民話的題材を三遊亭圓朝が一席の噺に仕立てたものだ。
多くの落語家が結末を改変して演じてきたが、昭和戦後は六代目三遊亭圓生が原型に近いと思われるやり方で、なかば絶対的な評価を得ていた。
圓生没(1979年)後に再びサゲの改変合戦があったのは記憶に新しい。
権太楼の「死神」のベースは圓生にある。
やっぱりこれだ、と演者本人は言っている。
だが、圓生の型も一朝一夕に成ったわけではない。
生命の炎を接ぎ損ねて主人公は何も言わずに前へ倒れる。
これが作者・圓朝の理想としたサゲだ。
倒れて、あとは「無」の世界。
主人公に「消えた」と言わせる必要もないのだが、時代とともに会場のスペースも大きくなったので、「消えた」と補う有用性はある。
最晩年の圓生は「消えた」を主人公ではなく、ひややかに見守る死神に言わせるように変えた。
これで無の空間が一段と奥を深くしたのだったが、その頃からしばらく、何人もの演者が、意図的に、あるいは偶発的な事故として炎を消すコント志向に走っていた。
かそけき三味線の爪弾きが御詠歌を奏で、まもなく永遠の暗闇に閉ざされることを予感させる演出は、これまで誰もやっていないすぐれた終末で、欲望に負けた卑しい男の旅立ちにはもったいないほど美しい。
このあとすぐに舞台を暗転し、演者が引っ込んだ直後に明転して出囃子の演奏に戻って締めることもあるそうだ。
効果は上がるが、録音で聴くと少しわかりにくいかもしれない。

・・・なるほど、「死神」と「転失気」のオチは、噺家さんによって、色々な演出がされています。
私など、やはりシンプルを好みますから、オリジナルの圓朝やその流れを汲む圓生師匠のパターンの印象が強いです。
圓生師匠は、「ほぅれ、消えるぞ、消えるぞ・・・・、ほうら消えた」ですね。
圓生師匠の噺で、オチが面白い(変わっているのは)、「能狂言」と「水神」などもそうですね。

2017年12月 8日 (金)

嘘はほんと・・・

book「嘘はほんと、ほんとは嘘、だけどほんとはほんと」・・・。
噺家の卵・・・・
柳家さん喬師匠の「噺家の卵 煮ても焼いても」を拝読していて、まず印象に残ったフレーズです。
さん喬師匠の師匠の先代柳家小さん師匠のお教えだそうです。
このことが書いてある部分を引用させていただきます。
・・・(前略)謎かけ言葉みたいに聞こえるかも知れませんが、要するに、嘘のことはほんとのことのように演じろ、ほんとのことは嘘のように演じろ、だけど、ほんとのことはほんとなんだ、人間のほんとの心ってのは、ほんとなんだよ、ということです。
まるで禅問答のようですが、落語というのは、ほんとのことを、どうです!こうなんですよ!と情熱をもって演じたならば落語じゃない。
ふわっと肩すかしを食わせるような、そんなばかなって思わせるようにやるのが落語なんです。
逆に、そんなばかな、ってことを、そうかもしれない、ほんとかもしれない、と思わせるようにやるから面白い。
けれども、人間が恋をしたり、落ち込んだり、そういう人間の真心、ほんとのこころはないがしろにしちゃいけない、
ほんとのことはほんとなんだ、ということです。

この感覚、物凄くよくわかります。
だから、暗記したり、読んだりするのは落語じゃないんですね。
確かに、リアリズムが必要だからと言って、あんまり真に迫ってやっても、いかにもほんとのようにやってしまったら、
品がなくなることもあります。
逆に、蕎麦を手繰る仕草や音は、かなり大袈裟にやらないと、ほんとのように思われない。
さん喬師匠も、「品」ということばを使われています。
まだ前半の部分ですが、参考になる話がいっぱいです。

2017年12月 6日 (水)

海老一染之助師匠の訃報

paper太神楽の曲芸師、海老一染之助師匠が亡くなったそうです。
享年83歳。
海老一染之助さんの訃報
「海老一染之助・染太郎」のご両人、寄席でも、テレビでも、本当に楽しませていただきました。
実の兄弟による伝統演芸「太神楽師」コンビ。
「お染ブラザーズ」の愛称で「おめでとうございま〜す」と言いながら、和傘の上で毬を回す芸が有名。
兄の染太郎さんは2002年に死去し、弟の染之助さんがピンで活動してきた。
1945年、二代目海老一海老蔵に入門
46年、海老一勝太郎・小福の名で初舞台
49年、海老一染之助・染太郎に改名
       
海老一染之助さんの訃報
とにかく、全く似ていないので兄弟とは思えず、出っ歯の染太郎師匠はお喋り専門。
「いつもより余計に回してますぅ」とか、景気をつけて、客席からの拍手を誘い、染之助師匠が、気迫のこもった芸をやって、楽しいコンビでした。
      海老一染之助さんの訃報
太神楽への貢献度は、極めて高いと思います。
寄席芸というのは、究極のマンネリ芸とも言われます。
毎日毎日、ほとんど同じネタをやっています。
でも、「あぁ、今日もやっている」という安心感みたいなものは、水戸黄門や遠山の金さんにも通じるものがあると思います。
とにかく、染之助師匠の汗だくの盛り上げは、あぁこれぞ芸人さんだと思いました。
また一人、昭和の寄席芸人が鬼籍に入りました。

2017年12月 5日 (火)

三遊亭歌太郎さん

sunNHKの放送演芸大賞(でしたっけ?)を受賞した三遊亭歌太郎さん、やはりグランプリを手にすると、人気も仕事もうなぎ上りということでしょう。
そんな歌太郎さんが、仙台でも落語会をスタートさせるようです。
「第一回仙台歌太郎の会」ということで、12月17日(日)に。
三遊亭歌太郎さん
一部ネタ出しもされていて、旬な「芝浜」とあと2席・・・。
先日の落研OB会の時に、仙台からきてくださった桂友楽師匠が、「昔とは違って、仙台にも噺家さんが大勢来るようになって、来春には寄席まで出来ることになった。電力ホールを一杯にするような大物はともかく、目(耳)が肥えてきた観客を満足させるのは大変だ。そこそこ名前の通っている噺家さんでも、満席に出来ずに苦労をしている。」・・なんて仰っていました。
若手の噺家さんがどんどん仙台に行っていただくのは、とても嬉しいことです。
是非とも、裏を返して、馴染みになって、ずっと続けて行って欲しいと思います。

2017年12月 1日 (金)

三遊亭小吉さん

bud落語協会のホームページを見たら、芸人紹介の前座の一番最後に、「三遊亭小吉」さんが載っていました。
ニューフェース
写真は、7月の師匠の喜寿のお祝いパーティの時に、萬窓師匠から紹介されている小吉さんです。
右端が、師匠の吉窓師匠です。
落語協会のホームページに掲載されているプロフィールは。
【芸 歴】
   2016(平成28)年10月     三遊亭吉窓に入門
   2017(平成29)年10月1日  前座となる 前座名「小吉」
【出演が予定されている定席】
   鈴本演芸場 12月上席 夜席
   浅草演芸ホール 12月中席 夜席
   末広亭 12月下席 昼席
ニューフェース
我々素人連の稽古会も何度か聴きに来てくれています。
連のメンバーには、女性も大勢いるので、イケメンで人気があると思います。
私も、何度か話をしたことがありますが、とても真面目で礼儀正しい好青年です。
窓門の明日を担う、文字通りの期待の星です。

2017年11月 6日 (月)

林家たい平さんの記事

karaoke読売新聞で見つけた記事です。
自然豊かな埼玉県秩父市で生まれ、のびのびと育ちました。
近くのお寺の境内で缶けりをしたり、かくれんぼをしたり。
川で泳ぎ、魚を捕って食べたりもしました。
両親は紳士服の仕立屋を営んでいました。
遅くまで働いており、向かいのアパートの人が一緒にご飯を食べてくれ、お風呂にも入れてくれました。
両親が忙しい時、近くのパーマ屋さんがご飯を作ってくれました。
秩父には、子どもが主役の大きな祭りが夏にあります。
屋台に上って太鼓をたたく役は注目を集めるので、先輩の動きを一生懸命覚えました。
小学生から高校生まで参加し、上下関係の大切さを学びました。
こうした秩父の人情が、芸の土台になっています。
当時から人を笑わせるのが好きでした。
高校時代は漫才コンビ「ツービート」などが脚光を浴びた漫才ブームの全盛期。
「ビートあきら」の名で、文化祭で漫才を披露しました。
美術の先生になりたくて武蔵野美術大に進学した後、落語に出会いました。
落語研究会の前をたまたま通ったら、廃部の相談をしていたんです。
「人助けになり、おもしろいこともできそう」と思って入りました。
仲間を誘ったら十数人も集まり、文化祭で寄席を開きました。
落語家を目指したきっかけは、大学3年の時に、五代目柳家小さん師匠の「粗忽長屋」をラジオで聞いたことです。
アパートで大学の課題に取り組んでいたのですが、ゲラゲラ笑ってしまいました。
その頃、デザインに興味を持っていました。
「デザインは人を幸せにするためにある」と教えられましたが、「そんなデザインに出会えない」と悩んでいた時期でもあったんです。
「落ち込んでいる人が落語で幸せになれれば、それも良いんじゃないか」と思い、落語の道に進みました。
大学で落語に出会い、人生が豊かになりました。
そんな経験を多くの人にしてほしい。落語がおもしろかった、と言っていただけるとうれしいですね。

・・・色々きっかけというのはあるものです。
ただし、ひとつだけ言えるのは、自分で決めて飛び込んだ世界、絶対に諦めたり、逃げたりしてはいけないと言うことです。
私などは、その自信がなくて・・・。

鰍沢で

sign05故郷甲斐の国鰍沢での恒例のイベントです。
「入船亭扇辰師匠と行く 落語「鰍沢」の舞台をめぐる旅」sign03
一昨日行われたんですね。

このイベントは第3回ということです。
前は、柳家三三さんがホストだったこともあったと記憶しています。

大変馴染みのある場所、しかも落語の名作の舞台をめぐるということですから、参加したいのですが、なかなか・・・。
中途半端に知っているので、何となく照れ臭い部分もあります。
鰍沢で
扇辰さんのツイートで、当日の様子が分かります。
鰍沢で
法論石のお堂の縁の下に書かれた、四代目三遊亭圓生の字も、まだしっかり残っています。
鰍沢で
小室山妙法寺からの富士山もよく見えたようです。
鰍沢で
町(山梨県南巨摩郡富士川町)を挙げての落語「鰍沢」による町興しイベントですから、力が入っているようです。
鰍沢で
こんなお土産品もあるんですね。
鰍沢で
そして、メインは妙法寺での「鰍沢」の口演です。
天気も良くて、参加者の方々はご満足されたことでしょう。
扇辰さんはお疲れになったことでしょう。

2017年11月 3日 (金)

三代目桂小南襲名披露

penこれまたスポーツ報知の記事。
桂小南治改め三代目桂小南襲名披露の記事です。
桂小南治改め3代目・桂小南襲名披露公演で、念願の兄弟競演が実現した。
襲名した桂小南(56)は、寄席の色物、紙切りの先代・林家正楽の長男。
将来は紙切りを継ぐために、先代・小南に師事し前座修業をしていたが、落語への愛着が深くなり路線変更し、落語家に専念することになった。
小南の弟、林家二楽(50)が跡を継ぎ紙切りをしている。
三代目桂小南襲名披露
小南は落語芸術協会、二楽は落語協会と所属している協会が違うが、今回は特例で襲名披露への二楽の“スポット参戦”が実現。
さらに10月30日に、横浜にぎわい座で行われた襲名披露での口上で、“兄弟共演”がかなった。
通常では色物は口上には参加しないため、異例の共演となった。
二楽は扇子の代わりに商売道具のはさみを自らの前に置き「口上には慣れておりませんので…」と言いながらも、「(兄は)紙切りとして芸界に入れていただいたのですが、やっぱり噺家をやりたいといって、謀反を起こしまして…」と切り出すと、幼少期の小南の“やんちゃぶり”を披露して笑わせ、「時には兄、時には小さい親父、時にはお母さんの代わりをしてもらった」と6歳年上の兄を立てていた。
口上での共演はにぎわい座が唯一となったが、襲名披露公演では奇跡のコラボレーションがあったという。
10月1日の浅草演芸ホールだった。
小南が言う。
「二楽の紙切りの時にお客さんから『甲府い』って注文があったんですよ」。
「甲府い」は小南の得意ネタで、二楽はネタの一場面を切ってお客さんに差し上げた。
その後、トリの高座に上がった小南は当初、違うネタをかけようとしていたという。
「せっかくだから」と「甲府い」を熱演。
すると、ネタが進むと、そのお客さんが二楽が切った作品をすっと小南の元に差し出したという。
「サゲの時に、両手でそれを持って『甲府ぃ~、お詣り~、がんほどきぃ~』ってやったら大受けでね。普段の倍の拍手でしたよ」。
弟からのバトンを受けて最後を締めた。
寄席ならではの兄弟“競演”を、小南はうれしそうに振り返った。
小南が小南治を名乗り真打ちに昇進した1993年5月には父・正楽がヒザを務めてくれた。「その時とはまた違った感覚ですね」と兄弟競演を楽しんでいる。
9月21日に新宿末広亭でスタートした襲名披露公演は、浅草演芸ホール、池袋演芸場の定席での襲名披露を終え、残すは11日からの国立演芸場(20日まで)となる。
先代が亡くなってから21年ぶりに復活した大名跡の襲名披露も残りわずか。
「(山登りで言えば)もう8合目くらいかな。とにかく毎日、打ち上げで飲んでいるからね」。
そう言いながらも、小南の表情には師匠の名前を継ぐ責任感とともに充実感が漂っていた。

・・・所属する協会は異なっていても、ともに寄席演芸の世界にいめ訳ですから、こういう共演というのも、実に良いものだと思います。
「甲府ぃ」は、聴いてみたかった。

2017年11月 2日 (木)

木久扇・木久蔵親子の記事

penサンケイスポーツの記事を読みました。
林家木久扇・木久蔵親子の親子会のことでした。
落語界で日本一有名な親子が、一体どんな笑いをプレゼントしてくれるのか。
10月12日、横浜・関内ホール。
興味津々で足を運んだ「林家木久扇、林家木久蔵親子会」は、最高級のエンターテインメントだった。
「父がいつもお世話になっています。昨年、笑点の司会になりそこねました、木久蔵です」
笑いの渦と拍手の波。
“先発”した42歳の息子、木久蔵は本編前の“まくら”から、観客の心をわしづかみにした。
「夏場に桂歌丸師匠とご一緒させていただいたとき、『あなたは、おとっつぁんと違って最後まで落語が披露できて、すごいね』って言われました」。
入退院を繰り返す歌丸の近況も交えながら「きょうは、その褒められた落語を披露いたします」と、観客が爆笑している間に、上方落語「ちりとてちん」に鮮やかに入っていった。
盛り上がる要素が凝縮された親子会。
分析すると、木久蔵の高座では(1)父親ネタと(2)笑点ネタ。
観客が期待する噺を軸にテンポよく進む。
(3)まくらから本編へのスムーズな継ぎ目と、(4)「ちりとてちん」の話芸はもちろん描写も見事だった。
「トク、トク」と男がゆっくり酒を飲む場面が何度も出てくるが、そのしぐさがあまりにおいしそうで、多くの観客がついつい一緒にのどを鳴らすほど。
私も、ほろ酔い気分になった。
その後は80歳の父、木久扇が“波状攻撃”で観客を刺激。
まずは自らの師匠、林家彦六をものまねで描写した十八番の「彦六伝」で沸かせる。
衆院選前だったとあり、田中角栄、大平正芳ら昭和の大物政治家の声帯模写で成す代表作の「明るい選挙」へ。
いにしえの男達がよみがえったかのような(5)ド迫力の芸に圧倒された。
終演後、木久扇は「おかげさまで親子会は好評なんですよ。宣伝してね♪」と「笑点」でもおなじみの黄色い着物をヒラヒラ。
そして「よく笑う人 人生の達人」との言葉を記者に贈ってくださった。
そう。
(6)気遣いも(7)宣伝も忘れないのだ。
また(8)親子を支える敏腕マネジャーも木久扇の長女、佐久子さん。
家族ぐるみのあたたかさが、より伝わってきた。
親子会について木久蔵は「親孝行の場でもあります。父が元気でいてくれることへの感謝をし、父のモチベーションがあがることをどんどんしていきたいです。私は芸歴22年。まだまだです」。
父の背中を追い求める(9)向上心と(10)謙虚さを忘れない姿も印象的だった。
次回の親子競演は11月23日、島根県益田市のふれあいホールみと(午後1時30分開演)。
引き続き、木久扇ファミリーの笑いとぬくもりが詰まった極上空間になりそうだ。

・・・いやはや、もうベタ褒めですね。
こう書きなさいって言われてそのまま書いたみたい。
昔は、この役は海老名家だったんですが・・・。
これもまた落語ではあります。
落語という演芸の素晴らしさを広めてくれるという点で、素晴らしい親子だと思います。
落語そのものの素晴らしさは、この親子を聴いていただいて入ってこられた方に、本寸法の師匠方がきっちりと披露してくださると思います。

歌丸師匠の記事

pencilスポーツ報知の記事を読みました。
歌丸師匠は、何かとマスコミの受けが良いのか、頻繁に登場されています。
最近は体調不良での入退院が報じられることが多い落語家・桂歌丸(81)の元気な姿を見ることができた。
≪桂小南襲名披露に出演≫
歌丸は10月30日に、横浜にぎわい座で行われた「桂小南治改め三代目桂小南襲名披露」に出演し、口上であいさつも行った。
会長を務める落語芸術協会での一大イベントということもあり、当初は新宿末広亭、浅草演芸ホールでの襲名披露にサプライズ出演し口上に参加するプランもあったという。
体調を考慮し実現しなかったが、自らが館長を務める横浜にぎわい座での出演が実現した。
口上で歌丸は「大きな大きな大名跡が、わが協会に復活しました」とうれしそうに語った。そして先代小南の功績を説明した。
「二代目の小南師匠は京都の出身でいらっしゃいまして、関西の落語を親身になって聞くことがなかった時代に、上方の言葉でやさしく分かりやすく披露した方です。関西の落語を抵抗なく、聞く良くした方です。東西交流が盛んになり東西の噺家がお互いに交流する時代になりました。これも二代目の小南師匠のお陰ではないかと感謝をしております」。
歌丸師匠の記事
≪「つる」に隠された因縁≫
高座では、マクラで病院ネタで笑わせてから「二代目の小南師匠のお弟子さんに教わった噺を…」として、「つる」を口演した。
歌丸が数多くかけており、得意としている噺だが、「つる」は前座噺だ。意外な因縁があるのだな、と思っていたら、この日の主役の三代目小南が楽屋で興味深いエピソードを話してくれた。
「あれ、(教えたのは三代目小南の兄弟子の)南なん兄さんなんです。当時、南なん兄さんがお金がなくって、家賃が払えなかったの。それを知った歌丸師匠が、南なん兄さんに『あなたが持っているネタを出してください』っておっしゃって…」。
南なんが持ちネタの幾つかを示したところ、「歌丸師匠が(その中にあった)『つる』を教えてくださいって言って…」。
歌丸は南なんから噺を教わったお礼として家賃を支払ってあげ、後輩の苦難を救ったという。
≪万全の準備をして飛行機で博多へ≫
歌丸は、2日から4日まで福岡で行われる「第11回博多・天神落語まつり」に出演する。
肺気腫や肺炎を患ったこともあり、高座でもチューブで鼻から酸素を吸入している。
気圧の変化で体調を崩すこともあり、最近は航空機の移動は自粛していると聞いていた。「前に、飛行機に乗っていて息苦しくなって、もう死ぬかと思うくらい。それで(客席の)上にある酸素マスクを使わせてくれと言ったら、『無理です』って断られた。もう、えらい目に遭いましたよ。それ以来、なるべく飛行機はやめているんです」と歌丸はアクシデントも笑いに変えて説明してくれた。
それでも今回は遠方のため航空機で移動するという。
関係者によると、歌丸の使用する酸素ボンベが大きいため、航空機に持ち込むための許可が必要で、医師の診断書など煩雑な手続きを事前に行い、宿泊するホテルでも自宅と同じように寝ている間に酸素を吸入できる機器を持ち込むなど万全の準備をして臨むという。
歌丸は「もう、最後ですね。来年は行きません」と話している。
「博多・天神落語まつり」は三遊亭円楽プロデュースの東西の人気落語家が一堂に会する一大イベントで歌丸は初回から参加している。
今回も早々と歌丸の出演が発表され、チケットは完売している。
後輩のために、落語界のために、何より楽しみに待っているお客さんのために…。
苦労している姿は一切見せずにさりげなく振る舞う。
若い時から長年、第一線を走り続けている歌丸のぶれない姿勢に改めて感服している。

・・・しかし、本当に身体は大丈夫なのかと心配になります。
何度も言いますが、正直なところ、歌丸師匠がこんなに大物におなりになるとは、思ってもみませんでした。

より以前の記事一覧