噺家さん・芸人さん

2019年10月21日 (月)

演目一覧

恐らく、噺家さんは嫌がるであろうツイートを見つけました。
真打昇進披露興行を行った柳亭小痴楽さんの演目一覧。
    Img_20191021_055403
1人真打昇進披露でしたから、大変だったと思います。
さっと眺めてみると、「粗忽長屋」「佐々木政談」「干物箱」は3回、「あくび指南」「明烏」「らくだ」「宮戸川」「猫の災難」「湯屋番」などは2回高座にかけているようです。
台風で寄席が休館になった日もあったので、29日で11演目ぐらいかな?

2019年10月13日 (日)

これ気になる

面白そう。
Img_20191013_194449
行くなら3日連続で行きたいと思います。

2019年10月 9日 (水)

素朴に

既に実力も人気もある噺家さんなのかもしれない。
個性も必要なのは分かる。
自身のファッション感覚があるのも分かる。
Images-3_20191009184001Images-1_20191009183401
しかし、この髪型と髪色はなんとかして欲しい。
個人的には、噺や芸以前に、見ていて不愉快(不快)になる。
小朝さんも、頭を染めてから聴きたいと思わなくなった。
「みんなちがって みんないい」って?
それは違うと思うなぁ。
噺のストーリーに全く必然性のないくすぐりを入れて、受けだけを狙う薄っぺらな芸に通じる気がする。
落語には「品」が不可欠だし。

2019年10月 8日 (火)

やっぱり・・・

菊之丞さんの悲痛な?ツイート。
そうだと思いますよ。
        _20191008_210315
Img_20191008_210331
しかも大ホールですから。
菊之丞さんの独演会なら心配ないんですがね。
出演者・・・木戸銭を見ても微妙だもの。

2019年10月 7日 (月)

小袁治師匠の仙台公演

柳家小袁治師匠の仙台公演が10月18日(金)だそうです。
今回が32回目。
Img_20191007_151330
仙台市戦災復興記念館は、一度行ったことがありますが、ややアクセスが悩ましかった気がします。
しかし、仙台にはコアな小袁治ファンが多いはずですから、今回も盛会になるでしょう。
「百年目」をネタ出しされているようです。

2019年10月 2日 (水)

Twitterフォロワーランキング

ツイッターでこんなくだらないリストが公開されています。
Img_20191002_201432
時代の流れなんでしょう。
情報の拡散パワーは物凄いですから、捨てがたいものがあることは否定出来ませんが。

行こうかな

歌太郎さんと市弥さんの二人会。
_20191002_190623
行ってみようかなと思います。
もう満席かな?

浅草の楽屋

昨日の浅草演芸ホールの楽屋の写真だそうです。
Img_20191002_162854
柳亭小痴楽さんの真打昇進披露興行の浅草の初日。
あぁ、芸術協会の噺家さんは、知らない人が多い・・・。
写真の中で顔と名前が一致するのは3分の1ぐらいです。

楽屋入り

落語協会では、10月1日から4名の若者が楽屋入りしたそうです。
_20191002_154551
この中の、三遊亭萬窓師匠門下「まんと」さんは、かつて千早地域文化創造館で、「千川亭龍士」さんとして圓窓師匠から指南を受けていました。
_20170717_161328_2
いわば同窓生、いや文字通り同"窓"生です。
応援して行きたいと思います。

それならばと

一度聴きに行ってみたい若手の噺家さんの独演会を。
Efzo7yzucaaj7lm
用事があって行かれない・・皮肉なもので。

より以前の記事一覧