噺家さん・芸人さん

2017年8月22日 (火)

柳家小三治師匠語録

◆お客が第一なんだよ。
 楽屋で偉い人踏んづけるとか、そんなことはどうでもいいんだ。
 お客のためにやってんだ。
 何があっても、高座に間違いがあっちゃいけない。

・・・そうそう、どこぞの世界のように、本質を忘れ、向くべき方向を失い、上に忖度するようになってはいけません。
◆人を笑わせることが大したこっちゃねぇってことに気づくんだな。
・・・これは、我々のような凡人には分からないところでしょう。
「たかが、されど・・?」と理解しておきましょう。

◆師匠の言うことならなんでも正しいと思うっていうのは、
 “君”っていうアイデンティティがないってことです。
 たとえ師匠でも、やってることが全部正しいとは思えない
 はずなんです。
 そんな(師匠に対して批判的な考えを抱いてしまう)人間的
 なものの葛藤というか、そういうところから稽古をして欲しい。

・・・これも難しいところがあります。
サラリーマンの世界でも、組織のトップに対して、どう対処していくのか。
ただし、噺家さんの世界は、自分のアイデンティティそのもので勝負しなくてはいけない。
ある意味で、コンテンツは一つしかない訳ですから。
立川談志師匠などは、そういう反骨の塊だった気がします。
これも、本人の強い意思と実力がなければ・・。

◆ボクは、師匠小さんはほったらかしで何も教えてくれない、
 と愚痴を言っている訳ではない。
 その逆で、よくほったらかしにしてくださいました、という
 気持ちでいっぱいだ。

・・・噺家さんにとって師匠というのは、親か、ある面ではそれ以上の存在のようです。
親(師匠)のあり方という、永遠の課題ではありますが。
子(弟子)の才能を見出し、子(弟子)を信じて見守るということなんでしょうか。
決して、無視している訳でも、放任している訳でもない。
大きな視野から俯瞰してくれているものなのでしょう。
それを理解する子(弟子)こそ、名人上手になるということかな。

2017年8月19日 (土)

「謝楽祭」の扇子と手拭い

「謝楽祭」の扇子と手拭い
「謝楽祭」の扇子と手拭い
今年の落語協会の「謝楽祭」の扇子と手拭いのデザインが発表されました。

2017年8月18日 (金)

柳家小三治師匠語録

bell名人上手の域に達している人の言葉と言うのは、ある部分常識を超えたところもありますが、凡人は、それを凡人なりに理解して、参考にさせてもらうということでしょう。
◆私にとっては寄席に来るお客さん1人1人が私の審査員で、
 皆さんが喜んでくださることがいちばんうれしいことです。

審査員・・・か。
「仙台だと、寄席もないから、普段落語を聴く機会も少ないだろうが、仕草なんかはどうやって覚えるんだい?」
「全日本学生落語名人位決定戦」の時、審査員だった五代目柳家小さん師匠に尋ねられたのを思い出します。
そう、落語は、聴いてくださる方の頭の中に、どんな像が作られるかということですから、お客さま次第ということになるのでしょう。
◆落語にとって笑わせるってのはおまけ。
◆無理矢理笑わせるような落語をしなくても、人の暮らしが
 面白いんだからそのまま話せばいい。

「そもそも落語は、練りに練られているんだから、普通にやればお客さまは笑ってくださる。それを変に変えてしまうからつまらなくなるんだ」なんて、よく言われます。
他の人の稽古を聴いていて、そう思うことがしばしばあります。
・・・ところで、五代目古今亭志ん生師匠が、息子さんの志ん朝師匠から尋ねられた語録に、こんなのがあるそうです。
◆「お父ちゃん、落語を面白くするにはどうしたらいいんだい?」
  「そりゃおまえ、面白くしないことだ」

こうなるともう禅問答みたいです。
これを聞いて、恐らく志ん朝師匠の頭の中には、ピンと閃くものがあったのではと思います。
親子二代の名人ですから。
それから、この親子で忘れてはいけないのは、先代の金原亭馬生師匠です。
◆なんでもいいんだよ。でも、どうでもいいんじゃないよ。
・・・って、馬生師匠らしい、肩に力の入らない、でもとても含みのある言葉です。

2017年8月17日 (木)

柳家小三治師匠語録

◆時々、笑わせてしまうことがあるんですよ。
 その時は悔やみますね。
 笑わせるのは落語の本意ではない。 
 今日の自分を踏み越えてその上に行くには、笑わせるより、
 笑っていただく。
 私の舞台の上の世界に誘うっていうのがいい。  

・・・この境地は、私ごときには分かりません。
笑わせるのと、笑ってもらうのと・・、どうすれば良いんだろう。

2017年8月16日 (水)

行儀

annoy柳家小袁治師匠が、ご自身のブログで怒りのコメント。
仕事の移動とかさまざまのことで電車を利用しているが、近頃、目につくのは行儀の悪い奴らが多いことだ。
子供のころに親は教えなかったのかね?
満員電車にリュックサックを背負っている奴は張り倒したくなる。
シートに座って股を開いたり、足を無意識に組む連中を見るとむかっ腹が立つ、本当に無意識なんだよ。
行儀が悪いことに気が付かないのかな?
これも親が悪いのか?
それとも日本国家の責任か?
教育が悪いからあのようなおバカさんが出来てしまうのかねぇ‥。

・・・よく言ってくださいました。
こういう人は、礼儀(マナー)もさることながら、遠慮や謙譲という感覚はないのでしょう。
それから、視野が狭いのか、周囲が全く見えていないんですね。
これは、老若男女に須らく存在します。
場合によったら、高齢者の方が酷い場合もありますよ。
電車内で迷惑なことをちょっと列挙してみました。
◆二人分の席に一人で座る
◆足をこれでもかと言わんばかりに広げて座る
◆混んでいるのに足を前に放り出して座る
◆乗り降りしたい人がいるのにドア付近から絶対どかない
◆満員なのにドアによりかかって内側向いて立っている
◆スマホいじりで肘が隣の人にぶつかってるのに気にしない
◆降りる人が先なのにイノシシのごとく突進して入りこんでくる
◆座った席の隣に自分の荷物置く
◆いびきかきながら寝る
◆寝て隣の人に完全に体預ける、しかも何回も ・・・・・・。

まだまだありますよ。
暴力的になる人も、威嚇する人も・・・。

柳家小三治師匠語録

◆今日の自分を明日追い越そう。
 明日の自分を明後日追い越そう。
 そういう気持ちで必死なんですよ。

小三治師匠の領域でも、毎日そういうことが起こっている。
やはり、芸(だけではないと思いますが)には終わりがない。
◆仕事に慣れてはいけない。
 初めて話すと思え。

これも初心忘れるべからずということですね。
「仕事」を「噺」に置き換えると、噺を覚えずに、会話は初めて台詞にするつもりでやれ、とも取れる気がします。
◆芸って奴は何かの節度を持つことではないだろうか。
例えば、落語という芸能の範疇、何事にも必要な品格。
落語に何かを入れたり、コラボをしたり、新しいやり方で語るのも、落語という芸能の全体像を理解して、少なくとも落語から完全に飛び出しては落語になりません。
それは落語ではない。
そして、何と言っても「品格」です。
一人一人違うかもしれませんが、どこかに、これ以上行ってはいけない部分はあると思います。
◆人を理解して、それぞれの立場を一応は納得してあげられる努力をすることが何よりの 勉強だと僕は思っている。
人の道・・・ということですね。
人は、絶対に一人では生きて行くことが出来ませんから。

2017年8月15日 (火)

柳家小三治師匠語録

◆落語への共感は、今、戦って、生き抜いていればいるほど強く感じるのだ。
小三治師匠のキャラは、のんびり飄々とした感じですが、やはり道を究めた上手ですから、底には熱いものが流れているんですね。
"戦う"とか、"生き抜く"とか、"強く"とか、普段の高座では使わないイメージのフレーズが新鮮です。
でも、落語に対する愛情を感じて、共感できますよ。
◆ありがとうと心の中で思うだけで、必ずその心が相手に伝わる。
最近のテレビで、アスリートたちの「応援してくれた方々への感謝」というようなフレーズを聞くことが多くなりました。
スポンサー的な色合いもありますから、言わなくてはいけないという面もあるでしょうが、日本人の美徳と言うのは、これですよ。
◆いっぱい転んで、いっぱい立ち上がればいい。
これですよ。
絶対に私には出来ないこと。
転ぶことが怖いから、なにも出来ない。
不幸にして転んでしまったら、もう立ち上がることが出来ないcrying
「七転八起」ということですね。
この歳になって転んだら、本当に立ち上がれないかもしれませんが、それくらい強くなくてはいけないということでしょうか。
◆映画を観ても“芸”、芝居を観ても“芸”…、全部自分にフィードバックです!
全部自分にフィードバック・・というのは、勿論そうなんですが。
私には、映画も芝居も・・・も、あまり観ていないし、観る機会も少なかったから、とても浅いものしかありません。
芸の肥やしにという観点でも、特に芝居などは観たほうがよいのでしょう。

2017年8月14日 (月)

柳家小三治師匠語録

◆「芸には人間性がそのまま出る。
芸の勝負はつまるところ人間性の勝負だと思う。」

これは、この歳になって実感します。
若い頃、落語は人情だとか、人の気持ちの機微を表わすとか言われても、やはり笑いのテクニックみたいなものを求めていた気がします。
ところが、ここに来て、師匠から「落語を活字で覚えるな」と言われてからは特に、そう思うようになりました。
◆「親が子に、師匠が弟子に出来るのはその生き様を赤裸々に見せるだけしかない。」
子育てをして実感します。
言葉や態度を直接子どもに向けるのではなく、自分の姿を黙って見せることだと思います。
子どもも馬鹿でない限り、それこそ自分の人生なんですから、理解できるはず。
そして、それをベースに自分なりの生き様を作って行く。
親は黙っていることだと思いました。
◆「知らないうちにその世界に入っているような空間が生まれたら素晴らしい。
ふっと気がついてみると、景色が見えて、登場人物を演じている噺家は消えているんです。」

語りの中で演者が消えるという究極の境地(ユートピア)が必ずあるはずです。
お客さんにそう感じてもらえたら・・・・。
◆「世の中で、物事を否定することが一番簡単。」
要するに評論家にならないこと。
問題を語らずに課題を語る。
限界を語らずに可能性を語る。
ビジネスの世界でもよく言われました。
だから、例えば、女性が落語を演ることの可否は、私は、演るなら男の了見のコピーではダメだと思っているのです。
◆「いくら人から言われても自分が気がつかないうちはどうにもなりませんが、自分でこうと気がついた日にゃこんな強いこたァない。」
その通りだと思います。
女性が、女性の落語を作り上げられた時、きっとこんな感じになるのでしょう。
◆「ここはこうやるんだよと親切に教えてくれれば、なんとかそのようにできるかもしれないが、それ以上のものはできなくなってしまわないだろうか。」
禅問答のようではありますが、確かにそういうことはあります。
ファジーだから、可能性は無限大なんでしょう。
「型を作る」必要と、「型にはめる」弊害は、常に同居しているんだと思うのです。

2017年8月12日 (土)

圓朝忌の写真

待ってました!
柳家小袁治師匠のブログがアップされていました。圓朝忌の写真
当然のことながら、本堂から見下ろすアングルです。
圓朝忌の写真
大勢が写真を撮っていますが、私は、この1~2分後あたりに、ここに到着したようです。
こんな感じでしたから。

柳家小袁治師匠

柳家小袁治師匠
昨日アップした、圓朝忌での扇子供養の時の小袁治師匠の写真、こちらの方が良いかもしれません。
遠くから撮ったのをトリミングしていますので、あまり鮮明ではありませんが。
今日師匠のブログで、昨日の様子がアップされると思います。

より以前の記事一覧