学士会落語会

2019年9月29日 (日)

落研のツイッターでも

現役部員の皆さんも、初日をツイッターで拡散してくれていました。

_20190929_044645

落語会をみんなで作り上げて行くということで、とてもありがたく思います。

2019年9月21日 (土)

東大落語会寄席

学士会落語会で、東大落語会の風呂家さん助師匠から、恒例の東大ホームカミングディでの「東大落語会寄席」の案内をいただきました。_20190921_2206352
10月19日(土)の午前11時30分から午後5時頃までの約6時間・・・。
日程を確認したら、10月の19~20日は、社会人同期の会があって、金沢方面に1泊旅行の予定が入っていました。
残念ですが、今年は失礼させていただきます。

学士会落語会の会場で

学士会落語会の会場で、落研創部メンバーのお一人の愉し家弁痴師匠が声をかけてくださいました。1_20190921185801
来週の「ホームカミング寄席」に、どうしても行くことが出来ないが、頑張ってくれという励ましの言葉をいただきました。2_20190919121701_20190921191601
創部60周年は、弁痴師匠にとっては思い入れの深いものだと思います。
人一倍、今回の企画を喜んでくださっているようです。
持っていた、当日配布予定のプログラムを手渡しました。
伝統はしっかり繋いで行かないと。
現役部員の皆さんにも、大先輩の気持ちを伝えたいと思います。

学士会落語会

学士会落語会の例会。
20190921_132120432
◇「元犬」          入船亭扇ぽう
◇「鷺とり」     金原亭龍馬
_20190921_184052
◇「片棒」          入船亭扇遊
◇「粗忽長屋」   金原亭龍馬
_20190921_183839
◇「付き馬」      入船亭扇遊
扇遊師匠、さすがでした。
正直なところ、「付き馬」という噺は、冗長な感じがするのですが、全くそんなことを意識することなく聴かせていただきました。
静岡県の熱海の星。
静岡県の静岡(清水)の星は昇太さん。
静岡県の浜松の星は鯉昇さん。
熱海と静岡の間の富士には・・・見当たらない。

2019年8月21日 (水)

学士会落語会9月例会の案内

学士会落語会の例会の案内メールをいただきました。
9月21日(土)14時から。
Photo_20190821080501
今回は、入船亭扇遊師匠と金原亭龍馬さん。
〈プログラム〉   入船亭扇ぽう 「開口一番」
                       金原亭龍馬    「鷺とり」
                       入船亭扇遊    「片棒」
                                ― 中入り ―
                       金原亭龍馬    「粗忽長屋」
                       入船亭扇遊    「付き馬」
_20170318_132631
帰省しなければ行きたいと思います。

2019年7月20日 (土)

学士会落語会

学士会落語会の例会も久しぶりです。
Unnamed_20190720151201
◇「近日息子」      金原亭馬久
◇「抜け雀」         金原亭馬生
◇「富士参り」      金原亭馬久
◇「品川心中」      金原亭馬生
  
_20190720_162357
「品川心中」は、全編(上・下)を聴くことが出来ました。
・・・志ん志師匠と高級な昼食で、ランチビールなどを飲んだこともあって、前半は、かなり寝てしまっていました。

今日は「学士会落語会例会」

今日は「学士会落語会」の例会です。
Unnamed
今回のメインゲストは、金原亭馬生師匠です。
例会には、帰省やら発表会などと重なってしまい、なかなかお邪魔出来ていませんが、久しぶりに出席出来そうです。
馬生師匠は、前座(小駒)時代から存じ上げているので、とても親しみを感じている噺家さんです。

2019年5月20日 (月)

開業91周年

会員として時々出入りをしている、神保町の学士会館。
今日が開業91周年だそうです。
昭和3年5月発行の「帝國大学新聞」(すごい名前)の記事。
Img_20190520_112216
《學士諸彦の御利用を乞ふ》の見出しが、時代を感じます。
「彦」というのは、古くは地域の男性首長や貴族を表す尊称ですから。
「諸君」ではないんですね。
Img_20190520_112221
建物は、ほぼそのまま残っていますから、なるほどと思います。
Img_20190520_112228
まさか、こんな絢爛豪華な建物の中の舞踏会でも催されたような場所で、落語をやれる時代が来たんですから、実に良い時代になったものです。
「帝国大学」という言葉も、私自身も実感はありませんが、昔はそうだったんですね。

2019年3月28日 (木)

学士会会員証

学士会の2019年度の会員証が届きました。
  _20190328_1029002
「終身会員」ではないので、毎年更新されて来ます。
今時には珍しい紙製で、会員証の部分をハサミで切り離します。
裏側に、会員番号と名前を記入しないといけません。
「学士会落語会」のメンバーの前提の資格ですから、外す訳には行きません。
「終身会員」になっても良いかな・・とも思いますが、寝ている間に忘れてしまいます。
これが本当の「就寝会員」?

2019年2月24日 (日)

驚きの訃報

学士会落語会の代表委員が、急逝されたという連絡をいただきました。
えっ?
1月の例会では、いつもどおりにご挨拶をされ、新春交歓会でもお元気に歓談されていたのに、後日、ご入院されていたそうです。
享年80歳。
いつも笑顔で、何度かの会員落語会での私の高座の批評をしてくださいました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

より以前の記事一覧