落語っ子連

2017年7月28日 (金)

牛久味わい亭の番組

好文亭梅朝さんから、「牛久味わい亭」の番組確定の連絡がありました。
◇牛久亭大小さん「平林」
◇有難亭真仮名さん「蚊いくさ」
◇三流亭流三「怪談牡丹燈籠」
中入り
◇牛久亭良慈緒さん「紙入れ」
◇好文亭梅朝さん「野ざらし」
前半は夏ムードで。
後半は秋にバトンタッチという感じ。
初めて上がらせていただく高座です。
今から楽しみです。

2017年7月26日 (水)

牛久味わい亭

event先日の師匠の祝賀会で、「好文亭梅朝」さんと久しぶりにお会い出来ました。
その梅朝さんから、とても嬉しいお話をいただきました。
「牛久味わい亭」という落語会への出演の打診です。
牛久味わい亭
この会は、詳しいことは存じ上げませんが、地元のウォーキンググループの方々が始められた落語会で、もう随分回を重ねているようです。
私は、レギュラー出演者の一人でもある「有難亭真仮名」さんのブログを読んで、「こんなに素晴らしい落語会に出られるなんて、真仮名さんたちは羨ましいなぁ」と思っていました。
牛久味わい亭
勿論、喜んで「出演させていただきます」と返信しました。
9月18日(敬老の日)の13時から、牛久市生涯学習センターで開催されます。
梅朝さんが、出演者と演目を教えてくださいました。
  ◇牛久亭大小さん    「平林」
  ◇牛久亭良慈緒さん   「紙入れ」
  ◇好文亭梅朝さん    「野ざらし」
    ◇有難亭真仮名さん   「蚊いくさ」

私の方からは、これを伺う前に、「怪談牡丹燈籠」「不孝者」「五百羅漢」「人情八百屋」「三井の貸し傘」を候補として申告しました。
が、「五百羅漢」と「人情八百屋」は、「蚊いくさ」で棒手振りの八百屋でついてしまいます。
「牡丹燈籠」も、「野ざらし」で幽霊がつく。
「不孝者」は、男女の絡みのある「紙入れ」と悩ましい。
「三井の貸し傘」は、師匠創作なので、まだ馴染みがない・・・。
それでも、一定のボリューム感、知名度、珍し感等々から、「怪談牡丹燈籠」にさせていただこうと思います。
この話を、昨日の千早亭稽古会の後で師匠にご報告したところ、「是非、交流を盛んにして欲しい」と、喜んでいただきました。

2017年7月24日 (月)

好文亭梅朝さん

confident以前、「有難亭」にいらっしゃって、現在は牛久の「牛久(ぎゅうきゅう)亭」で活躍されている梅朝さん。
実は、驚くようなご縁がありました。
好文亭梅朝さん
元々、茨城県の江戸崎の「有難亭」の発表会にお邪魔したのがきっかけです。
その後、4年ほど前だったと思いますが、師匠が地元の横綱稲妻をテーマに「指相撲」という噺を創作された時に、そのネタ下ろしの会にも聴きに行きました。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2013/02/post-5.html
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2015/11/post-06dc.html
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2016/05/post-a73a.html
そんな接点から、梅朝さんのことは存じ上げていたんです。
好文亭梅朝さん
実は、この流れとは全く関係のないところでご縁があったんです。
去年だったでしょうか。
私の社会人同期の友人からメールが来ました。
私も知らなかったのですが、この友人の弟さんが、土浦の大学の先生をされているそうで、地域興しの活動の中、落語会の企画や運営などもやっているという話をお兄さん(私の友人)に何気なく話されたそうです。
その際に、「圓窓師匠に師事している人たちもいる」と、師匠の名前が出たそうです。。
私の友人は、落語っ子連の発表会で「浜野矩随」を聴いてくれたりしていたので、圓窓師匠の名前を聞いて、「それなら、オレの同期も師匠に師事しているよ」ということで、お互いに確認のためにメールをしてくれました。
勿論、私は梅朝さんは存じ上げていますから、「よぉく知ってるよ」と答えました。
すると、梅朝さんも、友人の弟さんに「流三のことは知っている」と答えてくださったそうです。
ここから繋がるとは思いもよりませんでした。
友人も大喜びです。
そこで、いずれは何か一緒に出来ればと思っていたのですが、昨日の師匠の祝賀会で、改めて名乗り合うことが出来ました。
牛久で活動されているということですから、松戸とは水戸街道繋がりですから、一度稽古会か発表会にお邪魔したいと思います。
なお、以前、梅朝さんは「大工調べ」をお演りになったそうです。
「大工調べ」と言えば、私は一言持っていて、師匠とも議論したことのある噺なのですが、梅朝さんもご苦労されて、ご自身で工夫して拵えたそうです。
これから、こんな芸談も出来るかもしれません。
そうそう、梅朝さんは、茨城大学落研の第17代会長さん。
2013年と2014年、二年連続社会人落語日本一決定戦に茨城県代表として出場された実績の持ち主です。
柔らかな口調が魅力的な方です。

深川三流亭のチラシ(案)

artお江戸あおば亭と同様、昨日の祝賀会の会場に置きました。
パターンが同じなので混同されるかもしれません。
ただし、まだ日程が決まっていないので、仮に「平成30年1月」としておきました。
深川三流亭のチラシ(案)
やはり、江戸時代の様子が描かれた画をバックにしました。
深川三流亭のチラシ(案)
落語っ子連のメンバーには、一応好評でした。

高座本の合本

book我が落語っ子連の三流亭夢学さんが、熾烈な?じゃんけん合戦でゲットした、師匠制作の高座本。
高座本
約360~370席が19冊に合本されていますが、仮に全冊を買うと・・・?
1冊3~400円で譲っていただいていますので、120000円以上になります!
勿論、中身はお金には換えられませんが。
恐らく、ご本人も事の重大さ?に気がついていないかもしれない。

2017年7月23日 (日)

高い所で

happy01サプライズでした。
高い所で
師匠の高座本に関わりの深い人たちと。
高い所で
2020年10月までに、持ちネタ50席を宣言してしまいました。

頑張れ!

sweat01小噺熱演中です。
頑張れ!
頑張れ!
頑張れ!
頑張れ!
頑張れ!
応援する仲間や家族も一生懸命でした。

三段謎掛け集

sunサプライズで師匠から頂戴した謎掛け集。
落語の演目やキーワードとかけて・・・という趣向。
三段謎掛け集
「深川三流亭」の楽屋で、師匠から宿題として出され、メンバーで頭をひねりました。
師匠と落語っ子連メンバーが作った謎掛け集です。
これからも、作り続けてみようと思います。

小噺グラフィティ

bud師匠のちびっこ弟子たちの小噺オンステージです。
小噺グラフィティ
小噺グラフィティ
小噺グラフィティ
小噺グラフィティ
小噺グラフィティ
小噺グラフィティ
小噺グラフィティ
小噺グラフィティ
小噺グラフィティ
小噺グラフィティ
皆さん素晴らしい小噺でした。

記念写真

happy01落語っ子連で、師匠を囲んで記念写真。
記念写真
記念写真
とても素晴らしい宴でした。

より以前の記事一覧