落語っ子連

2019年3月22日 (金)

「そや寄席」のDVD

🎪先日お世話になった、市川市曽谷公民館に、「そや寄席」のDVDを送らせていただきました。
 _20190320_0717382
3回目の出前落語会でしたが、お客さまにも好評だったようで、公民館主催講座の資料(記録)ということで。
我々アマチュアにとって、出前が続けられるぐらいありがたいことはありません。
今後とも、このご縁を大切にして行きたいものです。

2019年3月17日 (日)

稽古会グラフィティ

今日も楽しい稽古会でした。
稽古会グラフィティ
千公さん、人情噺は、"覚悟"が要りますよ。
稽古会グラフィティ
越児さんの芸風を師匠が褒めていました。
稽古会グラフィティ
窓口さんの2つの連の切り分けは見事です。
稽古会グラフィティ
新参さん、師匠を笑わせるなんて・・凄い。
稽古会グラフィティ
果たして、今度の土曜日の本番に間に合うか・・心配。
稽古会グラフィティ
第二次落語っ子連も、今月末で7年になります。

流三

ここのところ、どうもスランプというか・・、稽古の方法に迷いを感じています。
1人カラオケに行ってみたのも、そのもがきの1つかもしれません。
流三
カラオケ稽古のおかげで、かなり掴みかけて来ました。
声も大きく出せるようになりました。
こういう作り方もありだと信じて、あと数日で仕上げたいと思います。

新参さん

新参さんは今日から新しい噺「小言幸兵衛」です。
驚いたのは、ある場面で、師匠が新参さんの語り(演読)を聴いて、吹き出したこと。
師匠が、笑うことなどほとんどありませんから。
新参さん
最近は、師匠の「新参株」がうなぎ登りです。
やはり、新参さんならではのフラだと思います。
楽しみながらやっているのが良いと思います。
笑顔で高座に上がるというのも、とても大事なことですね。
今日は初読みで、カットしていなかったので、何と40分ぐらいかかりました。

窓口さん

窓口さんも、今度の土曜日(23日)の「千早亭落語会」で、千早亭竜太楼として「松山鏡」を演る予定です。
稽古グループが違うとは言え、直前の稽古にも拘わらず「青菜」の読み稽古です。
窓口さん
それにしても比べて、私は、同じ「千早亭落語会」でやる「長屋の花見」を、まだ読み稽古だという・・・。
窓口さんの几帳面さには、ひたすら脱帽です。
「青菜」も、窓口さんのフラ全開となるでしょう。

越児さん

3月も彼岸近くになり、雪深い越後も、かなり雪解けが進んでいるようです。
かどうかはともかく、2ヶ月ぶりに稽古参加です。
越児さん
「粗忽の釘」も越児節が炸裂。
師匠から、「越児さんの夫婦の会話は、喧嘩の場面でも後味が悪くないのが良いね」と。
越児さんは、夫婦を演じるのに、亭主はやや抜けていて、おかみさんはしっかりしているキャラにを意識してやっていると仰っていました。
表情も含めて、全体的に落語の世界を画く琴が丘出来て要るということで、だからといって安心して聴くことが出来るということすね。

千公さん

落語っ子連で落語の稽古を始めて7年。
千公さん、満を持して「芝浜」にチャレンジです。
千公さん
昨年から暖めていて、稽古もしていたようで、ほとんど高座本なしでした。
その姿勢は素晴らしいと思います。
師匠からは、様々な指摘やダメ出し、指導があり、汗だくの稽古でした。
江戸っ子を演じるのが、千公さんの課題であることは変わりません。
また、人情噺は、テーマや背景や舞台設定等がしっかりぶれないようにしてやらないと、聴けなくなってしまいます。
心して作り上げて欲しいと思います。

落語っ子連稽古会

今日は、オジサン5人の、色気も何もない「オジサンクインテット」の稽古会でした。
◇「芝浜」千公さん
落語っ子連稽古会
◇「粗忽の釘」越児さん
落語っ子連稽古会
◇「青菜」窓口さん
落語っ子連稽古会
◇「小言幸兵衛」新参さん
落語っ子連稽古会
◇「長屋の花見」流三
落語っ子連稽古会
千公さんが、いよいよ大作「芝浜」の稽古に着手しました。
人情噺は、単純に好きだから、だけでは演れないものです。
これから、ご苦労されると思いますが、頑張って欲しいと思います。
舞台設定と感情移入です。

2019年3月14日 (木)

曽谷公民館から

曽谷公民館から、大変ご丁寧なお礼状と、当日のアンケート結果をいただきました。
曽谷公民館から
お客さまの反応は概ね好評で、ホッとしました。
主催者とご来場者に喜んでいただき、我々の貴重な高座の機会がいただける・・・。
こんなに嬉しいことはありません。
落語は、独りよがりで自分さえ良ければ・・ではなく、聴き手にも楽しんでいただくものです。

2019年3月 9日 (土)

忘れ物を受け取りに

今日は良い天気で、明日は下り坂になるというので、愛車での徘徊を思い立ちました。
別に目的地もなく、何故か水戸街道を下っていました。
忘れ物を受け取りに
気がつくと土浦を過ぎていたので、そろそろUターンしようかと思っていたところに、曽谷公民館の方からメールがありました。
先日の「そや寄席」の時に、百梅さんが、着物用のハンガーを忘れて、預かってもらっていたんですが、「(私の)自宅へ届けましようか?」と。
「あぁ、そうだった!」と、こちらから受け取りにお邪魔することにしました。
常磐道から外環道経由して、何と40分ぐらいで到着。
昨年開通した外環道ので市川北インターからすぐの場所です。
自宅からでは30分かからないことが分かりました。
忘れ物を受け取りに
幸い、館長さんもいらっしゃったので、改めてお礼を言って、
忘れ物を受け取りました。

より以前の記事一覧