落研

2018年7月 8日 (日)

新入生顔見世落語発表会

eventいよいよ本日午後は「新入生顔見世落語発表会」です。
新入生顔見世落語発表会
会場の片平キャンパス内のさくらホールで準備をしている模様。
発表会としては、創部以来166回目で、OB落語会が25回ですから、定例の発表会は191回。
新入生顔見世落語発表会
創部約60年の積み重ねですね。
この他に、プロの噺家さんを招いた落語会、地元中心の出前落語会を入れると、数え切れなくなるでしょう。
とにかく、新入部員の皆さんには頑張って欲しいと思います。
私の初高座は「あたま山」でした。
順不同ですが、当日の演目を記憶を頼りに挙げてみました。
  ◇「あたま山」    金願亭乱志
  ◇「浮世床」     多趣味亭狂楽
  ◇「転失気」     宝亭六方
  ◇「孝行糖」     多趣味亭こり生
  ◇「延陽伯」     風流亭花鳥    (ここまで1年生)
  ◇「近日息子」    酩亭千鳥
  ◇「金明竹」     釣り亭金魚
  ◇「肥え瓶」     杜の家とん平
  ◇「青菜」      山椒亭から志
  ◇「締め込み」   風流亭喜楽
  ◇「三年目」     花柳亭遊狂
  ◇「子別れ」     喰亭寝蔵

・・・と、超豪華番組でした。

2018年7月 4日 (水)

新入生顔見世落語発表会

event今度の日曜日(8日)は、午後1時より「新入生顔見世落語発表会」です。
新入生顔見世落語発表会
今年の新入部員のデビューです。
4日後に迫って、部室でも気合いが入っているようです。
新入生顔見世落語発表会
私も、自分の初高座のことを思い出します。
中入り後の食いつきで「あたま山」をやりました。
新入生顔見世落語発表会
・・・そして、9月16日は「OB落語会」です。

2018年7月 2日 (月)

「第26回OB落語会」の演目

event落研の現役部員の皆さんとの窓口になってくださっている談亭志ん志師匠から、9月1 6日の「第26回OB落語会」の演目(案)を頂戴しました。
第26回OB落語会のチラシ案
現役部員2名とOB4名の出演ということになりそうです。
志ん志師匠は、7席にしたいということで、ご自身がダブルエントリーされました。
今の所、番組(案)は以下のとおりです。
  ◇現役部員
  ◇「目黒の秋刀魚」 杜の家とん平
  ◇「いかけや」   談亭志ん志
  ◇「ねずみ」    桂友楽
        中入り
  ◇現役部員
  ◇「貧乏神」    談亭志ん志
  ◇「揺れるとき」  金願亭乱志

・・・えっ?
私は「揺れるとき」でエントリーしていましたか・・・。
すっかり忘れていて、新ネタの「子別れ」をやろうと思っていました。
しかし、「子別れ」や「火事息子」は、友楽師匠の「ねずみ」とつきますので、やはり「揺れるとき」になりますか・・・。
この噺は、師匠が東日本大震災の時に創作された噺なので、一度「お江戸あおば亭」でやりましたが、是非仙台でやりたかった。
まだ最終決定ではありませんが。

2018年6月24日 (日)

落語寄席 八幡亭

仙台の八幡神社の近く(八幡町)での落語会。
街興しの一環だと思いますが、落研も応援しているようです。
落語寄席 八幡亭
落語寄席 八幡亭
確か、OBの桂友楽師匠が指導している小中学生が出演します。
チラシを見ると、深沢亭ジュンジュさんが出演するようです。
ジュンジュさんは、以前は東京の深沢亭で稽古をしていて、その後仙台に引っ越して、桂友楽師匠と接点が出来て・・・。
東京にいた頃、まだ小学生だった頃、落語っ子連の稽古にも来てくれたことがありました。
懐かしく、中学生になっても落語をやってくれているのが、とても嬉しい。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2017/12/post-b231.html?optimized=0

2018年6月20日 (水)

新入生顔見世落語発表会

event今年の新入部員のデビューです。
ff
今年のルーキーは何人でしょうか?
・・・そして、新入部員の後は、これですよ。
色追加
「OB落語会」もお忘れなく。

2018年6月 9日 (土)

寝蔵(越児)師匠から

cd喰亭寝蔵(三流亭越児)さんから、「お江戸あおば亭」と「若宮寄席」のBDが、前後して届きました。
寝蔵(越児)師匠から
もう、編集してくださったんですね。
寝蔵(越児)師匠から
寝蔵(越児)師匠から
寝蔵(越児)師匠から
寝蔵(越児)師匠から
1枚1枚が、金願亭乱志(三流亭流三)の財産になります。

2018年6月 3日 (日)

流三

sweat01熱い百梅さんとは正反対。
昨日の演目は、人情噺ではなく「長短」でしたから、体力は温存出来たものの、疲れは溜まったまま。
流三
本当は「子別れ」をやらないととも思うのですが、通しで演読をやれる体力に自信がなく、「藪中の蕎麦」の読み稽古をしました。
師匠の創作で、6年前に師匠の会に出演させていただいて演った噺ですが、市川市の若宮や高石神は、中山法華経寺に近いので、鬼子母神繋がりで、この噺を久しぶりにかけようと思いました。
流三
久しぶりにやる噺は、「あれっ?こんなに難しかったっけ?」・・・(;o;)
今日は、師匠の高座本にはない、3パターンのもりそばを手繰る仕草をやってみましたが、舌を震わすので、口内炎に触って・・weep
やはり、また一からつくる必要があるようです。
6年間寝かせていた何かが醸し出せるようにしたいと思います。
世の中で、恐らく、師匠と私しかやらない噺だと思いますので。

2018年6月 1日 (金)

そう言えば

drama先日の「お江戸あおば亭」が開演する前、会場の入口で、ご来場くださった男性から声をかけられました。

「あのぉ・・、乱志・・さんですよね。
実は、私は、今まで落語には興味がなかったんです。
ところが、昨年の秋頃に、偶然に乱志さんのブログを知りました。
それ以来、ずっと読ませてもらっています。
そして、とうとう落語を聴きに来ちゃいました・・・」


・・・嬉しいやら、恥ずかしいやら。
「ありがとうございます。
ご期待に沿えるかどうか分かりませんが、ごゆっくりお楽しみ
ください」

・・・最後までいてくださったかどうか、確認出来ませんでしたし、トリだったので、高座で暫くお礼のお辞儀をしていましたから、その間にお帰りだったかもしれません。
「何だつまらない。偉そうにブログで言ってるのとえらい違いだ!」
と、思われていやしないかと、とても気になります。
お名前もお伺いしませんでしたが、ご来場ありがとうございました。
落語を好きになってくださったなら・・、とても嬉しいですが。
懲りずに、次回もご来場ください。

2018年5月29日 (火)

OB落語会チラシカラーバリエーション

art「第26回OB落語会」のチラシ(案)のカラーバリエーション。
第26回OB落語会のチラシ案第26回OB落語会のチラシ案
第26回OB落語会のチラシ案第26回OB落語会のチラシ案
第26回OB落語会のチラシ案色追加
色追加色追加
実際に印刷をすると、イメージが違うものもありますので、それぞれ使えると思います。
遊んでいます。

チラシカラー追加

art昨日、仮作成した、「第26回OB落語会」のチラシ。
ある方からのご要望があったので、カラーバリエーションを追加しました。
既存の5色に加えて、レッド・エンジ・ゴールド(イエロー)。
色追加
色追加
色追加
遊んでいます。

より以前の記事一覧