落研

2017年6月21日 (水)

お江戸あおば亭のチラシ(2)

event後半に続きます。
◇第七回 お江戸あおば亭・・・鰍沢
お江戸あおば亭のチラシ変遷
◇第八回 お江戸あおば亭・・・笠と赤い風車
お江戸あおば亭のチラシ変遷
◇第九回 お江戸あおば亭・・・猫怪談
久しぶりに「浅草ことぶ季亭」に戻りました。
お江戸あおば亭のチラシ変遷
◇第十回 お江戸あおば亭・・・文七元結
おかげさまで、回も10回を数え、「つ離れ」が出来ました。
お江戸あおば亭のチラシ変遷
◇第十一回 お江戸あおば亭・・・三井の貸し傘
お江戸あおば亭のチラシ変遷
◇第十二回 お江戸あおば亭・・・人情八百屋
お江戸あおば亭のチラシ
・・・という訳で、7年で12回の公演を行い、継続しています。
それにしても、私の演目を見ると、まぁ・・・13席。
  ◇花筏
  ◇佃祭
  ◇藪入り
  ◇子ほめ
  ◇救いの腕(師匠創作)
  ◇揺れるとき(師匠創作)
  ◇抜け雀
  ◇鰍沢
  ◇笠と赤い風車(平岩弓枝作)
  ◇猫怪談
  ◇文七元結
  ◇三井の貸し傘(師匠創作)
  ◇人情八百屋
もっと増やして行きたいと思います。

お江戸あおば亭のチラシ(1)

event「お江戸あおば亭」も12回を数えました。
初期は「お江戸OB落語会」という名称でしたが、チラシもかなり変わりました。
最初はシンプルでしたが、最近は少しゴチャゴチャしているかもしれません。
まずは、第一回から第六回まで。
◇第一回 お江戸OB落語会・・・花筏
お江戸あおば亭のチラシ変遷
◇第二回 お江戸OB落語会・・・佃祭
お江戸あおば亭のチラシ変遷
◇第三回 お江戸あおば亭・・・藪入り
この回から、「お江戸あおば亭」に名称を変更しました。
お江戸あおば亭のチラシ変遷
◇第四回 お江戸あおば亭・・・子ほめ、救いの腕
お江戸あおば亭のチラシ変遷
◇第五回 お江戸あおば亭・・・揺れるとき
お江戸あおば亭のチラシ変遷
◇第六回 お江戸あおば亭・・・抜け雀 お江戸あおば亭のチラシ変遷
第五回までは、浅草寿町の「浅草ことぶ季亭」で開催しましたが、会場のキャパシティの都合で、神保町の「東京堂ホール」に会場を移しました。
(続く)

2017年6月17日 (土)

新入生顔見せ落語発表会

event落研では、新入部員の初高座となる顔見せ落語発表会を開催したようです。
新入生顔見せ落語発表会
2年後には、創部60周年を迎えることになります。
恐らく、地方大学生の落研では最古参ではないかと思われます。
新入生顔見せ落語発表会
新入部員の皆さんには、落語を楽しみながら、伝統を繋いで行って欲しいと思います。
ところで、会場の都合で仕方ないのですが、「口上」は立ってやるんですね。

2017年6月13日 (火)

落研テレビ出演

tv落研の現役部員の皆さんが、地元のテレビ番組に出演して、新入生顔見せ発表会の宣伝をしたそうです。
落研テレビ出演
今までも何度か登場していますが、2年生の叶思家彗さんが落研のブログに投稿しています。
落研ブログ
おばんでございます。
2年生の叶思家彗でございます。
タイトルにもあるとおりミヤギテレビさんが放送する番組「OH!バンデス」内にて我らが落語研究部が紹介されました!!
代表として私がリポーターの方としゃべったんですけど1年生の方が受け答えがうまかったような・・・ ポンコツ過ぎる私にグッバイしたいな。
トホホ・・・。
スタジオではお休みの宗さんにかわって落語家の林家たい平さんがいらっしゃってMCをしていました。
私たちが謎かけをしてそれをたい平さんにジャッジしていただくという夢のような体験。
感激です(。>ω<。)ノ
さて今回私よりも活躍した1年生は今週の17日(土)片平キャンパス内のさくらホールにて落語を初めて披露します。
12時30分開場。13時より開演。入退場自由!木戸銭無料!!
1年生のよき船出となりますよう私たちもも準備を重ねています。
お時間のある方は是非ご来場ください。

・・・盛会を祈りたいと思います。
ところで、「叶思家彗」さんて、「かなしやほうき」と読むそうです・・・?
なお、林家たい平さんのブログには、佐藤宗幸さんに代わって番組に出演したことが詳しくアップされていましたが、残念ながら、落研のことには全く触れていませんでした・・・。

2017年6月10日 (土)

着付け教室?

bud部員が増えた落研。
着付け教室?
何でも女子部員の着付けの稽古?もやっているという、オジサンたちには信じられないことが起こっているようです。
まぁ、結構なことだと思います。

2017年6月 7日 (水)

お江戸あおば亭のBD

cd喰亭寝蔵師匠から、先日の「お江戸あおば亭」のBDが届きました。
いつもありがとうございます。
お江戸あおば亭のBD
事前に言われていたのですが、私の「人情八百屋」は、撮影機器の不都合で録画出来なかったそうで、代わりに今年1月の「深川三流亭」の映像が入っています。
お江戸あおば亭のBDお江戸あおば亭のBD
お江戸あおば亭のBDお江戸あおば亭のBD
出来は良くなかったので、神様の、記録に残さないようにという思し召しかもしれませんね。

2017年6月 2日 (金)

「人情八百屋」の感想

sunご贔屓の「Ⅰさん」に、先日の「お江戸あおば亭」ご来場のお礼メールをした時、すぐに感想が返って来ました。
私の方から、「近来稀に見る"駄作"でした」と言ったので。
聞いている方とすると、何をもって駄作と言うかですね。
ある意味、落語家らしくなったんでしょうね。
でも、あなたはプロではないのですから…。

要するに、お前も、プロの落語家に近い感性で演ることが出来るようになって、自分に厳しい目で評価するかもしれないが、聴く側からすれば、"駄作"とは思えない・・・と言うことなのでしょうか?
ありがたいコメントです。
勿論、プロではありませんが、落語に対して目指すものは、プロもアマもなく同じですから、さらに高い次元を目指したいと思います。

2017年5月28日 (日)

打ち上げ

beer打ち上げは、出演者を中心に10人とこじんまり。
いつものように、中華料理を囲んで。
打ち上げ
他の出演者の皆さんは、それぞれの出来に満足して、心地よい疲れに浸っているようでした。
私は・・やや複雑な気持ちで。
打ち上げ
しかし、今回も盛会にお開きになり、とりあえずホッとしました。
2年後の創部60周年も話題になりました。

南亭蕪生師匠

bottle今回の主任は、落研OB会の長老の1人南亭蕪生師匠の「竹の水仙」。
南亭蕪生師匠
昨年の仙台での「OB落語会」の口演が好評で、再演のリクエスト応えての高座です。
とにかく、リズムと美声は衰えるところ知らずです。
ご本人は「(主任で)待ちくたびれたよ」と仰りりながら、"甚五郎物"をまとめられました。
笑児さんと同じく、三味線と俗曲を習っている趣味人です。

談亭志ん志師匠

moneybag談亭志ん志師匠は、ご自身が上方ネタを江戸に翻案した「貧乏神」。
談亭志ん志師匠
桂枝雀師匠の十八番の噺だったそうですが、良い意味で枝雀色が薄められていて、とても楽しい高座でした。
全体としては、「夏泥」のように、泥棒(貧乏神)があべこべに金を貸すはめになるという。
志ん志師匠には、今まで介護の都合で時間が取れなかったようですが、是非とも落語っ子連で一緒に稽古をしたいと思います。

より以前の記事一覧