寄席・落語会

2018年2月25日 (日)

牛久味わい亭

牛久味わい亭
今日も落語っ子連の稽古会に交流参加してくれた牛久亭学津さんも出演する「牛久味わい亭」が、3月18日に開催されるそうです。
とても素晴らしい主催者の皆さんに支えられた落語会です。

2018年2月18日 (日)

国立演芸場中席

event開演直前まで、かなり空席があったので、やや心配でしたが、どうやら団体さんが入ったようで、開演してんら満席になりました。
国立演芸場中席
ランチを食べて、温かい席に座ると、午前中の疲れが一気に出て来て、前半はほとんど意識がなくなっていました。
国立演芸場中席
普段はやりませんが、終演後に掲示される「本日の演題」を写真に撮りました。
だって、「元犬」の後半から「長屋の花見」の前半ぐらいまでは、意識が混濁していて、特に「子ほめ」は全編記憶から飛んでいます。
国立演芸場の「鹿芝居」は、金原亭馬生・林家正雀・蝶花楼馬楽・・・の各師匠方の一座が始めて17年になるそうで、2月中席の定番になっています。
私も、3~4回観たことがあります。
ストーリーが分かっていて、基本的には素人芝居ですから、気軽に鑑賞することが出来ます。
国立演芸場中席
閉演の時、三本締めの前に、手拭いまきをしました。
世之介さんは手拭いではなく、小冊子だったので、客席に下りて配り始めたので、通り過ぎる時に手を出してみたら、手渡ししてくれました。
金曜日から、「東京落語会」「ザ・菊之丞」「国立演芸場」と、3日連続の落語会は、それぞれ楽しく聴くことが出来ました。

2018年2月17日 (土)

ザ・菊之丞

event成田から戻って、夜は自称「金願亭乱志後援会長」の「Ⅰさん」と、町屋の「ムープ町屋ホール」で、古今亭菊之丞さんの独演会「ザ・菊之丞」に向かいます。
ザ、菊之丞
昼間の暖かさから打って変わり、町屋駅前は、強い寒風が吹きすさんでいます。
でも、会場は暖かいので心配は要りませんが。
ザ、菊之丞
 ◇開口一番    古今亭まめ菊
 ◇夢金       古今亭菊之丞
 ◇千早振る    古今亭文菊
 ◇文七元結    古今亭菊之丞
ザ、菊之丞
「文七元結」は、ネタ出しされていました。
菊之丞さんの「文七」と、弟弟子の文菊さんを聴きたかったので、ゆっくり楽しむことが出来ました。
ちょうど、羽生選手の金メダルのニュースの直後だったので、文菊さんのマクラで話題になりました。
羽生選手は完璧すぎる・・全く隙がないから噺家には向かない。
噺家に向いているフィギュア選手は、隙だらけの織田信成さんだと言うのには、会場が大爆笑でした。
こういう雰囲気の会はいいですね。

2018年2月16日 (金)

東京落語会へ

shoe最近は、6時開演の東京落語会に間に合うようになりました。
東京落語会へ
会社から近いということもありますが。
桜田通りから見る東京タワーも目立たなくなりました。
東京落語会へ
会場のニッシヨーホールの周りも、再開発で大きなビルが林立しつつあります。
この落語会に通い始めて10年以上になります。
東京落語会へ
プログラムの、林家木久扇師匠のイラストは変わりません。
東京落語会へ
そして、終わった後の、杜の家頓平師匠との一献も変わりません。

東京落語会

eventいつもの東京落語会。
東京落語会
今月は、このほかにも落語会に行っているので、生の落語を聴いています。
まずは、前座さんがひどかった。
初々しさ全くなく、噺も雑でした。
名乗らなかったので、どなたのお弟さんか知りませんが。
東京落語会へ
小南を襲名してから初めて聴く「甲府ぃ」も、ご本人が「自信がない」と仰った通りでした。
円楽さんは安定感があり、オチを「ぎっちょ」と言わず「左利き」と言ったのはさすがでした。
談笑さんは、「え」ばっかりで、とてもひどい。
金馬師匠は、今回も素晴らしい高座でした。

2018年2月14日 (水)

城藤寄席

event牛久亭の学津さんが、土浦で2月18日開催の「城藤寄席」という落語会のチラシを送ってくれました。 
  城藤寄席
今回が14回目になるそうです。
どうやら好文亭梅朝さんの会のようで、梅朝さんから指導を受けている学津さんも、全回出演しているそうです。
チラシ、カッコいいですねぇ。
どんな趣旨で始まり、どんな落語会なのかは知りませんが、ワンドリンク500円とありますから、古いお茶屋さんのような場所なんでしょう。
要するに、木戸銭が飲み物込みで500円ということですね。
・・・私は、未だに木戸銭をいただく勇気はありません。
ご祝儀は喜んで頂戴しますが。
梅朝さんからもご案内をいただきましたが、別の用事と重なるので、お邪魔できそうにありません。
学津さんも、いつまでも梅朝さんの影や脇にいないで、どんと前に出て頑張って欲しいと思います。
この会だけでも14回も高座に上がっているんだから。
牛久亭では師匠の、普段は梅朝さんの指導を受けているんだから安心していますが。

2018年2月10日 (土)

大手町落語会

event本当に久しぶりの「大手町落語会」でした。
 大手町落語会
ロビーで、オフィスエムズの加藤さんを見つけたので、ご挨拶しようとすると、加藤さんの方から近づいて来てくださいました。
ご挨拶して「全くお変わりなくお元気そうですね」と言うと、「相変わらず『かくばかり偽り多き世の中に・・・』ですか?」。
「はい、相変わらずです」。
とても嬉しい瞬間でした。
大手町落語会
◇「浮世床」       柳家さん光
◇「虱茶屋」       柳亭こみち
◇「藪入り」       柳家権太楼
◇「権助魚」       三遊亭兼好
◇「二番煎じ」   柳亭市馬

真打昇進したばかりのこみちさんですが、真打になって、母になって?何か風格が出て来ました。
ご愛嬌に手拭いを忘れて、袖にいた前座さんのを借りた高座だったようです。
権太楼師匠は、風邪で咳き込んでいるそうで、やや辛そうでした。
「藪入り」も、やはりいつもの権太楼節ではなかった気がします。
オチはオリジナルに変えていました。
全般的に、権太楼師匠らしからぬ、やや暗い演出でした。
兼好さんのテンポのある語りは相変わらずです。
トリの市馬さんは、「さんさ時雨」をはじめ、自慢の喉で客席を唸らせていました。
いやぁぁ、今月は、先日の「らくだ亭」も聴けたし、充実の落語ライフです。

ご贔屓の評価と期待

event偶然ですが、「深川三流亭」と「お江戸あおば亭」にご来場くださっている方々から、光栄なコメントを頂戴することが出来ました。
【深川三流亭の評価】
jj
⇒ http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/02/post-47f4.html
【お江戸あおば亭の評価】
jj
⇒ http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2018/02/post-39d6.html
落語に限らず、基本的には芸能や演芸の好みや楽しみ方は聴き手の自由だと思いますが、やはり、「本筋」や「本寸法」を目指す姿勢が根幹になるものだと思います。
勿論、あくまでも素人ですから、本職に敵うはずがありません。
しかし、だからと言って、全てにおいてプロに敵わないということもないと思います。
自分には「落語が上手くなりたい」、ご贔屓には「落語を楽しんでもらいたい」という気持ち。
ご贔屓の方々は、お世辞も含めて、そういうスタンスをご理解くださっているんだと思います。
真面目に落語に取組み、プロの噺家さんにない味わいがある。
落語会の会を重ねる度に、出演者全員が上達している。

「深川三流亭」にも「お江戸あおば亭」にも、そういう高邁な感性を持ち合わせた人たちが集っている。
そして、私にとっては、真摯にご指導くださる師匠や先輩方がいてくださる。
落語会というのはチームプレーですから、個人的なレベルだけでなく、落語会全体の雰囲気や構成、運営にご満足いただくことが大切だと思います。
落研OBの大先輩の南亭蕪生師匠も、「”旨い”だけでなく”楽しい”でないとね。お客さまから見て、いい落語会に仕立て上げていきましょう」と。
全くその通りだと思います。

2018年2月 7日 (水)

落語会に

eventここのところあまり行けなかった寄席や落語会に、また少し比重を上げてみようかと思います。
落語会に
今月は、先日の「人形町らくだ亭」のほか、「大手町落語会(2/10)」「東京落語会(2/16)」「ザ菊之丞(2/17)」「国立演芸場中席(2/18)」あたりを。
落語会に
思い起こせば、10年目前は、年間180回ぐらい寄席や落語会に通いましたから。
そこまでは無理でも、1人でだけでなく、知人も誘ったりして。
落語会に
月に2~3回ぐらいは、コンスタントに行きたいものです。

2018年2月 5日 (月)

人形町らくだ亭

人形町らくだ亭久しぶりの人形町らくだ亭。
久しぶりに「Ⅰさん」を誘っての落語会でした。
狙いは、志ん輔師匠の「お見立て」です。
人形町らくだ亭
  ◇やかん      立花家かな文
  ◇つる        桂宮治
  ◇初天神      柳家さん喬
  ◇景清        古今亭菊之丞
  ◇お見立て     古今亭志ん輔
まずは、思い出すのも腹立たしい「つる」。
まぁ、際物だと割り切れば良いのですが、あんなものを出してはいけないと思います。
私の席の前の母と息子は、とにかくバカ笑いをしていて、腹立ちに拍車がかかりました。
一転、さん喬師匠が高座に上がって、やっと落ち着きました。
さて、志ん輔師匠の「お見立て」。
もう10年前になりますか、三田で「ビクター落語会」という落語会がありました。
(今は、同じ場所で「三田落語会」として続いています)
そこで志ん輔師匠の「お見立て」を聴いて、私の中では、その年聴いた数百の噺のベストワンだと思いました。
その時のを収録したDVDが販売されていると思います。
       mm
田舎者のお大尽のキャラクターは抱腹絶倒、ほとんど落語を聴いて笑わない私も、思わず吹き出しました。
昨夜も、その時とは演出も酢こと違っていましたが、やはり聴いて損はなかった。
一緒にいた「Ⅰさん」もご満悦でした。
・・・この境地には、私などは、到底行けるものではありません。
あのいまいましい「つる」さえなければ。

より以前の記事一覧