寄席・落語会

2019年12月16日 (月)

「牛久味わい亭」席亭の新聞記事

昨日の「牛久味わい亭」の会場で、プログラムと一緒に、新聞記事のコピーが配布されました。
12月11日付の朝日新聞の地方版。
「笑いで健康に素人落語会」ということで、「牛久味わい亭」の望月代表が大きく出ていました。
1_20191216073401
地元の人たちの楽しみ、町興し・・・、こういう熱い主催者の皆さん「味わい亭」に後押しをされて、3ヶ月に一度のペースで大勢の市民の方々に落語を聴いていただけるなんて、本当に羨ましい。
牛久という街は、水戸街道沿いの町、東京のベッドタウンの2つの顔を持っていて、地元の人と移住した人たちとの融合が進み、町づくりの大きなパワーになっているそうです。

「おひろめ寄席」のチラシ

圓窓師匠に指導していただいている豊島区内の数クループが主催して来た「おひろめ寄席」。
その第5回が来年4月26日(日)に開催されるそうです。
201912160172729226_0001
今回は、従来とは異なり、”有志”の会にするそうです。
私も声をかけていただきましたが、出演者が多くなりそうだということなので謹んで辞退させていただきました。
個人的には、ある程度人数を絞り、演目も調整して、ご来場者ファーストの高いレベルの会にすべきだと考えていましたので。
でも、色々な考えの人が、それぞれ落語に親しむことはとても良いことですから。
立派な南大塚ホールが会場ですから、大勢のお客さまにご来場いただきたいものです。

2019年12月15日 (日)

「牛久味わい亭」グラフィティ

楽しませてもらいました。
看板の好文亭梅朝さんのご挨拶。
_20191215_200108
主催者「味わい亭」の望月会長の挨拶。
会長が謎かけをひとつ。
「資金不足に悩む味わい亭」とかけて
「雪不足のスキー場」と解く
その心は「どちらもカンパ(寒波)が欲しいでしょう」
_20191215_1349392
◇「四人癖」             牛久亭学津さん
_20191215_200542
◇「くしゃみ講釈」  有難亭真仮名さん
_20191215_200704
◇「徂徠豆腐」           神栖亭南夢明さん
_20191215_200742
◇「牛ほめ」               有難亭蝶九さん
_20191215_200931
◇「富久」                   好文亭梅朝さん
_20191215_201009
さぁ、来週は「深川三流亭」です。

牛久味わい亭

牛久市中央生涯学習センターでの「第28回 牛久味わい亭」。
_20191215_1301262
今日は、落語っ子連にも参加している2人(蝶九さんと学津さん)が出演するので、聴きに来ました。Fb_img_1572348101564_20191214224201
もう28回目になりますが、主催者の皆さんの熱意は、本当に素晴らしいと思います。
_20191215_1329512
 ◇「四人癖」              牛久亭学津
 ◇「くしゃみ講釈」   有難亭真仮名
 ◇「徂徠豆腐」           神栖亭南夢明
_20191215_1321352
  ◇「牛ほめ」                有難亭蝶九
  ◇「富久」                   好文亭梅朝
ところで、会場にこんなイベントのポスターが貼ってありました。
_20191215_1325512
みんな頑張っていますね。

2019年12月14日 (土)

明日は「牛久味わい亭」

明日は「牛久味わい亭」です。
Fb_img_1572348101564_20191213172401
落語っ子連にも参加している、蝶九さんと学津さんも出演します。
牛久亭と有難亭と神栖亭のメンバーが出演です。

2019年12月13日 (金)

まもなく売り切れ

まもなく売り切れだということです。
Fb_img_1576244512414
あぁぁ、ダメだ。大阪出張だった・・・。

東京落語会

大阪から戻ってニッショーホールへ。
_20191212_173618_20191213154801
 ◇「猿後家」        三遊亭藍馬
 ◇「四段目」        隅田川馬石
 ◇「親子酒」        春風亭柳橋
_20191213_1755362
 ◇「蒟蒻問答」     春雨や雷蔵
 ◇「時そば」        立川談笑
   
◇「紙入れ」        鈴々舎馬風
古典落語の噺の中にカタカナ言葉を入れるのは、とても違和感があります。
"プロジェクト"だとか・・・。

有難亭の2人が

来年1月19日(土)の午後1時半から、香取市佐原の小野川沿いのさわら町屋館で、「圓窓創作噺を聴く会」を聴く開催します。Fb_img_1576193339168
有難亭真仮名さんと蝶九さんが、圓窓師匠の創作した噺を披露してくれます。
会場も、小江戸佐原らしい場所です。

2019年12月12日 (木)

明日は「東京落語会」

うっかりしていました。
明日は「東京落語会」でした。
_20191212_173618
開演に間に合うように帰京しないといけません。
立川談笑さんは、まだ病み上がりのはずですが。

2019年12月11日 (水)

「たちきり」を

昨日の独演会に行かれなかったし。
Chirashi_20191204233001-2
「たちきり」がネタ出しされている。
最近は、どうも菊之丞さんを聴くことが多くなっています。
「立ち切れ線香」「たちぎれ」「たちきり」・・・と、様々な呼び方がある噺。
元々は上方噺だったはず。
学生時代に、先代の桂文枝師匠を聴いて・・「小糸ぉ~、なんで死んだんやぁぁ・・・」という場面(台詞)が忘れられません。
あれが最高だった気がします。
2020年2月22日なんて、妙に「2」ばかりが並ぶ日です。
13日の金曜日からの発売。

より以前の記事一覧