« 天使⑤の動画 | トップページ | 落語専門誌「落語」創刊号 »

2020年5月10日 (日)

落語DEデート

1週間が経つのは早い。

何もやっていない感に溢れている今は、時間が流れて行くことに、やや複雑な気持ちになる今日この頃。

ボーッとしている間に、残された時間(命)が少なくなって行きます。

コロナのない頃なら、この時間には、月2回の稽古に参加するために、電車でradikoを聴いていますが。

デレッとしながら自宅で聴く「落語DEデート」。

◇「転失気」             三代目三遊亭金馬

Images-36_20200510073001

この番組に使われる噺家さんでは、恐らく最多だと思います。

放送された音源は、昭和31年4月のものだそうです

から、私が生まれる前、64年前のもの。

「転失気」は、落研の同期の1人の最初の噺でしたから、何度も稽古を聴きましたから、門前の小僧よろしく、私も覚えてしまいました。

https://images.app.goo.gl/Mi415ncfmBpA42Pi8

◇「ぼやき教室」     人生幸朗・生恵幸子

Images-37_20200510073001

この夫婦漫才のご両人は、名前は知っていますが、あまり聴いたことはないかもしれません。

ご両人は昭和後期に大阪を拠点に活動。

 夫の幸朗が歌謡曲や世相などにとんちんかんな難癖をつけ、「責任者出てこい!」の決めゼリフを吐く「ぼやき漫才」で、テレビ・ラジオを通じ、関西のみならず全国的に認知されました。

芸名(コンビ名)がなかなか粋だと思います。

« 天使⑤の動画 | トップページ | 落語専門誌「落語」創刊号 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事