« 現金書留 | トップページ | 鈴本余一会 »

2020年5月30日 (土)

落語協会から

落語協会からも寄席の一部再開についてリリースされました。

http://rakugo-kyokai.jp/news/3797/

寄席によって、対応が異なっているようです。

_20200530_142108

新宿末廣亭と浅草演芸ホールは【6月1日から再開】、鈴本演芸場と池袋演芸場は【6月末まで休席】で、国立演芸場は【7月末まで休館】です。

それぞれの事情なんでしょう。

鈴本演芸場と池袋演芸場は、換気の問題があるようです。

地下にある池袋演芸場はさもありなんだと思いますが、鈴本演芸場はりっぱなビルなのに・・と思いますが。

末廣亭や浅草演芸ホールは、すきま風も入るだろうから、換気の面ではクリアするのかも?

やっている所とやってていない所を間違えないようにしないと。

« 現金書留 | トップページ | 鈴本余一会 »

寄席・落語会」カテゴリの記事