« 東京落語会の会員継続 | トップページ | 歩き稽古 »

2020年1月24日 (金)

役を生きる

ある演劇に関わっている方のツイートです。
役者が舞台に出るのは「台詞を言うため」じゃないよ。
「役を生きるため」だ。
黙ってる時も生きてなきゃ。
それと台詞って一生懸命言うものじゃない。
大もあり小もあり、目を見たり見なかったり。
勿論「自分の声」じゃない」役」の声・話し方。
それが分からないのは「本が読めない」と言うことなんだよ。
・・・そのまま落語でも言えることだと思います。
_20200124_1008462
やっつけ仕事の「文七元結」の稽古。
読むんじゃない、覚えるんじゃない・・役が今(瞬間)を語るんだ。

« 東京落語会の会員継続 | トップページ | 歩き稽古 »

徒然」カテゴリの記事