« 国立近代美術館へ | トップページ | 新参さん »

2019年11月24日 (日)

夢学さん

千川駅から来たはずなのに、千早地域文化創造館の前で偶然百梅さんと一緒になったそうですが、反対方向から歩いて来たそうですから、きっと予想通り道に迷っていたようです。
稽古は「厩火事」。
夢学さんは、髪結いのおさきが相談に行く先を、同じ女性にし、女同士の会話にしています。_20191124_171851
台風などで、稽古に若干のブランクはあったものの、相応に練られて来ました。
_20191124_171950
実は、落語はこれからで、各会話の場面では、逐一その心理や視線や表情や仕草や口調を考えないといけません。
この緻密な作業が大事だと思います。
師匠から、次は師匠の創作の「救いの腕」を勧められています。
これも姉妹の会話が核になっていますから、面白いと思います。

« 国立近代美術館へ | トップページ | 新参さん »

落語っ子連」カテゴリの記事