« 連休は台風シフト? | トップページ | ラグビーワールドカップ開幕 »

2019年9月20日 (金)

義理の父親

さいたま市の小学4年生殺害事件は、父親が逮捕されました。
が、この父親は母親の再婚相手で、実父ではなかったようです。
32歳の無職の男は、私の子どもたちと同年配。
確かに、就職氷河期世代ではありますが、無職・・・。
それぞれ事情もあることでしょうが、結局、こういう男を再婚相手に選んだことが仇になってしまったということです。
最近の虐待事件や虐待の果ての殺人事件では、義理の父親が加害者になるパターンが多いようです。
自分のことは棚に上げ、子どもに躾と称する暴力・虐待を繰り返す。
こんな自分たちのことしか考えないバカ親たちが、子育てを放棄して最悪の罪を犯す。
何の罪もない子どもが犠牲になってしまう。
よく言われることは、「子どもは親を選べない」・・・。
悲しいことです。
死体遺棄容疑で逮捕された無職の父親(32)は、「本当の親じゃないくせに」と言われたなどと述べている。
この言葉に立腹したという趣旨の話をしている。
進藤容疑者は母親(42)の再婚相手。
母親の連れ子で、3人で事件現場となった集合住宅で同居。
容疑者は殺害したことも認めているという。
遺体の状況から、ひも状のもので首を絞めたとみており、室内から複数のひもを押収。
死因は、首を圧迫されたことによる窒息だった。
容疑者は「見つからないようにするために隠した」と死体遺棄容疑を認めている。

« 連休は台風シフト? | トップページ | ラグビーワールドカップ開幕 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事