« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

長月の落語徘徊

2019年9月は、大きなインパクトのある月でした。
_20190930_0817382
9月9日の台風15号で、千葉県が大災害に見舞われました。
2019090914330910000_l_20190930161201
落語っ子連の、千公さん、夢学さん、蝶九さんも、それぞれ停電でご苦労され、一部家屋に損傷を受けました。
2019091100000067asahi00013view_20190930161301
風の恐ろしさを実感しました。
一方で、私にとって、新たなチャレンジが2つスタートしました。
まずは、9月8日の「樂醉寄席」。
20190801120811867_00011_201909062128011
私個人の落語ライフの新しい挑戦です。
ご縁あって、落語を定期的にやらせていただけることになりました。
_20190910_0801382_201909151149011
必ずしも多くはないお客さまの中には、かなりの落語通の方が何人かいらっしゃるようで、勉強させていただきたいと思います。
Fb_img_1568007763940_20190930160201
第1回目は、「長短」と「試し酒」をやらせていただきました。
第2回目は、11月10日(日)に決まりました。
そして、9月28~29日の「ホームカミング寄席」。
0701_20190717105801_20190930155601
落研OBとしての新しいチャレンジです。
創部60周年記念がきっかけですが、同じ気持ちを持つ先輩との共演、現役部員の皆さんとのコミュニケーションの強化・・・。
_20190929_124348_20190930155701
全学同窓会「萩友会」の「ホームカミングデー」に参加出来たのは、大変幸運だったと思います。
_20190929_200653_20190930155701
「OB&現役コラボ」「志ん志・寝蔵・乱志三人会」の実現。
_20190928_151842_20190930155801
今後も続けられたら素晴らしいと思います。
9月14日には、出前落語会「高石神寄席」の3回目の公演。
31_20190912080701_201909140855011
お席亭の素晴らしさ、それにメンバーの皆さんの成長がとても嬉しかった。
_20190914_132522_20190930161901
また次回も呼んでいただけそうです。
_20190915_082922_20190930162001
私は、「樂醉寄席」と同じく、「長短」と「試し酒」をやりました。
今月は濃密でしたが、落語会は13日の「東京落語会」だけでした。
さぁ、来月以降は・・・。
10月6日は「ケアハウス寄席」。
Photo_20190924122101_20190930163001
11月2~3日は「落語っ子連公開稽古㏌佐原」。
_20190918_1737062_201909200725011 
11月10日は「樂醉寄席」。
2_20190920072201_20190930163101 
11月23日は「お江戸あおば亭」。
Photo_20190920071901_20190930163201 
12月21日は「深川三流亭」です。
14_20190920071801_20190930163201 
月末は大阪で過ごします。
さぁ、来月も頑張ろう。

9月末だと言うのに

まだ午前中なのに、新大阪駅前の気温は30度。

_20190930_105735

夏が終わりません。

今朝の富士山

昨夜遅く仙台から戻り、今日からは大阪に2泊3日の出張です。
_20190930_0804592
三島辺りまでは、溜まった疲れから熟睡していましたが、ふと目覚めると、車窓に富士山が見えて来ました。_20190930_0806202
珍しく雲が全くかかっていません。
_20190930_0816072
裾野まで綺麗に見ることが出来ました。
_20190930_0817382
何かホッとしましたので、二度寝を決め込むことにしました。
昨日までは第2の故郷にいて、今日は故郷の山を見ています。

十八番一覧

今回も「ホームカミング寄席 あおば亭」のめくりを「H先生」が書いてくださいました。_20190929_1328572_20190930084101
また、会場の壁にも、力作「喰亭寝蔵十八番一覧」「金願亭乱志十八番一覧」ついでに「三流亭流三十八番一覧」を貼らせていただきました。_20190929_1325083
やはり、寄席文字を見ると雰囲気が盛り上がります。
_20190930_0633412
なお、「談亭志ん志十八番一覧」も、近々発表されるそうです。
「H先生」ありがとうございます。

2019年9月29日 (日)

現役部員の皆さんありがとう

今回の「ホームカミング寄席あおば亭」は、現役部員の皆さんの協力や出演がなかったら、開催することは出来ませんでした。
とにかく、感謝、感謝です。
_20190929_1328572
座布団やめくり台などを貸してもらいました。
_20190929_060336_20190929220401
会場の設営を手伝ってもらいました。
_20190928_152054_20190929220401
出囃子のCD操作をしてもらいました。
_20190928_154745
我々OBの高座を聴いてもらいました。
_20190929_142018_20190929220501
現役部員の皆さんの高座を聴かせてもらいました。
_20190929_141921_20190929220501
会場の撤収を手伝ってもらいました。
_20190929_144929_20190929220601
せめてもの感謝のしるしに、出演してくれた6名には、圓窓師匠の手拭いをプレゼントさせてもらいました。_20190929_221139
本当にありがとう。
これに懲りずにまた、一緒に何かやりましょう!
よろしくお願いします。

さようなら仙台

第2の故郷仙台。
_20190929_195434
今回も楽しい思い出を作ることが出来ました。
_20190929_195446
ありがとう仙台。
_20190929_200116
8時ちょうどのやまびこで、東京に向かいます。
また来ます。

志ん志、寝蔵両師匠と

現役部員の皆さんと別れて、志ん志師匠と寝蔵師匠と3人で、一番町で打ち上げ。
_20190929_192623
3人とも大満足で、文字通り美酒に酔いました。
_20190929_192608
一番町の焼鳥屋さん。
昨日の店の隣でした。
とにかく、こんなに落語に対して共有出来る先輩がいてくれて、同じ高座で共演出来る嬉しさと言ったらありません。
お2人は、今夜は仙台で泊まるそうなので、私は失礼して、仙台駅に向かいます。
とても幸せです。
志ん志師匠、寝蔵師匠、お疲れさまでした。

ホームカミング寄席2日目午後

中入りでお昼休みにしていたら、女性の3人グループがご来場。
息子さんが大学院に進まれるというお母さんと、そのお母さんと叔母さまということでした。
新潟の上越市からいらっしゃったということで、越後の名人寝蔵師匠から、早速開演することになりました。
とにかく、なんでも柔らかく行こう、お客さま最優先ということで。
◇「味噌豆」              喰亭寝蔵
_20190929_142112
◇「つる」                   喰亭寝蔵
_20190929_142051
◇「長短」                  金願亭乱志
_20190929_1325572
◇「加賀の千代」      我舎臥舎ぽん
_20190929_142018
◇「野ざらし」           談亭志ん志
_20190929_141950_20190929142301
◇「親子酒」               水亭稔保
_20190929_141921
◇「道灌」     森亜亭京樹  
_20190929_144929
◇「宿屋の富」          喰亭寝蔵
_20190930_121435
2日目も、実に楽しい充実した1日になりました。
上越から来られた3人は、3時ちょっと前に秋保温泉に向かわれました。

落研のツイート

会場で、現役部員がツイートしてくれています。

_20190929_200653

ただ今4年生の我舎臥舎ぽんさんが、「加我の千代」を熱演中。
リアルタイムのライブ配信。

ホームカミング寄席2日目午前中

10時「ホームカミング寄席 あおば亭」の千穐楽(2日目)を開演。
◇「鋳掛屋」                談亭志ん志
_20190929_124348
イベントのスタッフのカメラマンの女性が、志ん志師匠の高座を撮影してくれました。
撮影が終わってからも、暫く座って落語を聴いてくれました。
◇「英語版・味噌豆」  喰亭寝蔵
_20190929_124416
満を持しての登場。
まずは口試しの「味噌豆inEnglish」から。
◇「時蕎麦」                喰亭寝蔵
_20190929_124456
◇「試し酒」                  金願亭乱志
_20190929_1919222
何をやろうかと迷った挙句。
◇南京玉すだれ              杜の家くるみ
_20190929_124603
くるみさんがお里帰りをしていて、わざわざ駆けつけてくれて、得意の玉すだれを披露してくれました。
とても盛り上がり、ひたすら感謝、感謝。
_20190929_124524
あ、さて、あ、さて、さては南京玉すだれぇぇぇ。
午前中の部はこれにてお中入りです。

片平キャンパス散策

2日目の朝、片平キャンパスを散策しました。
_20191001_1403462
_20191001_140248
_20191001_140232
魯迅の階段教室は重要文化財。
_20191001_140326
「尚志」の像。
_20191001_140216
誰だったっけ?
_20191001_140205
これは魯迅ですね。
_20191001_140151
東北帝国理科大学発祥の碑。
_20191001_140116
東北大学といえば、金属材料研究所。
_20191001_140043
街を向かず、伊達政宗廟(瑞鳳殿)を向く正門。
_20191001_140058
平和です。

忘れてた・・

街をウロウロしていて、朝食を忘れていました。
_20190929_081804
気がついた時には、片平キャンパスの近くまで来ていて、朝から食事の出来る店がありません。
結局、全国どこにでもカフェのモーニングセット。

2日目の朝

ホテルをチェックアウト。
_20190929_080345
東西連絡通路を西口へ。
日曜日の朝早くなので、まだ人の数は少なめです。
_20190929_080321
仙台駅を横目に見ながら、地下鉄へ。
_20190929_080308
昨日と同様、1駅地下鉄で青葉通一番町まで。
_20190929_080702
さぁ、2日目です。

ホテルのラウンジで

起床して、昨夜のラグビーのハイライトを視聴して、部屋を出ました。
_20190929_0751152
ホテルに立派なラウンジがあるので、ちょっと寛ぐことに。
_20190929_0747342
部屋のドアに新聞の朝刊が差してあり、トップはやはりラグビーの勝利の記事でした。
_20190929_0749312
仙台駅東口の景色が綺麗です。
_20190929_0748112
10年前の50周年の時に「浜野矩随」を演じたホテルの建物も見ることが出来ました。
これも何かの縁ですか。

ご贔屓のお二人

午後の開演前からご来場くださった方がお2人。
右側の方は、駄馬師匠のご友人で東北大学の卒業生の方。
左側の方は、落研の発表会にも来てくださるご常連とのこと。
_20190929_0607462
駄馬師匠のご友人こそ、10年前の11月の「創部50周年記念OB落語会」にご来場くださり、私の「浜野矩随」を聴いてくださり、折に触れて「また聴いてみたい」と仰っていた方だそうです。
駄馬師匠から「ホームカミングデー」のことをお聞きになり、私に「浜野矩随」の再演をリクエストしてくださったという訳。
今回の「ホームカミング寄席」では、番組は作らず、会場の様子を見ながら適宜高座にということにしていましたが、唯一確定したプログラムが、初日午後1時からの「金願亭乱志・浜野矩随」でした。
ご常連の方もさすがに落語通で、「浜野矩随」もご存じで、母親が死なないバージョンでお聴きになつたことがあるそうです。
「いやぁ、10年待っていた甲斐がありました」と仰っていただき、大変うれしく思いました。

2日目の朝

おかげさまで、夜中に世界陸上を視聴したりで、ゆっくり出来ました。
_20190929_0545452
ホテルの窓から外を見ると、雨は降っていない様子。
_20190929_0546272
駅に繋がっているので、仙台駅のホームが見えます。
さぁ、「ホームカミング寄席」の2日目。
今日は、新潟から喰亭寝蔵師匠が来てくださることになっています。
10時から落語会を始めて、昼1時間をお中入りにして、4時ぐらいまでやってみようと思います。
現役部員の皆さんも3人が出演してくれる予定です。
1日楽しみたいと思います。

仙台の落語会

落研創部の精神「仙都に笑いを」は、当時は仙台で生の落語を聴く機会がほとんどなかったという背景もあったそうです。
落研部員の落語、落研が呼ぶプロの落語が、数少ない機会の一つだったそうです。
時は流れて、今や新幹線も開通して、東京も近くなり、仙台も都会になり、様々な分野の公演も増える中、落語も数多くの噺家さんが来て、多くの市民が聴くというパターンも定着しているようです。
それに、「花座」という寄席もオープンしましたから。
_20190929_045211
街角でこんなポスターを見つけました。
10月20日(日)に林家正蔵さんが来仙するようです。
建設関連のイベントのようです。
「入場無料」ですね。

落研のツイッターでも

現役部員の皆さんも、初日をツイッターで拡散してくれていました。

_20190929_044645

落語会をみんなで作り上げて行くということで、とてもありがたく思います。

初日打ち上げの後ホテルへ

ホームカミング寄席の後、志ん志師匠とご来場くださった二代目杜の家とん平師匠と3人で、一番町でささやかなプチ打ち上げ。Images-7
疲れを癒しながら楽しいひととき。
_20190928_215218_20190929012501
外に出ると雨が降っていました。
予約してある駅前のホテルにチェックイン。
_20190929_0117022
このホテルはまだ新館で、初めて行った泊まりますが、本館には何度か泊まっているので、カスタマーデータがあるとのことで、すぐにチェックイン出来ました。
_20190929_0116242
新しいし、やや広めなので!ゆっくり出来そうです。
_20190929_011751
新しいホテルなので、トイレやバスルームも綺麗です。
_20190929_012354
ラグビーで喜んだ後、昨日の寝不足が襲って来て、バタンキュー。
気がつくと既に深夜。
つけっぱなしだったテレビは世界陸上で、100メートル準決勝で、日本人選手3人が敗退したところでした。

2019年9月28日 (土)

大番狂わせ!?

仙台の中央通りを歩いてホテルに向かっている時、どこからか喚声が聞こえました。
「あぁそうか。ラグビーやってんだ。日本がトライでもしたんだろう。ホテルで観戦しよう」と。_20190928_215218
ホテルの部屋に入ってテレビのスイッチをONにしました。
_20190928_215146
残り時間はもう1分足らず。
得点は・・・・?
驚きました。
に・・日本が・・・リードしている。
相手は世界ランク第2位の優勝候補。
か・・勝った!

ホームカミング寄席初日

午前中は現役部員の皆さんとの座談の場になりました。
と言っても、私が落研の歴史や今の活動について説明することが多かったようですが。
そして、午後からいよいよ落語会の始まり始まり。
◇「目黒のさんま」    鉄乃多々良
_20190928_152028
◇「浜野矩随」           金願亭乱志
_20190928_154726
◇「随談」                    桂友楽
_20190930_130525
ちょっと体調が優れないということで、落研創部時代の苦労話と友楽師匠の自慢話を聞きました。
体調の悪い中にも拘わらず、来てくださってありがたい。
◇「松山鏡」                天羽亭来々
_20190928_154908_20190930130301
 
来々さんには申し訳ない。
「浜野矩随」の後、着替えをしていて写真を撮ることが出来ませんでした。

◇「崇徳院」      好亭ボナパルト
_20190928_152054
◇「粗忽長屋」            談亭志ん志
_20190928_154658
ちょうど4時となり、初日はこれでお開きです。
私に「浜野矩随」をリクエストしてくださった方も、最後まで聴いてくださいました。
なかなか来客誘導が難しいロケーションですが、楽しい時間になりました。
明日がまた楽しみです。

桂友楽コレクション

会場の受付のところ。
_20190929_020223
桂友楽選手が、数多い扇子コレクションの中から、レアな品を持って来てくださいました。_20190929_011156
なかなか貴重なもので、昭和37年の志ん朝師匠や若き日の圓窓師匠のだとか。
私はどうも、こういう類の品物を収集する気にはならないなぁ。
でも、貴重な品も多くありました。
なんでも鑑定団に出したら・・なんて。

ホームカミング寄席の会場

東北大学北門前。
昔は、堅牢な門がありましたが、かなりオープンになりました。
_20190928_0831192
会場の北門会館はその手前にあり、昔は北門食堂でした。
_20190928_0831582
現役部員の皆さんが、チラシを貼ってくれて、導線を示してくれました。
2階のラウンジが分かりづらいので助かりました。
_20190928_1519092
元々のレイアウトから、落語会仕様にしなくてはいけません。
_20190930_0646482_20190930131802
走れ家駄馬師匠と机や椅子を並べ替えて会場を設営しました。
_20190928_151822
毛氈やめくり台は、現役部員に借りました。
_20190928_151941
約30名の席で、とても良い雰囲気になりました。
_20190928_152004
さぁ、まずは座談の時間です。

会場の設定

北門会館の入口。
_20190929_014824
一応階ロビーのエレベーターの前。
_20190929_014850
萩友会ラウンジの入口。
_20190928_151822_20190929014601
そして会場内。
_20190930_0646482_20190930131501
上がビフォー、下がアフター。
_20190928_151842
なかなか良い会場が出来ました。
_20190928_151941_20190929014701
高座の後ろの絵のアンマッチがご愛嬌。
_20190928_152004_20190929014701
壁も少し賑やかに。
_20190929_015604_20190929015801
約30席のサイズは想定通り。

懐かしいなぁ

一番町から片平キャンパスまでのわずかな間でも、仙台の街の変貌が分かります。
_20190929_0526292
とにかく綺麗になりました。
昔から杜の都は綺麗な街だったと思いますが、ますます。
但し、昔あった店はほとんど残っていません。
ここにはパチンコ屋さんがあったのに、今は大きなビルになっていたり・・・。
ちょっと寂しさを感じた時に、「あぁ、あったぁ!」。
_20190929_0525372
「金港堂」書店!懐かしいなぁ。
嬉しいなぁ。
_20190929_052721
こんな路地裏の飲み屋街(横丁)も残っていました。
_20190929_0524322
南町通りから片平方面を見ると、突き当たりの緑が片平キャンパスです。
ここを南に歩いた左側・・・あった!
_20190929_053522
鰻屋さんの「開盛庵」。
当時の建物のまま、看板のままです。
学生ですから、入ったことは何度もありませんが、残っていました。
青葉通一番町から片平キャンパスまで、昔を残してくれていた「金港堂」と「開盛庵」に感慨無量でした。

片平キャンパスへ

仙台駅に到着。
_20190928_152602
荷物が重いのでタクシーで行こうとも思いましたが、1駅地下鉄で青葉通一番町駅まで乗ることにしました。_20190928_152658
仙台の地下鉄は、東西線と南北線が、仙台駅でクロスしています。
_20190928_1527272
青葉通一番町駅で下車して歩いて少し、片平キャンパスに着きました。
_20190928_190407
ちょうど萩の花も咲いていました。
_20190928_190343
さぁ、いよいよです。

駅弁

ホームの駅弁屋さんが開きました。
時間があまりないので、手当たり次第に選んだのがこの駅弁。
_20190928_062039
要は、魚(鮭)判の親子丼ですね。
_20190928_062216
しかし、やっぱり美味い!
_20190928_062157
さぁ、お腹もくちくなったので、一眠りしようか。
しかし、この電車は盛岡行きだから、寝過ごさないように気をつけないと。
・・・と言っているうちに宇都宮に着いてしまいました。

やまびこ41号

私が乗る「やまびこ41号」が入線して来ました。
_20190928_061357
えぇと、9号車7番A席。
_20190928_0617132
なかなかゆったりしています。
_20190928_061414
座席の座り心地は東海道新幹線よりも良いですね。
_20190928_061751
発車して間もなく、以前から気になっている「萩の月」乗る大きな看板は、上中里辺りなんですね。_20190928_0616092
さぁ、旅情を楽しむことにしましょう。

上野駅

朝早い上野駅は、まだ人の数も少なくて静かです。
_20190928_060135
昔、北へ向かう特急列車が発着していた1階ホームに来ても、まだ人肌まばら。
_20190928_060202
石川啄木の歌碑越しに、真っ直ぐ伸びる北へ向かう線路を見つめます。
_20190928_0600252
長ぁいエスカレータで地下3階まで下りて、さらに乗り換えてホームへ。
_20190928_055957
ホームでは、やまびこ・はやぶさ・こまちが一度に見られます。
_20190928_055526
私が乗る「やまびこ41号」は、東京から19番線に到着します。
_20190928_0559182
あ、腹が減ってるけど、まだどこも開いていないのでホームまで来てしまいました。
車内で買うことにしようか。

出発

ちょうど5時に家を出ました。
彼岸を過ぎて日の出も遅くなり、まだ夜が明けず、あたりは真っ暗です。
_20190928_0520072
歩いているうちにだんだん明けて来ますが、まだ日の出には時間がありそうです。
調べると、東京の日の出は5時32分。
_20190928_0519312
時間も早いし、土曜日ということもあって空いているかと思いましたが、ホームにはかなりの数の人が電車を待っています。_20190928_0518432
電車の中は、ゆったり座れるぐらいでしたが。
_20190928_052449
かなりの寝不足・・・。
天気は良さそうです。
着物を2着、帯も2本入れた鞄が重たい・・・。

今日は「ホームカミング寄席」

Topbnr_201908_20190923211001_20190925095101
いよいよ「ホームカミング寄席」当日になりました。
5時頃に自宅を出て仙台に向かいます。
8時過ぎには仙台駅に到着するはずです。
「ホームカミング寄席 あおば亭」を片平北門会館の萩友会ラウンジで開催します。
今日と明日、いずれも10時から16時まで、皆さまをお待ちしています。
_20190812_070932_20190831084401_20190925095001
20人程度のこじんまりしたスペースで、楽しく過ごしたいと思います。
222
OBと現役のコラボ。
私も頑張って、2日間で4~5席ぐらい出来れば・・と思っています。

2019年9月27日 (金)

スケジュールチェック

昨日から始まった"死のロード"。
済9/26(木)   大阪 出張   (大阪泊)
済9/27(金)    大阪 出張
 9/28(土)     仙台 ホームカミングあおば亭 (仙台泊)
 9/29(日)     仙台 ホームカミングあおば亭
 9/30(月)  大阪 出張   (大阪泊)
 10/1(火)  大阪 出張   (大阪泊)
 10/2(水)  大阪 出張
 10/3(木)  東京 通常勤務 (歯医者)
 10/4(金)  富士 帰省
 10/5(土)  東京 休日出勤
 10/6(日)  東京 深川三流亭inケアハウス(市川) 
 10/7(月)  東京 通常勤務・演読亭稽古会 (千早)
まだ始まったばかり。

駅弁

夕方の会議が終わり、新大阪駅へ。
_20190927_182904
東京着は9時近くになるので、車内で駅弁を。
_20190927_182846
また、トンカツ弁当。
_20190926_214926
しつこいようですが、明日は「ホームカミング寄席」です。
目下、頭の中はこればかり。

これまた説得力ゼロ

全く、これが日本でも有力な会社のトップなんでしょうか?
As20190927001045_comm
「せっかくなので受け取ったら高額だった」関電社長が会見で。
せっかく?
公的な事業を行う企業のトップの発言とは思えない。
ゴーン某とは違うんだから。
要するに"金"なんですよね。
「提供したのは地元有力者。返すとか、受け取れないといった場合、非常に厳しい態度で、先方も返却を拒んだ。その方との関係悪化を恐れて、返せるときに返そうとしていた」。
これなら、総会屋や反社会勢力と付き合うのと同じじゃありませんか?
ここで毅然と出来てこその立場だと思います。
森田知事も関西電力のトップたち、呆けているというか、李下の冠ですよ。

説得力ないなぁ

結果論かもしれませんが、批判されている森田千葉県知事の対応は、やはり・・・ちょっと。K10012102101_1909271641_1909271650_01_02
台風上陸の前日に、東京でパーティーに出ていたとか、当日は県庁に登庁しなかったとか。
そもそも、普段から県庁に来ていない日が多いこともばれてしまったようです。
知事の仕事は、必ず県庁に登庁しなくてはいけない訳ではない、ミッションを遂行していればどこにいても・・は建前で、やはり県民感情としては「何やってんだ?」と思ってしまう。
タレントなら、オーバーアクションやオーバープレゼンスはお手のものなんだから、ますます不信感が募ります。
熊本でも、広島でも・・・、被災地の知事や市長が真っ先に姿を見せましたよ。
タレント知事に一番期待される部分なのに、肝心な時に姿が見えないというのは、問題があるなしの次元ではないと思いますよ。
ねえ、鈴木栄治知事(本名)さん。

事件の可能性?

山梨県道志村は、実家とは富士山を挟んでちょうど正反対の場所です。
Evt19092521260037m1
山梨県道志村のキャンプ場で21日から行方不明となっている千葉県成田市の小学1年の女児について、県警や消防、自衛隊は今日も約260人態勢で捜索。
7日目を迎え、県警は「事件に巻き込まれた可能性も否定できない」として、事故、事件の両面で調べている。
・・事件の可能性もあり得る・・・か?

とても良い時代に

今日開催される落語会。
何と、前座さんの三人会。
前座さんの会が、広く拡散されるというのも、フリーかつインターネット時代だからこそなんでしょう。
Efce5jgu8aet8fq
「未来の名人」なんて・・・。
若いうちから贔屓する(される)という"青田刈り"もありかな。
そもそも君たちの師匠がどうなんだいと思うのは、やはりジジイなのかなぁ‥?

不思議な光景

即位だとか大嘗祭だとか、なかなか頻繁に拝見出来るものではありませんから。
6_20190927135901
天皇陛下の即位に伴う伝統儀式「大嘗祭」で使う米を収穫する「斎田抜穂の儀」が栃木県と京都府で行われました。
「さいでんぬきほのぎ」と言うんですね。
「ぬきほ」と訓読みなんですね。「ばっすい」ではない。
4_20190927135901 
「大嘗祭」で使う米を収穫する「斎田」は先週、東の「悠紀」地方が栃木県高根沢町の田んぼに、西の「主基」地方が京都府南丹市の田んぼに決定。
それぞれの斎田で知事や地元の農協の代表、それに宮内庁の幹部などが参列して、「斎田抜穂の儀」が行われました。
京都府では斎田の近くに周囲にしめ縄を張った「斎場」が設けられ、「抜穂使」として派遣された皇室の祭祀をつかさどる掌典がテント張りの神殿の中に入り、実りへの感謝と収穫を告げる祝詞を読み上げました。
続いて、斎田で耕作に当たった「大田主」と呼ばれる男性や地元の農家の男性ら10人が黒いえぼしに白い装束姿で田んぼに入り、稲を鎌で刈り取りました。
9_20190927135901
刈り取った稲は4束にまとめられ、「三方」と呼ばれる白木の台に載せて斎場に運ばれました。
そして「抜穂使」の確認を受けたあと、稲を納めるための殿舎に置かれ、儀式は1時間ほどで終わりました。
やはり日本は「瑞穂の国」なんですね。
娘の名前に「瑞」を使いました。

しつこいですが・・・

OBの皆さんに、MLで再度情宣して、ご来場をお願いしました。
3_20190927130001
皆さま
いよいよ明日と明後日が「ホームカミング寄席」です。
初めてのことなので、果たしてどうなるか分かりませんが、なんとか盛会にしたいと思います。
9時から現役部員の皆さんに手伝ってもらい会場を設営した後、ご来場者を見て、談話したり落語を聴いてもらったりして、夕方4時近くまでオープンしています。
おかげさまで、現役の皆さんが常時数名いてくれるようで、ありがたいことに落語も6人がやってくれることになっています。
初日は志ん志師匠と2人、2日目は寝蔵師匠が加わってくださり、友楽師匠にも一席お願いしています。
現役の皆さんとは、これからのコラボの礎を構築して来ることが出来ればと思っています。
片平キャンパスの北門会館「萩友会ラウンジ」で、10時から4時頃まで、その後は簡単に打ち上げをやる予定です。
是非ともお気軽にご来場ください。
創部60周年ということで、友楽師匠には、創部直後の頃のお話もしていただこうと思います。
周年記念イベントは基本的に10年単位で開催したいと思いますので、次の70周年まで自信のない方は、今回が最後の周年企画になるかもしれませんので。
志ん志師匠と寝蔵師匠と私のOB3人は、演目を最低でも3席ずつは準備して適宜ご機嫌を伺います。
皆さまのご来場をお待ちいたしております。
               OB落語会/金願亭乱志
・・・さぁ、どうなりますことやら。

明日の手拭い

明日(と明後日)はどの手拭いを使おうか・・・。
やはり、萩の柄のにしようか。
_20180825_2037512_20190927113701 
仙台の花でもあるし、母校のシンボルでもあるし。
14661739449681
もう1本ぐらいは持って行こう。
_20190713_0609282_20190927113201
東北大学では、公式ロゴマークを平成17年3月に制定しました。
「Creativity」「Global」「Tradition」をキーコンセプトに、仙台を象徴する植物、「萩」をモチーフとし、世界に大きく広がっていく動きがデザインされてます。
また、公式カラーは、「紫」と「黒」の二色を採用しており、「紫」は知性と創造力を、「黒」は勤勉と実践力を表現しています。
Logo_e_n Logo_j_p
平成19年6月には東北大学ロゴマークを学章とするとともに、「紫」をスクールカラーとしました。
・・・ホームカミングデーだから。

そう言いますか・・・

そこまで言いますか。
そこまで言えますか?
Efbpnirvuaapexy
三遊亭には違いはない、確かに辿れば繋がるかもしれない。
しかし、圓朝→圓丈→天どん・・は言い過ぎでしょう。
こういう類の表現は、自分(サイド)から言うのではなくて、問わず語りに誰か(第三者や次代の人たち)が言い出すものだと思います。

SNSに

いよいよ明日になった「ホームカミング寄席」。
SNSにもしつこく投稿して拡散を図っています。
    _20190927_064955
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2019/09/post-0a2d77.html
Sketch1569534716410_20190927065301

_20190927_065018
・・・大勢の人にご来場いただきたいので。

心を込めて

ラグビーのワールドカップ。
優勝候補のニュージーランドチームが、試合後に並んでお辞儀をしています。
Photo_20190927074201
ニュージーランドだけに限らず、他のチームをお辞儀。
1_20190927074201
全ての会場で、こんな光景が見られているそうです。
    3_20190927074301
マスコミは"おもてなし返し"なんて言っていますが、ただ恰好を真似ているのでなければ、それは素晴らしいことだと思います。
勿論、日本流を強要する訳でも、している訳でもないでしょう。
日本人のメンタリティを少しでも理解してもらえるなら、ありがたいことだと思います。
Efnwowgvaaaedpt 
さらに、選手の控室でも、箒やモップで掃除をしたり、外国人サポーターもスタンドのゴミの持ち帰りや掃除をしているそうですから、とても良い景色です。
日本人の中にも大勢いるアホたちにはどう映りますか・・。

いよいよ明日は「ホームカミング寄席」

Logo3_20190925094501
「東北大学112周年ホームカミングデー」に初めて参加します。
東北大学落語研究部創部60周年記念「ホームカミング寄席」。
0701_20190709105401_20190925094401
こじんまりしたスペースで、ホームカミングの趣旨に合わせてご来場者と談話したり、勿論、落語も聴いていただきます。
221

現役部員も6名出演してくれるそうです。
ありがたい。
【出演予定者】
 ≪OB≫  
◇「カラオケ病院」ほか   桂友楽 (66年経済学部卒)
◇「長屋の花見」ほか          談亭志ん志 (74年工学部卒)
◇「寝床」「時蕎麦」ほか  喰亭寝蔵 (76年工学部卒)
◇「浜野矩随」「長短」ほか 金願亭乱志 (79年法学部卒)
 ≪現役部員≫
◇「親子酒」        水亭稔保 (工学部1年)
◇「目黒のさんま」     鈴乃多々良 (農学部1年)
◇「粗忽の釘」       森亜亭京樹 (法学部2年)
◇「崇徳院」        好亭ボナパルト (経済学部3年)
◇「鈴ヶ森」        我捨臥舎ぽん (経済学部4年)
◇「松山鏡」        天派亭来々 (工学部4年)
創部60周年・・・、OBの数も300名ぐらいにはなるのでしょう。
はっきりしないところが落研らしいところ。
恐らく、東日本の在京以外の大学落研では最も古いと思われます。
創部当時の先輩方もご健在で、喜んでいることでしょう。
東大や京大や名大や阪大などと違って、プロになったOBはいませんが、歴史と伝統はどこにも負けません。

由規復活!

プロ野球は、パシフィックリーグは西武が優勝しました。
さらに、昨年最下位だった東北楽天が3位になってクライマックスシリーズの権利を得、結果次第で日本シリーズ出場の可能性も出て来ました。
昨日の試合で、最後を締めたのが吉規投手。
   001_size4-1
地元出身で、長らく怪我のために苦労していましたが、やっと一軍マウンドに立ち、1回を抑えました。
復活劇に楽天ファンからはこの日一番番の歓声が送られた。
移籍後初の1軍登板。
由規は「ブルペンからマウンドに向かうまでに、監督が送り出してくださって。『とにかく思い切って腕振ってこい。楽しんでこい!』と言っていただいたので。それですごく吹っ切れたというか、思い切り行ったろう!という気持ちになれたので、すごくありがたかったです」と平石監督の言葉に感謝した。
由規は昨年6月に右肩を痛め、11年間在籍したヤクルトを昨季限りで戦力外になり、育成選手として、高校まで生まれ育った地元・仙台を本拠地とする楽天に移籍した。
16年にも育成降格と支配下復帰を経験した苦労人は、今回も地道なリハビリを経て、7月28日に支配下登録をもぎ取っていた。
最速150キロをマークするなど1回無安打無失点2奪三振の好投で、試合後に「原点に返って気持ちで抑えに行く、久々に体で感じれた」「(ファンの大歓声は)聞こえてました、はっきり。こみ上げてくるものはありましたが、抑えることが仕事なので。とりあえず落ち着いていこうと。去年の今頃は試合で投げてない。プロ野球選手としていられるかという状態。拾って頂いた楽天イーグルスに本当に感謝です」と述べた。
・・・なぜか応援したくなる選手です。

萩友会

3_20190924172001
東北大学萩友会(しゅうゆうかい)は、東北大学の全学同窓会。
東北大学萩友会は、東北大学の学生、学生のご家族、卒業生、教職員など東北大学関係者を会員として会員相互の親睦と交流、発展を目指す全学の同窓会です。
創立100周年を迎えた2007年に次の100年の大学づくりの礎として東北大学校友会として発足し、2009年6月に「東北大学萩友会」を正式名称としました。
(萩友会)
http://www.bureau.tohoku.ac.jp/alumni/event.html
Logo3
東北大学ホームカミングデーは、同窓生が旧友や懐かしい恩師と再会し、 在校生と親睦・交流を深めていただくため、そして何より「母校に帰ってきていただきたい」という思いを込めた企画で、創立100周年を迎えた2007年から毎年秋に開催しています。
(ホームカミングデー)
http://www.bureau.tohoku.ac.jp/alumni/hcd/2019/index.html
_20190812_070932_20190831084401_20190924172801
ホームカミング寄席あおば亭は、1959年創部で今年60周年を迎えた東北大学学友会落語研究部のOB落語会が主催する落語会。
国内大学屈指の歴史と伝統を有する落研のOBと現役部員が、昔(日頃)鍛えた(鍛えている)実力を披露いたします。

2019年9月26日 (木)

自分勝手な

伊丹空港ではちょっとした騒動があったようです。
_20190926_1101162
全日空の保安検査場で、係員が乗客の手荷物の中にあった刃物を見逃し、機内に持ち込まれた可能性があるということで、全便の運航を見合わせたそうです。
刃物は折りたたみナイフ。
刃物を持ち込んだ利用者は40~50代ぐらいの男。
かばんの中に折りたたみナイフ1本を入れていたとみられる。
係員に指摘されたところ、男性は「小さいから持ち込んでも大丈夫」という趣旨の話をし、本来は刃物の持ち込みが禁止されているにもかかわらず、係員が誤って返却してしまったという。
Photo_20190926151901
全日空は、9時30分頃から南ターミナルを出発する全便の運航を見合わせ、午後1時頃に再開したが、国内線11便は欠航。
これって、その係員のミスということになるんでしょうが、その男の勝手さも謗られるべきでしょう。
もう15年以上も前のことですが、福岡に出張するので羽田空港へ行って手荷物検査を通ったところ、係員に止められました。
係員曰く、「鞄の中にナイフのような物が映っています」と。
「えっ?ナイフなんか持ってませんよ」
「ちょっと鞄の中を拝見してもいいですか?」
・・・何と、直前に取引先からノベルティでもらった小さなケースの中に、耳かきやピンセットと針と糸と爪切り、そして爪を研ぐやすり。
このやすりが確かにナイフの刃のような形をしていた。
   B8b4e5558219146a6d915d607a2eb046e
こんな感じの物が入っていたんです。
それが引っ掛かったという訳です。
結局、原因は分かりましたが鞄は機内には持ち込めず、預けさせられました。
・・・他人の起こした些細なことで、搭乗する予定の便が欠航になってしまった方々こそ、ほんとうに気の毒です。

関西も晴天

良い天気です。
京都も晴れています。
_20190926_103756
京都と大阪の中間の高槻辺りには、去年の地震で被災して、まだビニールシートを被せたままになっている家屋が、新幹線の窓から散見されます。
まだ、完全に復興出来ていません。
_20190926_1048352
新大阪駅から大阪市街に向かう淀川の上空には、伊丹空港へ向かう旅客機の機影が青いそらと白い雲に映えて見えます。
写真だと小さくて分かりづらいですが。
_20190926_1101162
関西も良い天気。

ミヤギテレビ杯

第47回ミヤギテレビ杯女子ゴルフオープンが開催されます。
毎年この時期に開かれて47回目。
国内の女子ツアーでは、かなり古いトーナメントだと思います。
元々、仙台のテレビ局「ミヤギテレビ」の開局記念イベントとしてスタートしたはずです。2019_mmt_top_1600x780960x600
学生時代、このトーナメント(スポンサーや会場は違いますが)でアルバイトをしました。
先輩(OB)の内気家てれ生師匠がいらっしゃり、お世話になっていました。
アルバイト代は、落研主催の「落語観賞会」の資金に"上納"させられるというものでした。
例えば1年生の時は、「馬生独演会」の資金稼ぎでした。
仕事の内容は、要は雑用。
会場のテント設営、当日の受付のギャラリー誘導、そしてコースに出てカメラマン補助。
当時はVTRはなく、35ミリフィルムカメラでしたから、バッテリーやフィルムをバッグに入れて、カメラマンについてコースを回りました。
当時は、樋口久子、大迫たつ子あたりがトップで、岡本綾子などは若手でした。
間近でトッププロの表情やプレーを見ながら、楽しいアルバイトでした。
_20190926_100726
開幕の前日、今まさに大ブレイク中の渋野日向子プロが失われて地元の病院に入院中の子どもを見舞ったというのが紹介されていました。
・・・懐かしいなぁ。
弁当が美味かったなぁ。

迷惑?

電車に乗って感じること。
_20190926_0622482
ドアの脇のシートの仕切りボード?に寄りかかって立っている人が多くいます。
    _20190926_062231
それは別にそういう作りにもなっているんでしょうから、いっこうに構いませんが、時々・・・。
    _20190926_0621142
女性の長い髪、パーカーのフード、マフラー、背負ったバッグ(リュック)などが、座っている人の頭や顔に触れたり、当たったりすることがあります。
寄りかかっている本人は気がついていませんが、イライラすることもあります。

今日の富士山

危ない、危ない・・・。
うっかり寝過ごしてしまうところでした。
気がつくと、ちょうど新富士駅を通過するところ。
しまった・・・、新富士駅手前からの景色が撮れなかった。
_20190926_1503302_20190926150401
仕方がないので、新富士駅通過後の新幹線車窓からのいつもの富士山。
_20190926_0817282_20190926082401
東京よりも静岡県に入ってから天気が良くなりました。
_20190926_0816442_20190926082401
ちょうどよい気候になりました。
_20190926_0816002_20190926082501
今日から暫くの予定。
9/26-9/27     大阪(出張)
9/28-9/29     仙台(ホームカミング寄席)
9/30-10/2     大阪(出張)
10/3             東京(歯医者にも)
10/4             富士(帰省)
10/5             休日出勤(会議)
10/6             ケアハウス寄席(出前落語会)
10/7             演読亭稽古会(新稽古連のスタート)
"死のロード"が始まります。

聴きに行こうか

もう年末年始の落語会のチケットが。
Fb_img_1569367564190
行ってみようかな。

高輪ゲートウェイ駅

東京駅を発った新幹線の車窓に見える景色。
_20190926_0702262
品川の手前に、現在建設中の新駅。
評判のあまりに良くない名称「高輪ゲートウェイ駅」。
_20190926_070313
サーカスのテントみたいな外観がかなり見えて来て、やはり「芝浜」にならなくてよかったと思います。

まだ見つからない

山梨県道志村で行方不明になっている女児の安否。
8_20190926064501
昨日も見つかりませんでした。
K10012099241_1909252205_1909260631_01_02
体力も限界になっているはずだから。

ホームカミング寄席の出演予定者

さぁ、間近に迫った「ホームカミング寄席 あおば亭」。
221
OBと現役部員の皆さんとのコラボレーションが実現します。
2_20190924121901 
出演者は多士済々になりそうです。
【出演予定者】
 ≪OB≫  演目は私の勝手な想像です
◇「カラオケ病院」ほか   桂友楽 (66年経済学部卒)
◇「長屋の花見」ほか          談亭志ん志 (74年工学部卒)
◇「寝床」「時蕎麦」ほか  喰亭寝蔵 (76年工学部卒)
◇「浜野矩随」「長短」ほか 金願亭乱志 (79年法学部卒)
 ≪現役部員≫
◇「親子酒」        水亭稔保 (工学部1年)
◇「目黒のさんま」     鈴乃多々良 (農学部1年)
◇「粗忽の釘」       森亜亭京樹 (法学部2年)
◇「崇徳院」        好亭ボナパルト (経済学部3年)
◇「鈴ヶ森」        我捨臥舎ぽん (経済学部4年)
◇「松山鏡」        天派亭来々 (工学部4年)
・・・これは凄い!
順不同で、適宜高座に上がってもらうことにします。

2019年9月25日 (水)

謙虚さと真面目さ

ラグビーワールドカップが始まり、海外メディアが絶賛したシーン。
スタンドの日本人の観客が、外国チームの国歌の歌詞を書いたメモを見ながら口ずさんでいる。
Photo_20190925092401
1人の日本人ファンの姿が海外メディアの心を打った。
大会公式インスタグラムが公開したのは、印象的な1枚の写真だった。
客席からピッチをとらえたシーン。
アイルランドの選手たちが肩を組み、国歌斉唱しているが、客席のすぐ前の列で1人の男性が英字が記された紙を持っている。
よく見ると「Ireland’s Call(アイルランドの叫び)」の文字が……。
アイルランドが試合前に歌うアンセムの歌詞カードだったのだ。
日本で戦う選手を後押しする気持ちを込めたようなシーンに、投稿では「日本のファン」と記し、拍手の絵文字を添えて紹介。
海外ファンも「本日最高の写真だろう」「日本のファンを愛さずにはいられない」などと反響が広がっていた。
・・・ロシア戦で完勝した後、サッカーでもそうだったように、サポーターは自主的にスタンドのゴミを片付けていた。
    1_20190925093401
「あらゆるものに対して敬意と誇りを持つというのは、こういうこと」
「誰もが日本人から学ぶことがある#respect」
「そうそう、彼らはあらゆるスポーツの試合後にこれをやっている。サッカーでもやってた」
「選手もロッカールームを綺麗にしているよね…使う前と同じ状態にしていく! サッカー選手でさえも!」
・・・相手の気持ちを慮ることは、どこの世界でも共通な素晴らしいことなんですね。
でも、残念ながら、日本人にもあおり運転や被災地や高齢の人たちを騙そうとする輩もいる。

親子会

なぜ柳家さん喬は柳家喬太郎の師匠なのか?
なぜ柳家喬太郎は柳家さん喬の弟子なのか?
Image-1_20190925044901
そんなこと知るかい!
・・・でも、とっても良い師弟です。

学校寄席?

ある噺家さんのツイートでの小学校での落語公演の写真。
Img_20190925_055038
レクリエーションの場なのか?
古典演芸に学び親しむ場なのか?
師匠「落語の授業」を、小学校を中心に精力的に行っていますが、こういう形の学校公演にはネガティブです。
だだっ広い体育館の床に、大勢で体育座りをして聴くのは、レクリエーションにも観賞にもならないと。
やはり教室で、せいぜい40名ぐらいの児童の前で、コミュニケーションしながら、楽しい授業にする。
それでないと、落語の良さも面白さも分かりませんし、伝わりません。
ためだけにするイベントなら、かえってやらない妨害良いかもしれない。
この噺家さんが悪い訳ではありませんが。

ふざけるな!

やはりとんでもない輩でした。
  _20190925_060549
こんな奴等と同じ場所で暮らすなんて、危なくて仕方ない。
人権の観点も必要ですが、やはり隔離して更正させないと。
勿論、お仕置きもしっかりして。

北門会館萩友会ラウンジ

「ホームカミング寄席 あおば亭」の会場の「東北大学片平北門会館」は、片平キャンパスの北門の前にあります。
   _20190924_055332_20190924060902 
ホームカミングデーのメイン会場は川内キャンパスですが、片平キャンパスでもやっています。
_20190924_0931084_20190924093601  _20190924_061100 
青葉通りを西に向かい、東一番町を左折して南に歩けば、正面か東北大学片平キャンパスの北門です。
片平北門会館の2階の「萩友会(学士会)ラウンジ」が会場です。
_20190924_0631093_20190924090301
普段は、ご覧の通りゆったりとして談話室ですが、ここを2日間借り切ります。
9月28日(土)午前10時より午後4時頃まで。
午後1時頃には、金願亭乱志が「浜野矩随」を演じます。
0_20190924060802
9月29日(日)も、10時から4時頃まで。
1_20190903144601_20190924060901
皆さまをお待ちしています。
当日設営しますが、椅子席20席程度で、ゆったり寛いでいただきながら、落語をご鑑賞ください。_20190924_055301_20190924060901

「創部50周年記念誌・仙都に笑いを」「OB会報・あおば亭」「学士会落語会報・まくら」や、落研OBの活動を紹介する資料なども、談話スペースでご覧いただけると思います。

白い地図

台風からちょうど2週間。
_20190925_0556552
停電地図がやっと白くなりました。
ちーばくんは犬?
それならば、元犬になりましたということです。
でも局地的に停電が続いたり、新たに発生した所もあるようです。
これから復旧が加速されます。

2019年9月24日 (火)

定期券駆込み購入の列

10月から消費税率頑張りましょう上がるのを前に、通勤定期券の駆け込み購入のための長蛇の列学生時代出来ているようです。Unnamed-1_20190924191001
私は11月が更新予定ですから、関係ありませんが、大変でしょう。
きっと、時間切れで買えなくなる人も大勢出るんでしょう。

女児行方不明

山梨県道志村で小学生の女児が行方不明になっているそうです。
Afr1909240022p1
家族や友人たちとキャンプに来ていたそうですが、もう4日が経ってしまっています。
K10012097501_1909250526_1909250529_01_02
道志村の辺りだと、夜になるとかなり涼しく(寒く)なるはずですから、安否が心配されます。
また、あのスーパーボランティアの方の出番?
明日からは自衛隊も捜索に加わるそうです。

熱中症?

千葉ニュータウンの小学校で熱中症?
_20190924_1825402
白井市の小学校で、運動会の練習中の児童たちが。
_20190924_1825012
温度と湿度を見て、数値がオーバーしたら、屋外には出ないように徹底しないと危険ですね。

今週から来週にかけて

この週末は、とにかくホームカミングデーへの参加企画。
ホームカミング寄席Wesendai_p_20190924120501です。
今週から来週のスケジュール。
 9/26(木)  大阪 出張   (大阪泊)
 9/27(金)   大阪 出張
 9/28(土)  仙台 ホームカミング寄席・あおば亭 (仙台泊)
 9/29(日)  仙台 ホームカミング寄席・あおば亭
 9/30(月)  大阪 出張   (大阪泊)
 10/1(火)  大阪 出張   (大阪泊)
 10/2(水)  大阪 出張
 10/3(木)  東京 通常勤務 (歯医者)
 10/4(金)  富士 帰省
 10/5(土)  東京 休日出勤
 10/6(日)  東京 深川三流亭inケアハウス(市川) 
 10/7(月)  東京 通常勤務・演読亭稽古会 (千早)
とにかく「ホームカミング寄席」に大勢来ていただきたい。
2_20190924121901
「深川三流亭inケアハウス」も、何とか定例化したい。
Photo_20190924122101
いつ稽古するんだろう・・・?

こんな動画

こんな動画を見つけました。
https://www.youtube.com/watch?v=M51joSLfH4c
ラーメンなら「トッピング全部乗せ」という感じ?
Photo_20190924115801
やはり、この世界ではこういう面子になるんですかねぇ。
さしずめ、権太楼・さん喬・雲助・扇遊・志ん輔・・ですか。

ホームカミング寄席 あおば亭

Topbnr_201908_20190923211001
しつこいようですが、来る28日と29日の両日、東北大学片平北門会館の「萩友会ラウンジ」で、創部60周年記念「ホームカミング寄席 あおば亭」を開催します。
Photo3-1
おかげさまで、現役部員の皆さんの頼もしい協力があり、かなり賑やかになりそうです。1_20190923210901
ホームカミングデーの趣旨の卒業生が思い出に浸るだけではなくて、現役の皆さんや一般の方々とも、昔のこと、仙台のこと、落語のこと、これからのこと・・・を語り合い、落伍も聴いていただきたいと思います。
2_20190919121701_20190923210901
高座には、落研OBの名人の代名詞「落研御三家」が揃い踏みしますし、現役部員も大勢出演してくれる予定です。0_20190923213601

1_20190903144601_20190923213701
全国大学落研の中で屈指の歴史と伝統を、多くの方々にご覧いただきたいと思います。
ご来場をお待ちしています。

2019年9月23日 (月)

秋分

二十四節気の「秋分」。
Large-2_20190923212901
暑さ寒さもここまでのことはずなのに、今日が猛暑日、真夏日になった所が多かった。
Large-1_20190923212901
もう、コンスタントに四季が巡る日本ではなくなりました。

ホームカミング寄席のこと

落研の部長から、とても嬉しいメールがありました。
_20190919_151942_20190923204301
今度の28日・29日の「ホームカミング寄席」に協力してくれる現役部員の皆さんの詳細な"シフト表"と、出演してくれるメンバーと演目が添付されていて、驚きました。
0_20190924060301
(これは公式パンフレットのタイムテーブルです。)
1_20190903144601_20190924060301
うわぁ!素晴らしい!ありがたい!
これでとても賑やかになります。
楽しい時間になりそうです。

素晴らしい!

隣の国では、疑惑のデパートと言われそうな方が法相に就任したのにも驚きましたが、検察がそのトップの自宅の家宅捜索を行ったそうです。_20190923_142446
司法と行政が明確に独立しているんですね。
素晴らしい!
これぞ民主国家、法治国家ですよ。
残念ながら、日本ではあり得ないでしょう。
法や制度も違うから、簡単な比較は出来ませんが、司法上の疑惑のある人をトップに据えたり、本人もその気になることなどまずないでしょうから。

愛車で徘徊

いくらか風が強くなりました。

愛車で10年前の「浜野矩随」を聴こうとぶらりと。

_20190924_0800422_20190924080101
水戸街道を東京方面に向かい、明治通りに入りました。
_20190923_140032
東武亀戸線の小村井駅の踏切で停車。
_20190923_1400002
さらに明治通りと蔵前橋通りの交差点で、香取神社を右手に停車。
_20190923_135935
そして、来年の9月に「深川三流亭」を開催する「ティアラこうとう」まで行きました。
その後は、錦糸町から千葉街道を市川まで行き、市川駅から「ケアハウス寄席」でお邪魔する場所の確認もしておきました。
_20190923_141236
途中の京成市川真間駅の近くの踏切。
施設は立派な建物です。
_20190923_140806
昨年も行っているので、場所の不安はありませんが。
_20190923_140911
_20190923_140933
途中には、娘が通った高校もあったりして。
_20190924_080003
江戸川を渡る橋からは、遠く自宅も小さく見えます。

「笠碁」談義

昨日の落語っ子連の稽古での、百梅さんの「笠碁」。
あの後LINEで、笠を被って歩く場面の仕草に着いて談義しました。
            _20190923_1331562
要は、絵で描けばこんな形になるのでしょうが、百梅さんがどういうな仕草にするか。
プロの噺家さんたちの画像も研究しないと。
_20190922_172002先代小さん師匠。
_20190922_173509_20190923132701先代馬生師匠。
_20190922_173528談志師匠。
_20190922_171936_20190923132801当代馬生師匠。
1569212955738権太楼師匠。
さすがに、師匠方がそれぞれの個性でポーズを決めています。
この仕草だけ見ても、先代と当代の馬生師弟が綺麗ですよね。
この噺の見せる部分です。
権太楼師匠は、首を大きく振ることで笑いを取っています。
それから、碁盤の大きさ辞めたって厚さ(重さ)を意識したり、石を置くときの場所や高さ(位置)をしっかり固めないと、板の上に石を置くように見えません。
   Images-4_20190923134401こんイメージ。
それから、舞台設定をしっかりさせるのに、こんな略図を作ってみました。
    _20190923_081903_20190923134601
旦那の家の前を通り過ぎる時、往路は旦那は進行方向の左側、復路は逆に右側になりますから、横目で覗き込む時も左右変えないといけません。
それから、旦那が今にも入って来るかと期待してニコニコするのは、往路も復路も真ん中までで、その後は期待外れになるからがっかりする。これを視線と表情で表現出来ると大喝采です。
この噺は、台詞や語り以上に仕草と視線と表情が主役ですから。
だから難しい噺だと言われるんです。
本当はこれに、年寄り同士の枯れた雰囲気が出せるとね。
・・なんていうお喋り。
楽しいものです。

台風の様子

台風は、九州と中国地方にかなりの影響があったようです。
今は日本海に抜けたようですが、今後また東北から北海道に向かっているようです。
_20190923_072232
関東地方は、さほどの影響もなく、雨も降りそうにありませんが、風が強くなるようです。_20190923_072353
松戸市にも強風の注意情報が出されているようです。
房総半島の台風の被災地も、恐らく雨は避けられてホッとしていることでしょう。
風には注意が必要かもしれませんが。
【関東の予報】
雨はやみますが、風が強まります。
午前9時頃から風が次第に強まるでしょう。
千葉県をはじめ沿岸部では、昼過ぎから夕方にかけて、風に向かって歩けないほどになる所もあります。
屋根の上など、高い所での復旧作業には、危険な状況になりそうです。
・・・まだまだ心配です。

ホームカミング寄席

今度の土日(28日・29日)は、「東北大学112周年ホームカミングデー」が開催されます。Topbnr_201908_20190922213601
その企画の一つとして、東北大学落語研究部OB落語会は、「ホームカミング寄席 あおば亭」を、片平北門会館内の「萩友会ラウンジ」で開催します。
両日とも、午前10時から午後4時頃まで、OB・卒業生・一般の方、是非ともご来場ください。_20190919_151942_20190922213801
ご来場の方のリクエストにもお応えして、OBと現役部員が共演いたします。
特に、29日の午後1時頃には、ご贔屓からのリクエストにより、二代目金願亭乱志が長講「浜野矩随」でご機嫌をお伺いいたします。1_20190922213701
このほかにも、落研OBのトップ3名の「落研御三家」が勢揃いする予定です。
(桂友楽、談亭志ん志、喰亭寝蔵の3師匠です。)
2_20190919121701_20190922213701
落語通をも唸らせる御三家の高座も、是非ご期待ください。

2019年9月22日 (日)

千公さん

千公さん、頑張って「芝浜」に挑戦しています。
_20190922_194228
なかなか江戸弁にならないというのが、師匠のコメント。
それもあってか、聴き手にどっしりと伝わるものが足りない気はします。
_20190922_194149
他の連でならOKと言われるかもしれませんが、落語っ子連では、もう少し頑張って欲しい。
人情噺の語りにして行かないと。
人情噺って、やっぱり難しいんですね。
頑張ってください。
次回の「深川三流亭」は、この噺で決まりますから。

流三

私の写真はないので、米朝師匠の写真を入れさせてもらいました。
米朝師匠の音源を参考に、江戸弁に翻案していますので。
_20190922_194020
某先輩からのリクエストでやってみることにしたのですが、師匠も「この噺は陰惨な噺だからね。"包丁"よりも残酷な噺だ」と。
越児さんからは「(先輩は)何故この噺をリクエストしたんだろうね?」と。
「お前の語り(表現力)なら、この噺もしっかり語れるだろうから」というのが、先輩からの言葉でしたが・・・。
確かに、人が死ぬ(殺す)噺ので、江戸落語にはあまりありませんから。

百梅さん

難易度の高い「笠碁」にチャレンジ中。
柳家とは違い、師匠の高座本では、2人がお店の旦那ではなくて、1人は出入りの植木屋の親方にしています。_20190922_165140
だから、人物設定、区別はやり易いと思います。
_20190922_165113
それから、この噺は、仕草と表情と視線が、物凄く重要なポイントになります。
_20190922_171936 _20190922_173509_20190923132701_20190924081701
特に笠を被って歩く場面、碁石を碁盤に打つところなど、噺の巧拙を左右しますから、よく研究する必要があると思います。
やはり、プロの師匠北野映像も参考にして行きたいものです。
場面(位置)設定も、緻密に作りましょう。

学津さん

新しく「釜泥」の稽古をしている学津さん。
どういう基準やら好みで選んでいるのか、どうも似たようなパターンの噺が多い気がして。_20190922_192250
老夫婦の会話など、前々回やった「親子酒」とほとんど同じパターンで、デシャブっていう感じ。_20190922_192228
台詞を覚えるだけでなく、出て来る言葉や地名などは調べておくぐらいの予習はしておきたいよね。
落語を語るだけではなくて、様々な知識や蘊蓄も身につけよう。

窓口さん

昨年、ちょっと体調を崩されて以降、自重もされていますが、師匠からは「随分元気になっているよ」と。
先週は、私が休会した「千早亭落語会」にご出演されて、「真田小僧」を元気にお演りになったそうですから。_20190922_192102
以前やった「不動坊」の再演をされるのですが、かなり以前なので、ネタ下ろしと同じように読み稽古を続けています。_20190922_192012
窓口さんは、語り出しはややテンションを低く入りますが、エンジンが暖まって来ると、俄然元気になるパターンは健在です。

越児さん

凄いなぁと思うのは、もう「寝床」の高座本を離れている・・・。
_20190922_191834
良し悪しではなくて、ずっと越児さんの噺を数多く聴かせていただいて、個性というか、癖というか、鮮やかに出ているのに気がつきます。_20190922_191756
元々、感性鋭く自分のペースで演じているので、気がつく人は少ないかもしれませんが、ベースは志ん朝師匠なんだなと思います。
私には到底真似が出来ない。

新参さん

先月までは「あたま山」をやっていたのに、前回から突然「弥次郎」を始めた新参さん。_20190922_191600
この噺は、くだらなく面白い噺ではありますが、とにかく長い。
_20190922_191620
ということで、今日は途中まで。
師匠からは、「もうここまでレベルが上がったのだから、演読を徹底しよう」とのアドバイス。
そうですよ。
落語っ子連は、強力演読グループですからね。

雨が降らないうちに

市川市文学ミュージアムを出て、本八幡駅まで戻り、電車で1駅隣の市ヶ谷駅で下車。
先週と同様に、ここからバスで松戸に戻ることに。
_20190922_1456372
この路線は、バスの本数も多くて便利です。
_20190922_1457062
途中には、「野菊の墓」と「矢切の渡し」で有名な矢切駅があります。
_20190922_1450512
松戸市街に入り、旧水戸街道には、ぽつんぽつんと、古い建物もあります。
_20190922_150656
昔は、江戸川を越えて最初の宿場として栄えたはずですが。
_20190922_150643
ほとんどそれらしいものは残っていないのは残念です。

小島貞二の多彩な世界

市川市文学ミュージアムに入りました。
「小島貞二の多彩な世界」のポスターも目立ちます。
_20190922_143928
演芸、相撲評論家として活躍した小島貞二は1947年より亡くなる2003年まで市川市で暮らしました。
力士、相撲記者、雑誌編集者、放送作家、演芸評論家……。
小島が取り組んだ仕事は多岐にわたります。
本展は生誕100年を記念して、市に寄贈された小島コレクションの中から自筆原稿や相撲に関係する資料を紹介し、小島の生涯をたどります。
「寄席と相撲と日本が好きで、生きているのはもっと好き」を語った、小島の多彩な世界をお楽しみください。_20190922_143859
本日が、展示会の最終日でした。間に合って良かった。

_20190922_125952_20190922144301
小島貞二先生との接点は、昭和53年6月の、あの宮城県沖地震の前日。
東京で行われた「第1回全日本学生落語名人位決定戦」の審査員長と出場者として。
唯一の地方大学からの出場は、赤道直下の国が冬季オリンピックに出場するようなものだったはずです。
そんな私に、当初は設定されていなかった「審査員特別賞」としてくださいました。
同じく審査員だった、柳家小さん師匠と桂米丸師匠を説得してくださったのでしょう。
あの時の優しいオジサンは、実は物凄い人だったんですね。
漫画家、力士、記者、編集者、演芸評論家、放送作家・・・。
どんなにか充実した人生だったことでしょう。
ゆっくり観賞させていただきました。

市川市の文化的レベル

驚きました。
「市川市文学ミュージアム」は、「市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)」の中にありました。_20190922_143836
とにかく、大規模で立派な施設に驚きました。
比べてはいけませんが、我が松戸市には、こんなに大きくて文化的な施設はないと思います。_20190922_1442122
大きな図書館に、さらに驚かされました。
市川市の文化的レベルの高さは、こういう所にも感じられます。
羨ましい・・・。

本八幡へ

稽古の後で、今日は市川市に行くことにしました。
本八幡で総武線を下車。
本八幡駅の南口に来るのは初めてです。
_20190922_143753
駅前のトンカツのチェーン店でカツ丼を食べました。
ごはんは半分残しました。
_20190922_143728
実は、市川市文学ミュージアムで開かれている「小島貞二の多才な世界」に行こうという訳です。_20190922_125952
駅からは歩いて10分強かかるようです。

師匠の手拭い

師匠に手拭いをお願いしていたのですが、持って来るのを忘れたので、ご自宅に取りに戻ってくださったので、後を追いかけて、ご自宅の前で受け取りました。
    _20190922_1805332
ちょっとプレゼントをと考えていましたので。
師匠に御礼を申し上げて失礼しました。
稽古場から師匠のご自宅までは、歩いてほんのわずかの所ですから。

落語っ子連稽古会

今日も楽しく、充実した稽古会でした。
◇新参さん「弥次郎」
_20190922_094714
◇越児さん「寝床」
_20190922_094744
◇窓口さん「不動坊」
_20190922_101319
◇学津さん「釜泥」
_20190922_104426
◇百梅さん「笠碁」
_20190922_105720
◇流三「算段の平兵衛」
_20190922_180237
◇千公さん「芝浜」
_20190922_1149062
今日は女性メンバー2人がお休みだったので、色気はありませんでしたが、師匠が「演読」の大切さを改めて説いてくださいました。

嬉しい言葉

千早地域文化創造館に入ると、別のグループで利用される方も何人かいらっしゃいます。
Img_access04
「おはようございます」と挨拶をして通り過ぎようとすると、初老の女性が「落語をやる人じゃありませんか?」と声をかけてくださいました。
「はい・・・、そうですが」と答えました。
どうやら、「千早亭落語会」にも何度か聴きに来てくださっている方のようで。
「やっぱりそうだ。(あなたが)とても上手だから、いつも楽しみにしていたのに、この間の落語会(千早亭落語会)に出ていなかったから。後でやめてしまったと聞いてがっかりしました。また聴かせてくださいよ。」と・・・。
こんな言葉をいただいて、嬉しくなりました。
励みになりますね。

千早地域文化創造館

考えてみると、千早地域文化創造館は、千早亭の稽古や発表会で何十回も来ていますが、なかなかしみじみ眺めることはありませんでした。
_20190922_0836372
早く着いて、まだ開館していないので、周囲を散策。
_20190922_0837072
静かな住宅街です。

稽古へ

今日は落語っ子連の稽古会。
今までは、門前仲町まで行っていましたが、先月後半から、千川に変わりました。
日暮里で山手線に乗り換えるのが最短距離ですが、時間もあるので、上野まで来てしまいました。_20190922_0728402
終点で乗客がみんな下車した電車の中は、ずっと真っ直ぐ見通すことが出来ます。
遠近法がよく分かります。

落語DEデート

落語っ子連の稽古に向かう電車の中で。
◇「トラタク」   二代目三遊亭円歌
    
_20190922_070723
また円歌師匠ですか。
もう四代目もいるのに。
◇「千早振る」  五代目古今亭志ん生
    
Images-3_20190922071601
また志ん生師匠ですか。
六代目は出ていませんが。

2019年9月21日 (土)

東大落語会寄席

学士会落語会で、東大落語会の風呂家さん助師匠から、恒例の東大ホームカミングディでの「東大落語会寄席」の案内をいただきました。_20190921_2206352
10月19日(土)の午前11時30分から午後5時頃までの約6時間・・・。
日程を確認したら、10月の19~20日は、社会人同期の会があって、金沢方面に1泊旅行の予定が入っていました。
残念ですが、今年は失礼させていただきます。

バスが全焼

いつも帰省した帰りに立ち寄る東名高速中井PA。
_20190921_190845
ここで突然、バスが炎上して全焼したそうです。
_20190921_190908
午前中の上り線は、まだ比較的空いているので、類焼などの大事故にならずに何よりでした。
ここでも、人手不足により整備が行き届いていないのかも・・・。

学士会落語会の会場で

学士会落語会の会場で、落研創部メンバーのお一人の愉し家弁痴師匠が声をかけてくださいました。1_20190921185801
来週の「ホームカミング寄席」に、どうしても行くことが出来ないが、頑張ってくれという励ましの言葉をいただきました。2_20190919121701_20190921191601
創部60周年は、弁痴師匠にとっては思い入れの深いものだと思います。
人一倍、今回の企画を喜んでくださっているようです。
持っていた、当日配布予定のプログラムを手渡しました。
伝統はしっかり繋いで行かないと。
現役部員の皆さんにも、大先輩の気持ちを伝えたいと思います。

真打昇進襲名披露興行

今日から鈴本演芸場を皮切りに「真打昇進襲名披露興行」がスタートします。
_20190921_184304
前座時代から知っている人たちなので、感慨深いものがあります。
20190502101934311_0001-1
長丁場、頑張ってください。
    _20190921_184946
初日から満員札止めだそうです。

学士会落語会

学士会落語会の例会。
20190921_132120432
◇「元犬」          入船亭扇ぽう
◇「鷺とり」     金原亭龍馬
_20190921_184052
◇「片棒」          入船亭扇遊
◇「粗忽長屋」   金原亭龍馬
_20190921_183839
◇「付き馬」      入船亭扇遊
扇遊師匠、さすがでした。
正直なところ、「付き馬」という噺は、冗長な感じがするのですが、全くそんなことを意識することなく聴かせていただきました。
静岡県の熱海の星。
静岡県の静岡(清水)の星は昇太さん。
静岡県の浜松の星は鯉昇さん。
熱海と静岡の間の富士には・・・見当たらない。

志ん志師匠と

学士会落語会の前に、談亭志ん志師匠とランチミーティング。
_20190921_222300
学士会館の前のファミレスで。
_20190921_222231
私は、ビーフカレー。
ミーティングと言っても、来週の仙台での「ホームカミング寄席」の確認程度で、後は先日の台風の話題が中心。
志ん志師匠も停電でご苦労されましたから。
比較的早めに復旧したそうなので良かった。

銀座線車内で

ラッキー! 偶然同じ車両に乗り合わせた、贔屓の某噺家さん。
Sketch1569032795595
これから、どこか寄席に行くのか。
神田で降りて行きました。
「頑張ってください」・・・私はミーハーではないので、声はかけません。
心の中で応援です。

38分・・・

「浜野矩随」のお浚いは、38分かかりました。
    _20190921_110524
恐らく、もう少し長くなりますから、簡単にマクラを振れば40分以上になります。
ちょっと噛んだりをつっかえたり、間違えたりがありましたので、ちょっとチェックしておかないと。
でもまぁ何とかなりそうです。

久しぶりに

午前中の目的はここ。
_20190921_100057
来週の「ホームカミング寄席」でリクエストされている「浜野矩随」を、攻め立て一度ぐらい浚っておこうと。_20190919_151942
この噺は何故か、高座本はありません。
全て頭の中に入っている(カッコイイ!)ので、とにかく通してやっておけば何とかなるでしょう。

来るな!

大型の台風17号は、沖縄県・宮古島の東海上を北西へ進んでいる。

20190920oyt1i500571

接近に伴い、台風15号で大きな被害の出た千葉県や伊豆諸島では21日から断続的にやや強い風が吹き、降雨が予想されている。

上野駅前午前10時

外の気温は23度。
10時開店直前のマルイの横横路地に、何やら行列が・・・。
_20190921_1001382
私には関係も興味もないので、スルーして、今日の目的地へ。

3連休初日

まだ雨は降っていませんが、これから下り坂になることでしょう。
今日は午後から学士会落語会の例会です。
その前に、ちょっとやりたいことがあって。
その前に、ちょっと腹拵え。
_20190921_0931442
上野駅の中で、モーニングセットを。

火事場泥棒

台風の被災地では、被災者の弱味につけこんだり、誰もいなくなった隙に、とんでもない悪さをする輩が出ているようです。_20190921_0911272
停電で動かなくなった信号機の発電機を盗んだり、ブルーシートを法外な値段で売ったり、恃みもしない作業を勝手にやって金を要求したり。
卑怯なやつらには、必ず天から罰が下されるはずです。

2019年9月20日 (金)

東京にも「竹島」「尖閣」問題?

どの国同士でも、国内でも、領土(土地)争いはあるもので。
埋立地を巡る、大田区と江東区との40年以上にも渡る争いがあるそうです。
Tko1909200002p1
2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場となる東京都臨海部の人工島「中央防波堤」(約500ヘクタール)の帰属を大田区と江東区が争っている訴訟で、東京地裁は20日、人工島内の面積比率について「江東区79・3%、大田区20・7%」とする判決。
埋立地で新たに出来た"陸地"ですから、最初に決めてやれば良いのに。
私は、今までの歴史や経緯、それぞれの主張などは知りませんが、地図で見る限りでは、素朴に全部江東区で良いような気がしますが。
それか、いっそのこと新しい区にしたらどうでしょう。
「大江田東区(お江戸遠く)」と言う24番目の。

初戦撃破

ラグビーのロシア戦、日本は初戦を快勝。
20190920s00044000374000p_view
開始早々トライを奪われた時には、本番に弱い国民性を感じましたが、半分以上はネイティブの日本人ではないから、当てはまらないかもしれませんが、硬かった。
それでも、3トライ(ラグビーでもハットトリックと言うそうです)の選手もいたりして。20190920s00044000415000p_view
初めて、ラグビーのゲームを最初から最後までテレビ観戦しました。
率直な感想は、プレーが続いている時は、そこそこ面白く、ハラハラドキドキもしますが、プレーが止まると、冗長な時間が多くて、やや興ざめな感じがします。
何はともあれ、順調なスタートはご同慶の至りです。
また、必要以上にマスコミが大騒ぎするんでしょう。

ラグビーワールドカップ開幕

今日からラグビーのワールドカップが開幕するそうです。
_20190920_175318
私は、特別にファンでもなければ、高校時代の体育でやったことがあるぐらいで、ルールも完全には知りません。
前回のワールドカップでは、日本が番狂わせの勝利をあげたりして、非常に盛り上がりましたが。
マスコミは、あたかもメダルを狙えるような大袈裟なリードをしていますが、実力を謙虚に見て、あまり好成績への期待を煽らずに静かに応援しましょう。

義理の父親

さいたま市の小学4年生殺害事件は、父親が逮捕されました。
が、この父親は母親の再婚相手で、実父ではなかったようです。
32歳の無職の男は、私の子どもたちと同年配。
確かに、就職氷河期世代ではありますが、無職・・・。
それぞれ事情もあることでしょうが、結局、こういう男を再婚相手に選んだことが仇になってしまったということです。
最近の虐待事件や虐待の果ての殺人事件では、義理の父親が加害者になるパターンが多いようです。
自分のことは棚に上げ、子どもに躾と称する暴力・虐待を繰り返す。
こんな自分たちのことしか考えないバカ親たちが、子育てを放棄して最悪の罪を犯す。
何の罪もない子どもが犠牲になってしまう。
よく言われることは、「子どもは親を選べない」・・・。
悲しいことです。
死体遺棄容疑で逮捕された無職の父親(32)は、「本当の親じゃないくせに」と言われたなどと述べている。
この言葉に立腹したという趣旨の話をしている。
進藤容疑者は母親(42)の再婚相手。
母親の連れ子で、3人で事件現場となった集合住宅で同居。
容疑者は殺害したことも認めているという。
遺体の状況から、ひも状のもので首を絞めたとみており、室内から複数のひもを押収。
死因は、首を圧迫されたことによる窒息だった。
容疑者は「見つからないようにするために隠した」と死体遺棄容疑を認めている。

連休は台風シフト?

今週もやって来る台風。
Large_20190920121901 
台風15号も、当初の予想進路に比べて、どんどん東寄りに変わって行きましたから、 九州を直撃する可能性も低くはないでしょう。
そうなると、日本縦断ということにもなりかねない。
明日からの3連休も、台風に怯えながら、備えながら・・・。

あのお寺でも

台風の被害が明らかになっています。
「鹿野山神野寺」・・・と言えば、地元や檀家ではない私でも知っています。
名刹らしいですが、それで知っているのではなく、かつて「虎騒動の寺」で、あまりにも有名になりましたから。
住職が飼っていたベンガル虎が3頭逃げ出して、約1ヶ月間大騒ぎになりました。
_20190920_154433
このお寺の国指定の重要文化財「表門」。
室町時代に建てられた貴重な建造物だそうですが、今回の台風で全壊したそうです。
思えば、熊本地震の時の熊本城もそうでしたが、ここのところの自然災害で、もう何百年もの間風雨に耐えて来た堅牢な建物が全半壊するのを多く見せつけられていますが、それほど、それぞれが未曽有の自然の猛威だったということ。
それにしても、これが在りし日の表門の写真ですが、右側に「ペットの入堂お断り」という立札がありますが、中にトラがいたんじゃなかなか入れませんなぁ。
Oimage3611 
約40年前の騒動後に、トラの飼育はやめたようですが。
【神野寺虎脱走騒動】
千葉県
君津市で昭和54年8月、寺で飼われていた2頭のトラがおりから脱走。
うち1頭は警察官や消防団、猟友会員など延べ計約7700人を動員した大捜索網をかいくぐり、約1ヶ月間、周辺の山林を逃走。
民家の飼い犬を食い殺すなどし、市民らはトラの襲撃におびえる恐怖の夏を過ごした。
当時、寺では動物好きの住職がトラやクマなどを集め、地元民らから人気を集めていた。
飼育係が8月2日夜、檻の鍵が外れてトラ12頭のうち3頭がいないことに気付き、翌3日未明に県警に通報。
1頭はすぐ発見されたが、1歳のオスとメスの2頭が姿を消した。
子トラとはいえ、体重約100キロ、体長約1・5メートル。
人々を恐怖に陥れるには十分な大きさ。
未曽有の事態に県警は急遽現地対策本部を設置。
警察官や消防団、猟友会など計約500人をトラ捜索に動員。
周辺住民(80世帯、240人)に外出禁止令が出され、市内には「トラが脱走しました」という有線放送。
メスのトラは逃走2日後の4日朝に射殺された。
だが、トラを射殺したことで思わぬ波紋が広がった。
全国の動物愛護団体などから「射殺するな」「かわいそうだ」と多数の苦情が寄せられ、射殺した猟友会員の家では苦情の電話が鳴りやまなかった。
寺側もトラの射殺に反対し、捜索隊の士気に大きく影響した。
射殺か生け捕りか。
方針が分かれたまま続けられた別の1頭の捜索は難航。
11日には県警が警察官や消防団・猟友会員ら計約2800人を動員して大捜索を実施したものの発見には至らず、県警は事実上の捜索中断を発表。
しかし、28日早朝、寺から南東に約4キロ離れた民家の犬がトラに襲われた無残な姿で見つかり、「住民への被害が出る前に射殺しなければ」という気運が高まった。
県警の高い射撃技術を持つ「トラ捜索選抜隊」と猟友会員らが足跡などをたどって山中を捜索、茂みの向こうにトラの影を発見。
午後0時20分ごろに射殺した。
の鍵について、寺側は一貫して「施錠していた」と主張したが、県警は現場検証の結果、鍵はかけられていなかったと判断。
残った動物は他の動物園に引き渡され、猛獣の飼育やめた。
この事件をきっかけに、国は危険動物の飼育規制強化に動き、環境省はこの事件を受け、各都道府県知事らに対し、猛獣などの危険動物の飼育・保管に関する条約の制定を急ぐよう通知。
千葉県も11月「危険な動物の飼養及び保管に関する条例」施行。
・・・最近、野生の熊が人家に近づく、街中に出没するなどで問題になっていますが、犠牲者が出ないうちに、対策を講じないと。

ここでちょっと整理

落語徘徊の秋の陣「高座編」の整理をしました。
◆ 9月 8日  第1回「樂醉寄席」
20190801120811867_00011_20190906212801 
◆ 9月14日  第3回「高石神寄席」
31_20190912080701_20190920072501
ここまでが既に終わっているもの。
◇ 9月28日・29日 「ホームカミング寄席」
0701_20190709105401_20190920071801 
◇10月 6日  第2回「深川三流亭inケアハウス」
Photo_20190920072001 
◇11月 2日  第1回「公開稽古in佐原」
_20190918_1737062_20190920072501 
◇11月10日  第2回「樂醉寄席」
2_20190920072201 
◇11月23日  第17回「お江戸あおば亭」
Photo_20190920071901 
◇12月21日  第14回「深川三流亭」
14_20190920071801
・・・かなり充実していますね。
頑張らなくては。

2019年9月19日 (木)

シマウマ?

水玉模様のシマウマだそうです。
Aca55455f1544cd780e6abe80a93ec35
こういうパターンもあるんですね。
この子に名前をつけるとしたら・・「マメシボリ」・・・。

「高石神寄席」のDVD

被災地に住む千公さんから、先日の「高石神寄席」のDVDが届きました。
_20190919_2108542
そんなことをしている場合ではないだろうに、ありがたいことです。
_20190919_2111052早速、自分の部分を視聴。

やはり来る

台風17号が発生して、スライスして日本に近づいて来ます。
C82ef9b0661a48ae988b13ca53735ee1
3連休には影響が出て来そうです。
6669cb4dc8314020aff0edb58cd63e0c
先日の台風の被災地も、安心は出来ません。
Large_20190920164001
とにかく、来ないこと、来ても弱くなっていることを祈るのみ。

銀座線電車の窓

銀座線の電車の窓に貼られていたもの。
Sketch1568883027136
座れるとやっぱりうれしい。
このうれしさ、語り合っていかなくちゃね。
・・・うーん、よく分からないけど。
確かに、この歳になると、座れるとうれしい・・・。

犯人は父親?

首を絞めたとみられる紐が自宅で見つかった・・・って。
K10012089691_1909191639_1909191639_01_02
昨日、さいたま市のマンションで、ここに住む小学4年生の男児が殺害された事件。
32歳の父親を死体遺棄の疑いで逮捕するそうです。
いたたまれない。
人を、それも自分の子を手にかけるだなんて・・・どういう精神状態なんだろう。
落語には、愚かしい者、酒や博打で身を持ち崩した者、人の物を盗む者、「負け組」など色々大勢いますが、絶対に人を殺すことはない。
何故なら・・・人間だから。

稲刈り

天皇陛下が、即位後初めて稲刈りをされたというニュース。
Lspacdgl
中に、「マンゲツモチ」という銘柄のもち米があったそうです。
「満月餅」・・・「満月望」・・・「望月望」・・・になる。
要するに、前(上)から読んでも、後(下)から読んでも、真ん丸な月。

また来るぞ

また台風が発生して、日本列島を狙っています。
Large_20190919162501
秋台風の典型的なコースを辿るのではないかと・・・。
沖縄の南に熱帯低気圧があり、ゆっくり西よりに進んでおり、今後、台風にまで発達する見込みです。
この台風に発達すると予想される熱帯低気圧の動向によっては、21()からの三連休の天気に影響が出てくるでしょう。
沖縄や奄美では、20()から22()頃は、大荒れや大しけの恐れがあります。
九州から近畿では20()は、本州の南に停滞する秋雨前線の北上に伴って、雨雲がかかるでしょう。
九州や四国の太平洋側で、雨雲が発達する見込みです。
21()は、秋雨前線はゆっくり北上し、九州付近に南または南東から大雨の元である非常に暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。
九州を中心に暴風が吹いたり、雨が強まったりする見込みです。
非常に暖かく湿った空気は、23()頃にかけて四国や中国地方から関東、さらに東北へ流れ込む見込みです。
九州から近畿では、暴風や大雨の影響が23()頃にかけて、長く続く恐れがあります。

ホームカミング寄席のプログラム

間近に迫って来た「ホームカミング寄席 あおば亭」。
番組のプログラムは作らないつもりでしたが、ご来場者を手ぶらでという訳にはいかないと思い、プログラムもどきを作りました。
これは公式パンフレット28ページの告知パンフレット。
_20190812_070932_20190831084401_20190919133501
「お江戸あおば亭」と同じパターンです。
A4判横で二つ折りにして。
1_20190919121701
全学同窓会の名称が、宮城県の花が「ミヤギノハギ」、大学の校章も「萩」をモチーフにしていますので、萩が描かれた浮世絵を探しました。2_20190919121701
内側は、簡単な挨拶と、落語の裏話ということで、東北大学落語研究部が出て来る出来事を挙げてみました。
最終面は、60年の簡単な年表です。

こいつはいい!

こする必要のないお風呂洗剤だそうです。
Img_63ae45ed2b434c22c0227fcd163939ac9176
以前、自動車用品でも、水洗いの後にスプレーするだけでOKのワックスというのがありました。
どうなんだろう・・・。

付き合いたい銀行

もうどうでも良いと思いますが。
皆さん、そんなに銀行をりようしますか?
信用不安でもない限り、どこも似たり寄ったりだと思います。
でも、こんなランキングもあるんですね。
   Img_b36eaa68933467631a2f264b6ac246123362
・・・これから銀行はどうなるんでしょうか?

地図が白くならない

停電マップがなかなか白くなりません。
  20190918oyt1i500621
ラジオを聴いていたら、国の被害状況の実態把握や対応が遅れたのは、千葉県には、高い山や大きな川がなく、これらに対応する出先機関が少なかったことも一因・・と言うコメントがありました。
今までは、気候も温暖で自然災害の少ない場所だったということですが、もう世の中(気候)も変わりましたから。

臥待月か寝待月

今日の空は秋の空です。
_20190919_060059
午後からは雨になる予報ですが・・・。
_20190919_0601262
西の空に残る月は・・・臥待月か・・寝待月。

2019年9月18日 (水)

停電復旧プロセス

物凄い規模かつ恐ろしく復旧が遅い停電です。
649e4fef8f674e8ea5fa7d326f2e9b45
さらに、説明が二転三転して、復旧見込みがどんどん後ろ倒しになるという失態。
Bb71be52487f4c068c1134b58ce06fea
停電の最大の敵は、基幹の鉄塔や電柱などの倒壊と倒木のようです。
さらに、現場に行く足が・・・。
64dcab8367094c2e8ea375242fbd8e08
日本の気候が変わった今、インフラの抜本的な見直しが必要になりました。
1190ae42ebdb4205bbc54b2376face21
まだまだ先が見えません。

屋上庭園から

新宿の某所の屋上庭園からの写真を見つけました。
B1efb2c82f824194a96e3b4a53b119c8
新宿駅西口ロータリー方面から高層ビル街の一部が映っています。
私が勤務していたオフィスが入居していたビルも右端に見えます。
懐かしい思いで一杯になります。

名馬のたてがみ

とんでもないやつがいました。
かつての名馬のたてがみを切るという暴挙。
器物損壊、動物虐待です。
46aad41a6f52452da1b86876f988bea6
しかも、この馬のものかははっきりしませんが、「メルカリ」に馬のたてがみが出品されていたということですから、本当に許しがたい。
落語では、馬の尻尾を抜くと・・・・馬が痛がることになっています。
では、馬のたてがみを切ったら・・・・馬は・・・怒りますよ。
それにしても、馬に怪我なくて(毛がなくて)良かった。

森田知事

あんまり評判良くないよ。
8ada97dadcd049a181a6a912dc7962cd
こんな非常事態なのに、全然リーダーの顔が見えて来ない。
1ef221032e9f48b996aad8d8df0fe679
ふなっしーの方が頼りになりそう。

山遊亭金太郎師匠の訃報

落語芸術協会の山遊亭金太郎師匠が亡くなったそうです。
         7857e3d6fd12422bad1f7f784f8122ab
享年64歳。
落語芸術協会は「昨年8月骨髄異形性症候群病を患い以来闘病中でしたが、本年2月親族からの骨髄移植を受け、病院内で患者向けに落語会を開くなど順調に回復したのですが、6月急性骨髄性白血病を発症。このたび帰らぬ人となりました」と。
個人的にはあまり馴染みのない師匠ですが、64歳は若すぎる。
昭和31年6月4日生まれ 出身地:山形県小国町
昭和53年2月 故桂小南に入門「桂南てん」
昭和59年9月 二ツ目昇進、「山遊亭金太郎」
平成3年10月 真打昇進
得意演目は「ねずみ穴」「百年目」「柴舟」「阿武松」「禁酒番屋」「ちりとてちん」。
余芸として百面相など得意としていました。
陸上自衛隊除隊後、東京で上方噺に取り組み「小南落語」として知られる二代目桂小南に入門、稽古の鬼と称される師匠のもとで修業を重ね、真打昇進の際、師匠の前名である「山遊亭金太郎」を襲名。以降小南落語の継承の要となりました。
明るい口跡で幅広い演目を口演する当協会で欠かすことのできないベテラン演者でした。先輩・後輩からも愛され、慕われ、役員として協会のまとめ役にも尽力しました。
平成27年より公益社団法人落語芸術協会 監事就任。本年6月より理事就任。

落語っ子連公開稽古in佐原

落語っ子連で、11月2日と3日の2日間、小江戸佐原で"強化合宿"が計画されています。
初日の午後は、有難亭でやっている"公開稽古"をやることになりました。
_20190918_1737062
稽古を前を通る人たち(観光客など)に開放して、気軽に立ち寄って聴いていただこうというもの。
あまり呼び込みなどをやらずに、自然体でやってみようと。
このイラストは、百梅さんが描いたんだそうです。

04d4236a80574c0dacbbbcd005b6c9b6

こんな感じで。

本当に怒ってる

関西のテレビ局の女性アナウンサーが。
とにかく大変なご立腹です。
  _20190918_144014
  _20190918_144034
  _20190918_144053
  _20190918_144113
携帯の着信音に怒髪天!
まだまだよくありますよ。
あれほど、どこの会場でもしつこく注意喚起しているのに。
新幹線の電車内などでもそうですが、音が鳴ってしまったら、とにかく音を切ることです。
それなのに、鳴ったままデッキまで行ってから電話に出るというおバカさんが多い。
まず、切るか、一旦出て通話せずにデッキに向かうことです。
私も何度か高座の途中で客席で鳴らされたことがあります。
演者もさることながら、周囲の方々が一番腹が立つと思います。
せっかく頭の中に描いていたイメージが崩れてしまいますから。
高齢者は、恐らく電源を【off】にする方法を知らないんでしょう。
困ったものですね。
もっと簡単に出来るように、ハード面でも工夫して欲しい。

こんな落語会も

三遊亭歌太郎さんの独演会。
しかも、ネタ下ろしの会。
Eeuzavox4aaokcc
んっ?
ところで、歌太郎さんも来春の真打昇進と同時に襲名するはずでしたが・・、まだ発表しないのかな?

こんな落語会

三遊亭ときんさんが「若手住吉踊りの会 オドラク2019」の告知を、「東京かわら版」に入稿するのを忘れてしまったそうです。
Eet1i9kvuaafijr
番頭の失態でございます!
『オドラク』のかわら版10月号への入稿を失念しておりました。
後生でございます。
何卒告知のお力添えを伏してお願い致します。
10/3(木)開場17:45 開演18:00  お江戸日本橋亭
      ​予約2500円 当日3000円
      予約 hayashiyabotan@gmail.com
そんなこともありますよ。
しかし、ときんさんの働きぶりは、本当に大したものだと思います。

演読亭の課題

10月から始まる「稽古っ子連・演読亭」での、最初の課題噺を「ねずみ穴」で申告しました。
第1回目は、最初は別のメンバーが「蔵前駕籠」を演読して、それに対して他のメンバーも入って「輪講」するということです。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2019/08/post-bd530a.html

ケアハウス寄席のプログラム

10月6日(日)午後に予定しているケアハウスでの出前落語会の出演者と演目が確定しました。
Photo_20190918134001
「深川三流亭inケアハウス市川」と名付けて、図らずも昨年12月と同じメンバー3名でお邪魔することになりました。
どこかで見たことのあるようなプログラムですが、番組以外は場合によっては同内容のものです。

強い!

囲碁の仲邑菫初段。ただいま満10歳。
_20190918_0733352
この写真を見れば、どちらが勝ったか一目瞭然。
相手の4段のオジサン・・・タジタジ。
古今東西、各界に天才少女(少年)は数多出るも、その時がピークなんていう人や、周囲に翻弄される人もいますが、将棋の藤井聡太7段もそうですが、本当に末恐ろしい・・・。
災害は、「50年に一度」なんて言われると困りますが、「50年、100年に一度の傑物」は大歓迎。
"名人"は"上手"の坂をひと上り・・・

若手の落語会

若手の入船亭小辰さんの落語会。
Img_20190918_060325
Img_20190917_214632
・・・なかなか行かれなくて残念。
Img_20190917_215008
師匠の扇辰さんも気になるんですが。

その通り!

立川談幸師匠のツイートは、派手ではありませんが、実に示唆に富むものがあります。
芸風と全く同じです。
  _20190918_071915
稽古について触れた部分。
セリフを覚えるための稽古ではなく芸を教わる稽古でなければならない。
落語は覚えるものではない。
芸を教わるためには、しっかりした"予習"が出来ていなければいけない。
そういうことだと思います。

100歳の老人が

100歳の老人が運転する車が、歩道に乗り上げて、30代の男性をはねるという事故があったそうです。
_20190918_070948
100歳の老人が運転する!?
「子ほめ」を思い出しました。
「ご隠居、50歳の人が来たらなんて言えばいい?」
「そうだな、45、6とでも言いな」
「じゃ60歳は?」
「55、6・・」
「70は?」
「65、6」
・・・・
「100は?」
「おいおい、100歳にもなろうってぇ人が、そこいらをぴょこぴょこ歩いている訳はないだろう」
「いやぁ、世の中何が起こるか分かりませんから、念のため」
「それじゃ、95、6と言っときな」
・・・高齢化社会になると、本当に100歳の人が、そこいらを暴走するようになる。

新しい襲名

来春真打に昇進する「柳亭市楽」さんの襲名が発表されました。
ご自身の独演会の後でのリリース。
   _20190918_065607
_20190918_0656322
六代目玉屋柳勢(たまや りゅうせい)という大変珍しい名前。
これに、瀧口雅仁さんがツイートしています。
_20190918_070212
_20190918_070234
古い名前が復活するのもいいですね。
おめでとうございます。

2019年9月17日 (火)

たまご不足?

駅前の珈琲店に行ったら、入口になにやら張り紙が。
_20190917_223242
台風の影響で、たまごが不足していて、いつものモーニングメニューが出来ないとの断り書きでした。_20190917_201944
いつもと違うたまごって、こだわりのたまごではなくてごめんなさいということ。
こんなところにも物流や農産品の被害が現れています。

明日もまた

台風被害で混乱の続く千葉県内各地。
_20190917_215948_20190917220301
明日もまた無情の雨になる予報です。
_20190917_215922_20190917220301
住民の方々も心身ともに消耗して、既に極限状態。
94歳のお年寄りがブルーシートを張るために屋根に上ったものの、落下して亡くなるという、痛ましい事故もあったようです。
次の3連休も荒れ模様の予報です。

これが?

これがカローラ?
20190917oyt1i500511
違いますよ。
いやですよ。こんなの。
Images-2_20190917215501
誰が何と言ってもカローラはこれ。
最近の車は、何とも無機質で、血が通っていない感じがします。

叔父から

いつも私の高座を聴いてくれている叔父からメール。
「11月の落語会の案内は?」と。
Photo_20190918074201
今までなら、9月の「千早亭落語会」に出演していたのですが、4月から休会していますので、先日の発表会には出ませんでしたから、ちょっと間が空いてしまっています。
いつも、知人やご友人を誘って来てくれるご贔屓です。
明日、このチラシを郵送することにします。
知人やご贔屓に配ってくれます。

恐らく台風は

今日もまだ何万軒も停電が続いています。
Sketch1568712354487
正確ではありませんが、台風は、青い線に近いルートで駆け抜けて行ったイメージです。
「台風の南東側は要注意」がものの見事に的中してしまった訳。
偶然、千葉県の北西部(松戸、柏、市川、船橋辺り)は、台風の進路の北西側だったので、被害が大きくならずにすんだだけで、それこそ「板子一枚・・・」という状況だったことが分かります。
あの日、台風が通過した直後ぐらいに、私は車で帰省のために外出しました。
すると知人から「こんな経験したこともない台風の時に外出するなんて、正気の沙汰ではない!」とメールが来ました。
まさにその時、この知人の自宅周辺は、この未曾有の強風に襲われていたんですね。
私は、幸いボーッとしていても無事でしたが、あの後知人は数日間、停電の中での不自由な生活を強いられることになりました。
台風の進行方向の南東部に住んでいますから。

お江戸あおば亭へのエントリー

第17回お江戸あおば亭の出演者募集。
_20190917_0917012
早速、エントリーしました。
12f2d38d733441d183a2f21d74156d58
演目は「算段の平兵衛」にしました。
長老の先輩からのリクエストです。
841c5b34740c4654a66f91580a6062af
なぞかけをやってみました。
・「算段の平兵衛」とかけて
・「夏休みの最終日」と解く
・その心は「宿題を片付けないとまずいでしょう」。
さぁ、秋も色々忙しくなりそうです。

ケアハウス寄席のこと

10月6日(日)の午後は、「深川三流亭inケアハウス市川(仮称)」。
_20181223_165945
既に決めてある出演者に演目を確認しているところでしたが、今朝ケアハウスの施設長さんからメールで内容の照会がありました。
3人の出演予定者のうち、南房総の夢楽さんが、出演してもらえるかどうか、まだ未確定です。
まだ3週間ぐらい時間がありますから、最終確定は待っていようと思います。

第17回お江戸あおば亭のこと

11月23日(土・祝)に開催の「第17回 お江戸あおば亭」。
談亭志ん志師匠と、今月の「ホームカミング寄席」に気が行っていて、出演者募集を忘れていました。
志ん志師匠が、至急でメール告知してくださいました。
どうも年を取ると、一度に複数のことは出来なくなるもので・・・。
20190510160453556_0001_20190917085801
東北大学落語研究部OB会の皆様
猛暑と言いますか酷暑と言いますか灼熱もようやく収まった一方で、首都圏を直撃した台風15号による千葉県を中心とする被害は予想以上に長引いております。
千葉県在住のOB会員も多く、被害に遭われましたOB会員の皆様にはお見舞いを申し上げます。
お知らせが大変遅くなって申し訳ございませんが、来る11月23日(土・祝日)に「第17回お江戸あおば亭」を、いつも通り神田・神保町の「東京堂ホール」にて開催いたします。
つきましては、OB会員の皆様の「第17回お江戸あおば亭」へのご出演のお願いとその可否を伺いたくご案内を申し上げます。
来る9月28日,29日両日開催の「東北大学112周年ホームカミングデー」参加準備と重なり、ご出演のお願いが遅くなりましたが、是非とも多くの会員の皆様には奮ってご応募くださいますようお願いいたします。
エントリー締め切りまでに時間が短くて恐縮ですが、多くのOB会員の皆様のご応募をお待ちしております。
「第17回お江戸あおば亭」にご出演頂けるOB会員の方は、10月5日までに以下の内容を記載のうえ本メールにご返信いただくか、会員担当宛てにご連絡くださいますようお願い申し上げます。
 1.氏名&高座名
 2.演目(色物の場合も)
   …演題が未定の場合は「未定」とお書きください

 3.所要時間(目安で結構です)
   …上「未定」の場合は「未定」とお書きください

「第17回お江戸あおば亭」のご案内は、あらためて10月中旬頃に出させていただきます。
・・・という訳で、OB落語会も諸々あります。
当面はこれですが。

0701_20190709105401_20190917090801
もうあと2週間になりました。

樂醉寄席のチラシとプログラム

11月10日に決まった第2回目の「樂醉寄席」。
演目も決まりましたので、早速チラシとプログラムを作りました。
2_20190917083901
お酒が自慢のお店ですから、歌川国芳の浮世絵を入れました。
「山海愛度図会 五十七 はやく酔をさましたい 豊前小倉縞」。
2_20190917084101
プログラムは、ネタ出しする「火事息子」を入れました。
席亭によれば、まだ告知をしていないのに、既に数名の予約をいただいているそうです。
落語通が多いので、とても緊張します。

井筒親方の訃報

えっ? 逆鉾が?
大相撲の井筒親方(元関脇逆鉾)が亡くなったそうです。
享年58歳。
Images_20190917023601 享年58歳。
突然のご不幸に、とにかく驚きました。
_20190917_023627
同年輩のお相撲さんで、やんちゃそうな雰囲気が好きでした。
父親の先代井筒親方(元関脇鶴ヶ嶺)譲りの双差しの名人でした。
「さかほこ」と言わずに、親しみを込めて「ちゃかぽこ」なんて言っていました。

2019年9月16日 (月)

敬老の日

今日は「敬老の日」なんですね。
昔は9月15日でしたが。
Wst1909160001p1
世界一の長寿は、福岡に住む日本人のおばあちゃんだそうです。
明治36(1903)年生まれの満116歳。
明治―大正ー昭和ー平成ー令和と、何と5世代を生きて来られたんですね。
「おばあちゃん、どんな男性が好みですか?」と尋ねたら、「あたしゃ甘えん坊だから、年上の人がいい」って言うかな?
・・・どこを探しても絶対にいませんが。

台風一過1週間

1週間前、テレビなどのマスコミは、こぞって東京を中心とした交通機関の混乱を報道していました。
それはそれで、台風がもたらしたものでしたが、実は、さらに深刻な真実は全く伝えられていませんでした。9-1
暴風による甚大な破壊、それに伴って千葉県で広大に発生した大停電。
K10012084581_1909161737_1909161749_01_02
見通しの甘い電力会社のミスリードによる住民の不満と憤り。
_20190916_191350
インフラのマヒに対する、行政の対応の遅れ。
_20190916_191415
例によって、風か強くなった駅や海岸で、ヘルメットを被ってもっともらしく報道する焦点ボケので、姿に、憤りを通り越して笑ってしまいます。
現場で本当に起こっていることを伝えられない報道機関なんて・・・。
房総も大変ですが、報道はもっと危機的です。
電力会社も?東電(当然)です。
予想外の被災に、東電(呆然)としているだけでした。

台風でなく

台風16号は心配はなく、別の熱帯低気圧が要注意だそうです。
Large-2_20190916184401
台風になる可能性もありそうです。
何となくこちらに来そうな場所(海域)にいるのも不気味です。
まだまだ台風の恐怖は暫く続きそうです。

東洋館

一度行きたいとは思っています。
浅草演芸ホールの上なのに。
Img_20190916_181707
ただ、ずーーっと漫才だけ聴く自信がないのではありますが。

饅頭・・

こういうことってありますよ。
Img_20190916_181351
正直なところがあっばれ!
お客さんだって、たまには間違ってもらいたい。
店の人は、饅頭の数を間違えるのが怖い。
饅頭が怖くて、その次にお茶が怖いという人もいる。

この落語会

ツイートされていましたが。
Img_20190916_181425
まだチケットあるんでしょうか?
明日になったら確認しよう。

雨は上がって

朝は土砂降りでしたが、早々に上がり、田舎はかんかん照りでした。
帰りもいつもの場所での渋滞はありましたが、比較的早く帰宅出来ました。
_20190916_182734
「70代を高齢者と言わない」という不思議な街も通り過ぎました。
千葉県の東南部は、予報通りの大雨になったようで、二次災害が心配です。

吉原

今、吉原にいますが、浅草の観音様の裏ではありません。
_20190916_1330262
静岡県富士市吉原5丁目の交差点。
私は、落語の吉原の噺を聴いた時に、「へぇ、あそこ(富士市)はそんな所だったんだ」と思い込みました。
近くには、富士市役所があります。

今はもう秋・・・

実家の庭の古い柿の木。
樹齢は・・もう100年近いかなぁ。
_20190916_1329402
少し色づいた実がついていました。
庭はもうすっかり秋です。

えっ?そんなに?

現在工事中の新東名高速道路の御殿場ジャンクションから伊勢原ジャンクション間。
  _20190916_073010
元々、20年度全線開通の予定でしたが・・・。
何と、23年度まで遅れるという・・・。
開通すれば利用するつもりでしたから、残念です。

雨降り

予報通り雨が降っています。
Large-1_20190916072501
千葉県は大雨の予報。
_20190916_0711122
台風はちょうど1週間前でした。
今日も1週間前と同様、帰省します。
_20190916_071555
松戸市内でも警報が出ているようです。
_20190916_071154
まだまだ停電している所が多く残っています。

2019年9月15日 (日)

台風16号

台風16号が遥か南洋上で発生。
_20190915_222213
根拠はありませんが、日本列島に接近する前に、方向を変えて、北東方向に抜けて行く・・・といいなぁ。

通電火災

台風からまもなく1週間になります。
まだまだ傷痕は癒えるどころではありません。
52876709c6d844f288657f369045588d
停電も、まだ10万軒以上・・・。
Sketch1568553321716
ところで、公衆電話は、停電に関係なく使えるそうです。
最近のスマホの普及で、公衆電話は減っていますが、実は頼りになる存在なんですね。
_20190915_220031
停電の復旧は待ちに待っているんですが、怖いのは「通電火災」ということでやつ。
_20190915_215954
それらしき火災が発生しているようです。
_20190915_220014
さらに二次災害にならないことを祈るのみ。

天使近影

天使たちの後ろ姿。
天使①は、ボルダリング初挑戦。
_20190915_202450
天使②と天使④ブラザーズは、女性専用フィットネススタジオ覗き。
_20190915_2023502
みんな元気にやっているみたい。
今回、天使③は登場お休み。
彼なりにいい味を出しているはずです。

「第2回 樂醉寄席」の演目

「人情噺噺が聴いてみたい」との席亭からのささやきがありましたので、いくつか演目を挙げてみました。_20190908_140114_20190915183101
席亭から「火事息子」にというメールが来ました。
Line_380112542691489
う~ん、直球が飛んで来ました。
しかし、リクエストでもあるし、勿論好きな噺でもあるので、頑張ってみます。
2ヶ月に一度のペースで、持ちネタを再演する機会は、実に貴重な時間になります。
ネタ切れになって飽きられないように、しっかり稽古しておかないといけません。

夜は雨になる

今は晴天ですが。
Large-4_20190915154001
これから夜遅くに、千葉県にはかなりの降雨が予想されています。
9d4a0bf6268d420583f7bbd4f4ef32c9
台風で被災されている地域には、かなりのストレスになりそうです。
Aff1131abb4e44c5aeb6f91205152ec1
天つ風、雲の通い路吹き閉じよ!

落語会はチームプレー

昨日の「高石神寄席」は、とてもコンパクトにまとめられた落語会でした。
怪我の功名というのか、直前に出演出来なくなったメンバーがいて、良い意味で残りのメンバーのテンションがアップした感じがします。_20190915_151326
番組を組み直す過程で、一人一人の会全体での役割みたいなものを、暗に発信したつもりでしたが、それを感じ取ってもらえたようです。
基本は「落語会はチームプレー」。
_20190915_082747
中でも、百梅さんと学津さんにお願いした出囃子は、タイミングが素晴らしかった。
落語会には司会者はいません。
会の進行は、全て出囃子が担っています。
生演奏ではなくCDですが、タイミングがズレたり、空白になったり、お辞儀をしてもなり続けていたりすると、演者も客席も良い緊張が壊れてしまいます。
私は、多くの他の連の発表会に行っていますが、ほとんどがひどい状態です。
やはり、老舗の落語っ子連は、お手本にならないといけないと思いますから、以前からかなりのこだわりがあります。
会場によって、CDを操作する機器が違うので、事前にしっかり確認しないといけません。
2人の操作が素晴らしかったので、演者も客席も変なストレスを感じることなく、楽しむことが出来たと思います。
出囃子に限らず、落語会は、個人の噺の羅列ではありません。
そういう意味で、昨日の落語会の殊勲者は、百梅さんと学津さんだと思います。
百梅さん、学津さん、ありがとう!

流三

まずは、席亭(自治会長)にお詫びしました。
事前のリクエストに全て応えられなかったので。
2つは、演目のリクエストで、「初天神」と「井戸の茶碗」でした。
_20190915_082908
実は「井戸の茶碗」を演る積もりでしたが、出演者の顔ぶれから、「長短」と「試し酒」に変更せざるを得なくなりましたので。_20190915_105117
実は、先週の「樂酔寄席」と今回の「高石神寄席」は、客席とも近いこともあって、とにかく楽しかった。
お客さまの反応も良く、とても充実した高座になりました。

千公さん

南房総市の千公さん。
台風で大変な中にも関わらず、元気に出演してくださいました。
当初は前半を締めてもらう予定でしたが、後半の膝にお願いしました。
_20190915_110939
客席も、リアルな被害の話題などで、ぐっと一体感が増しました。
_20190915_110955
私と千公さんは、3回のこの会の皆勤です。
とにかく、出演してくれた方々の熱演が素晴らしかった。

百梅さん

すっかり安定感が出て来た百梅さんには、中入り前の重要なポジションをお願いしました。_20190915_110718
夢学さんの出演が難しい状況になって、迷わずこのポジションをお願いしました。
_20190915_1107352
間男とかお妾さんの噺が大好きな百梅さん、今回も期待通りに好演してくれました。
学津さんも百梅さんも、声がよく出ていたのが素晴らしい。

学津さん

2度高座に上がるというので、かなり緊張していた学津さん。
休演の2人に代わって、「つる」と「崇徳院」を熱演。
開口一番では、やや緊張で硬い感じもありましたが、大きな声で頑張りました。
Line_270769257565251
中入り後の食いつきでの「崇徳院」は、緊張もほぐれて、会場の優しいお客さまにも助けられての熱演でした。_20190915_082720_20190915110501
どこか甘えのある発表会でなく、落語を聴きに来てくださる方々だけの前で真剣勝負の落語会は、緊張もしますが、必ず身に付くものです。
そういうことが分かってもらえたなら、今回2席をお願いした狙い通りになるのですが。

休息

今日は1日休もうかと。
愛車に給油。

普段は、残量半分程度で給油するんですが、先日の台風の中に帰省した時に給油しなかったために、一目盛り分ぐらいになっています。_20190915_1035262
概ね30~35リッターですが、今日は57リッター入りました。燃費はだいたい11~12キロです。
Coverprogram_20190915104201
給油の後は、徒然ドライブ。
午前中に行われている、来年の東京オリンピックのマラソン代表を決める、男女のレース中継を見ながら。_20190915_103345_20190915103601
やはり、ここに来てしまいました。
ところが、こんなに暑いのに、駐車場はかなりの数の車でした。
_20190915_1034112_20190915103701
高齢者グループが団体旅行なのか、大勢いましたが、大丈夫かな?

次回の「樂醉寄席」

席亭から連絡をいただき、次回の第2回目の日程が決まりました。
_20190910_0801382_20190915114901
「2ヶ月ごとに」と言われていましたが、次回は11月10日(日)に。
5675f2608a184f059f4b7e869c07e96f 
また2席ということですが、人情噺が聴きたいというリクエストでしたので、演目を考えたいと思います。
ありがたいことです。

さん喬師匠の高座のレビュー

広瀬和生さんの、柳家さん喬師匠の高座のレビューを見つけました。
八月二十一日、東京・日本橋劇場での柳家さん喬独演会「さん喬十八番集成」に出掛けた。
吉原で安い店に上がった落語家がひどい目に遭う一席「徳ちゃん」を軽く演じてから、そのまま「お直し」へ。
花魁が店の若い衆といい仲になり、主人の計らいで所帯を持つ噺だ。
亭主の不義理で店にいられなくなった二人は「蹴転(けころ)」という最下級の店を始め、女房は亭主に頼まれ遊女に逆戻り。
だが客にこびを売る姿に嫉妬した亭主は何度も「お直し(延長)だよ」と割って入り、客が帰ると夫婦げんか。仲直りしたところにさっきの客が戻ってきて「直してもらいなよ」…。
このせりふがとても優しいトーンで「しっかりやりなよ」と応援しているかのようだ。腹をくくった女房の“心(しん)の強さ”が見事に描かれている、すてきな「お直し」だ。
後半は人情噺(「ちきり伊勢屋」。ちきり伊勢屋という大店の若旦那、新次郎が易の名人に死期を告げられて店を畳み、葬儀まで行うが、人の命を救ったことで運命が変わって生き延びる。
さん喬は、たいこ持ちの善平という男と新次郎の友情を軸にした演出を考案。

親子心中しかけた父と二人の娘を助けて三百両を恵んだ新次郎は、姉お鶴と恋に落ちるが、やがて死ぬ身と去っていく。この切ない別れをさん喬は濃密に描いた。
新次郎は紆余曲折(うよきょくせつ)を経てお鶴と再会、夫婦となってちきり伊勢屋を再興するというハッピーエンドへ。
上、下で二時間かかる長編を一時間に編集し、まるで映画を見ているかのように観客を引き込む技量はさすがだ。
夫婦の情愛を細やかに描く「お直し」、運命に翻弄されながらさまざまな人との出会いに助けられる新次郎の人生を描いた「ちきり伊勢屋」。

さん喬の真価を発揮する大ネタ二席だった。
・・・「徳ちゃん」から「お直し」のパターンは、先日(9月10日)の独演会でも聴かせていただきました。
「ちきり伊勢屋」もやりたいなぁ。

着信拒否

今朝も2度電話がかかって来ました。
「陸上自衛隊朝霞駐屯地」から?
相変わらず、留守電なし。
  _20190915_080203
10回以上も続くので、着信拒否登録をしました。
それにしても、随分失礼な電話です。

落語DEデート

昨日の「高石神寄席」の余韻に浸りながら。
この前の「落語のデンパ」という番組は要りませんね。
それなら、「落語DEデート」を延長した方がいい。
今朝は、特に最悪でした。
さて、気を取り直して。
◇「ずっこけ」   八代目春風亭柳枝
Images-1_20190915070601
圓窓師匠の最初の師匠です。
入門してまもなく亡くなったので、圓生師匠のお弟子さんになりました。
https://youtu.be/MPyFHDTTRjM
◇「蕎麦屋」     六代目春風亭柳橋
Unnamed_20190915073601
芸術協会を長年率いて来られました。
今日は、朝からマラソンを視聴しようと思います。
オリンピック代表を一発勝負で決めるそうです。

熱帯低気圧接近

今は晴れていますが、午後から明日にかけて、熱帯低気圧が関東地方(房総半島)に接近するそうです。_20190915_072731
かなりの雨が予想されるようです。
_20190915_073052
房総半島で赤くなっているのは、南房総市あたり?

2019年9月14日 (土)

満月

今夜は満月でした。
_20190914_2315192
昨日の仲秋の名月も今夜の満月も、眺めることが出来ました。

宴のあと

楽しい打ち上げは、席亭(自治会)の皆さんがセットしてくれてた近くのお店で。
一昨年の第1回の打ち上げもこの店でした。
出演者は、それぞれの高座に満足。
自治会の皆さんも、大変ご満足いただいたようで、大盛り上がり。
中でも、若い学津さんは、親世代より上の"お姉さまたち"に大モテでした。
Sketch1568500963546
席亭や皆さんにお礼を申し上げて、下総中山駅から市川駅、市川駅から松戸駅行きのバスに乗って帰宅。
バスに揺られて、お酒の酔いも手伝って、ウトウトしてしまいました。

第3回 高石神寄席

台風の影響で、女性2人が休演を余儀なくされてしまいましたが、何とか大きな穴を埋めて、お客さまにも御満足いただける会に出来ました。◇「つる」三流亭学津
_20190915_082720
◇「長短」三流亭流三
_20190915_082922
◇「悋気の独楽」三流亭百梅
_20190915_082800
◇「崇徳院」三流亭学津
Line_270643685287486
◇「粗忽長屋」三流亭千公
_20190915_082818
◇「試し酒」三流亭流三
_20190915_082833
自治会長さんからも、お礼の言葉を頂戴して、全員が大満足の高座になりました。
また次回も・・・と言っていただけました。

高石神寄席速報

実に素晴らしい落語会になりました。
Line_250795129898547
約30名のお客さまで、みんなのびのびと演らせていただきました。
Line_250804324445731
席亭の自治会長さんはじめ、ご来場くださったお客さまからも、ご満足の言葉がいただけました。1568496420719
台風15号のおかげで、直前に出演者や演目を変更して臨みましたが、とても上手く行ったと思います。

高石神寄席の会場

下総中山駅で待ち合わせて、百梅さんと学津さんと3人で会場へ。
千公さんは5分ぐらい遅れるということで、見捨てて。
高石神社の鳥居をくぐって、石段を上がります。
_20190914_132306
境内にある社務所が会場。
_20190914_132253
入口には、洒落た看板が。
_20190914_132239
高座も綺麗に出来ています。
_20190914_132522
さぁ、頑張ろう!

腹拵え

市川駅から、総武線で2駅の下総中山駅。
待ち合わせまでは時間があるので、駅ビルの中のカフェでランチ。
_20190914_123613
これまた糖質制限破り。
集合時刻10分前になったので、店を出て、駅の改札付近へ。

面白そうな美術展

ちょっと面白そうなので、行ってみたい美術展。
出光美術館「奥の細道330年 芭蕉」。
_20190914_1220082
そして、太田記念美術館。
どうやらシリーズ企画のようです。
「写楽を超えた男 歌川豊国」。
_20190914_122032
続いて「父の画業と娘たち 歌川国芳」。
_20190914_121921
さらに「ラスト・ウキヨエ」。
_20190914_122730
歌川国芳は、三遊亭圓朝の絵の師匠ですから。

気味が悪い

2~3日前から、アドレスに登録していない先から電話がかかって来るようになりました。
私は、基本的には番号通知がされていても、電話には出ないことにしています。
もし、具体的な用件があれば、留守電に入れてもらえば良いので。
ところが、この先からは、早朝や深夜も含めて、2日間で10回もかかって来ました。
早い時刻では朝の5時台、遅くは夜の11時台と、一般的には失礼な時間帯だと思います。
相変わらず、留守電には何も入れていません。
そこで、電話番号をヤフーで検索してみると・・・何と「陸上自衛隊朝霞駐屯地」と。
_20190914_111845
えっ?自衛隊?何で?
全く心当たりがない。
それとも、私を徴兵しようとでもしているのか?
私の認識していない用件があるのか。
Images_20190914113701
公的なところなら、架電の時間帯や回数に配慮があって然るべきだし、用件を留守電に入れれば良いはず。
詳細は言わなくても、私の番号であるかの確認、内容も詳細でなくても、何か一言触れるのが礼儀ではないかと。
しかし、本当にここからなら、実に不安です。
それに、腹も立って来ました。
今度来たら、拒否登録をしようと思います。

市川へ

例によって、隣の街の市川には電車では物凄く不便です。
_20190914_103251
松戸駅から市川駅行きのバスが一番便利です。
_20190914_103238
松戸駅西口を出発して、旧水戸街道を南へ向かい、途中で松戸神社の前も通ります。
_20190914_103313
旧水戸街道から左に折れて矢切街道。
常磐線、千代田線、国道6号(水戸街道)を横切り、外環松戸インターを通り過ぎて暫く行くと、北総線の矢切駅。_20190914_104112
連れて逃げてよぉ~、ついでおいでよぉ~。
_20190914_104911
市川市内に入ると、乗客も増えて来ました。
京成線の国府台(こうのだい)駅を過ぎて、千葉街道を横切ると市川駅。

台風15号の辿ったコース

先日の台風15号が辿ったコース。
_20190914_090548
拡大してみると、台風の進行方向の南東部分が危険だと言うのが事実だと実感します。
_20190914_090524
松戸や市川や船橋までは台風の西側だったため、幸い難を逃れることが出来ました。
しかし、万が一あと何キロか西側のコースだったら・・・と、改めて恐ろしくなります。

今日の手拭い

今日の「高石神寄席」。
_20190914_0850232_20190914085301
2度高座に上がるので、手拭いも2種類用意しました。
_20190914_0849452
特に「長短」は、手拭いを使いますから。

今日は「高石神寄席」

台風のおかげで、出演者が二転三転して、予定していたうちの2人が休演せざるを得なくなりました。31_20190912080701_20190914085501
しかし、お客さまにご迷惑がかからないように、しっかり番組を作ることが出来ました。
今回で3回目になりますが、これからも呼んでいただけるように、チームワーク良く頑張りたいと思います。

腐った会社・・・

また"酒気帯び運転"です。
_20190914_070453
一体どういう神経をしているのでしょうか?
_20190914_0705132
社員のレベルも低いと言わざるを得ませんね。
懲戒解雇で当然。

あと2週間も?

停電が、まだ10万軒以上残っています。
  20190914oyt1i500111
日に日に新たな被害の状況が判明しています。
20190914oyt1i500121
そして、復旧にはまだ2週間かかる所もあるそうです。
K10012081641_1909140536_1909140539_01_02
房総半島の南、半島の突端の方は、まだまだ悩ましい状態が続くようで、住民の皆さんの心身の健康状態が心配です。

聴き逃しサービス

朝起きて、スマホの"らじるらじる"の聴き逃しサービスで「真打ち競演」を聴きました。
_20190914_065104
◇「締め込み」    橘家圓太郎
こういうのって、とても便利でありがたい。

2019年9月13日 (金)

菊之丞さん

売れっ子ですからね。
今夜は、この二人会にも同じ「三味線栗毛」をネタ出ししていますから、そのお浚いだったかな?Img_20190913_222300
独演会も面白そうですが、確か私は東京にいないはず・・・。
Fb_img_1568386541203
落語が聴きたい。

東京落語会

東京駅から虎ノ門まで戻り、ニッシヨーホールへ。
_20190913_223543_20190913223601
日が短くなって来て、6時は暗くなっています。
_20190913_223527 
会場へ着いて、会員継続更新した10月以降のチケットを受け取ってから席へ。
ちょうど前座さんの開口一番が終わったところでした。
_20190912_1913042_20190913135001

◇「勘定板」       立川平林
◇「星野屋」        春風亭可龍
◇「妻の酒」        古今亭寿輔
◇「笠碁」            柳亭小燕枝
これは菊之丞さんのツイート。
_20190913_223502
◇「三味線栗毛」   古今亭菊之丞
◇「やかん」          三遊亭圓歌
終わってから、いつものように、いつもの店で、頓平師匠と一献。
とても涼しい夜でした。

小太郎さんの会

先日久しぶりに聴いた柳家小太郎さん。
Img_20190913_172518
柳家やなぎさんとの二人会が明日開催されます。

渋谷らくご

今日から、馬石さんみたいです。
Img_20190913_172702
5日間の芝居。

駅弁

東京落語会に直接行くので、車内で早めの夕食を。
_20190913_154835
秋味満載という駅弁。
_20190913_161539
まぁ、こんなものでしょう。
糖質摂取し過ぎ。

確かに・・・

台風被害を受けて、千葉市長が県の対応を批判していました。
スピード感もリーダーシップもなかったと。
Admi12
確かに、森田健作知事が目立ちませんね。
いつもは目立たせている顔が、ほとんど露出していませんでした。
「さらば涙」と言ってた?
それとも「友だちよ泣くんじゃない」って?

中秋の名月と満月

今夜は中秋の名月だそうです。
Large-3_20190913151901
そして明日は満月。
この満月は、今年一番小さな満月になるそうです。
Large-1_20190913151901
こんなに違うそうですから。
Large-2_20190913151901
今夜は・・・月は見えそうにありませんか?

鉄塔ばかり

新幹線の車窓に、送電線の鉄塔が数多く林立している景色が目に入りました。
_20190913_1523392
台風の被害を見ているので気になりました。
こんなにもものすごく多くの鉄塔が・・、これが鉄塔(徹頭)徹尾って言うんですね。

永井Go展

こんな展示会もあるようです。
0b9f48de276946fcb0e2a80d7835c589
永井豪さんと言えば・・やはり「ハレンチ学園」かなぁぁ。

女性の噺家さんのこと

広瀬和生さんが語る「女性落語家・論」ということでしょうか。
いつもと同様、大変興味深く拝読しました。
二ツ目が元気な時代の到来と共に目立ってきたのが若手の女性落語家の活躍だ。
とはいっても、女性落語家の絶対数は少ない。
大学の落研には上手くて面白い女子が大勢いるのに、彼女らはほとんどプロを目指さない。
2019年9月の時点で東京にいる女性落語家は「真打&二ツ目」で25人。
その他に前座が6人、人数が把握できない「見習い」も数人いるはずだが、そんな程度だ。
東京の落語家全体の数は約600人と言われる中での30数名だから、男性に比べて女性の落語家は圧倒的な少数派だ。
もっとも、この10年で女性落語家の数は徐々に増えてはいる。
2009年12月に調べたときには東京に450人以上いた落語家の中で女性は前座も含めて19人、「真打&二ツ目」は12人しかいなかった。
女性落語家が少ない理由としてまず考えられるのは、伝統的に「落語は男が演るもの」とされてきたということ。
1993年に三遊亭歌る多と古今亭千代菊が東京で初の女性真打になった際には「女流真打」という別枠を設けるべきではないかという議論があったほどだ。
その伝統の中で「老若男女を男性が1人で演じるもの」として磨き上げられてきた古典落語を女性が演じるのは無理がある、だから女性の落語家は女性のために作られた新作落語を演るべきだ、と提唱したのは三遊亭白鳥だ。
白鳥は2010年、それを女性落語家たちが実践するきっかけを与えるために、自らプロデュースする「The Woman’s落語会」を立ち上げた。
若手の女性落語家たちが白鳥に教わった噺を演じるこの会は2015年まで12回開催された後、2016年末に2夜のスペシャル企画として復活。
2018年3月には「第14回」が内幸町ホールで開かれ、三遊亭粋歌、立川こはる、春風亭ぴっかり☆、林家つる子がそれぞれ白鳥作品を独自にアレンジして演じた。
この4人はいずれも人気の女性二ツ目だ。
白鳥の言う「女性は女性向きの新作を演ればいい」という指摘は一面の真理である。
ただ、プロの落語家になる女性はたいてい「古典が好きでこの世界に入った」と言う。
そんな女性たちが、男性に混じってどのように個性を発揮していけばいいのか。
その「モデルケース」となるべき存在が、2017年に真打昇進した柳亭こみちだ。
2006年に二ツ目となったこみちは、当初から「まっすぐな古典」をきっちりと演じる女性落語家として着実に活動の基盤を広げていった。
女性の着物で高座に上がり、ルックスも女性らしい可愛さを備えたこみちだが、持ち前の「古典の技量」の確かさゆえに「女性が古典を演ることの不自然さ」を感じさせなかった。
だがこみちは「まっすぐな古典」とは別に、『蚤のかっぽれ』『植木のお化け』『虱茶屋』といった「音曲や踊りなどの“飛び道具”が入る噺」を積極的に覚え、これを自らの武器にしていった。
白鳥は、そんなこみちにも「女性のための新作」を教えた。
最初は2008年9月、独演会のゲストとしてこみちを呼んで自作の『ナースコール』を演じさせたのである。
さらに白鳥は「The Woman’s落語会」を始めると、こみちに『白鳥版明烏』や『女泥棒』、『姫と鴨』等の作品を提供している。
これらは古典の世界感を新作に持ち込んだもので、現代を舞台にする『ナースコール』とは異なり、「古典のこみち」を求めるファン層にも受け入れられやすかった。
さらにこみちは桂枝太郎が狂言を落語に作り替えた『附子』、古今亭駒治の『ガールズトーク』を江戸の長屋の女性たちに置き換えた『うわさ小町』といった作品も自分のレパートリーに加えている。
現在、こみちは「古典」「飛び道具の入る噺や珍品」「女性が活躍する、女性にしかできない噺」を自身の3本柱としている。
そして、その柱の1つである「古典」においても、かつてのように「まっすぐに演る」だけではなく、『富久』で日本橋石町の旦那のお内儀さんを登場させたり、死神が爺さんではなく婆さんの『死神』を演じたりと、「女性ならではの工夫」を重ねている。
こうしたこみちの挑戦は、今後の女性落語家にとって、1つの指針となるのではないだろうか。
現在の二ツ目では三遊亭粋歌、立川こはる、春風亭ぴっかり☆の3人が、それぞれの流儀で「女性落語家のあり方」を明確に示している。
三遊亭粋歌はもともと古典の演者だが、「古典を深く知るには新作を創ってみるといい」との先輩からのアドバイスで創り始めた「女性ならではの新作」で人気に火が点いた。
粋歌の新作は、単に女性の登場人物を前面に出して活躍させるだけではなく、「女性の視点で物事を捉える」からこそ面白い。
つまり「男性にはない発想」の新作なのだ。
粋歌は三遊亭白鳥作品も手掛けているが、それらは白鳥が女性のために書いたものではなく、白鳥が自ら演じている作品を「自身の視点で練り直した」もの。
白鳥が示唆した「女性は新作をやるといい」という方法論を、粋歌は自らの才能で独自に発展させているのである。
男性の着物で高座に上がり、女性要素をほとんど感じさせない「男前な江戸落語」を演じるのが、立川こはる。
彼女は「女性の声で古典を演じる」ことに不自然さを感じさせない技量の持ち主だ。
「落語の上手さ」が「女性であるというハンデ」を跳ね返しているという点では二ツ目時代のこみちに通じるものがあるが、こはるは「男らしく演じる」点で徹底しており、そもそも彼女を「女性落語家」というカテゴリーに入れることの方が不自然に思える。
こはると正反対に、「女性であること」を前面に出して演じることが魅力となっているのが春風亭ぴっかり☆だ。
彼女は師匠の小朝直伝の『元禄女太陽伝』のように女性主人公が活躍する新作落語も持っているが、『お見立て』の喜瀬川や『権助提灯』の妾といった、古典に登場する女性の「女らしさ」を強調することで、個性を発揮している。
キュートなルックスでアイドル的な人気があることが却って正当な評価を妨げているきらいがあるが、ぴっかり☆は物語をきっちり表現する技量を備えている。
「古典に自分の演出を大胆に持ち込む」ことが当たり前になっている現代落語界において、ぴっかり☆が試みている「古典の中の“女らしさ”を武器にする」方法論は効果的だ。
ぴっかり☆が講釈ネタの『徂徠豆腐』を見事に語るのを観たこともあるが、これも示唆に富んでいた。
今、講釈師の約半数が女流だが、それは「地語り」主体の講談の形式が女性に合うからだろう。
たまたまそのときは立川こはるとの二人会で、こはるは地噺『平家物語・上』(談志十八番『源平盛衰記』の前段にあたる部分を独自にこしらえたもの)を演じてこれも素晴らしかったが、「地の語り中心の構成なら女性演者のハンデは小さい」ことも、今後の女性落語家がネタを独自にアレンジするうえで役立つかもしれない。
今挙げた4人に共通しているのは「当たり前に古典を演ってもちゃんと聴かせる腕がある」ということ。
ここが重要なポイントだ。「女性には古典は無理だ」と思わせる演者は、女性云々の前に「落語がヘタ」なのである。
女子の割合が高い学生落語の大会などを観ていると、「女性は落語に向かない」なんて印象はまるで受けない。
つまり「数の問題」でもあるのだ。
これまで存在したプロの女性落語家の絶対数があまりにも少なかったからこそ、「巧い女性」「面白い女性」がなかなか出てこなかったのである。
「古典・飛び道具・女性ならではのネタ」の3本柱を武器とするこみち、「女性の視点による新作」を創り続ける粋歌、「女を感じさせない」こはる、「女らしさを武器にする」ぴっかり☆。
彼女たちが道を切り開いてくれると、僕は期待している。
白鳥さんは個人的には・・ですが、女性の落語に関しては同感。
圓窓師匠とも、常々話していることで、違和感はありません。
ただある噺を漫然とやる、それを平然と聴くことがおかしい。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2017/09/post-56da.html
こみちさんが真打に昇進した時に言っていたことも印象に残っているし、広瀬さんの仰る3人の若手のチャレンジは、落語原理主義者としても、しっかり見て行きたいと思います。
そうすれば、「紺屋高尾(幾代餅)」や「お見立て」や「明烏」などを平然と演る、デリカシーのない厚顔の女性素人落語家の面々も罪深さに気がつくことでしょう。

さすが・・・!

去年でしたか。
ジュリー(沢田研二)が、ちょっとお騒がせになったのは。
チケットが完売せずに、空席が残っていることで・・・。
あの時は、随分大人げないものだと憤慨したものでしたが。
偶然、YouTubeで、数年前に行われた、ザ・タイガースの東京ドーム公演の映像を視聴しました。
驚きました。
かつての人気歌手やグループが、歳を重ねてから(一時的に)再結成したり、懐メロ番組に出演して、往年のヒット曲を歌うのを聴くことも多くありますが、ほとんど目も当てられない惨状にがっかりするものばかり。
ビジュアルは、加齢で致し方ないとしても、声は出ない、酷い・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=K6Z3pzH6mDc&app=desktop
ところが彼らは、オリジナルのフルメンバーが、サポートなしで演奏し歌っています。
ジュリーは、漫才の「ホームラン」の勘太郎さんみたいになっていますが、こえはしっかり出ています。
ドラムのピー(瞳みのる)はビジュアルも変わらないのが凄い。
Photo_20190913114801
     ◆僕のマリー
     ◆シーサイド・バウンド
       ◆モナリザの微笑 
         ◆美しき愛の掟
           ◆銀河のロマンス
             ◆青い鳥
               ◆花の首飾り
                 ◆ 君だけに愛を
1_20190913115201
リアルタイムで聴いた私は、当然全曲歌詞を見ずに歌えます。
この中では、何と言っても「青い鳥」でしょう。
2_20190913115201
他の人気GSが活動をしていますが、メンバーが欠けたり、歌が酷かったりですが、これはほぼ完璧でした。
ザ・タイガースって凄い人気でした。

待乳山聖天で

「文七元結」で、左官の長兵衛が吉原の大店”佐野槌”の女将に駆け込んだ娘のお久の身を預け、借りた50両の金を懐に、吉原から本所の達磨横丁に帰るシーンがあります。
長兵衛は五十両の金をしっかりと、吉原を後にした。
大門をそこそこに、見返り柳を後ろに見て、土手の道哲右に見る。
待乳山から聖天町、山の宿から花川戸、左へ曲がる吾妻橋・・・。
その「待乳山聖天」で、浮世絵展が開催されるそうです。
82bd1c08e94ef5f7d772d17bde05ff0f
開山1400年を超える霊跡「待乳山聖天」とその山下を流れる隅田川や山谷堀など、江戸時代の当地の浮世絵やパネルなどの展示を通して、日本の歴史文化に触れていただけます。
Ukiyoe311024x645
行ってみようか・・・。
9411758b59140b2a1b71b31eabf741eb474x1024
A95296234dcd1b5fa181aa8e2c6f050b477x1024

夢学さん

まだまだこんな状態が続いていて、復旧は遅々として進んでいない状況ですが。
20190912oyt1i500821
昨夜、南房総の夢学さんから、落語っ子連のMLにメールが届きました。
ご無事なのは、同じく南房総の千公さんから聞いていましたが、停電などで、直接連絡がつけられなかったので、メンバー全員で心配していました。
ご自宅に一部被害が出ているそうです。
当然、明日の「高石神寄席」には出ていただくことは叶いませんから、是非早い復旧を祈りたいと思います。
やはり、無事と伝え聞いてはいても、直接ご本人の言葉が伝わって来て、やっと安心出来ました。
千葉県内の電気の復旧には、まだまだ時間がかかりそうです。

明日は千早亭落語会

私がこの春から休ませていただいている、扇子っ子連・千早亭の発表会が15日に開催されます。Img_0_m_20190913045601
何と、師匠を除いて出演者が10人という・・・。

相変わらずの盛会を祈ります。

ところで、早千さんは出演しないのかな?

もし、早千さんが出て、私も休会せずに出ることになっていたら・・・、出演者1ダースになるところでした。

やはり、そういう点からも、休会して正解だったようです。

早千さんが出ないならなおさら、雑な会になりませぬように。(余計なお世話ですが。)

2019年9月12日 (木)

台風被害の状況

まだまだ復旧には道は険しい・・・。
_20190913_051245
洪水や土砂崩れなどとは違って、幸い直接の犠牲者は多くなかったけれども、インフラが麻痺してしまった状態からの二次災害が心配です。

明日の朝は

かなり涼しくなるようです。
_20190913_051809
凌ぎやすくなるのはいいですが、温度の変化で体調を崩したり、寝冷えをしないようにしないと。
大阪は、朝から雨になるようです。

明日は東京落語会

明日は13日の金曜日。
_20190912_1913042
東京落語会です。
菊之丞さんの「三味線栗毛」が楽しみ。
私の持ちネタで、参考にさせてもらいましたから。
それにしても、圓歌さんが「やかん」で主任?
「やかん」で?
大阪から戻ってそのまま会場に向かいます。
開演には間に合いませんが・・。

桂友楽師匠から

落研先輩の桂友楽師匠から、手紙を頂戴しました。
0701_20190717105801_20190913081701 
友楽師匠から電話があり、「ホームカミング寄席」のことでお尋ねがあったので、かなり丁寧に説明した上で、チラシやパンフレットを郵送しましたので、そのお礼と言う訳。
とにかく、携帯やスマホ、パソコンとはご縁のないと言う、とても不便な先輩ですから。
ところが、まだこの間の電話での説明や手紙での説明が飲み込めていないような・・・、堂々巡りをしている様子です。
あとは、今まで何度もお聞きしている、ご自身の落語活動のことがびっしりと書かれていました。
どうも、説明した経緯や内容について、今一つご理解をいただけていないようですが、当日は会場に来てくださるようです。
有難いことです。
あまり人の話を聞かないというのは、先輩方の世代のでは当たり前のことみたいですから。

駅弁

ちらし寿司を食べてみました。
_20190912_1746492
サクラエビの独特の香りがします。
_20190912_1746272
コストパフォーマンス良好。
糖質摂取過大・・・反省。

笑っちゃう((ノ∀`)・゚・。

あるタレントの写真集で、これが物議を醸しているそうです。
要するに、不謹慎、みだらということで・・。
_20190912_063819
あるツイートを読んで、スッキリ大笑い((ノ∀`)・゚・。 
不謹慎云々以前に、襖が一枚逆になっているので、絵が合わないって。
あぁぁぁ、本当だぁ!
着物を左前に着ているみたいです。
恥ずかしい~(*/□\*)カメラマンだか、スタイリストだか、編集者だか、校正者だか・・、何やってたのか、気がつかないか、無知なのか、センスがないのか・・・?
もしかして、意図的に奇をてらった?
まさか?
「畏敬の念」や「畏怖の念」というのを、現代人は忘れてしまったんでしょうか?

「高石神寄席」の番組

明後日に迫った「高石神寄席」。
今回が第3回目、吉原なら"馴染みになる"はずです。
31_20190912080701
いつも暖かいお客さまで、今回も6名でお邪魔する予定でした。
・・・ところが、先日の台風15号。
会場は市川市内ですから、全く影響はないのですが、我々の方が大変なことになりました。
出演予定の、千公さん、夢学さん、蝶九さんの3人が、台風の被害により、自宅などが停電・・・。
出演が事実上困難になってしまいました。
千公さんは、幸いにして影響が軽いと言うことで、出演してくださるとのことでした。
蝶九さんも、来られないこともなさそうですが、体調や仕事も含め不確定要因があるので、休演することになりました。
そこで、学津さんと私が2席ずつ演ることにして、2人の穴を埋めることにしました。
20190912092509336_0001
男ばかりで色気はありませんが、楽しんでいただけると思います。

どうなんだろう?

前から思っていることなんですが。
やんごとなき方が、ご公務で数々の場所をご訪問されますが、帽子を被っていらっしゃる。
正式な儀式や食事の際も戴帽のままでいらっしゃることが多い・・・。
・・・どうなんだろう。
   _20190912_060755
どうなんだろう?
   _20190912_060823_20190912073801
焼香される際に、戴帽で、手袋をはめたままって。
手袋をしたままの焼香には、やや疑問の声も上がっているそうです。
皇族は神道だから、仏教の儀式には疎い・・かもしれませんが。
理屈ではなく、素朴に、ちょっと違和感はありますね。

古い・・・

これがホントのドミノ倒し・・・。
Town20190911192056
これ古いですよ。
以前、同じパターンの投稿を見たことがありますから。

蓮二のレンズ

橘蓮二さんの素晴らしい本。
Img_20190912_062749
その被写体となっている噺家さんや芸人さんのリストがツイートされていました。
Img_20190912_062630
いやぁ、多士済々。
・・・でも、三遊亭の名前がほとんどないのが寂しい。
橘さんの交友範囲なのか、それとも三遊亭の存在感からなのか・・・。
両面あるとは思いますが、後者の方が・・・かな。

電気のありがたさ

改めて地図を見て唖然としました。
2019091100000067asahi00013view
本当にちーばくんの身体中で停電が続いています。
_20190912_055751
「ロード」という歌に「何でもないようなことが幸せだったと思う・・」ということでフレーズがありますが、電気のある生活が当たり前になっていたから、それが不如意になって初めて(改めて)ありがたさが分かります。
スマホも電話もトイレも水道も電気。
_20190912_055648
信号機も電気。
_20190912_055735
電車も電気。
_20190912_055706
色々考えさせられます。
ここでも、リスク分散が必要になりますね。

夜中の雷鳴

昨日の夕方の雨も、都内はかなりのものでした。
そして、未明に雷鳴で目が覚めました。
マンションなので、普段あまり雨音などは感じないのですが・・・。
_20190912_071410
どうやら、大雨と雷と濃霧の注意情報がリリースされているようです。
_20190912_071431
どうも、今までの経験などは、全く役に立たない気がします。

2019年9月11日 (水)

満身創痍のちーばくん

この赤いのは、千葉県の公式キャラクター「ちーばくん」です。
千葉県の地図を型どったデザインです。
Images_20190911204701
今回の台風で大きな被害になっているのは、顔以外の全域という感じです。
Sketch1568202391249

松戸は、ちーばくんの顔の部分の鼻の下辺りです。
あまりにもひどいので、ちーばよって(血迷って)います。

オレンジドリーム号

千葉県内は大混乱が続いています。
スーパーやコンビニの商品棚は空っぽ。
K10012076391_1909111704_1909111705_01_02
ガソリンスタンドには長蛇の列。
K10012076391_1909111704_1909111705_01_03
断水や水不足で、飲用や入浴や洗濯もままならず。
停電で、エアコンや冷蔵庫はアウト。
冷房が効かず熱中症のリスク大。
電気がないと何も出来ないことを改めて知らされています。
そんな中で、吉野家の「オレンジドリーム号」が活躍しているそうです。
News_20190911150002thumb645xauto164930-1
東日本大震災の時も活躍したそうですが。

大きくなって・・・

昨日の「柳家さん喬独演会」で、元気に高座を勤めた「柳家小太郎」さん。
さん喬師匠の9番目のお弟子さんですが、懐かしく聴かせていただきました。
前座名が「小ぞう」さん。
もっと身体が小さかった気がします。
可愛くてか細くて、本当に”こぞう”という感じでした。
でも今は立派に二つ目になって、自分の世界を作って頑張っているようです。
隣の家の赤ちゃんが、いつのまにか中学生になっていたような。
A000656393_01
一方、同じ頃に、やはりよく聴いたのが「春風亭一蔵」さんです。
Eeka7chxsaafou3
一蔵さんも懐かしい。
前座名は「朝呂久(ちょうろく)」さんでした。
よく通っていた兄弟子の一之輔さんの独演会で、何度も聴かせてもらいました。
小ぞうさんとは正反対で、大柄で豪快な雰囲気でした。
そんな彼が、今日はご自身の独演会だそうです。
2人とも、聴いていて「大丈夫かな?」なんて心配しましたが、もうそんなことはありませんね。
頑張って欲しいですね。

南房総市の

落語っ子連の千公さんと夢学さんの地元「南房総市」。
既に丸2日以上にわたってほぼ全域で停電しているようですが、停電の影響で電話が通じない状況がほとんどの地域で続いていたり、断水の情報もあり、異常事態が続いているそうです。
K10012075631_1909111312_1909111318_01_02 
東京電力によれば、南房総市では、今日の昼頃の段階で、市内のほぼ全域に当たるおよそ2万2600戸で停電が継続中。
この影響で、市内のほぼ全域で固定電話や携帯電話がつながらない状況が続き、携帯各社が対応に当たった結果、市役所の周辺に限って携帯電話の電波が入り、一部で使えるようになったそうです。
また、市内の3か所の浄水場のうち、2か所の発電機が不調になり、市内の断水地域が拡大するおそれがあるという・・・。
南房総市の市長は「冷房が使えず、熱中症など市民の体調が気がかりです。停電の恐ろしさを痛感しています。電力会社には感謝しているが、少しでも早く停電を解消してほしい」と。
恐らく、あの暴風で家屋などが損傷していたり、交通機関も完全ではないでしょうから。
いかに、電気に頼った生活をしているかを痛感させられます。

どんどん来ますよ

台風一過、まだその傷跡も癒えないのに。
南洋上に熱帯低気圧。
6727471ef29340b9a423d307c52fe720
5日後には新しい台風が虎視眈々と日本列島に狙いを定めている。
Fd27aea015f64536b7db9d7d58abc598
北上して先島諸島を通過すると、急に東北東に向きを変えて・・・。
来週の3連休明けあたり。

三遊亭圓朝は・・・

よく、三遊亭圓朝は「落語中興の祖」と言われます。
演芸評論家の瀧口さんが、こんなツイートをしています。
  _20190911_113537
東大落語会OBの山本進先生も同様なご意見でした。
落語界の下降トレンドを上昇トレンドにした功績から、「中興」と言われるのだと思いますが、新しく「芝居噺」「人情噺」などを創作して、落語の幅を広げ、さらに日本の近代文学への影響や貢献を考えれば、「中興」ではなく「祖」そのものだと思います。
私も、高座で圓朝のことは「近代落語の祖」と言っています。
  Img_0_m
【烏亭焉馬(うてい えんば)】
江戸時代後期の戯作者・浄瑠璃作家。
式亭三馬や柳亭種彦などを庇護し「落語中興の祖」と言われる。
本名は中村英祝。
和泉屋和助の通称があったが、住まいの相生町の竪川をもじった「立川焉馬」や、親交のあった5代目市川団十郎をもじって「立川談洲楼」または「談洲楼焉馬」と名乗ることもあった。

停電と熱中症

落語っ子連の蝶九さんから、小江戸佐原の小野川沿いの街路樹も・・・。
_20190911_062245
まだ停電が続いているようです。
今朝6時頃の千葉県内の停電の軒数。
まだ40万件以上の停電が続いているようです。
私の住む、千葉県北西部を除いて、ぼほ全域に渡っています。
_20190911_0612542
蝶九さん曰く、東日本大震災の時も停電が続いて苦労したそうですが、あの時は3月で暖房が必要だった。
しかし、寒さは、着重ねや石油ストーブなどで凌ぐことが出来たが、今回の敵は暑さ。
これだけは、どうしようもない。
あの時よりも、今回の方が大変かもしれない・・・と。
28e3f6dd98764796b5b0dc2b7919f7d3 
熱中症による二次被害も出始めているようです。
22947c9c2b3b43fcaa009bae9e5770f4 
暑さは、もう重大な自然災害と言えますね。
83a283efa1d7405eb7752c98fcc9c073
433038670739478ab61c10db62cfd2c2
2365c1dc24d846e59d9056e66652fe9e
・・・とにかく、インフラの復旧が待たれます。

どういうつもり?

また、とんでもない奴がいたもので。
_20190911_061403
勝手にあおり運転をした挙句、エアガンを撃って来たという・・・。
_20190911_061332
百歩譲って、襲われた人に、割り込みだとか危険な動作だとかがあって、腹を立てたとしても、常軌を逸した犯罪です。
大いに糾弾されるべき凶行・愚行です。
それにしても、今はドライブモニターがあるので、リアルに記録出来ますが、こういう物がなかった最近までは、こういう暴力は闇から闇に葬られていたんでしょうね。
最近増えたのではなくて、そういう事実の一部を知ることが出来るようになったということですね。

2019年9月10日 (火)

停電続く

まだまだ広い地域で停電が続いているようです。
20190910oyt1i500421
落語っ子連のメンバーや落研OBの方々も、突然の災害に苦労されているようです。
大網白里の志ん志師匠も、停電と断水だそうで、生まれて初めて給水車の列に並んだそうです。
とにかく一刻も早く復旧して欲しい。

柳家さん喬独演会

どういう三田線で内幸町から春日へ。
_20190910_202338
「柳家さん喬独演会」です。
_20190910_181843
今日の落語会は自由席だから、気分的に面倒臭い。
文化シャッターBXホールは2度目。
_20190910_1810282
◇「元犬」          金原亭乃ゝ香
◇「鈴ヶ森」       柳家小太郎
_20190910_202229
◇「徳ちゃん」   柳家さん喬
◇「お直し」      柳家さん喬
◇「妾馬」         柳家さん喬
・・・外はまだ暑いんでしょうね。

停電の復旧

東京電力によれば、台風15号の影響で、午後2時半の時点で千葉県を中心に合わせて60万戸以上が停電しているそうです。
千葉県などでは復旧が11日以降になる地域もあるようです。
K10012073551_1909101533_1909101606_01_02
このうち、茨城県と神奈川県、それに静岡県では今日中に復旧作業が完了する見通し。
一方、全体の9割以上にあたる約56万戸が停電している千葉県では、復旧が11日以降になる地域もあるという。
千葉県で復旧が今日中に完了する見通しとなっているのは、館山市や鴨川市、袖ケ浦市などの地域。
K10012073061_1909101015_1909101023_01_02 
復旧完了が明日(11日)以降になる見通しとなっているのは、千葉市、八街市、香取市、富里市、成田市、佐倉市などの地域。
広い範囲にわたって電柱や電線が被害を受けているため、復旧に時間がかかるということです。
・・・ということは、千公さんと夢学さんの南房総は今日復旧出来る?
でも、香取の蝶九さんのところは、明日以降になる?
大変なことになりました。

関西空港と成田空港

去年、台風21号で、関西空港が孤立しました。
名実ともに孤島になりました。
B9dbd21a64a9faf7bb51b2d05248a0cf640x4201
そして、今年(昨日)には成田空港が、台風15号で陸の孤島になりました。
_20190910_093345_20190910171901
大混乱です。
 Qbe5wxj1
台風の性質や被害の内容が違っているとは言え、日本の主要な表玄関が、完全に機能不全に陥ったようです。
日本は、この季節は台風に突然襲われることもありますから、他の国際空港とは違う、特別な対応策を構築しておかないと、安全の確保もさることながら、インバウンドにも大きな影響が出て来ると思います。

今日も猛暑日!

午前中にちょっと外出しました。
暑いです・・が、なんだかよく分からない。
_20190910_0633582
台風のために停電している地域は、冷房が使えず、さぞや大変なことでしょう。
命を守るためには、日陰で水分を摂って、ゆったりしていることだと思います。

あれっ?

このチラシを見て、あれっ?
Img_20190910_063256
太福さんも市弥さんも、どうでも良くて(失礼)、名前変えたの?
「曲師:沢村美船」ってあるけど、「沢村美舟」さんじゃありませんか?
一度、実物(ご尊顔)を拝見したいものだと思っています。

今日は・・・

今夜は「柳家さん喬独演会」です。
69399459_2221956197931269_39229396554770
何か、席へ着いたら眠ってしまいそうな気がします。
ゆったりと聴きたいなぁ。

台風の被害

今回の台風は、風の恐ろしさを改めて知らされた感じです。
ここのところ、どちらかと言うと「雨台風」でした。
20190909bouhu_0Pn2019090901002156ci0002
千葉県内の被害、特に風によって、物凄いことになっています。
Pn2019090901001783ci0002K10012072741_1909100516_1909100517_01_02
君津に、落研の後輩の金研亭志ん昼さんが住んでいるので、今朝、状況を聴いてみました。
2019090914330910000_l
未だ自宅待機中です。
昨日未明の暴風雨は過去経験の無い強烈なものでした。
幸い、弊宅の損傷はほとんどありませんでしたが、隣家のガレージはプラスチック製の屋根板が飛んでました。
近くの公園の桜はどうでしょう10本以上折れたのでは?
また、瓦葺の屋根も一部やられてました。
物理的な損傷もさることながら、昨日未明3時頃から停電です。
昨日はアクアライン通行止めで、出社を諦め、電気の無い自宅に引きこもっておりました。
なぜかスマホの電波事情が悪く、電池切れ、エアコンはおろか灯りが点かないので、18時には寝るしかない状況でした。
一日経って、バス停まで行きましたが、始発から10時過ぎまで運休するとかで、一旦自宅に戻ってまったりしているところです。
会社から持ち帰ったPCも、間もなく電池切れとなります。
まだ停電の復旧目処が立っていないとか。
まだ水とガスが健全なので、煮炊きと水シャワーは可能ですが、冷蔵庫の中身が悲惨な状態になりつつあります。
本日夜も寝るだけ生活です。
さて、そろそろ出社の支度をいたします。
・・・大変なことになっています。

台風の影響

今朝、いつもの電車に乗ろうとすると、ホームがいつもより混雑しています。
特に、電車に遅れはないようなのですが・・・。
原因が分かりました。
私がいつも乗る電車の1本前は、成田線から我孫子で常磐線に乗り入れる上野行きたったんですね。
成田周辺は、まだ鉄道の運転見合わせが続いているため、この電車も運休になったために、いつもの前の電車の利用客が待っていたということ。
_20190910_055752
千葉から成田や銚子方面に行く、総武本線や成田線などは、今日の夕方にやっと復旧の見込みだそうです。
成田空港も、昨夜は孤立状態だったそうですし。
Dsc_08581186x1581
落語っ子連のメンバーのうち、南房総の千公さんと夢学さん。
君津で送電線が倒れてしまったため、房総半島南部一帯が停電したままそうです。
さらに、強風のために家屋にも影響が出ているとのことでした。
また、千葉北東部の香取(佐原)の蝶九さんも、周辺の30000戸が停電していて、信号機も消えたまま、携帯の電波も微弱になっているそうです。
香取は、3.11でも大きな被害がありましたが、あの時を思い出すほど、やはり混乱しているようです。
こんな時になんですが、3人は、週末の「高石神寄席」に出演してもらう予定でしたが、公私ともに復旧作業などで、もしかすると出演が難しくなるかもしれません。
「高石神寄席」の席亭には、現状を報告しておきました。
千公さんは、何とか来ていただけそうですが、夢学さんと蝶九さんは出演できないかもしれません。
取り敢えず残った4名で、頑張って盛り上げようと思います。
それにしても、一刻も早い復旧を祈るのみです。

2019年9月 9日 (月)

「樂醉寄席」グラフィティ

昨日の「樂醉寄席」。
大将(席亭)が、素晴らしい高座を作ってくださいました。
_20190908_140131_20190909203601
そして、めくりは「H先生」のご厚意の力作。
_20190910_0801382_20190910080201
店内は、事前に予約してくださったお客さまで満席。
◇「長短」    三流亭流三
何をやろうかと、高座に上がってからも迷いましたが、客席の反応から、「長短」にしてみました。
と言うより、かなり長くマクラというか雑談を振ってしまいました。
Fb_img_1568007763940
◇「試し酒」      三流亭流三
一席終わった後もそのまま、リクエストいただいていた「試し酒」。
とにかく、お客さまとの距離が近いので、演っていても楽しい。
Fb_img_1568007788285
とにかく、お客さまは皆さんが店の常連のお酒好きですから、反応も良好。
Fb_img_1568007770912
出来るかどうか、午前中の落語っ子連の稽古で、師匠の前で、試しに「試し酒」を演って来ましたので、何とかなりました。Fb_img_1568007832986
落語の後は、お待ちかねの酒宴。
驚いたのは、お酒だけではなくて、落語や演芸に詳しい方も大勢いらっしゃって、話が盛り上がって、時間を忘れて楽しませていただきました。
Photo_20190910074101
大将(席亭)からは、お開きの時に「次は11月を予定しています」と言われ、既に店のフェースブックでもリリースされています。
ええ~ぇ!嬉しいですねぇ。
皆さんありがとうございました。

物流にも影響

東名高速上り線の中井PAのコンビニ。
_20190910_1224402
食品の棚に欠品が目立ちます。
_20190910_1224092
台風で、通行止めが続き、商品が間に合っていない状態。
各地でこんな状態になっていることでしょう。

帰りは

帰りは東名高速が通行止め解除されているようですから、いつものコースで帰ることが出来そうです。_20190909_152235
それにしても、南関東の海に近い道路と房総半島の道路は、まだまだ通行止めが続いているようです。

一難去って

静岡県内も、特に伊豆地方で台風被害が大きかったようですが、富士市内は台風の跡は分かりません。_20190909_142445
やれやれと思うのも束の間、南方洋上には、台風の卵が出来かかっているそうです。

中央道経由で

東名高速が用賀から向こう側が通行止めになっているので、中央道を利用することにしましたが、八王子からの圏央道も事故渋滞。_20190909_1220152
そこで、中央道を河口湖まで行って、東富士道路から東名高速御殿場に入りました。
今日の富士山は、富士吉田から。
かなり遠回りになりましたが、おかげさまでさほどのストレスやイライラを感じることはありませんでした。

交通混乱

東名高速の用賀から先が通行止めなので、手前の三軒茶屋に出て下りるのに渋滞。
妹の自宅に向かう世田谷通りでは、各バス停で、会社や学校に向かう人の長蛇の列。
_20190909_1254222_20190909130001
9時頃には小田急線も運転再開されると言われて、千歳船橋駅に集まっている人々。
_20190909_124851_20190909130101
今日は、都内は大混乱になるでしょう。

東京―横浜青葉間行止め

東名高速が一部通行止め。
_20190909_081506
多摩川を渡る区間です。
まもなく開通するだろうと期待して、妹を迎えに。

強風

6時頃、自宅を出発。
_20190909_071606
まだ風雨が酷い状態。
信号待ちで停まっているトラックが、風に吹かれて左右に揺れています。
台風は千葉県北東部から茨城県方面にいる模様。

避難勧告

まさに今がピークかもしれません。
_20190909_055023
土砂災害の警報も加わりました。
_20190909_055051
避難勧告が出たようです。
_20190909_055111
自宅は、河川も土砂の危険もない場所ですが、江戸川沿いなどは心配かもしれません。

台風上陸

5時過ぎに、とうとう千葉に上陸したようです。
_20190909_053326
15号は"風台風"のようです。
Large-11
早く抜けて欲しい。
今日はこれからまた帰省予定ですが、高速道路の状況が心配です。

台風通過中

夜中の3時過ぎ。
外は風が強く吹いている様子。
_20190909_031404
台風は三浦半島をかすめたようです。
_20190909_031434_20190909031601
松戸市にも、河川洪水の情報が出ています。
自宅のある場所は、全く安全な場所なので安心。
_20190909_031321
お昼頃には太平洋に抜けるようです。
今日は、帰省する予定です。

2019年9月 8日 (日)

樂醉寄席

いやぁ、とても楽しかった。
落語通の方もいらっしゃって緊張しましたが、2席お伺いいたしました。
Photo_20190908203501
◇「長短」    三流亭流三
Fb_img_1568007763940_20190910072001 
◇「試し酒」 三流亭流三
Fb_img_1568007770912_20190910072001 
その後の打ち上げでも、皆さんとお酒を飲みながら、楽しく時間の経つのも忘れて・・・。
ありがとうございました。

樂醉寄席の会場

なかなか良い雰囲気です。
_20190908_140114
開演5分前。
_20190908_140131_20190908210601
入口にはこんな掲示が。
_20190908_2105122
今日は「貸し切り」です。

ランチ

稽古が終わり、「樂醉寄席」に行く前に、近くの東京芸術劇場内のレストランで腹拵え。_20190909_1317272
なかなか本格的で、コストパフォーマンスは良好。
_20190909_1317042
1時間以上、高座で喋らないといけないので、ちょっと奮発。

落語っ子連稽古会

今日の稽古は、豊島区の「区民ひろば千早」の区民集会室をお借りしました。
Images-4
◇夢学さん「厩火事」
_20190908_092047
◇蝶九さん「ぞろぞろ」
_20190908_094542
◇神栖亭筆斗くん「留守番小坊主」
Sketch1567906548518
◇新参さん「弥次郎」
_20190908_102117
◇百梅さん「悋気の独楽」
_20190908_105715
◇流三「試し酒」
_20190908_114217
◇千公さん「芝浜」
_20190908_114823
楽しい稽古会になりました。

さらに東へ?

まだまだ良い天気。
尋常な暑さではありません。
Large-10_20190908102601
台風が来る前で、何となく不気味な感じです。
Large-9_20190908102601
でも、さらに東にずれているようです。

落語DEデート

稽古場に向かう途中。
暑い!本格的な暑さです。
◇「未練の夫婦」     二代目三遊亭小圓朝
  
Images-2_20190908071001
◇「三方一両損」  八代目三笑亭可楽
  
Images-3
しかし、いつまでこの年代(明治生まれ)の噺家さんの音源を流し続けるんでしょう。

床下浸水?

今が"旬"の大雨・洪水・・・・。
てっきりこれもそうかと思いました。
Town20190904121715
ところが、某県にある露天温泉だそうです。
Town20190904121745
元々茶色に濁った湯だそうですから、間違えますよね。

「樂醉寄席」の朝

朝起きると・・何と晴天。
もう雨が降り始めるか、曇っているかと思っていましたので驚きました。
_20190908_064201
台風は夜においでになりそうです。
20190801120811867_0001-1_20190907222001
さて、今日は「樂醉寄席」。
初めてなのでどうなることやらですが、楽しくやって来ようと思います。
その前に、午前中は落語っ子連の稽古です。

白露

今日は「白露」。
Large-5_20190907222601
コオロギが集き月は冴え、昼夜の寒暖差で夜露は大きな粒となり、明け方、暁の空を映して白く輝きます。
ひな鳥の巣立ちも終えた夏鳥のツバメは越冬地の南へと旅立ちはじめ、北からは徐々に冬鳥が渡ってきて、本格的な秋の訪れを実感する時期。
がむしゃらに成長し、繁殖した春と夏は過ぎ去り、衰滅の秋冬に備えてしっかりと滋養を蓄える季節へと移行します。
・・・って言ったって、まだまだ暑いんだよ。

2019年9月 7日 (土)

台風は

予報の度に、予想進路が東側にずれて行っています。
Large-4_20190907221601
もしかすると、予報円の東端を進み、上陸しないで抜けて行くのではと、若干の期待。
様々なイベントの決行は、正解かもしれません。

今日は自室で

今日は1日、自室で稽古・・・というか、怠惰に過ごしました。
_20190907_1956002
座布団の上に扇子と手拭いを置いたものの・・・。
1日引きこもっていた割には、何もしないと1日でした。

明日は「奥羽越学生時代落語会」

明日はいよいよ、現役部員の皆さんの「奥羽越学生落語会」です。
Img_20190907_172538
既に、出演者たちは、勇躍新潟に入っているそうです。
盛会を祈ります。

小島貞二の多彩な世界

古今亭菊之丞さんのツイート。
  _20190907_170920
えっ?知らなかったです。
000311529市川の方だったんだ・・。
演芸、相撲評論家として活躍した小島貞二は1947年より亡くなる2003年まで市川市で暮らしました。
力士、相撲記者、雑誌編集者、放送作家、演芸評論家……。
8_20190907173801
小島が取り組んだ仕事は多岐にわたります。
本展は生誕100年を記念して、市に寄贈された小島コレクションの中から自筆原稿や相撲に関係する資料を紹介し、小島の生涯をたどります。
「寄席と相撲と日本が好きで、生きているのはもっと好き」を語った、小島の多彩な世界をお楽しみください。
菊之丞さんには、小島貞二先生が恩人なんですね。
実は、私にとっては、出場した「全日本学生落語名人位決定戦」の審査員長で、私に、当初は予定になかった「審査員特別賞」を下さった恩人です。
ちなみに、審査員は、落語協会会長(当時)の柳家小さん師匠と芸術協会会長(当時)の桂米丸師匠でした。

台風は

当初の予想より、かなり東側にずれて来たようです。
Large-3_20190907170402
心配されていたイベント(謝楽祭)も、中止にならずに決行されるようです。
Large-2_20190907170501
ピークは、明日の夜以降になるようですし。
しかし、やはり二百十日から二百二十日の間にタイ風が来ましたね。
昔の人の感覚は素晴らしい。

U-18野球

残念ながら、野球も世界の厚い壁に跳ね返されたようです。
2019090700529769fullcount000view
5位が確定し。メダルを逃しました。
甲子園からずっとで、疲れたことでしょう。
結果は残念ですが、健闘を讃えたいと思います。

「謝楽祭」予定通り開催

予定通り開催するそうです。
_20190907_164950
Img_20190907_170017

_20190907_174249
天気は不安定かもしれませんが、かんかん照りにはならないかもしれませんね。

2019年9月 6日 (金)

バスケもラグビーも・・

やはり、世界の壁は厚いですね。
バスケットボールもラグビーも、強豪国に惨敗しています。
N1
マスコミは、煽り立てますが、そんなに甘いものではありません。
20190906_rag01
確かに、以前よりは格段に強くなっていることは確かで、期待するところ大ではありますが、もっと正しく伝えることが必要だと思います。頑張れ!日本!

「樂酔寄席」のめくり

明後日の「樂酔寄席」。
「H先生」が、めくりを書いてくださいました。
20190801120811867_0001-1_20190906212801
1人なのと、スペースから、レギュラーサイズに比べると、かなりコンパクトですが、なかなか雰囲気が出て来ると思います。
        _20190906_2117382

様々な方々に助けていただいて、もう準備万端。
ただひとつ・・・稽古だけが不足・・・。

ここにも台風の影響

台風15号。
最近の傾向で、発生してから日本に接近(上陸)する時間の短いこと。
Large-1_20190906202801
日曜日から月曜日が一番のピークになりそうです。
Img_20190906_194131
そんな中で、ある落語会が台風のために中止になるそうです。
その落語会は「神津島寄席」。
伊豆諸島の「神津島」での落語会ですから、こりゃ大変です。
         Images-1_20190906202501
落語会などが頻繁に開かれるとは思えませんから、関係者の皆さんはさぞや残念でしょう。

駅弁

新大阪駅で駅弁を買って新幹線に乗り込みました。
_20190906_1651252
「料亭彩膳」という上品そうな。
_20190906_1653302
多種類な惣菜がほんの少しずつ並んだ・・。
まぁ、上品なこと。
かえって、だから何?という、インパクトに欠けている感じでした。

黄昏の富士山

ほとんど見えませんでしたが、夕暮れの富士山。
_20190906_1829182
朝と同じ場所からですが、雲がかかっているようです。
_20190906_1831082
外が暗くて車内が明るいので、窓に照明が映っているので、ますます不鮮明な写真になりました。

留学生が作った七夕飾り

母校のメールマガジンで、今年の七夕飾りが紹介されていました。
仙台の夏の風物詩の七夕祭り。
東北大学も中心街のアーケードに七夕飾りを出しているそうです。
しかも、留学生が趣向を凝らし一生懸命作っているということです。
Shuyukan117
留学生にとっても、思いで深く刻まれることでしょう。
来年、もし仙台に行けたら、東北大学の七夕飾りを探してみよう。
宿は、勿論「ねずみ屋」です。

謝楽祭の台風対応

今度の稽古日曜日の「謝楽祭」。
Img_20190906_180014_20190906183601
 「雨天決行」としてありますが、台風が直撃するかもしれませんから、洒落になりません。
      _20190906_100425
こんなツイートがアップされています。
              Unnamed_20190906100601
三遊亭ときんさんは、日本酒の店を出店するようですが、「中止になったらどうしよう」みたいなツイートをしていました。Photo_20190906141201
人騒がせな台風です。

あれから1年

昨年の北海道地震からちょうど1年だそうです。
大停電(ブラックアウト)と土砂崩れの印象が強く残ります。
K10012066171_1909060906_1909060906_01_02
とにかく去年の今頃は、相次いで上陸した台風と地震とで、日本各地が大混乱でした。
そういえば、東海道を下った台風もありました。

富士からの富士山

新幹線車窓から、久しぶりに雲のない富士山が見えました。
_20190906_080518
山肌もよく見えました。
_20190906_0806032
富士川越しに見る富士山も、いつもながら美しい。
_20190906_081741
今日は暑くなりそうです。

今朝の富士山

昨日は、山麓(富士・富士宮)まで行ったのに、全く見えませんでした。
大阪に移動中の新幹線。
_20190906_0724272
小田原の手前から見る富士山。
三島から富士を過ぎる頃に、雲がかかってしまうといけないので、取り敢えず撮っておくことにしました。

ティアラこうとう小ホール

落語っ子連の百梅さんが頑張ってくれて、何と来年9月、「深川三流亭」の会場を取ってくれました。
深川の名前でやっていますので、いつもやってるいる門前仲町やその周辺の会場を探していました。
ティアラこうとう(江東公会堂)の小ホールです。
2_20190905211001
最寄駅は「住吉」ですから、「深川三流亭」でも許されるでしょう。
Photo_20190905211001
この会場は、コンサートなどに最適で、固定の椅子席です。
サイズとしては落語会にも最適。
師匠に報告したら「あたしも(この会場で)やったことがあるが、良い会場だよ」と太鼓判。
来年の9月21日(月・祝)14時開演(予定)です。
せっかくの会場なので、何か新しい企画を考えて、大勢のお客さまに来ていただくようにしないといけません。

ワンカラ

こんなツイートがありました。
  _20190906_055543

1人でいるのが好きな人が増えたのか?
私の1人カラオケ利用は邪道ですが、まぁ、なかなか良い好感だとは思いますよ。
そうそう、腹の立つことがあったら、大声で叫んでも文句は言われませんから。
現代版「堪忍袋」ですね。
「ばかやろぉぉぉぉッ!」「おまえの●●さん"で△△"!」・・。

事故の原因

昨日の京浜急行本線の事故。
20190905j04w380
トラックが踏切内で立ち往生、これに快特電車がブレーキをかけたが停まりきらずに衝突したようです。_20190906_0556172
トラックのドライバーらしい男性が亡くなったようですが、その他の犠牲者がいなかったのは何よりでした。_20190906_061006
普段通らない、あまり大型のトラックが入らないような道路を通って来て、踏切のところで何度も曲がろうとしていたようです。
「かぼちゃ屋」の与太郎が、天秤棒を担いで路地に入って来て、引き返せなくなったのと同じ状態になったんでしょう。
_20190906_061031
事故車はこれと同じ型のだそうですが、確かに大きなトラックです。
電車も、踏切内の障害物を知らせる警報に応えて、踏切の350メートルぐらい手前で緊急ブレーキはかけたものの、この快特電車が完全に停まるには600メートル必要だそうですから、到底衝突は免れられなかった・・・。
これは、電車の運転士を責める訳にはいかないでしょう。
輸送力増強と安全(電車・踏切利用者)のバランスが議論されることになりますね。

チラシくらべ

第8回から、7回分のチラシの比較。
【2017年1月 第8回】
A9073234f4e24928b9d9a38a3bab61d7 
【2017年7月 第9回】
547ef15aaa0144f1b9d7b30a1fdf54db
【2018年1月 第10回】
Bbhb10b2sn0ndbai7b
【2018年7月 第11回】
20180724150144023_0001_20190905212401
【2019年1月 第12回】
Bbhb12b2sn0ndbai7b
【2019年7月 第13回】
Photo_20190712073201_20190905212401
【2019年12月 第14回(予定)】
14_20190905212401
だんだん手を抜いてワンパターン化しているのがわかります。

2019年9月 5日 (木)

あの「藤崎」が

仙台の老舗百貨店「藤崎」が、創業200年を迎えたそうです。
1567671928_photo
仙台市のメインストリートの青葉通りと東一番町通りの交差点に。
地方の百貨店が大苦戦している昨今、頑張って欲しい。
学生時代、仙台には、百貨店が4つありました。
「藤崎」「丸光百貨店」「十字屋」「仙台三越」。
残っているのは、「藤崎」と「三越」だけです。
現社長は、七代目「藤崎三郎助」社長です。
とにかく、田舎者が仙台に行って、あのフロアの真ん中に上下2本ずつ4本の、金ピカなエスカレーターは実に壮観でした。

13号どころでは・・

台風13号にばかり注目していてはいけません。
Large-1_20190905195701
とうとう15号が発生して、早速、週末以降には上陸するかもしれません。
Japan_wide_20190906060000large
日曜日は「樂醉寄席」・・・(;゚Д゚)

大惨事!

帰省して、富士で昼食の時に、京急の事故を知りました。
_20190905_1940212
詳細は分かりませんが、トラックが踏切内で停まっているところに、快速電車が衝突したようです。_20190905_194006
京急の電車は、飛ばすので有名ですが。
Img_20190905_192735
このあたりでは、通常は、時速120キロぐらいの速度を出しているそうです。
_20190905_193940
120キロなどの高速で走る線路には、人や車を入れてはいけませんね。
踏切は全てなくさないと。

ベテランプロだって

ベテランの柳家小袁治師匠。
Img_20190905_114638
ご自身のブログで、恒例の池袋演芸場での独演会の宣伝をされています。
9月23日(月・祝)18時開演。
本当に地道な姿に頭が下がります。

そのうちに

もしかすると、この人、そのうちに消えて(消されて)しまうのではと心配になります。
_20190904_213323
本国と民衆との板挟みになっていて、とうとう市民に一部白旗を揚げた形ですから。
本国政府のメンツは・・・?
詳細を知らない者がいい加減なことは言えませんが、民衆のパワーの凄さは半端でないことは確かです。
返還前の香港に行ったことがありますが、あんな狭いエリアに、あんなに多くの人々が住んだり働いたりしていたんだと、びっくりしました。

「第14回深川三流亭」の日程

落語っ子連の発表会「深川三流亭」の次回の日程が確定しました。
14
      ≪第14回 深川三流亭≫
【日時】 令和元年12月21日(土)14時開演
【場所】 江東区古石場文化センター
【木戸】 無料
ワンパターンですが、チラシも出来ました。
絵柄は、いつもの「名所江戸百景」から、ご当地「深川木場」と「芝うらの景色」です。
今までのパターンだと、1月だったのですが、千公さんが「芝浜」をやると言うので・・。
ではなくて、会場の予約抽選に運よく当たったからです。
でも、「芝浜」にチャレンジするのも本当です。
・・・私は何をやろうか・・・。

稽古っ子連「演読亭」始動

圓窓師匠にご指南いただく新しいグループ「演読亭」が、10月からスタートすることになりました。

http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2019/08/post-bd530a.html
師匠が力を入れてご指導されている「演読」を中心に
「しっかり演読しよう、しっかり聴こう」というのがスタンス。
10月から、第1・第3月曜日に「千早地域文化創造館」で。
結局、扇子っ子連(千早亭)を休会しましたが、同じ場所で稽古することになりました。
ブーメランのようです。

ただし、落語っ子連も、今回の稽古っ子連も、扇子っ子連とは違いますので、新鮮な気持ちで行きたいと思います。

_20190616_1438322_20190904200301

夏の着物

夏も終わりますから、もう夏の着物は要らなくなる季節ですが。
最近は、日本が熱帯化していますので、もう高座で「袷」は暑くてたまりません。
クールビズもそうですが、10月までは夏服で構わない時代のようです。
ということになれば、着物も同様で、もうずっと「単」でも良いくらいです。
ところで、昨年「怪談牡丹燈籠」など、8月から9月にかけて高座の回数が多かったので、黒の「絽」を着てみました。
なかなか軽くて演りやすかったので、今年も思い切って、色違いの柳染めを着てみることにしました。
  41yeoszajl__sclzzzzzzz__sy300_sx300_
着る人が着れば、すっきり涼しげに見えるのでしょうが、オジサンが着ると、黒も緑も変わらない?
  61gde0u8yjl__ul1500_
噺の拙い部分は、着物で目先だけでもごまかそうという魂胆見え見え。

帰省

今日は仕事を休んで帰省。

母が、定期的な検査のため、病院へ付き添いです。

_20190905_1951252

母は、美智子上皇后さまより一足先に、昨年同じ手術を受けましたので、定期的に検査をしています。

平日の朝は道路が渋滞しています。

外環松戸ICの手前の矢切トンネルの中も、すでに渋滞しています。

2019年9月 4日 (水)

「算段の平兵衛」通し読み

1人カラオケで、先日完成したばかりの「算段の平兵衛」を読んでみました。

_20190904_185229

ちょうど30分でした。

_20190904_195837

読み込んで行けば、なかなか面白い噺になるかもしれません。

うわぁ心配

明日、休暇を取るので、気になる天気予報を見て驚きました。
Large-2_20190904161901
何と、台風13号が北上していて、土曜日には隣の国に上陸しそうではありませんか。

日本列島は、常に台風などの太平洋からの雨や風や波に直接向かわざるを得ない地勢ですから、防災や減災の努力が続けられていますが、今回の台風は卑怯なことに、日本の防御フェンスの脇から入り込もうとしています。

20190904oyt1i500681_20190904220501

隣国として、隣の国のことがとても心配です。
万が一、上陸でもして被害が大きくなったりしたら・・・、「お前たちが悪いんだ!」って、あちこちで言われるに決まっています。
そう、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」っていうやつ。
でも、我慢我慢・・・、「雨降ってジェイン(地)固まる」?
13号は「レンレン」と命名されているそうです。
今まさに台風のような騒ぎが続いている香港が提案した名前。

台風が上陸する島があっても、取りつく島のない人たちには、「恋々と」していないで、すぐに謝っておくことです。

気のせいかもしれませんが・・・

最近のニュースで目立つワースト3は、あの国のことを除くと・・・
   ・あおり運転や暴行
 ・高齢者の事故(ペダルの踏み間違い・逆走)
 ・子どもへの虐待(殺人)           だと思います。
その中で、子どもへの虐待は、本当に痛ましい・・・。
例えば、自分こそまだ躾が必要なのに、相手の連れ子に躾と称する暴力を振るい、挙句の果てに殺してしまう・・・。
勿論、相関関係がある訳ではありませんが、虐待された子どもの名前が、"キラキラネーム"のパターンが多いような気がします。
全てがそうだとは思いませんが、子どもに対する思いの薄さが表れている象徴的なところだと思います。
名前って、大事ですよね。
それにしても、子どもを救うための仕組み、公的機関の対応のお粗末さにも呆れます。
殺さなくても良い幼い命が、何人も失われています。
多くが、モンスターペアレントというか、バカ親にごねられたり、騒がれたりして、切っ先が鈍っているからだと思います。
もっと、強い権限を付与する必要があるでしょう。
子どもは、両親だけのものではなくて、国全体の宝物なんです。
生きていてなんぼのものですよ。
落語国では、絶対に起こらないないことです。

第12回 奥羽越学生落語会

9月8日(日)は、「第12回 奥羽越学生落語会」が開催されます。
今回は、新潟大学のキャンパス内で。
東北学院大学、新潟大学、東北大学の落研のコラボ落語会。
もう12回目になるそうです。
Coalitation202019summer 
今年も夏の奥羽越落語会を新潟で開催いたします!
東北大落研からも2名出演予定です。
応援の程宜しくお願い致します!

【日時】   2019年9月8日(日)
【場所】   新潟大学駅南キャンパスときめいと
【開場/開演】 12時30分/13時00分
【出演者】  東北大/好亭ボナパルト 藍亭助務図
【木戸銭】  無料

なかなか新潟までは・・それに、同日に「樂醉寄席」の予定で。
いずれにしても、盛会と会の今後の継続を期待しています。

ゲリラ豪雨

昨日、神奈川県内の雨が物凄かったようです。
_20190904_060628
あちらこちらでのゲリラ豪雨。
2_20190904075301
他人事ではありませんね。
私は、昨日は、雨降りの間隙を縫って、傘もさすことなく帰ることが出来ました。

寄席文字の美しさ

立川談幸師匠のツイート写真から。
Img_20190904_060851
新宿末廣亭の看板です。
寄席文字の美しさ。
一文字一文字の美しさ、そして看板全体の素晴らしさ。
芝居の内容を知らせるのが看板の目的ですが、これはもうアートです。

微妙な組み合わせ?

行くか行かないかは別にして、こんな組み合わせの、微妙な落語会もあるんですね。
Img_20190904_055529
よく考えたら「笑点」繋がりなんですね。
大喜利メンバーの三平さんと、長く座布団運びを、サポートしている愛楽さん。
ところで、山田隆夫さんも、もういいと思いますね。
最近、演出であるとは言え、粗暴な感じもするし。
同年輩ですから、もう若手に道を譲りましょうよ。

猫の災難?

あるツイートに添付された写真。
_20190904_060605
この写真を見て「猫の災難」という噺を思い起こしてしまう私は、もしかして病気でしょうか?
Photo_7_20190904071901
かなり重症かもしれません。

2019年9月 3日 (火)

もう許されないよ

貴ノ富士が、付け人に暴行を加えて、来週からの本場所を休場するそうです。
     Spo1909030030p1
貴公俊の四股名の頃に続いて2度目
「またお前かよ」。
「また、元貴乃花部屋の力士かよ」。
もう、情状酌量の余地はないでしょう。
貴源治と兄弟関取で期待されていたはずなのに。

「試し酒」のお浚い

今度の日曜日の「樂酔寄席」で、「試し酒」をネタ出ししています。
今夜の1人カラオケは、「試し酒」を浚ってみました。
_20190903_1936021310x23872
仕草が多い噺ですから、台詞は長くなくても、そこそこ時間が必要です。
それにしても、見事にほとんど忘れていました。
Photo_20190903193801
25分以上かかるかもしれません。
先に別の短めの噺をやって、2席目に「試し酒」にしましょうか。

この落語会も

古今亭駒治さんの独演会も満員御礼だそうです。
Fb_img_1567500698820
オリジナルの鉄道落語で、そのスピーディーな語り口が人気の若手ですが。
チケットは売り切れで当日券の発売もないそうです。

しまった!

暮れの文菊さんの独演会。
完売で当日券も出ないそうです。
Fb_img_1567492993422
全席自由席だからと、ちょっと躊躇していたので。
残念でした。

ホームカミング寄席 あおば亭

創部60周年記念企画として、今月28・29日の2日間開催される「112周年東北大学ホームカミングデー」に参加します。
ホームカミングデーの多くのイベントの一コマとして、片平キャンパスの北門会館内「萩友会ラウンジ」で、ミニ落語会「あおば亭」を開きます。
0701_20190709105401_20190903144401
  https://static.miyagi-ebooks.jp/actibook_data/201908051205_TU_homecoming2019/HTML5/pc.html#/page/1
  ≪ホームカミング寄席 あおば亭≫
【日時】  令和元年9月28日(土)・29日(日)
      (両日とも) 10時頃~16時頃まで
【場所】  片平「北門会館」2階「萩友会ラウンジ」
【内容】  談話会とミニ落語会
3_20190903144501
【出演者】・桂友楽
     ・談亭志ん志
     ・喰亭寝蔵 →3名は「落研御三家」
     ・金願亭乱志
     ・藍亭助務図ほか現役部員 など
 
初日の主任は談亭志ん志、2日目は喰亭寝蔵が務めます
0
ホームカミングデーの趣旨と会場のサイズ等から、ラウンジで談話会を行います。
ご来場者が増え、演目のリクエストがあれば、お応えします。
従って、確定のプログラムは作りませんが、初日(28日)の午後一番(13時頃)は、金願亭乱志が「浜野矩随」でご機嫌をお伺いします。
(10年前の「創部50周年記念OB落語会」で聴いてくださった方からの再演のリクエストにお応えし、ご来場時刻に合わせて演らせていただきます。)
1_20190903144601
「落語」は、人の業を笑いと情けで表現する日本独特の話芸。
「仙都に笑いを」は、創部60周年の落語研究部の一貫した思い。
苦しい時や悲しい時、そしてあの東日本大震災の時も、笑いが人々の心を救いました。
初秋のひととき、静かな空間で思い出を語り、心を癒しませんか?
様々なな思い出を語り合う談話の時間、本格的な落語を聴いていただく時間を設けました。
OBや現役部員が、皆さまのご機嫌をお伺いいたします。
ラウンジは、期間中終日開けてお待ちしていますので、時間を気にせずお気軽にご来場ください。
・・・さぁ、楽しくなって来ました。

それじゃあこの落語会は・・

若手3人と金馬師匠の会。
Edgg550vuaeopcp
あぁぁ、「学士会落語会」と完全に被ってる・・・(;´д`)トホホ

ややこしい

名前と言うのは難しい。
K10012060621_1909021948_1909022014_01_02
しかし、これはちょっと・・・と思います。
「京都造形芸術大学」が「京都芸術大学」に改名の計画。
ところが、「京都市立芸術大学」というのが既にある。
「東京大学」と「東京都立大学」というのは混乱はない。
今は「首都大学東京」だから混乱はありません。
(また元の名前に戻るようですが。)
「横浜国立大学」と「横浜市立大学」・・・。
「大阪大学」「大阪府立大学」「大阪市立大学」・・・。
こういうのは、「はんだい」「こくだい」「ふだい」「いちだい」という言い方で区別。
ついでに、「県立松戸高校」「市立松戸高校」・・・。
地元では「けんまつ」と「いちまつ」って言ってる。
電車でも、「上野駅」「京成上野駅」・・・。
「鳥貴族」・・・でも色々ありましたね。
あぁ、高校野球でもあった「中京学院大中京」「中京大中京」・・・?

一度行きたい

このシリーズの落語会に一度行ってみたい・・・。
Fb_img_1567459335864
始まった頃から気になっているのですが、未だに実現していません。
理由は2つ。
まずは、これは1人では詰まらないこと。
もう1つが致命的で、毎回月末近くなので、私が東京にいないこと。
10月も30日。
この時も大阪出張の真っ最中。

首都移転

インドネシアが首都を移転するそうです。
ジャワ島のジャカルタから、ボルネオ島の東カリマンタン州へ。
Wor1909020014p1
地図で見ると、マレーシアと国境を接する近くのようで。
大小多数の島々で成り立っているインドネシア。
ジャカルタは飽和状態なんだそうです。
かつて日本でも首都移転論議がありました。
いつの間にか聞かれなくなってしまったどころか、ますます東京一点集中が加速しました。

準備着々?

今度の日曜日は、落語協会のファン感謝イベント「謝楽祭」。
Img_20190903_062626
会場の湯島天満宮には、幟も立てられて、だんだん盛り上がって来ているようです。

微妙・・・

昨夜のEテレの番組。
まぁ、内容は微妙でした。
こういう話題を、たった30分でやろうというのに無理があると思います。
_20190903_065459
個人的に演じる立場で、喬太郎さんの発言は参考になりましたが。
_20190903_065349
若手の噺家さんの発言は、本当は端から分かっているのに、わざわざ・・・とNHKらしいシナリオに合わせられて。
一之輔さんなど、ほとんど喋っていない。
_20190903_065411
ストーリーを紹介するアニメ(絵)のセンスと品のなさも・・・・。
間違ってはいませんが、ミスリードとは言いませんが、落語の良さや深さは伝わらない気がします。
この手の番組の常ですが。
この番組とも「落語・ザ・ムービー」も、違うなぁ。

2019年9月 2日 (月)

ザ・きょんスズ30

柳家喬太郎さんが、自身の落語家生活30周年を記念して、落語家生活30周年記念落語会「ザ・きょんスズ30」を開催するそうです。
Dsc_0947300x201
この記念公演は、2019年11月1日(金)~30日(土)の30日間に渡って下北沢のザ・スズナリにて行われます。
毎日演目が異なり、さらに豪華ゲストが日替わりで登場するというスペシャルな内容。
即完売間違いなしの、このスペシャル公演は見逃せません。
演目、ゲストは以下の通り。
11/1(金)19:00 『井戸の茶碗』他 (ゲスト)柳亭左龍 柳家喬之助
11/2(土)14:00 『ぺたりこん』他 (ゲスト)三遊亭圓丈
11/2(土)19:00 『おせつ徳三郎』他 (ゲスト)三遊亭歌武蔵
11/3(日)14:00 『午後の保健室』他 (ゲスト)柳家喬志郎 柳家小傳次 柳家さん助
11/4(月祝)14:00『心眼』他 (ゲスト)桂文三
11/5(火)19:00 『赤いへや』他 (ゲスト)橘家文蔵 柳家小せん 
11/6(水)休演
11/7(木)19:00 『ハワイの雪』他 (ゲスト)柳亭市馬
11/8(金)19:00 『文七元結』他 (ゲスト)玉川奈々福
11/9(土)14:00 『双蝶々』他 (ゲスト)三増紋之助
11/9(土)19:00 『路地裏の伝説』他 (ゲスト)林家たい平
11/10(日)14:00 『死神』他 (ゲスト)笑福亭松喬
11/11(月)休演
11/12(火)19:00 『錦木検校』他 (ゲスト)柳家小平太 柳家小志ん
11/13(水)14:00 『按摩の炬燵』他 (ゲスト)柳家権太楼
11/14(木)19:00 『ハンバーグができるまで』他 (ゲスト)春風亭昇太
11/15(金)19:00 『棄て犬』他 (ゲスト)神田愛山
11/16(土)14:00 『錦の舞衣』 (ゲスト)ダーク広和
11/16(土)19:00 『本当は怖い松竹梅』他 (ゲスト)三遊亭兼好
11/17(日)14:00 『鬼背参り』他 (ゲスト)一龍斎貞橘 一龍斎貞寿
11/18(月)休演
11/19(火)19:00 『熱海土産温泉利書』 ゲストなし
11/20(水)14:00 『母恋いくらげ』他 (ゲスト)林家正蔵
11/21(木)19:00 『秘密のレッスン』他 (ゲスト)入船亭扇辰 林家彦いち
11/22(金)19:00 『純情日記横浜篇』他 (ゲスト)林家正楽
11/23(土)14:00 『宮戸川』他 (ゲスト)神田茜
11/23(土)19:00 『結石移動症』他 (ゲスト)三遊亭白鳥 金原亭馬遊
11/24(日)14:00 『八月下旬』他 (ゲスト)柳家小満ん
11/25(月)休演
11/26(火)19:00 『うどんや』他 (ゲスト)柳家花緑
11/27(水)14:00 『マイノリ』他 (ゲスト)千葉雅子
11/28(木)19:00 古典ネタ下ろし他 (ゲスト)林家二楽
11/29(金)19:00 『歌う井戸の茶碗』他 (ゲスト)寒空はだか
11/30(土)14:00 『道灌』他 (ゲスト)柳家さん喬
・・・「落語家生活30周年」の証ですね。
個人的には、新作が多い(多すぎる)のが気になります。

ハリケーンと台風

アメリカでは、特大のハリケーンが、東海岸をかすめるように北上しているそうです。
_20190902_134940
一方、太平洋でも、台風13号が発生。
_20190902_134917
これはクラシカルなコースを辿って、日本列島に近づく気がします。
来週の今頃あたり?
Large_20190902165401
地球って丸いんですね。
 _20190902_181311_20190902181401
これからが台風シーズンです。

稽古場所の確保

先月の後半から、落語っ子連の稽古場所が変更になりました。
今までの門前仲町の「江東区古石場文化センター」から、師匠のご自宅に近い豊島区の施設を借りることにしました。
10510000843
中でも、ご自宅に最も近い「豊島区千早地域文化創造館」をベースに、抽選で外れたりした場合には、区内の同様の施設も視野に知れるということで。
Chihaya
前回の稽古の時に、「落語っ子連」で、団体登録の手続きをして、先月25日に10月の予約申込みをしてみました。
・・・そして、今日が抽選の発表日。
豊島区の施設予約システムを検索すると、「抽選に当たりました」というメッセージがアップされていました。
3_2_20190902111601
今までの古石場文化センターでは、まど音さんにおまかせしていましたので、これからは自分たちでやらないといけません。
Id93_430
ところで、6ヶ月毎に開催している「深川三流亭」は、今までの多くのお客さまのこと、落語会の名称、会場のサイズなどから、引続き「古石場文化センター」を借りられるように、江東区にも登録をして、こちらは江東区内に勤務している百梅さんにお願いすることにしました。
Map_20190902112001
「深川三流亭」は、深川・・せめて江東区内でやらないと。

名前を当てる?

来年春に真打に昇進予定の三遊亭歌太郎さん。
ご本人のツイートで、真打昇進と同時に襲名もあるそうです。
その新しい名前は既に決まっているようなんですが、「まだ発表できません」というじらし戦法。
色々な人から言われるのでしょう、とうとうこんなツイートをしていました。
  _20190902_060435
競馬のG1レースの名前と同じ音の名前・・・。
要するに、「天皇賞」とか「桜花賞」とか「菊花賞」とか?
えっ?「有馬記念」とか「エリザベス杯」とか?
あぁぁ、「ダービー」っていうのもそう(G1)ですか?
1_20190902095301
ダービーは「優駿」とも言われます。
「三遊亭歌菊」「三遊亭荼毘太郎」「三遊亭ありゃま(有馬)」・・・。
師匠の「歌」とか「歌武」とか「武蔵」が入るのか、それとも何代目かを継ぐのか?

これって・・?

この一見のどかな景色?
白バイのおまわりさんに、自転車に乗ったお兄さんが、右側通行でもしたのか、ちょっと注意されているようです・・・。
_20190902_0551342
場所を聞いて驚きました。
首都高速の湾岸線の路上だそうです。
自転車を押して、高速道路を"逆走"していた男がいたという。
一体、どういう了見なんでしょうか?
とにかく理解に苦しみます。
この男、ここが高速道路だって湾岸(分かん)なかった・・・?
色々な意味で危ない人というのは、世の中に大勢いるものです。

2019年9月 1日 (日)

予約完了

今月下旬の1泊2日の仙台行きを、JR東日本の国内ツアーのサイトから申し込んでいました。
A00093_02_p
予約と言っても、ホテルの予約はすぐに可能ですが、往復の電車(新幹線)の予約は1ヶ月前でし確定出来ませんので、すっと中途半端な状態でした。
やっと”ツアー”1ヶ月前となり、”足”も確保出来たのは良いのですが、まぁ、手続きが煩雑なことこの上ありません。
何と言っても「国内ツアー」=「旅行」ですから、旅行約款だとか、それに基づく旅行の工程表だとか、キャンセルの手続きや・・・・。
もう、同じような画面が出て来て、何度も確認やインプットをさせられて・・・。
確か、予約をした時も同じような作業をやらされました。
「次へ」を押すと、「まだ予約は確定していません」「まだ手続きは終了していません」・・・・。
やっと、支払いのところまで来ると、また同じような動作をして・・・。
最後は、「必ず、日程表を印刷してお持ちください」・・・。
これなら、ホテルと新幹線を別々にウェブで予約した方がずっと楽でした。
でも、とにかく9月28日と29日の足と宿は確保出来ました。
0701_20190709105401_20190902093101
これですよ。

こんな環境で

やはり、劣悪な環境ですね。
O1181167514564206182
このイベントの様子がツイートされていました。
O1478110814564077026
若手プロと某大学の落研部員が出演したようですが。
O1478110814564077081
こういう場所で落語をやろうというのは、やはり違うと思いますね。
少なくとも、江戸落語は"大道芸"ではあのません。
興味もない人を無理やり呼び止めて聴かせるものではありません。
何も知らずに無邪気に頑張った学生さんが気の毒です。

ラピート大丈夫?

南海電車の特急「ラピート」で起こっていること。
Images-2鉄人28号?
大阪の難波と関西空港を結ぶ特急「ラピート」の台車に長さ14センチの亀裂が見つかっています。
精密な検査の結果、新たに台車2基から6センチの亀裂と、亀裂と疑われる2センチの傷が見つかったと発表。
Unnamed_20190901195201
2017年11月以降、ラピートの台車から見つかった亀裂や傷は8基10か所。
南海は国に報告したうえで、亀裂や傷を修繕し、「安全性に問題はない」として運行している。
Images-1
以前、関西空港を使う時は、必ずと言っていいほど使っていましたので、懐かしいやら、心配やら。
こういうことは、南海(何回)も有ってはいけません。

来週は「樂醉寄席」

ちょっとしたご縁からやらせていただくことになった、池袋のお店での落語会。
20190801120811867_0001-1_20190901171701
いよいよ、来週(8日)となりました。
お店の常連の方々に楽しんでいただけると良いのですが。

喬太郎さんの「牡丹燈籠」?

NHKのEテレの番組のようです。
_20190831_074708
喬太郎さんがスペシャルゲストだということで。
_20190901_081247
こんな内容で。
_20190901_081308
忘れなかったら。
だけど、喬太郎さん、髪が真っ白になりましたね。

18年前

18年前の今日未明でした。
新宿三丁目歌舞伎町で、雑居ビルの火事で、大勢の人が犠牲になりました。
_20190901_080507
その犠牲者の中に、同じ会社で、直接の部下ではありませんが、接点のある人柄いました。
確か、小学生か中学生ぐらいのお子さんが2人いたと記憶しています。
その後のことはまったく知りませんが、あれから18年経ったんですね。

落語DEデート

もう9月になってしまいました。
◇「馬大家」二代目三遊亭円歌
  
_20190901_065907_20190901065901
またまた円歌師匠です。

◇「あくび指南」十代目金原亭馬生
  
_20190901_070154_20190901070201
馬生師匠の魅力は、緻密さと緩さが同居している不思議な芸風だと思います。
【馬大家】
大家・馬場進さんの長屋に借り手がやって来た。
大家は大の馬好きだから、午年以外の借家人は置いていないので、午年の貴方なら借りられるかも知れないと長屋の住人に言われた。
大家は午(うま)年の午の月の午の日、午の刻に南部の馬の生産地で、生まれたと言う。
馬の悪口は決して言ってはいけないと、住人に知恵を付けられ大家の家にやって来た。
大家は入口に馬頭観音を飾り、馬小屋のような玄関の造りになっていた。
「私は三十三の午年生まれの者ですが、あすこに空いている一万二千円の家を借りたいのですが・・・」、手数の掛からないのがやって来たと、中に通された。
大家は飼葉桶に灰を入れて火鉢にしていた。
借り手の前職は曲馬団(サーカス)にいた。
その時馬を攻めすぎて、片足が不自由になってしまったが、口の利けない馬をそれ以後は大事にしたと言うと、大家は馬に成り代わってお礼を言うよと、半額の六千円に家賃を負けてくれた。
いままで住んでいたのは、横浜・馬車道に永らくいたが、その後東京・浅草の馬道8丁目、厩橋と駒形橋の間で焼け出され、練馬の方に引っ越して、叔母さんが日本橋の小伝馬町と馬喰町の間にいて、叔父さんが渋谷の駒沢と上馬にいます。
ここ駒込に引っ越してきたら、馬が揃うが、生まれは何処だと聞かれたので、群馬県の相馬村です。
ところで、好物はと聞かれ、好きな食べ物は人参とウマ煮だ、と答えると、大家は馬肉だという不心得者が居るがとんでもないが、どんなうま煮を食べるのかと問われ、「馬鈴薯です」と答えた。酒は白馬(しろうま=ドブロク)を頂きます。
ところで大家さんの干支は何ですか。
午年で婆さんも午年だがどうして?
「午年の大家でないと借りないと言う人間だ」と啖呵を切った。
借りられる事になって、名を聞くと本馬幾造だと言う。
大家夫婦以上に息子はもっと馬に似ているという。
あまりにも可笑しいので「ひひひ~~~ん」と笑った。
笑い方がイイというので二千円負けてくれた。
息子は競馬の騎手をしているという。
引越の日は午の日に決めて手を打ったが、今の職業はまだ聞いていなかった。
「バケツを作っている」と言う。
「馬力を掛けて作っているので、困る事はない」とも言う。
大家は感服して家賃はタダだと言う。
「婆さんや、イイ若い者が来てくれるよ」、「最初から最後まで良く馬を操っていたね」、「それもそのはずだ、前の職業が曲馬団だ」。

天使近影

娘の次男(天使③)。
ギターを抱えてご機嫌。
Sketch1567249588280
この笑顔はお兄ちゃん(天使①)によく似ています。
やっぱり兄弟なんですね。

先輩から返信

「算段の平兵衛」をリクエストしてくださった先輩にメールしたところ、早速返信がありました。
乱志さん
それは楽しみです。
筋を追う、くすぐりもある、貴兄には新しいジャンルで、受けると思いますよ。
重荷に感じないで、楽しくやってください。
・・・という訳で、さらに後に退けなくなりました。
しかし、温かい励ましをいただき、とても嬉しく思いました。

芸術協会夏の寄り合い

昨日は、落語芸術協会の夏の寄り合いだったそうです。
まずは、浅草の本法寺で、「はなし塚まつり」。
_20190901_063757
はなし塚の供養法要。
_20190901_063727
その後は、浅草ビューホテルでの寄り合い。
_20190901_063709
昇太会長が挨拶・・・。
1ヶ月前の落語会社の浅草寺に比べると、やや地味で小規模のようですが。

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »