« ジャニーズ | トップページ | とんぼ返りで »

2019年7月10日 (水)

日経新聞の一面トップ

今朝の日本経済新聞のトツプ。
首都圏の大手地銀の包括提携の話題。
_20190710_0818272
別に改めてどうということもないと思います。
どちらとも、かつて仕事で接点がありました。
でも、もう銀行はダメでしょう。
抜本的に考え方や仕組を変えないと。
  Photo_20190710083501
今のままでは、何も出来ずに指を咥えたまま消えて行くのみだと思います。
晩年の苦しみですね。
だから「晩苦」、バンクと言う。
地銀首位の横浜銀行と同3位の千葉銀行が包括提携する。
営業面で協力関係を深め、中小企業向けの事業承継や個人向けの遺言信託で幅広いサービスを提供できるようにする。
運用商品の共同開発も検討する。
長引くマイナス金利政策やフィンテックを手掛ける新興企業の台頭で環境は厳しい。
トップ地銀提携は地方銀行合従連衡の呼び水にもなりそうだ。
両行は取締役会を開き、業務提携に関する基本合意を交わす。
両行の頭取が記者会見で説明する予定だ。
マイナス金利政策が長引き、地銀の収益は低下している。
赤字に転落する地銀も増えている。
トップ地銀であっても展望が描きにくい。
横浜銀と千葉銀は提携を通じて、業務を効率化する。
個人から法人取引まで幅広い分野で提携する。
個人向けでは、信託銀行の機能を持つ千葉銀が横浜銀に遺言信託などのサービスを提供する。
両行の人材交流も進める。
・・・これが出来るようならとっくに出来ているはず。
昔から、物事が変わるような売り文句ばかり言っていて、実のところはコンサーバティブな業界ですし。

« ジャニーズ | トップページ | とんぼ返りで »

巷談」カテゴリの記事