« 富士山本宮浅間大社 | トップページ | 暴走族? »

2019年6月 5日 (水)

ツバメの巣

田舎から帰る途中のトイレ休憩で立ち寄った中井PA。
_20190605_205200
男性用トイレの入口に、赤いコーンが置いてありました。
_20190605_205228
頭上に、ツバメが巣を作っているので、糞に注意してという。
_20190605_205314
監視カメラに小さな巣があって、雛ツバメが2~3羽いるようです。
ほのぼのするものです。
昔、田舎の自宅の土間の梁に、大きな巣があって、毎年ツバメが来て、雛を育てていました。
「中井サービスエリア」とかけて
「年増の女」と解く
その心は「若いツバメがいるでしょう」
・・・昔、雷鳥と燕の番がいたそうですね。
Raichou_pTubame020
若いツバメとは、年上の女性の愛人になっている若い男性の俗称。
明治の女性解放運動の先駆け、平塚らいてう(雷鳥)と年下の画家奥村博史の恋に由来する。
2人の恋が「青鞜」のメンバーを動揺させ、グループの関係を悪化させたので、奥村は自ら身を引くこととなり、その際、奥村がらいてうに送った手紙に「若い燕は池の平和の為に飛び去って行く」と書かれていたため、「若い燕」という表現が現在まで残っている。
あぁぁ、ツバメになりたい。

« 富士山本宮浅間大社 | トップページ | 暴走族? »

季節・散歩」カテゴリの記事