« サラリーマン川柳2019ベスト10 | トップページ | 土曜日は「お江戸あおば亭」 »

2019年5月23日 (木)

さっぽろ落語まつり

明日から3日間、札幌では三遊亭円楽師匠がプロデュースする「さっぽろ落語まつり」が始まるそうです。
「さっぽろ雪まつり」ではありません。
市内の3会場で、噺家さん28人が3日間13公演を行うそうです。
円楽師匠は、以前から福岡でも開催していて、博多の街に定着しつつあるそうです。
別に覇を競うという訳ではありませんが、福岡と言えば九州大学、札幌と言えば北海道大学がある場所。
仙台でも、こんなイベントが出来ないものかなぁと・・・。
_20190523_1345192
メンバーも凄いとは言いながら、こんなに多くの会場で、客席は埋まるのでしょうか?
 以前、東京では、春風亭小朝さんを中心とする「六人の会」が、「大銀座落語祭」というイベントをやっていましたが、それが九州と北海道で蘇ったみたいです。
_20190523_1344492
旧制高校や帝国大学は、札幌や福岡よりも早く出来ましたが、やはり街や周辺地域の規模からすると難しいんでしょう。
それに、東北地方の特性から、笑いに対する反応も、歴史的には鈍いのかもしれない。
しかし、時代も変わって、寄席「花座」もあることですから、どなたかいずれ華々しく旗揚げしてもらえないかと期待はしています。
プロ野球チームもある、サッカーJ1のチームもある、プロバスケットチームもある。
他のスポーツでも、フィギュアスケートや卓球では、メダリストも輩出している。
ノーベル賞受賞者もいる。
だから、「せんだい落語まつり」も観てみたい。
※「大銀座落語祭」
2004年から2008年まで、銀座界隈で開催された落語会。
東西の所属団体や事務所に関係なく、大勢の落語家が出演した。
また色物のショーも開催された。
主催は「六人の会」(春風亭小朝、笑福亭鶴瓶、林家正蔵(こぶ平)、立川志の輔、春風亭昇太、柳家花緑)。

« サラリーマン川柳2019ベスト10 | トップページ | 土曜日は「お江戸あおば亭」 »

寄席・落語会」カテゴリの記事