« 落語の友達 | トップページ | 大雨の時の警報 »

2019年5月29日 (水)

コラボレーション

芸人さんにも多趣味な人が多いようで、寄席や落語会では、趣味とのコラボレーションも多いようです。
柳亭市馬落語協会会長の歌は、もうそれだけでも木戸銭がいただけようという、素晴らしいものです。
最近は、個人ではなくて、グループで特技を披露している芸人さんが多いようです。
今月の浅草演芸ホールの余一会は「音し噺の会」。
Img_20190529_153356
来月は高円寺で、歌まみれの?落語会がスタートするようです。
Img_20190529_152956
洋楽(楽器や歌)と演芸(落語などの寄席芸)とのコラボレーション。
寄席の敷居を低くするのに一役も二役も買っているんでしょう。
市馬さんの「歌謡ショー」は何度か聴きましたが、それはそれとして、私は寄席芸だけを聴きたい。
プロでもアマでもそうですが、落語の中で、ほんの一部・一瞬に特技や裏技が出て来るから楽しい。
それを、マジに通してやったら、落語ではないし、興ざめしてしまう。
その落語の場面にあり得ないものを入れるのは、時事的なギャグならまだしも、邪道だと思います。
「住吉踊り」と「鹿芝居」は、絶対ありだと思います。
それは、「寄席」と「落語」が主役になっているから。

« 落語の友達 | トップページ | 大雨の時の警報 »

寄席・落語会」カテゴリの記事