« 「竹の水仙」のイラスト | トップページ | 渋谷に福来たるSPECIAL2019 »

2019年3月 1日 (金)

フランスでは

海の向こうのフランスの学校では「お母さん、お父さん」ではなく、「親1号、親2号」と呼ぶ。
最近、こんな条項を盛り込んだ法案がフランスの下院で可決されたそうです。
なんだか「パーマン」「サイボーグ009」みたい。
この法律が成立した背景は、同性婚家族への差別解消のため。
現政権の与党議員が要求し、左派野党も支持。
フランスでは同性婚が合法化され、養子縁組も可能。
同性カップルの子どもは20万人を超えると推計。
PTA代表は「社会の現実に沿った措置。子供が"普通と違う"とイジメにあうこともなくなる」と法案を歓迎。
保守派からは「家族制度が崩壊する」「どちらが1号かをめぐって夫婦の争議になる」との反対が続出。
国民教育相も「父、母の呼称を消す必要はないのでは」と注文を付け、今後国会論議で再検討される見通し。

・・・う〜ん。
これでいいのかなぁ。
何か・・・違和感があるなぁ。
フライスだけに、ぶつぶつ(仏々)言ってしまいますが。

« 「竹の水仙」のイラスト | トップページ | 渋谷に福来たるSPECIAL2019 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事