« 窓口さん | トップページ | 夢学さん »

2019年2月 2日 (土)

百梅さん

百梅さんは「野ざらし」を卒業して、何と次は「悋気の独楽」。
それにしても、「権助提灯」「紙入れ」そして「悋気の独楽」で、お妾さんや間男の出て来る噺が多い気がします。
まだ独り身のはずなのに、何かあるのかな?
百梅さん
師匠から、声のトーンが低いとの指摘。
そうそう、語り始めの第一声が、小さくて低いのは、暗く感じられてしまいますから、以前から私も感じていました。
百梅さん
それから、子ども(定吉)の声を高く喋ると、声がひっくり返る点もあり、声の幅を作る工夫をするようにとのアドバイスでした。
私の持論でもありますが、第一声は、物凄く大事だと思います。

« 窓口さん | トップページ | 夢学さん »

落語っ子連」カテゴリの記事