« ルビーチョコレート | トップページ | 今夜も »

2019年2月 5日 (火)

中部横断道

永年の悲願が、当初予定よりは遅れていますが、進みつつあります。
中部横断自動車道の新清水ジャンクション(JCT)=静岡市清水区=―富沢インターチェンジ(IC)=山梨県南部町=間20・7キロと、山梨県内の下部温泉早川IC―六郷IC間8・4キロが3月10日に開通することが分かった。
同自動車道の静岡県内区間の開通は初。

中部横断道
新清水JCT―富沢ICの開通により、山梨県が初めて新東名、東名高速道とつながることになる。
両区間とも3月10日に式典を行い、同日午後4時半に開通する予定。
両区間はともに2018年度中の開通を目指して工事を進めてきた。
関係者によると、全線開通はトンネル工事の進捗が順調であれば、これまで通り19年度中で変更はない見通し。

中部横断道
同自動車道は新清水JCT―増穂IC間のトンネル工事で、想定よりも現場の地盤がもろい上に掘削土から重金属が検出されたため、追加対応が必要となっていた。
これに関連して同省などは18年7月、山梨県内の富沢IC―南部IC間6・7キロの開通が、従来予定していた18年度中から、19年夏ごろに遅れる見通しになったと静岡、山梨両県や沿線自治体に報告した。
この区間に5本あるトンネルの工事が難航していることが原因。
中部横断道
最終的には、我が町に2ヶ所のインターチェンジが出来て、東名・新東名高速、中央道と直結することになります。
また、中央道を経由して、日本海側にもつながります。
私は、帰省するには、今までどおり、東名の富士川スマートインターチェンジか、新東名の新清水インターチェンジを使う方が近いと思いますが、沿線に何か良いことがあればなぁと思います。
地元で関わっていた、今は亡き父に、開通を見せてあげたかったと思います。

« ルビーチョコレート | トップページ | 今夜も »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事