« 落語っ子連稽古グラフィティ | トップページ | アイドルグループ活動中止 »

2019年1月28日 (月)

34歳の鉄人

大相撲初場所は、関脇玉鷲が13勝2敗で優勝しました。
34歳の鉄人
考えてみると、初日には3人の横綱が揃っていました。
ファンの関心は、稀勢の里がどうなるかの一点でした。
が、終わってみれば、稀勢の里はなく、他の2横綱も休場。
世代交代だと言われる中で、モンゴル出身者も色々言われる中で、34歳のモンゴル出身者の優勝です。
しかし、非常に爽やかに受け止められています。
何故か。
玉鷲の態度と、入門以来15年休場なしという強さだと思います。
片男波部屋からは、本当に久しぶりの優勝のはず。
小さな大横綱と言われ、現在は解説で人気のある北の富士さんと「北玉時代」がスタートした直後、確か27歳ぐらいで急逝した玉の海以来では?
それにしても、玉鷲は、第2子が誕生した日が千秋楽で、その日に幕の内最高優勝だなんて、ドラマチックでもありました。

« 落語っ子連稽古グラフィティ | トップページ | アイドルグループ活動中止 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事