« 悪質な盗難 | トップページ | 叔父に »

2019年1月 5日 (土)

台風1号

所変われば品(名)が変わる 難波の蘆も 伊勢で浜荻
なんて言われることがあります。
同じ物(こと)でも、場所によって名前が違って来るという。
新年早々の1日午後3時、南シナ海で「台風1号」が発生。
そして、この台風は西へ進み、5日0時に日本の気象庁での監視域内である東経100度を越え、今後は、マレー半島を越えてベンガル湾に達することが予想されているそうです。
ベンガル湾に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速が約17メートル以上になったものは「サイクロン」と呼ばれます。
ちなみに、この「台風1号」は、統計がある1951(昭和26)年以降で、最も早い日時に発生した台風だったそうです。
台風1号
「台風」は、東経180度より西の北西太平洋および南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速が約17m/s以上になったものを言うそうです。
「サイクロン」は、ベンガル湾やアラビア海などの北インド洋に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速が約17m/s以上になったものを指します。
確か、日付変更線を越えると、「ハリケーン」と呼んだはず。
昨年は、台風が数多く上陸して、日本列島に大きな被害をもたらしましたが、こういうのは来て欲しくないものです。
それにしても、こういうケースは珍しいんでしょうね。
マレー(稀)と言うぐらいですから。

« 悪質な盗難 | トップページ | 叔父に »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事