« 誕生日 | トップページ | 戦国時代? »

2019年1月 8日 (火)

これから・・・

think色々思うところがあります。
どうやって、どこまで落語道を歩いて(究めて)行こうか。
そのために、今、これでいいのか。
勿論、落語は1人で演るものですが、その環境や居場所は良く考えないといけないと、最近特に実感するようになりました。
「誕生日を迎えた=残された時間が少なくなった」こともあって、色々考えます。
これから
一般的な話ですが、例えば、プロまでは行か(け)ないにしても、かなりのレベルの野球選手がいたとします。
(別に、野球選手のようなアスリートでなく、アーティストでも良いのですが。)
この人は、アマチュアチームの中心選手で、さらに自分を鍛えてプロにも負けないぐらいの実力をつけたいと常に思っています。
ところが、このチームに草野球を楽しもうという者が何人かいて、新たに入って来る人も同じようなスタンスの人ばかりになって来た。
彼らは、どちらかと言えば、野球の技術向上よりも、ただ趣味(娯楽)の一つとして楽しみたいと思っている。
だから、野球の歴史などの知識もなく、勉強したり、さらに高度な技術を身に着けようとも思っていない様子。
だからいつまで経っても上達しない。
それなのに、お友だち同士「上手くなったね」と言い合っている。
ちょっとかじっただけの草野球を、野球だと言って憚らない。
さぁ、そんな時どうする・・・?
後から来て、神聖な場所に土足で踏み込まれたようで心中穏やかではない。
そもそも、あまりにも野球に対する方向性が違いすぎる。
「悪貨が良貨を駆逐する」がごとく、後から来た人たちが我が物顔になって来たチームで野球を続けることが、楽しくなくなって来た。
さぁ、どうしよう。
とは言え、今のチームとグラウンドがあればこそ、試合をすることも出来る。
そういう意味では、捨てがたい部分もある。
が、やはりここは、自分の力をさらに磨くことが出来る環境を求めて行くべきなんでしょう。
幸い、別にも環境が整ったチームとグラウンドはある。
さらに、新たなチャンスも生まれるかもしれない。
だから、二兎を追わず、片方に全力を傾注した方が良いのかもしれない。
近々、その決断が必要になるのかもしれません。
・・・様々な趣味があって、人それぞれに考え方があって、目指す方向もみんな違うから、黙って新たな選択をする時が来る気がする。
昔、ヒット曲も多い人気グループが、「音楽性の違い」との理由で解散するようなケースがよくありました。
その頃は、どんなことか分からず、「勿体無いなぁ」と思いましたが、やっと理解することが出来ました。

« 誕生日 | トップページ | 戦国時代? »

らんしのしんら」カテゴリの記事