« 澄むと濁るの違い | トップページ | 緊急速報 »

2018年12月 2日 (日)

名前を笑う

失礼千万なヤツがいるもので。
名前を笑う
アメリカのサウスウエスト航空は、5歳の女の子の名前を職員が笑ったとして、親子に謝罪したそうです。
数週間前に母親とその娘・アブシディちゃんが、カリフォルニア州のジョン・ウェイン空港からテキサス州に帰る際の搭乗ゲートで、搭乗券を見た職員が搭乗券のアブシディちゃんの名前の表記を見て笑ったという・・。
アブシディちゃんの名前の表記は「Abcde」と書くそうです。
母親は、「職員は笑い始め、私と娘を指さして、他の従業員と話したんです。私は振り向いて、『娘はあなたの声が聞こえるので、止めてくれたら嬉しいんだけど』と言いました」と。
この職員はアブシディちゃんの名前入りの搭乗券を撮ってFacebookに掲載。
母親の知人がこの投稿を見つけたことから、サウスウエスト航空に連絡。
しかし、正式な苦情を出したにもかかわらず、航空会社は2週間何もしなかった。
個人的に色々感じることはあるでしょうが、これは酷いゞ(`')、。
しかも、業務上知り得た情報をSNSにアップするなんて、言語道断です。
「一二三」さんとか、「九十九」さんを笑いますか?
「寿限無・・・」を微笑するのはいいが、嘲笑や哄笑の具にされたら、そりゃ怒りますよ。

« 澄むと濁るの違い | トップページ | 緊急速報 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事