« 澄むと濁るの違い | トップページ | 三遊亭小圓朝さんの訃報 »

2018年12月18日 (火)

三軒長屋?

札幌で起きた爆発事故。
爆発した建物のビフォー&アフター。
右側2軒は、完全に吹っ飛んでいます。
物凄いパワーだったことが分かります。
三軒茶屋?
落語では、三軒長屋には、右から「鳶の頭」・「お妾さん」・「剣術の先生」が住んでいました。
札幌では、「不動産仲介会社」・「居酒屋」・「鍼灸院」の並び順。
どうやら不動産仲介会社の社員が、消臭スプレー缶のガス抜きをしていて、これが原因のようです。
「何やってんの?」と訊きたくなります。
もしかすると、とんでもない「火遊び」をしていたのかもしれません。
しかし、恐ろしいことです。
それにしてもこれだけの爆発で死者が出なかったのは、奇跡的な気がします。
三軒長屋の両側が入れ替わるだけでは防げません。

« 澄むと濁るの違い | トップページ | 三遊亭小圓朝さんの訃報 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事