« 新語・流行語大賞 | トップページ | 澄むと濁るの違い »

2018年12月 4日 (火)

山手線新駅の名称

JR東日本が、田町駅と品川駅の間に建設中で2020年の開業を予定している山手線
新駅の駅名を発表。
1971年の西日暮里駅開業以来、約40年ぶりの新駅は「高輪ゲートウェイ」。

「高輪ゲートウェイ」・・・・「高輪ゲートウェイ」・・・?
「高輪」で良いと思うのに。
「ゲートウェイ」って何?
異なるネットワーク間を相互に接続する機器、またはソフトウェア・・・。

この新駅名の候補ついては6月から公募されていました。
寄せられた案のうち、第1位は「高輪」、第2位は「芝浦」、第3位は「芝浜」だったそうです。「高輪ゲートウェイ」は36人が応募して130位。
JR東日本の駅名選定理由についての説明。
この地域は、古来より街道が通じ江戸の玄関口として賑わいをみせた地であり、明治時代には地域をつなぐ鉄道が開通した由緒あるエリアという歴史的背景を持っています。
新しい街は、世界中から先進的な企業と人材が集う国際交流拠点の形成を目指しており、新駅はこの地域の歴史を受け継ぎ、今後も交流拠点としての機能を担うことになります。
新しい駅が、過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ結節点として、街全体の発展に寄与するよう選定しました。

落語好きの多くは、「芝浜」という人が多くいたようですが、私は反対で、それならば「高輪」が良いと思っていました。
その心は、評論家の瀧口雅仁さんがツイッターで代弁してくださいました。
「芝浜駅」にならなかったのが何より。
一部の人が『芝浜』を巡って騒くかも知れないが、私の意見は江戸っ子の気概と地勢に発する。
芝の市は一日二回。だから芝近くで暮らすことは名誉。
そして潤った市には芝浦花街ができる。だったら「田町駅」を改名すればいい。
ただ「高輪駅」で良かったんでは、と。

・・・「芝浜」とは場所が違いすぎますし、芝の浜とは言えません。

« 新語・流行語大賞 | トップページ | 澄むと濁るの違い »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事