« 澄むと濁るの違い | トップページ | 三遊亭圓之助師匠 »

2018年12月19日 (水)

車窓の写真

新幹線の車窓から富士山を撮るのは、なかなか大変です。
車窓の写真
シャッターを切っても、線路のフェンスや電柱や電線、景色を遮断する建物、さらに対向車両などが、文字通り飛んで来ます。
ですから、祈るように何度もシャッターを押して、邪魔物が映らないようにと。
車窓の写真
そして、良いバランスになるようにトリミングをして、何とか見られるようにしています。
高速で走ってはいますが、遠景ですから、意外にはっきりと映ります。

近いと、走るエイトマンの足(古い!)のようになりますが✨その心配はありません。

ハタ坊の足もそうでしたね。

« 澄むと濁るの違い | トップページ | 三遊亭圓之助師匠 »

徒然」カテゴリの記事