« 先輩の訃報 | トップページ | 澄むと濁るの違い »

2018年12月 3日 (月)

ポケベル

ポケットベル。ポケベル。
ポケベル
ポケベル・・・、何年ぶりに使う言葉でしょう。
最盛期?には、秘密の伝言に重宝していました。
待ち合わせの時刻とか場所とか。
そのポケベル(ポケット・ベル)。
平成生まれの人は知らないでしょう。
このポケベル)の事業を国内で唯一展開する東京テレメッセージが、2019年9月末に東京、埼玉、神奈川、千葉の1都3県でのサービスを終了すると発表。
1968年に電電公社(現NTT)が始めたポケベルは、約50年の歴史に幕を下ろすことになるそうです。
東京テレメッセージでは、契約者数が約1500人まで減っており、サービスの終了を決めたということです。
ポケベルポケベルは、外出が多い営業職などビジネス用途で広まり、80年代後半から90年代にかけて、端末に数字を通知できるようになると「0840(おはよう)」といった語呂合わせのメッセージが若者の間で大ブーム。
96年には国内全契約数が1061万件に。
しかし、携帯電話の普及で利用者は減少し、2007年にNTTドコモは全サービスを終了。サービスの提供を続けている事業者は、東京テレメッセージだけになっていました。
・・・外出先まで追いかけられるので、営業マンとしてはありがた迷惑でした。
また時代が終わりますね。

« 先輩の訃報 | トップページ | 澄むと濁るの違い »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事