« 澄むと濁るの違い | トップページ | カー・オブ・ザ・イヤー »

2018年12月 7日 (金)

大規模通信障害

便利なものが使えなくなると、大変なことになります。
大規模通信障害
昨日、ソフトバンクの携帯電話が、全国で約4時間半にわたり、音声通話とデータ通信が利用できないか、利用しにくい状態となったそうです。
スウェーデンの通信会社、エリクソン社の交換機のソフトウエアに異常が発生し、海外11ヶ国の通信事業者でもほぼ同じ時刻に同様に障害が発生したようです。
総務省は、ソフトバンクに対し詳しい報告を求め、電気通信事業法上の「重大事故」に当たるか判断するとのこと。
通信障害が発生したのは同日午後1時39分ごろ。
「ソフトバンク」の名称で行う携帯電話サービスのほか、格安スマホのサブブランド「ワイモバイル」でも障害が起きた。
エリクソン社製のソフトウエアを旧式に戻すことで午後6時4分ごろ復旧。
ほかに、「LINEモバイル」や関西電力子会社ケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」、日本通信の「b―mobile」などソフトバンクの回線を借りている格安スマホの一部もつながりにくくなった。

一般のユーザーに影響を与えただけではありません。
東京消防庁は、ツイッターを通じて「緊急時は他社の固定電話または携帯電話から119番通報して」と呼び掛けた。
スマートフォンのアプリが利用できなくなるなど影響が広がった。
ソフトバンクの携帯電話契約数は、ワイモバイルも含め、約4043万件(9月末現在)。
今年2月には、約9時間にわたり、約67万人に影響が出る大規模通信障害があった。

・・・完全に生活のほとんどに定着、浸透しているものですから、これが機能しなくなると大変です。
例えば、自然災害で停電になって、オール電化されている家では何も出来なくなる。
照明や家電だけでなく、トイレも風呂も料理も冷暖房も出来ない・・・というのと同じで、もうどうしようもなくなる。
こういう時には、昔取った杵柄で、アナログな物が活躍します。
懐中電灯、カイロ、ボンベ式コンロ、七輪、蝋燭・・・。
スマホを使って、メールや買い物や決済が出来るようになって、本当に便利ですが、私は、その度に「うまく出来るかな」という不安を抱きながら使っています。

« 澄むと濁るの違い | トップページ | カー・オブ・ザ・イヤー »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事