« 男のくせに女のくせに | トップページ | 明日は雪? »

2018年12月27日 (木)

ピアス

古い考え方だと言われるかもしれませんが、こんな言葉があります。 
身体髪膚(しんたいはっぷ)これを父母に受く
      あえて毀傷(きしょう)せざるは孝の始めなり

これは、「孝経」の中にある言葉で、人の身体はすべて父母から恵まれたものであるから、傷つけないようにするのが孝行の始めであるという意味です。
「火事息子」でも、我煙になって身体中に彫り物をした藤三郎に父親が使っています。
親孝行がどうのこうの・・というと、最近は何となくネガティブ反応するようですが、孝不孝はともかく、大事な言葉だと思います。
さて、テレビで「犬神家の一族」が放送されているそうです。
主役の金田一耕助役がジャニーズメンバーだそうで、放送前から期待は高く、注目を集めていたそうです。
金田一耕助は、私には石坂浩二さんなんですが(古い)。
ところが、一番注目されたのは、何と共演の女優さんのピアス穴だっだそうです。
犬神家の一族の舞台は昭和20年代前半の信州の町。
一代で巨万の富を得た犬神佐兵衛の長女の役。
そんな人物がピアスの穴を開けているというのは不自然。
「アップになると、両耳の耳たぶの下部にピアスの穴がはっきりと見えました。ピアスそのものは明治時代に日本に入ってきていたそうですが
、物資がない終戦直後の信州でピアスを着ける設定は考えにくい。時代劇の侍が腕時計をしているような不自然さです。メイクで隠すことはできたはずで、なぜそうしなかったのか不思議」と。
・・・私は、そもそもこのピアスと言うのが大嫌いです。
身体の一部にわざわざ穴を開けるなんて、私は虫唾が走ります。
宗教的な理由などは、そもそも立ち位置が違うからともかく。
鼻とか、唇とかにやっている若者を見ると、思わず「身体髪膚・・・」と言いたくなります。
私は娘に、他のことはあまり細かい言いませんでしたが、3つだけは絶対にしてくれるなと言っていました。
ひとつは、病気や怪我などのやむを得ない理由以外に、ピアスのような身体を自ら傷つけることはしないこと。
もうひとつは、どんなに周りに染まっても「やばい」という言葉は使わないこと。
3つめは、煙草は絶対に吸わないこと。
・・・私が言ったからと言うのではなく、どうやら娘も、結果的に守ってくれているようです。

« 男のくせに女のくせに | トップページ | 明日は雪? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事