« 社名変更 | トップページ | 新大阪駅で »

2018年11月21日 (水)

4時間の壁?

新幹線の話題です。
JRの来年春のダイヤ改正で、北海道新幹線の所要時間が4分短縮され、東京―新函館北斗間が4時間を切り、最短で3時間58分となるそうです。
4時間の壁?
今まで「4時間切り」のネックだった、青函トンネルの最高時速が、現行の140キロから160キロに引き上げても、安全性に問題がないことが確認されたことによるものだそうです。
北海道新幹線が16年3月に開業して以降の悲願となっていた「4時間切り」が実現します。
旅行業界では、新幹線の乗車が4時間超だと、航空機の利用が多くなるとされていて、「4時間の壁」と呼ばれるそうです。
東京から函館まで4時間前後で行くことが出来るなんて贅沢。
私の学生時代には、上野-仙台間が特急「ひばり」で4時間20分かかったんですから。
今も時々利用することがある、東海道新幹線各駅停車の「こだま」では、東京-新大阪間が3時間56分です。
私なら、絶対に飛行機ではなくて、新幹線に乗りますね。

« 社名変更 | トップページ | 新大阪駅で »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事