« 富士から岩渕の富士山 | トップページ | 澄むと濁るの違い »

2018年11月28日 (水)

百梅さんの感想

先日の「お江戸あおば亭」を聴いてくれた、落語っ子連の百梅さんが、こんなコメントをしてくれました。
毎度のことですが、皆さん爆笑をさらっており演者の皆さんが引き起こす空気感がすごいと思い、またとても引き込まれました。
演じる時にその人の了見になること、素で真剣に演じるからお客さんが付いてくるということ、自分に足りない部分も再認識したと思います。

我々が、果たしてそんな領域にまで達しているとは思いませんが、百梅さんの稽古に、何かヒントみたいなものが伝えられたなら、とても嬉しいことです。
師匠にご指導いただいて、「演読」を愚直に実践している落語っ子連は、全員が目に見えて上達していると思います。
百梅さんが取り組んでいる「野ざらし」の参考になったかな?
こういう話が出来るのは、とても楽しいですね。

« 富士から岩渕の富士山 | トップページ | 澄むと濁るの違い »

落語っ子連」カテゴリの記事