« 澄むと濁るの違い | トップページ | わんこそば »

2018年11月14日 (水)

由規頑張れ!

ヤクルトの吉規投手。
今シーズンをもってヤクルトから戦力外通告を受けたそうです。
球団は、別のポストも用意しているということですが、本人は現役に拘っているようで・・・。
由規頑張れ!
そんな中で、東北楽天が育成契約で獲得したそうです。
これは朗報です
仙台市出身の由規投手は仙台育英高校3年の時に、2007年夏の甲子園大会で155キロをマークして注目され、高校生ドラフト1巡目でヤクルトに入団。
10年に、当時の日本投手最速の161キロを記録したものの、11年に右肩を痛めて13年に手術を受けていた。

とても愛敬のあるキャラクターで、仙台育英出身でもあり、物凄く期待していました。
長い間、肩の怪我と闘い続け、最近やっと・・というところでした。
今季は、7試合に登板して、1勝2敗、防御率4.46。
6月の東北楽天との交流戦(楽天生命パーク宮城)で先発し五回途中2失点で降板。
7年ぶりの地元仙台での登板でチームの勝利に貢献していた。

是非とも、故郷の仙台で再起して欲しいと思います。
ヤクルトは、本格派ピッチャーが短命に終わるイメージです。
あの伊藤智仁投手や川崎憲次郎投手、岡林洋一投手、そして(佐藤)由規投手・・・。
そう言えば、その伊藤智仁元投手が、楽天の一軍投手コーチになりましたが、縁を感じますね。

« 澄むと濁るの違い | トップページ | わんこそば »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事