« ラジオ寄席 | トップページ | 越児さん »

2018年11月18日 (日)

学津さん

今回の稽古会のトップバッターは学津さんの「親子酒」。
学津さん
今日は、いよいよ高座本を離れての稽古でした。
語りも仕草も、もう少し自然な形にする必要があると思いますが、前回に比べると進歩の跡が見られました。
言葉や仕草など、師匠や越児さん(勿論、私も)からのアドバイスがありました。
特に、越児さんは「親子酒」を持ちネタにしていますので、細かい指導もしてくださいました。
学津さんも、小姑が大勢いて大変ですね。
私が、仕草で気になった点が2つ。
1つは煙草の火をはたく時の扇子の使い方。
学津さん
もう1つは、酒の入っている茶碗が、酔った仕草をした時に傾いて、お酒がこぼれてしまわないように。
学津さん
ほら、茶碗が傾いていて、もう少しでお酒がこぼれてしまいます。
いくら酔っ払っていても、茶碗は水平にしておかないと。
これから、言葉やそのメリハリ、仕草のリアリティなどを仕上げて行く必要があります。
かなりペースアップ出来て来た感じなので、余所見をしないで集中して欲しいと思います。

« ラジオ寄席 | トップページ | 越児さん »

落語っ子連」カテゴリの記事