« 東京落語会 | トップページ | 澄むと濁るの違い »

2018年10月20日 (土)

なぞかけと都々逸

shoe師匠の「ぞろぞろ」が、小学4年生の国語の教科書に載っています。
[ぞろぞろ]
・「草鞋と髭が次々に出て来る」とかけて
    「出汁をかけると美味しいご飯」と解く
         その心は「ぞろぞろ(とろろ)です」
[ぞろぞろ]
・ハッカ糖   ご利益あって   久しぶりの客
                                   八つの角も   崩れてる

« 東京落語会 | トップページ | 澄むと濁るの違い »

落語・噺・ネタ」カテゴリの記事