« 澄むと濁るの違い | トップページ | 今日の富士山 »

2018年10月28日 (日)

日曜日の朝

日曜日の朝の文化放送。
まずは、6時半からの「落語のデンパ」。
  ◇「時蕎麦」    鈴々舎馬るこ
最近の若い噺家さんは、筋に関係のないくすぐりを入れますが、こんなの全く面白くなく、品もなく、ただ元の噺を壊しているとしか思えません。
もっと原作を大切にして欲しいし、こんなのを入れるなら、「時蕎麦」などと言わないで、新しい演目でやって欲しいものです。
続いて、7時からは「落語DEデート」。
この番組は、故人の音源ばかりです。
  ◇「子別れ(中)」   四代目三遊亭圓馬
なかなか単独では聴く機会のない噺。
確か、元は上方に行っていた師匠のはず。
リアルタイムでは聴いていない師匠です。
  ◇「道具屋」     八代目橘家圓蔵
音源は月の家円鏡時代のもの。
帰省する車中で。

« 澄むと濁るの違い | トップページ | 今日の富士山 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事