« 東京落語会へ | トップページ | なぞかけと都々逸 »

2018年9月14日 (金)

東京落語会

event開口一番から聴くことが出来ました。
東京落語会
今日の前座さんも、立ち居振舞いがよくありませんでした。
お辞儀の仕方などは、もっとしっかり覚えて欲しい。
演目は「やかん泥」でしたが、登場人物の設定が曖昧だから、場面によってぶれてしまって、とても聴きづらい。
開口一番のめくりですから、誰の何と言うお弟子さんか分からないので、名乗らせて欲しいと思います。
東京落語会
中入り前までは、半分寝ていました。
正雀師匠は、「鰍沢」を芝居噺の小道具を使っての高座でした。
中入り後は、人気の噺家さんでした。
終わって外に出ると、予報どおりの雨。
今夜も頓平師匠と、いつもの店で一献。bottle

« 東京落語会へ | トップページ | なぞかけと都々逸 »

寄席・落語会」カテゴリの記事