« なぞかけと都々逸 | トップページ | 要亭落語会のチラシ »

2018年8月17日 (金)

筋が通った

flair山口県で2歳の男児が行方不明になっていたのを発見した78歳のオジ(イ)サン。
最初にニュースで見た時は、失礼ながら、目立ちたがり屋の変人かと思いましたが、いやいや気骨のある、筋が1本通った人だと知りました。
筋が通った
65歳できっぱりと商売をやめて、余生を人に尽くすことにしていたそうで、様々なボランティア活動を続けて来ているそうです。
東日本大震災では、南三陸町に500日も滞在して。
その後も、熊本地震や先日の西日本豪雨でも。
座右の銘は「朝は必ずしも来る」だそうです。
徹底しているのは、被災地(被害者)には一切負担をかけないと、水や食糧は持参しては自炊して車の中で暮らし、地元からは楊子1本受けないという信念は、"おためごかし"のボランティアに聞かせてやりたいと思いました。
今までの数々の経験から、「子どもは必ず山へ上る」と確信して、自分で考えた捜索コースを歩き、見事に短時間で男児を発見したそうです。
機械や人海戦術だけではカバー出来ない、人の知恵と経験の素晴らしさも教えてもらいました。
とはいえ、例によってマスコミはこぞって囃し立てますが、ご本人のためにも、静かに応援することだと思います。
無責任に「国民栄誉賞」だなんて騒ぐタレントもいますが、男児の関係者のことも考えて、静かにしていましょう。
勿論、偉業は大きく称えられるべきですが。
ところで、この人とあのボクシングの会長とは同い年だそうですが、えらい違いですね。
比べるなんて失礼ですが。

« なぞかけと都々逸 | トップページ | 要亭落語会のチラシ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事