« さすが日大! | トップページ | なぞかけと都々逸 »

2018年8月10日 (金)

これからの落語にできること

book文春で、五代目桂三木助さんの記事を見つけました。
◆五代目襲名の桂三木助が語る「これからの落語にできること」
昨年9月、真打に昇進し、桂三木男改め、五代目桂三木助を襲名。
さる6月15日、有楽町朝日ホールで行った襲名披露興行は、師匠の金原亭馬生はじめ、笑福亭鶴瓶、立川志の輔、立川生志と、江戸・上方の大先輩の師匠方が一堂に会する、賑々しくも華やかな披露になった。
「前の鶴瓶師匠が新作落語の『青木先生』で、場内の笑いを全部さらって行った後です。『うわぁ、この後に(高座に)上がりたくないなぁ』とちょっと思いましたが、私の披露目ですので、私が出なければ会が終わらない(笑)。鶴瓶師匠以上に笑いを取ることは絶対不可能ですので、枕も振らずに、すぐ『五貫裁き』を語り出しました」
「五貫裁き」は名奉行として知られる大岡忠相(越前守)が登場する「大岡政談」。
この演目を選んだ理由の1つは、会場の朝日ホールが、噺に出てくる南町奉行所のあった場所の近くだから。もう1つの理由は、故立川談志師匠に教えて貰った演目だったから。
一門の弟子以外には、ほとんど稽古を付けなかった談志師匠に、「三木男はいい!」と無性に可愛がられて、「芝浜」や「五貫裁き」の稽古を付けてもらった。
「母方の祖父、三代目三木助の落語を聞いて、『噺家になろう』と決心したのが20歳になる半年前。
祖父はとうに亡く、四代目の叔父も家では普通の叔父さんと甥の関係でした。
全然落語家になるつもりのなかった私は、周りの先輩方に教えて頂いたからこそ今日があります」
「芝浜」始め、古典落語が好きで得意。
自分も研鑽を積むと共に、若い人達にも落語の面白さを広めたいと願う。
「2カ月に一度、神田では勉強会、半蔵門で初心者向けの会を開いています。後者は初めてでも聞きやすい、15~30分の演目を2つ。〈江戸のお金の勘定の仕方〉とか、落語に出てくるテーマも交えながら、それに関連した噺を語ります。落語は想像力を働かせて楽しむ世界。とはいえ、頭の中が?マークで一杯では面白くないでしょう? 『へっつい幽霊』に出てくるへっついなどは、34歳の私も実際に見たことがない(笑)。補足的な映像を組み込んだ落語の動画を作ってYouTubeで公開することも考えています」
落語や話芸に親しんでみたいという方は、出演日程が掲載された『東京かわら版』(冊子とネット版あり)が便利。
「今後の予定としては、東京以外でも、名古屋や九州(大分)など各地にお伺いします。時代は変われど、落語でしか表せない事柄、落語だから表現できる世界に真摯に取り組んで行きたいと思います」。

・・・三木助さんの様子を知ることは出来ますが、表題ほどの内容でもありませんでした。

« さすが日大! | トップページ | なぞかけと都々逸 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事