« なぞかけと都々逸 | トップページ | 届かず? »

2018年7月10日 (火)

心ない野次馬(`Δ´)

bomb被害者の気持ちを逆撫でする、復旧や救助作業の邪魔をするのは、いつでもマスコミと野次馬。
心ない野次馬(`Δ´)
西日本各地に被害を及ぼした記録的な大雨で、広範囲に冠水した倉敷市真備町の被災現場にも「野次馬」が出没しているようです。
現地を訪れた人たちが置いたとみられる「支援物資」が積まれる事態も起き、対応に苦慮している。
・・・押し付け(自己満足)親切は厄介です。
倉敷市は8日、公式ツイッターで「たくさんの支援物資が置かれ、困っています」と呼びかけた。
真備町の浸水地域につながる橋には一時、支援物資が多く置かれ、現地で捜索を続ける自衛隊の通行の妨げに。
決壊した場所などを見るために訪れる人もいる。
市は、個人からの支援物資は受け付けておらず、今後、義援金を開設して支援を呼びかける予定。
まだ、個人のボランティアの受け入れ態勢も整っていない状態。

・・・野次馬、余計なお世話はやめましょう。

« なぞかけと都々逸 | トップページ | 届かず? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事