« 師匠との座談 | トップページ | 窓口さん「転宅」 »

2018年7月29日 (日)

学津さん「洒落番頭」

初出演の学津さん。

今回は、出番が色々変わったり、出囃子の操作をしてもらったり、写真を撮ってもらったりで、メンバーの一員としてフルで大活躍してくれました。
それで、噺の方は・・・、まぁこんなところでしょう。
若いので、勢いと声が大きくて良いのですが、やや張り過ぎな部分もありますから、適宜コントロールする術を覚えることが大事だと思います。
まぁ、これも若さの特権かもしれません。
それは、基本的には好感の持てる部分ではあります。
が、番頭さんと旦那を、言い違えたところがあって、「あっ」と言い直していました。
後で越児さんからも、この点をアドバイスされていました。
自然に演じることが大事なんだから、言い間違えたり噛んだりするのは、普段の会話でもしょっちゅうあるんだから、自然の会話として続けなさい、と。
全く、仰るとおりです。
落語への取り組む姿勢は素晴らしいのですが、どうもまだ的が外れていたり、勉強不足なところもありますから、言行一致で、もっともっと謙虚に頑張って欲しい。
声が良いのは、物凄く大きな武器なんだよ。

« 師匠との座談 | トップページ | 窓口さん「転宅」 »

落語っ子連」カテゴリの記事