« 三段なぞかけ | トップページ | 今度は台風! »

2018年7月25日 (水)

儲かりまっか?

たこ焼き屋さんて、たこさん(たくさん)儲かるんですね。
儲かりまっか?
大阪城の天守閣そばにある売店の72歳の店主が、たこ焼きなどの売り上げで得た所得を申告せず1億3000万円余りを脱税したとして、大阪国税局から告発されたそうです。
最近の外国人観光客の増加で爆発的に売り上げを伸ばしていたそうです。
告発されたのは大阪城公園の一角にある売店「宮本茶屋」を経営している72歳の女性店主。
売店は大阪城の天守閣に通じる門の前にあり、1皿8個のたこ焼きを600円で販売しているほか、ソフトクリームや焼きそばなどの軽食も販売。
おととしまでの3年間に、何と5億円以上の売り上げがありながら、税務申告を一切していなかったということです。
大阪国税局は、およそ3億3000万円の所得を隠し、1億3200万円余りを脱税したとして、所得税法違反の疑いで店主を大阪地方検察庁に告発。

脱税で得た金は、主に預金していたということですから、庶民的でつましいのが笑えます。
脱税しているという自覚もなかったのでしょう。
それにしても、大阪の観光地では、いわゆるインバウンド消費の拡大が続いていて、中でも、大阪の食文化を安い値段で手軽に楽しめるたこ焼きは外国人観光客の人気を集めているそうです。
ミナミの道頓堀では猛暑が続く中でも店先に並んで、熱々のたこ焼きを買い求める姿が見られるそうです。

« 三段なぞかけ | トップページ | 今度は台風! »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事