« 一区切り | トップページ | また文科省、まだこんなことを »

2018年7月26日 (木)

台風動向

台風12号の動向が気がかりです。
というのも、週末の28日(土)は「深川三流亭」だから。
台風動向
台風12号は、反時計まわりに進路を変えて、本州に近づくという珍しいコースを進む予想です。
28日〜29日には、本州に接近・上陸の恐れがあります。
台風の近づく関東は、土曜日は雨や風が強まり、大荒れの天気になりそう。
レジャーやイベントを計画している方は、早めの対策を

hhhh
・・・そうなんです。
しかし、早めの対策をと言われても、当日にならないと何とも。
まず、落語会はどんなに風雨が激しくても開催します。
次に、我が落語っ子連は、自宅が遠隔の人が多いので、決して無理をしないでもらう。
これは、以前から師匠からも言われていることですが、既に広く落語会を宣伝をしていますから、雨や風でも、お客さまはおいでになるかもしれない。
たとえお1人でもお客さまがいらっしゃれば、落語会は予定通り開演しないといけないんです。
自分たちだけの都合で中止したりしては絶対にいけない。
ただし、お客さまは勿論、我々メンバーとて、命の危険を冒してまで来ていただく必要はありません。
最近の予報は、かなり正確になっていますので、当日の様子で対応したいと思います。
それほどになく過ぎ去る期待も、勿論しています。
天候次第ではありますが、今回は10人でもご来場いただければ御の字でしょう。
台風は、暖かい海からエネルギーをもらって発達しますが、このところの猛暑の影響もあり、東日本や西日本の沿岸では、海面水温が高くなっています。このため、台風12号は発達しながら北上して、27日午後には「強い」勢力で、小笠原諸島に最も接近するでしょう。小笠原諸島では、27日午後は、猛烈な風が吹き、海は大しけとなりそうです。暴風に厳重に警戒し、うねりを伴った高波にも警戒が必要です。
台風12号は、28日には、伊豆諸島に接近して、29日かけて、本州に接近・上陸する恐れがあります。
28日からは、東日本の太平洋側でも非常に強い風が吹き、海は大しけとなるでしょう。
海のレジャーを予定している方は、中止する勇気も必要です。
また、台風12号が近づくタイミングは、年間で最も潮位が高い時期でもあるので、高潮の恐れもあります。
高潮にも、十分お気をつけ下さい。
そして、台風周辺に広がる発達した雨雲がかかるため、雨も強まります。
小笠原諸島では、27日にかけて、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるでしょう。
27日は、東日本太平洋側でも雨が強まり、29日にかけて雨量が増えそうです。
27日(金)12時から28日(土)までの24時間に予想される雨量は、多い所で、関東地方と甲信地方で100〜150ミリ、東海地方で50〜100ミリとなっています。
ただし、これは、土曜日正午までの予想雨量です。
関東など本州では、土曜日正午以降も、雨が更に強まり、総雨量が多くなるでしょう。
土曜日の関東は、雨だけでなく、風も強まるので、大荒れの天気になる恐れもあります。
7月最後の土日で、様々なイベントが予定されていますが、実施計画を見直すなど、早めの対策を心掛けて下さい。

・・・と、天気予報は続いています。

« 一区切り | トップページ | また文科省、まだこんなことを »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事